クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

サノスの頭突きにも動じない最強ヒーロー! キャプテン・マーベルの無双ぶりを振り返る

映画

『マーベルズ』場面写真
『マーベルズ』場面写真 (C)2023 Marvel

 マーベル・スタジオ劇場公開最新作『マーベルズ』が11月10日に公開される。主人公は『キャプテン・マーベル』や『アベンジャーズ/エンドゲーム』に登場してきた“アベンジャーズ最強のヒーロー”のキャプテン・マーベル。今回は、『エンドゲーム』でサノスを相手に規格外のパワーで圧倒的な活躍を見せつけるなど、登場するたびに“無双”をさく裂させてきた彼女の最強の歴史を振り返る。

【写真】懐かしい! 『キャプテン・マーベル』&『アベンジャーズ/エンドゲーム』でのキャプテン・マーベル

 かつてはアメリカ空軍のパイロットだったが、事故によって全ての記憶を失った代償に得た“規格外のパワー”と“不屈の心”を持つキャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァース(ブリー・ラーソン)。

 彼女は“フォトンブラスト”という衝撃波を繰り出すなど、ソーやサノスをも凌駕するほどの圧倒的パワーに加え、超人的なスタミナや耐久力も併せ持つ。さらに飛行能力も持ち、アイアンマンのようにパワードスーツを装着せずとも“生身で宇宙空間を飛び回る”ことが可能で、まさに“最強ヒーロー”といえる。その最強っぷりは、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の全作品のプロデューサーを務めるケヴィン・ファイギも「キャプテン・マーベルはマーベルコミック史上最強のキャラであり、MCUにおいても最強のキャラクターだよ」と断言するほど。

 そんな“最強”が誕生するまでの物語『キャプテン・マーベル』では、過去の記憶を失い自分が誰かもわからないまま、ある惑星で特殊部隊に所属する日々を過ごしていた彼女の姿が描かれた。任務の途中で訪れた地球でアベンジャーズ結成前のニック・フューリーと出会った彼女は、彼と行動を共にするうちに失った真実の記憶を取り戻し、自らの使命に気づいていく。後半では、敵の策略によって彼女の能力が制限されていたことが判明し、そのパワーを覚醒させると、瞬く間に敵を撃破し圧倒的な“無双”を披露した。

 キャプテン・マーベルとして覚醒して以降は、地球を離れてヒーローのいない惑星なども幅広く保護してきた彼女。『エンドゲーム』では、地球に帰る術なく漂流していたアイアンマンらが乗る宇宙船をひとりで救い出したり、サノスの“指パッチン”が実行されたことを知ってからはひとりでサノスを殺しに乗り込もうとするなど、随所で“最強”を予感させる頼もしさを連発した。クライマックスのサノスとの最終決戦では、アベンジャーズの窮地に駆け付ける形で途中参戦。いきなり巨大宇宙船を身一つで破壊し一気に戦況を逆転させる活躍を見せた。また、単身でサノスと闘った際は、サノスの頭突きにも眉一つ動かさず、力でサノスを圧倒し膝をつかせピンチに追いやるなど、映画史に名を刻む最凶最悪の敵サノスを相手に互角以上の戦いを繰り広げ、ヒーローが集結する中でも流石の“無双”ぶりを炸裂させた。

 しかし『マーベルズ』では、そんなキャプテン・マーベルさえも苦戦する謎の敵ダー・ベンが襲来することになる。ダー・ベンは、地球のみならずさまざまな惑星を守ってきた“ヒーロー”のキャプテン・マーベルを“破壊者”と呼ぶほどに憎み、地球を含む彼女が守ってきた惑星すべてを滅亡させようという壮大で恐ろしい計画を目論む。

 さらに、過去最大級の危機が迫る中、キャプテン・マーベルと、アベンジャーズオタクの高校生ヒーローのミズ・マーベル、そしてキャプテン・マーベルを家族のように慕う敏腕エージェント モニカ・ランボーの三人が入れ替わる謎の現象も発生…。これまでひとりで戦ってきたキャプテン・マーベルは彼女らとチームを結成し、新たな強さに目覚めていく。アベンジャーズの面々から、度々チームプレーができていないことにやんわりと苦言を呈されていた“アベンジャーズ最強ヒーロー”は、本当にチームワーク抜群のチームを結成できるのか!? キャプテン・マーベルの強さのみならず、三人の活躍にも注目だ。

 『マーベルズ』は11月10日全国劇場公開。

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る