クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

マーベル「スパイダーマン」最新作のアニメーション制作を日本のポリゴン・ピクチュアズが担当!

アニメ

『スパイダーマン:FreshmanYear』のアニメーション制作をポリゴン・ピクチュアズが担当
『スパイダーマン:FreshmanYear』のアニメーション制作をポリゴン・ピクチュアズが担当(C)2023 MARVEL

 マーベル・スタジオが手がける『スパイダーマン』最新作『スパイダーマン:FreshmanYear』のアニメーション制作を、日本のポリゴン・ピクチュアズが担当することが明らかとなった。

【写真】小野賢章&悠木碧、LiSAが手掛ける『スパイダーマン』主題歌を絶賛「ワクワク感を感じました」

 マーベル・コミック出版の『スパイダーマン』は、世界的に高い人気を誇り、テレビシリーズを皮切りにさまざまなメディアで作品が制作されている。2021年公開の実写映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、コロナ禍の日本において初のハリウッド映画40億円超えの大ヒットを記録した。

 そして今回、最新作『スパイダーマン:FreshmanYear』のアニメーション制作を、日本のデジタルアニメーションスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズが担当することが決定した。最新のCG技術で描かれる新たな『スパイダーマン』の世界に期待が高まる。

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る