クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

工藤静香、24年ぶりの紅白出場 Cocomiと共演も歌詞間違えに反省「凍りついた一瞬」

エンタメ

工藤静香、『第73回NHK紅白歌合戦』の歌詞間違えを謝罪 ※「工藤静香」インスタグラム

工藤静香、『第73回NHK紅白歌合戦』の歌詞間違えを謝罪 ※「工藤静香」インスタグラム

 歌手の工藤静香が1日にインスタグラムを更新。新年のあいさつとともに、24年ぶりに出場した大みそか恒例の『第73回NHK紅白歌合戦』で歌詞間違えをした際の心境や反省をつづっている。

【写真】工藤静香、24年ぶりの紅白で長女・Cocomiと共演 美しい母娘2ショット

 工藤が2023年初投稿したのは長女のCocomiとともに出演した『第73回NHK紅白歌合戦』の舞台裏で撮影したオフショット。公開された写真には、ステージ衣装を着てカメラに微笑みかけるソロショットやCocomiとの笑顔の2ショットも収められている。

 工藤にとって24年ぶりの出演にして愛娘との共演となった『第73回NHK紅白歌合戦』。ステージではメドレーで「嵐の素顔」を歌唱すると、Cocomiが登場してフルートを演奏し「黄砂に吹かれて」で共演を果たした。

 しかし工藤は「黄砂に吹かれて」冒頭で「忘れたくて忘れた」を「なくしたくてなくした」と間違え、「なくしたくてなくした」を重複して歌唱。SNSでも話題になっていた。

 そんな工藤は投稿で「ヒェ〜と めっちゃくちゃ失くすバージョンになり凍りついた一瞬もありました。すみません」と歌詞の間違いを反省すると、ファンからは「それも生放送、生ライブの醍醐味です」「口パクじゃない証拠で、むしろ貴重」「人間らしくて可愛くて良いじゃないですか」などのコメントが寄せられた。

引用:「工藤静香」インスタグラム(@kudo_shizuka)

この記事の写真を見る

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv