クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

アレック・ボールドウィン、イタリアのファミリー向けクリスマス映画で俳優業に復帰 

セレブ&ゴシップ

  • twitter
  • facebook
アレック・ボールドウィン、早くも俳優業に復帰 事故前に決まっていたプロジェクト
アレック・ボールドウィン、早くも俳優業に復帰 事故前に決まっていたプロジェクト(C)AFLO

 映画『Rust(原題)』の撮影現場で銃が誤発射し、撮影監督が亡くなるという痛ましい事故が起きたのは昨年10月。渦中にあるアレック・ボールドウィンが、早くも俳優業に復帰することが明らかになった。事故発生前に決まっていたプロジェクトだという。

【写真】「アレック・ボールドウィン」フォトギャラリー

 Varietyによると、アレックが出演するのは、イタリアの制作会社Minerva PicturesとILBEが手掛けるクリスマス映画『Kid Santa(英題)』と『Billie’s Magic World(英題)』の2本。弟のウィリアム・ボールドウィンと一緒に出演し、2人はプロデューサーも兼務するという。

 両作とも、イタリア人監督のフランチェスコ・チンクェマーニがメガホンを取り、実写とアニメのハイブリッドで描くファミリー向けクリスマス映画。2人のほか、『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』などに出演のエルヴァ・トリルが出演するそう。アレックとウィリアムは実写部分に出演するそうだ。

 チンクェマーニ監督は、アレックと2015年公開のSFアクション映画『アンドロン』で組んでおり、ウィリアムとも、2021年の実写/アニメ映画『The Christmas Witch(原題)』で一緒に仕事をしている。

 この後ローマで撮影を開始するため、ウィリアムはすでに現地入りしており、アレックも現地時間の26日にローマに到着する予定。2人は現地にて、4週間に渡って撮影を行うという。なお、Minerva Picturesのチーフ、ジャンルカ・クルティによると、このプロジェクトは、『Rust』の撮影現場で事故が発生するより前に、決まっていた事だそう。

 『Rust』での死亡事故を受けて、現在も捜査が続けられており、アレックは亡くなった撮影監督ハリーナ・ハッチンズさんの遺族や、スタッフから訴訟を起こされている。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv