クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

コロンビアの巨匠、フェルナンド・ボテロ その素顔と作品に迫るドキュメンタリー公開決定

映画

『フェルナンド・ボテロ 豊満な人生』ポスタービジュアル

『フェルナンド・ボテロ 豊満な人生』ポスタービジュアル(C)2018 by Botero the Legacy Inc. All Rights Reserved

 “ボテリズム”と呼ばれる独自のふくよかな画風の絵を描き続けてきた、コロンビア出身の芸術家フェルナンド・ボテロの波乱万丈な人生と創作の秘密に迫るドキュメンタリー映画『フェルナンド・ボテロ 豊満な人生』が、4月29日より公開されることが決定。予告編とポスタービジュアルが解禁された。

【動画】独自のふくよかな画風の秘密に迫る『フェルナンド・ボテロ 豊満な人生』予告

 世界で最も有名な存命の芸術家のひとり、フェルナンド・ボテロ。人間も静物もなぜかみんなふっくらと膨らみ、素朴でユーモアあふれる作風が愛されている巨匠だ。現在90歳のマエストロは現在も毎朝アトリエに通い、多幸感あふれる独創的な作品を生み出し続けている。

 本作は、そんなボテロが唯一無二の独創性を貫く信念について、本人や、波乱万丈の人生を共に歩んできたファミリーが語りきるドキュメンタリー。幼い頃に父を失った貧しい少年が、闘牛士学校に通いながらスケッチ画を描いていた原点から、対象物をぽってりと誇張する“ボテリズム”に目覚め、『モナ・リザ、12歳』のMoMA展示で一躍注目を浴びアート界の頂点へとたどり着いた軌跡を追いかける。

 その一方で彼は、コロンビア出身という出自で差別され、ポップアートや抽象表現主義全盛期に具象画を描くという頑なさを批判されたことも。愛息の死、自身の利き手の一部を失う悲劇など、精神的にも肉体的にも作家生命が危ぶまれた衝撃の過去も明かされる。

 予告編は、ボテロが「ある日、スケッチしてた。とてつもなく大きく膨れ上がっていった」と振り返る姿から始まる。続いて、ユニークなフォルムと陽気な色彩が目を引く作品の数々や、ボテロの長女が「アトリエに入った瞬間、10歳若返る。情熱を注いでいるから」と語る姿や、ボテロの「世界中の人々を感動させたいんだ」という言葉が流れる。

 そして「1960年代のNYは抽象芸術が席巻していた。具象画を描く私は批判された」と当時の困難を語ると、ボテロの長男は「かなり傷ついたでしょう。しかし信念を曲げませんでした」と当時の父の様子を述懐。さらにコロンビア大学の博士が「ボテロの作品は不快で、食品会社のキャラクターみたい」と酷評する姿も。それでもボテロは「芸術は楽しくなきゃ。私はこの作風を貫く」ときっぱり言い放つ。

 映像の後半では、事故で即死したボテロの息子ペドリートのエピソードが語られる。次男は当時について「父はアトリエにこもり、何枚も何枚もペドリートを描き続けました」と明かし、ボテロは「人生は続いていく。悲しみもね」と語る。

 そして終盤では、ボテロが彫刻も手掛けていく様子や、コロンビアの最悪の時代を描いた絵の前で「激しい思いと同時に愛情をかけるんだ」と熱く語る姿、家族と仲睦まじく過ごす様子、カメラマンに囲まれる姿などに続き、「永遠に描き続ける」と決意をにじませる姿で終了。ボテロの波乱に満ちた人生や創作の源により興味が高まる予告編となっている。

 ポスタービジュアルは、ボテロが、ふっくらした女性が描かれた自身の絵を眺める姿を切り取ったもの。上には「ふくらむ、幸せ。」というコピーが添えられている。

 映画『フェルナンド・ボテロ 豊満な人生』は、4月29日より全国順次公開。

『フェルナンド・ボテロ 豊満な人生』予告

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv