クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

NMB48・渋谷凪咲、中田青渚『だが、情熱はある』出演! “若林”高橋海人、“山里”森本慎太郎の好きな人役

ドラマ

ドラマ『だが、情熱はある』に出演する(左から)渋谷凪咲(NMB48)、中田青渚
ドラマ『だが、情熱はある』に出演する(左から)渋谷凪咲(NMB48)、中田青渚

関連 :

高橋海人

King & Prince

森本慎太郎

SixTONES

渋谷凪咲

NMB48

中田青渚

 King & Princeの高橋海人とSixTONESの森本慎太郎が共演する4月9日スタートのドラマ『だが、情熱はある』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の追加キャストとして、山里亮太(森本)が好きな相手役で渋谷凪咲(NMB48)、若林正恭(高橋)が好きな相手役で中田青渚の出演が発表された。渋谷は連続ドラマ初出演。

【写真】渋谷凪咲が連続ドラマ初出演 ドラマ『だが、情熱はある』に出演する渋谷、中田青渚

 本作は、オードリー・若林正恭と南海キャンディーズ・山里亮太の2人の半生を描く、実話に基づいたドラマ。若林役を高橋、山里役を森本が演じる。

 若林と山里はそれぞれ10代の頃からお笑い芸人を目指すも、なかなか日の目を見ず不遇の時代を過ごす。しかし努力の末、「M‐1」準優勝となりブレーク。オードリー、南海キャンディーズは誰もが知る人気お笑いコンビとなるのだが、若林、山里、ふたりともに売れたことによる周囲の変化や「仕事」への疑問、ネガティブな思い。「相方の方ばかり売れていく」「じゃない方」といった嫉妬やねたみ。そんな負の感情の中でもがいていた。

 そんな折、ふたりは出会うことになる。そしてお互いを知るうちに「負の感情を笑いにしよう」と、それぞれのコンプレックスを生かした漫才やコントを披露するユニット「たりないふたり」を結成、活動を始めた。コロナウイルスが世界をむしばむ中、運命の「解散無観客ライブ」の日がやってくる。そこでふたりが見た景色とは…。

 山里が好きな相手、丸山花鈴役を演じる渋谷凪咲は「いつもお世話になっていて尊敬しているお二方のドラマに参加させて頂ける事を、心から嬉しく思います。私は山里さんの彼女さん役ですが、普段から山里さんのお優しく紳士的な振る舞いに心掴まれておりましたので、既に役作りの準備は万端です! 連ドラ初出演という事で、緊張でいっぱいですが、素敵な共演者の皆様とご一緒させて頂ける幸せを噛み締めながら、視聴者の皆様に楽しいドラマをお届け出来るよう頑張ります!」とコメント。

 若林正恭が好きな相手、橋本智子役を演じる中田青渚は「このドラマの制作が発表されたとき、とても面白そうな作品だなと思っていたので、自分も参加できることになり楽しみな気持ちでいっぱいです。スタッフ、キャストの皆さまと共にドラマの情熱を感じながら、丁寧に役を演じていければと思っています」としている。

 日曜ドラマ『だが、情熱はある』は、日本テレビ系にて4月9日から毎週日曜22時30分放送。

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る