クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

生田斗真、関西弁で音楽劇に初挑戦 『てなもんや三文オペラ』6月より上演決定

エンタメ

 生田斗真が主演し、作・演出を鄭義信が務める舞台『てなもんや三文オペラ』が、6月より東京・PARCO劇場ほかにて上演されることが決定した。生田と鄭は初タッグとなる。

【写真】生田斗真らが登壇、映画『土竜の唄 FINAL』完成報告会の様子

 演劇界をけん引してきた鄭が、独自の世界観でベルトルト・ブレヒトの名作音楽劇『三文オペラ』を新演出。原作となる『三文オペラ』は、1928年劇作家のベルトルト・ブレヒトにより上演された、差別と貧困・資本主義社会を痛烈に風刺した音楽劇の名作。これまでもまざまな演出家・キャストによって上演されてきた本作は、一見矛盾に満ちたデタラメでアベコベな世界が描かれるも、金がモノを言う現代の本質を捉えている。

 鄭が選んだ今作の設定は、1950年代の大阪。原作の舞台・ロンドンの貧民街は、今回は第二次世界大戦で破壊された大阪砲兵工廠(現在の大阪城公園・森ノ宮地域にあった大規模な兵器工場)の跡地に置き換えられる。戦後を駆け抜ける、アウトローたちのパワーと、生きることへの貪欲さ。戦争を背負いながらも、たくましく生き抜いてきた当時の人間模様を重ね合わせ、より生々しく、ヒリヒリとした人物像を浮き彫りにする。

 舞台が大阪ということもあり、登場人物は全員、全編関西弁での演技になる予定。主人公の盗賊団のボス、マック(通称:マック・ザ・ナイフ)を演じる生田斗真も、関西弁での音楽劇に初挑戦する。

 生田は「生田初パルコ。気合十分です。そして仙台、福岡、大阪、新潟、長野と今回初めて舞台に立つ場所もあり、今からワクワクしています」とコメント。「関西弁での演技は、ドラマ・映画も含めて、今回が初挑戦になります。そして、『三文オペラ』は音楽劇ですので、歌唱シーンも沢山登場しますし、沢山稽古して、楽しい舞台になればと思っております」と意欲を口にしている。

 初タッグとなる鄭については、「初めてお会いした演出の鄭義信さんは『あれ!? 意外とオジサンなんだ!』という第一印象でした(笑)。これまで拝見した作品から伝わる熱量で勝手に“若者”をイメージしていたので、衝撃でした(笑)」と語っている。

 鄭も生田について、「もの静かな中にも、燃えるような闘志を感じさせる」と印象を語り、「彼とひと癖もふた癖もある共演者たちが、どんな化学反応を起こすのか、今から楽しみにしています」と期待。そして、本舞台が「コロナですっかり活力を失った生活の、ささやかな精力剤になれればと、思っています」とメッセージを送った。

 パルコ・プロデュース2022『てなもんや三文オペラ』は、6月8~30日に東京・PARCO劇場にて上演。東京公演を皮切りに、7月より宮城、福岡、大阪、新潟、長野で順次上演される。

 コメント全文は以下の通り。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv