『奇跡の人』パティ・デュークが69歳で死去

映画

映画『奇跡の人』のパティ・デュークが死去
(C)AFLO

 アーサー・ペン監督の映画『奇跡の人』(63)で三重苦を克服した社会福祉活動家ヘレン・ケラーを演じた女優パティ・デュークが、現地時間29日に死去した。享年69歳。パティの代理人が発表した声明によると、死因は腸の破裂による敗血症だという。Entertainment WeeklyやUSA Todayなどの海外メディアが伝えた。

関連記事

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access