クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

第43回ラジー賞発表 最低映画賞は『ブロンド』 最低助演男優賞にトム・ハンクス

映画

第43回ラジー賞最低映画賞は『ブロンド』
第43回ラジー賞最低映画賞は『ブロンド』 写真提供:AFLO

 その年に公開された最低映画に贈られるゴールデンラズベリー賞(通称ラジー賞)。今年も例年通り、アカデミー賞開催の前に受賞結果が発表され、物議を醸したマリリン・モンローの伝記映画『ブロンド』が見事(?)最低映画賞を獲得した。

【フォト集】豪華に着飾ったセレブたちが集結! 第95回アカデミー賞<フォトギャラリー>

 『ブロンド』は、最低作品賞と最低脚本賞を獲得。『エルヴィス』でトム・パーカー大佐を演じたトム・ハンクスは、最低助演男優賞と「トム・ハンクス&重いラテックスのメイク顔(と馬鹿げたアクセント)」として最低スクリーンカップル賞を受賞。エディ・レッドメインやジャレッド・レト、ニコール・キッドマンなど、アカデミー賞とラジー賞、双方を獲得した俳優たちと肩を並べた。

 また、『モービウス』もアドリア・アルホナが最低助演女優賞、2度目の受賞となるジャレッド・レトが最低主演男優賞を獲得。3作品がそれぞれ2つのラジー獲得でトップに並んだ。

 今年のラジー賞では、12歳の子役ライアン・キーラ・アームストロングを最低主演女優賞候補にしたことで批判が噴出。謝罪の上彼女を候補から外し、今後は18歳未満の俳優やフィルムメイカーを賞の候補としないことを発表した。これを受け、最低女優賞の受賞者を、「第43回ラジー賞における最低主演女優賞ノミネーションの大失態」とした。

第43回ゴールデンラズベリー賞主な受賞結果は以下の通り(★が受賞作品)。

■最低映画賞
★『ブロンド』
『ピノキオ』
『グッド・モウニング 人生最悪のハイな1日』
『The King’s Daughter(原題)』
『モービウス』

■最低主演男優賞
コールソン・ベイカー(akaマシン・ガン・ケリー)『グッド・モウニング 人生最悪のハイな1日』
ピート・デヴィッドソン(声の出演)『マーマデューク』
トム・ハンクス『ピノキオ』
★ジャレッド・レト『モービウス』
シルヴェスター・スタローン『サマリタン』

■最低主演女優賞
★「第43回ラジー賞における最低主演女優賞ノミネーションの大失態」
ブライス・ダラス・ハワード『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』
ダイアン・キートン『マック&リタ』
カヤ・スコデラーリオ『The King’s Daughter(原題)』
アリシア・シルヴァーストーン『ジョーズ・バケーション』

■最低助演男優賞
ピート・デヴィッドソン(カメオ出演)『グッド・モウニング 人生最悪のハイな1日』
★トム・ハンクス『エルヴィス』
ゼイヴィア・サミュエル『ブロンド』
モッド・サン『グッド・モウニング 人生最悪のハイな1日』
エヴァン・ウィリアムズ『ブロンド』

■最低助演女優賞
★アドリア・アルホナ『モービウス』
ロレイン・ブラッコ(声の出演)『ピノキオ』
ペネロペ・クルス『355』
ファン・ビンビン『355』と『The King’s Daughter(原題)』
ミラ・ソルヴィノ『Lamborghini: The Man Behind the Legend(原題)』

■最低スクリーンカップル賞
コールソン・ベイカー(akaマシン・ガン・ケリー)&モッド・サン『グッド・モウニング 人生最悪のハイな1日』
虚偽のホワイトハウスのベッドシーンに登場する実在のキャラクター2人『ブロンド』
★トム・ハンクス&重いラテックスのメイク顔(と馬鹿げたアクセント)『エルヴィス』
アンドリュー・ドミニク&彼の女性に対する意識の問題『ブロンド』
『愛は、365の日々で』の続編2作(ともに2022年公開)

■最低監督賞
ジャド・アパトー『ザ・バブル』
★コールソン・ベイカー(akaマシン・ガン・ケリー)&モッド・サン『グッド・モウニング 人生最悪のハイな1日』
アンドリュー・ドミニク『ブロンド』
ダニエル・エスピノーサ『モービウス』
ロバート・ゼメキス『ピノキオ』

■最低脚本賞
★『ブロンド』/“伝記本”ジョイス・キャロル・オーツを基にしたアンドリュー・ドミニクの脚本
『ピノキオ』/ロバート・ゼメキスとクリス・ワイツの脚本(カルロ・コッローディの遺産管理団体非公認)
『グッド・モウニング 人生最悪のハイな1日』/マシン・ガン・ケリー&モッド・サンが“執筆”
『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』/エミリー・カーマイケル&コリン・トレボロウの脚本、トレボロウ&デレク・コノリーのストーリー原案
『モービウス』/マット・サザマ&バーク・シャープレスのストーリーと脚本

■最低リメイク・パクリ・続編賞
『ブロンド』
『愛は、365の日々で』の続編2作『愛は、この日を迎えて』、『愛は、新たな日々へ』(ラジーのスペシャルオファー)
★『ピノキオ』
『炎の少女チャーリー』
『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』

■名誉挽回賞
★コリン・ファレル
ヴァル・キルマー
マーク・ウォールバーグ

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る