クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ノルウェー発、アカデミー賞脚本賞&国際長編映画賞候補作『わたしは最悪。』邦題決定&場面写真解禁

映画

  • twitter
  • facebook
映画『わたしは最悪。』場面写真
映画『わたしは最悪。』場面写真(C)2021 OSLO PICTURES ‐ MK PRODUCTIONS ‐ FILM I VAST ‐ SNOWGLOBE ‐ B-Reel ‐ ARTE FRANCE CINEMA/2021

 ノルウェーのヨアキム・トリアー監督が手がけ、女優のレナーテ・レインスヴェが主演した映画『The Worst Person In The World(原題)』の邦題が『わたしは最悪。』に決定。併せて、シーン写真3点が解禁された。

【写真】映画『わたしは最悪。』場面写真ギャラリー

 どこかにきっと特別な自分がいる―。思い描く理想の未来とシビアな現実との間で揺れ動きながらも、自分の気持ちに向き合い行動する主人公ユリヤとその周りの人たちを、時にロマンティックに、時に痛烈に、ヨアキム・トリアー監督が圧倒的な共感性をもって、独創的な映像と音楽で描き出した本作。

 カンヌ国際映画祭で主演のレナーテ・レインスヴェが女優賞を受賞したのを皮切りに、世界中の映画祭や映画賞で異彩を放つダークホース作品として話題を呼び、19受賞101ノミネート。第94回アカデミー賞では主要部門の脚本賞、さらには国際長編映画賞にノミネートされている。

 米公開時には、4スクリーンという限定公開ながら絶好調のスタート。2020‐22年公開の外国語映画では『パラサイト 半地下の家族』『燃ゆる女の肖像』に続いてスクリーンアベレージ第3位を達成した上、映画批評家サイト「ロッテントマト」では99%FRESH(2月9日現在)を獲得した。

 解禁されたシーン写真は3点。恋人アクセルに隠れて別の男性と楽しむ様子や、オフモードの姿、打って変わって華やかなパーティーでしっかり仕上げ、美しく湖畔でたたずむ様子など、いずれもユリヤの日常を切り取ったものだ。ユリヤは時に自己嫌悪に陥り、周りを傷つけながらも、自分の気持ちに正直に人生の選択をしていく。

 監督は「この映画を作るきっかけは、レナーテだった。彼女の舞台での演技に魅了され、主演を務めたことのなかった彼女のために脚本を書いた。主人公のキャラクター造形、複雑な心境を作っていくうえで、彼女に助けられたことが沢山ある。人間ドラマ、コメディなどたくみに演じられる素晴らしい才能を持っている、今一番の女優だと思う」と、主演のレナーテを絶賛している。

 映画『わたしは最悪。』は、7月1日より全国順次公開。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv