クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

クロちゃん恋愛企画 うますぎ演技でスタジオ仰天のミク「演技のお仕事待ってます!!」

エンタメ

 『水曜日のダウンタウン』(TBS系/毎週水曜22時)のシリーズ企画「MONSTER LOVE(モンスターラブ)」第6回が21日に放送され、ついに終結。クロちゃんの心をつかむため、見事な演技を見せ続けたミクがツイッターで心情を明かした。

【写真】最後までクロちゃんを惑わせたミクとリチ かわいすぎる2ショット

 21日放送の「MONSTER LOVE(モンスターラブ)」第6回で、クロちゃんはリチ、ミク、ミナの3人とデート。まずはミナを“脱落”させ、クロちゃんが告白する相手は、最終的にリチとミクに絞られた。

 これまでクロちゃんの頬にキスをしたり、プラネタリウムではクロちゃんと添い寝をして密着したりとクロちゃんへの思いを大胆に表現していたミク。スタジオでVTRを見ていた面々にも「ミクちゃんホントに好きかもしれない」(藤本美貴)、「うそやったらショック」「芝居やったらすごい」(東野幸治)などと言わしめた。

 最終的にクロちゃんは自分の気持ちに正直になり、リチに告白。クロちゃんのことが元々好きだったリチと晴れて交際をスタートさせた。一方のミクは、クロちゃんのことは好きではなく、これらはすべて演技だったことを明かした。これにスタジオの面々は「ええ!」と驚がく。「うますぎません!?」(東野)、「めちゃめちゃうまい」(藤本)と仰天だ。

 好きではなかったのにもかかわらず、最後までクロちゃんへの思いを表現し続けたミクはその理由について「クロちゃんに告白させれば、自分はアイドルになれると思って、告白させることを目標に、頑張ってきたので、その目標を達成するために最後まで頑張り続けました」と告白した。

 放送終了後にミクは自身のツイッターを更新。「目標を達成できず悔しい……笑」と吐露し、「恋愛ドラマの気持ちで、クロちゃんの一挙一動にアンテナ張って即興で演技をするの本当にすごく楽しかったです。とっても贅沢で貴重な経験になりました」と振り返り、「あ、演技のお仕事待ってます!!笑」とアピールした。

引用:「都内某所・ミク」ツイッター(@MiKU_TONAi)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv