春との旅

仲代達矢が渾身の演技で挑んだ骨太ドラマ

【解説/みどころ】
ロカルノ映画祭で最高賞に当たる金豹賞を含む4冠に輝いた『愛の予感』など、国際的に高い評価を受ける小林政広監督の最新作。“生きることとは何なのか“をテーマに、終の棲家を探しに出た老人と孫娘の旅を描く。映画作品としては実に9年ぶりの主演を果たす名優、仲代達矢が、人生の最終段階を迎えた主人公を体現。その渾身の演技が忘れがたい。


【ストーリー】
足のケガで漁師を引退した忠男と、その祖父の面倒を見てきた孫娘の春。北海道で暮らすふたりは、やむなき理由で最後の住処を求めて、疎遠になっていた忠男の兄弟を訪ねる旅に出る。だが、実際に兄弟の家を訪れてみると、それぞれが大きな問題を抱えていて……。

キャスト
仲代達矢徳永えり大滝秀治菅井きん田中裕子小林薫淡島千景柄本明美保純香川照之戸田菜穂山本哲也長尾奈奈
スタッフ
監督: 小林政広 脚本: 小林政広 製作総指揮: 與田尚志 原作: 小林政広
上映時間・制作年
134分/2010年
制作国
日本
公式サイト
http://www.haru-tabi.com/
配給
ティ・ジョイ=アスミック・エース

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access