クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

バズ・ラーマン監督最新作『エルヴィス』7.1公開 オースティン・バトラー×トム・ハンクス共演

映画

  • twitter
  • facebook
映画『エルヴィス』場面写真
映画『エルヴィス』場面写真 AUSTIN BUTLER as Elvis in Warner Bros. Pictures’ drama “ELVIS,” a Warner Bros. Pictures release.Photo by Hugh Stewart

関連 :

オースティン・バトラー

トム・ハンクス

バズ・ラーマン

 バズ・ラーマン監督がメガホンをとるエルヴィス・プレスリー伝記映画『ELVIS(原題)』が、邦題を『エルヴィス』として7月1日より公開されることが決定。エルヴィス役をオースティン・バトラーが、エルヴィスのマネージャー役をトム・ハンクスが演じる。

【写真】『エルヴィス』場面写真

 “ロック”を創り世界史上最も売れたソロアーティスト、エルヴィス・プレスリー。彼がいなければ、ビートルズも、クイーンも存在しなかった。本作は、そんなエルヴィスの<誰も知らなかった>真実の物語を、『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が映画化したミュージック・エンタテインメント。数々の逆境を打ち破り世界を変えていくエルヴィスの生き様が、多くの伝説的なライブとともに描かれる。

 若き日のエルヴィスは、ルイジアナの小さなライブに出演し、当時誰も聴いたことのなかった“ロック”とセンセーショナルなダンスを披露する。若者たちは彼に魅了され、次々と叫び、熱狂した。その瞬間、やせっぽちの無名歌手は、スーパースターに変貌。熱狂が瞬く間に全米へ広がるにつれ、そのセンセーショナルすぎるロックとダンスは社会の大きな反発も生んでゆく。

 若い無名の歌手だった頃から時代を背負うアイコンになるまでのエルヴィス役に抜てきされたのは、新星オースティン・バトラー。多くのドラマ等に出演しティーンを中心に人気を博し、近年はクエンティン・タランティーノ監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』やジム・ジャームッシュ監督作『デッド・ドント・ダイ』など巨匠の作品にも出演する注目の俳優だ。

 本作でオースティンは、ラーマン監督に「エルヴィスそのもの」と言わしめる圧倒的な歌唱とダンスのパフォーマンスを披露。役作りのために、1年以上に渡って週6日以上ボイストレ―ナー等多くの専門家による猛特訓を受けたそうで「エルヴィスのレコーディングか、僕のレコーディングかわからないようにまったく同じ歌声をやってみせることを目標にした」と振り返る。『ボヘミアン・ラプソディ』で主演のラミ・マレックの役作りも支えたムーブメントコーチのポリー・ベネットからは、徹底的にエルヴィスの細かい所作を叩き込まれ、最終的には「自然に自分の一部になった」とも語っている。

 若き日のエルヴィスの才能をいち早く見つけ、生涯にわたりエルヴィスのマネージャーを務めた悪名高いトム・パーカー役を演じるのは、二度のアカデミー賞受賞歴を誇るトム・ハンクス。本作では見た目も実在のトムに似せており、これまでの彼のキャリアになかったようなキャラクターで世界を魅了する。

 映画『エルヴィス』は7月1日より全国公開。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv