市川知宏、『信長協奏曲』で月9初出演! 小栗と対立する武将の家臣役に

エンタメ

  • twitter
  • facebook
市川知宏、初の時代劇&月9に出演!『信長協奏曲』場面写真
市川知宏、初の時代劇&月9に出演!『信長協奏曲』場面写真(C)フジテレビ

 俳優の市川知宏が、絶賛放送中のフジテレビ開局55周年記念プロジェクトのテレビドラマ『信長協奏曲』第6話より出演することが分かった。市川は、室町幕府15代将軍・足利義昭(堀部圭亮)の家臣・細川藤孝を演じる。

【関連】足利義昭に扮する「市川知宏」フォトギャラリー

 本作は、現代に暮らす高校生・サブロー(小栗旬)が突然戦国時代にタイムスリップしてしまい、自分とそっくりで病弱な本物の織田信長と入れ替わり、天下統一を目指す物語。斬新な設定と、“月9”枠初の時代劇として話題を呼んでいる。

 第6話で、主人公・サブローは義昭と対面するも、お互いの考え方の違いにより対立。義昭は全国の大名に信長を討伐するよう書状を出し、織田家を窮地に追いやる。市川演じる細川は義昭にお目通りを請う明智光秀(小栗)の願いを断るも、義昭が本気で織田を滅ぼそうとしていることを伝え、光秀の今後を案ずる様子も描かれる。

 今年に入り、映画『銀の匙 Silver Spoon』『好きっていいなよ。』、さらに、サスペンスドラマ『家族狩り』など話題作に続々出演している市川は、今作が月9ドラマ初出演。自身演じる役柄について市川は、「冷静な判断、客観的な見方を出来る教養のある人物」と評し「初めて戦国時代の世界に入るということで、とても緊張感のある現場を過ごしています。細川という人物を丁寧に演じていきたいと思います」と意気込みを見せている。

 ドラマ『信長協奏曲』は毎週月曜21時より放送中。

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access