風間俊介、岸谷五朗にラブコール「10年後の誕生日も一緒にいたい」!?

エンタメ

  • twitter
  • facebook
岸谷五朗、NHK木曜時代劇『ぼんくら』記者会見にて
岸谷五朗、NHK木曜時代劇『ぼんくら』記者会見にて クランクイン!

関連 :

風間俊介

岸谷五朗

奥貫薫

加部亜門

松坂慶子

 16日より放送のNHK木曜時代劇『ぼんくら』の記者会見が2日に都内で行われ、岸谷五朗、奥貫薫、風間俊介、加部亜門、松坂慶子が出席した。本作は、人気作家・宮部みゆきの同名小説を原作に、同心が不可解な事件を解決していく人情時代劇ミステリードラマ。根っからの無精者で、捕物などの面倒ごとは大嫌いな主人公・井筒平四郎を、NHK時代劇では11年ぶりに主演を務める岸谷が演じる。

【関連】木曜時代劇 『ぼんくら』記者会見 フォトギャラリー

 岸谷とは、長い付き合いがあるという風間。本作でも、撮影場所である京都ではたびたびご馳走してもらったという。そして、役柄について「『(風間の役柄を)一言で言うと?』って聞かれて、すごく考えました」とのこと。

 また、岸谷は本作の撮影中に50歳の誕生日を迎えたのだが、風間は「実は40歳の誕生日も五朗さんと一緒にいたんです」と意外な告白。そして、「(原作者の)宮部さんにどんどんお話を書いてもらって、岸谷さんが60歳になった時も一緒にこの作品をやっていられればうれしい」と笑顔でラブコールを送った。

 風間は、本作では舞台となる深川鉄瓶長屋の新しい差配人の佐吉を務める。「回を重ねるごとに、一つ一つの事件がどんどん繋がっていって、人の機微でストーリーが進んでいく。台本を読むのを止められなかったので、ものすごく面白いことになるなと思いました」と作品への思いを語ると、自身の役柄について「常に戸惑っているキャラ。戸惑いや心の揺れを大切に演じたい」と話す。そして、「佐吉が翻弄されていく様子を見せたい」と意気込んだ。

 主演の岸谷は「時代劇というと1話完結が多いけれど、これは連続ドラマらしいドラマ。僕の役は1度も剣を抜きません。時代劇では非常に珍しい役です。“ぼんくら”具合や(舞台となる)長屋との距離感も回を重ねるごとに掴めていって、手応えを感じています」と撮影を振り返った。

 そして、「(俳優陣は本編中で)楽しい会話をしているのでミステリーを撮っている感覚は全然ないんですが、できあがると宮部さんの大きな世界観のミステリーが出来上がっている」と作品をアピールした。

 木曜時代劇『ぼんくら』は10月16日から毎週木曜20時よりにNHK総合テレビで放送。

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access