クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

松岡茉優「実は根暗」  底なしネガティブに、桐谷健太がポジティブフォロー

エンタメ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『水族館ガール』会見の様子
ドラマ『水族館ガール』会見の様子 クランクイン!

関連 :

松岡茉優

桐谷健太

伊東四朗

 ドラマ『水族館ガール』(NHK)の会見が行われ松岡茉優、桐谷健太、伊東四朗が出席。それぞれ本作にまつわるエピソードや意気込みを語る中、松岡は自身を「根暗」と評しながらも、桐谷と伊東を相手にダジャレ混じりの明るいトークを展開した。

【関連】『水族館ガール』会見フォトギャラリー

 本作は、元大手商社勤務の新米飼育員・嶋由香が、水族館でイルカやペンギンなどと触れ合いながら成長していく姿を描くエンタメドラマ。

 主演の嶋を演じる松岡は「主演という大事なポジションを任せて頂けるようになったことがまだ信じられない。撮影でもとても未熟で、いつも情けない毎日」とネガティブ。嶋の印象は「すごくさわやか。私、よくさわやかなイメージを持って頂くことが多いんですが実は根暗。すごくネガティブなことばかり考えている。由香ちゃんがドンドン成長するので一緒に成長していけたら嬉しい」と語った。

 梶良平役の桐谷は、松岡の発言に触れて「自分のことをネガティブといえる時点でポジティブだと思います」とフォロー。さらにauのCMで浦島太郎も演じる桐谷は「最近よく海と縁がある。(本作も)浦島太郎の話から始まって一瞬ドキッとした」と笑いを誘った。松岡の怖い上司という役どころについては、「初めての両思いの役になるかもしれない。こういった無口な役も初めてなのでやりがいがある」と気持ちをにじませた。

 また、自分たちを海の生き物に例えるとどうなるかと問われて松岡は、自身をよく眠るカワウソと回答。「眠ることが好きで、起きて“あ、2、3時間しか経ってないのかな”と思ったら実は1日経ってるくらい寝てる」と理由を説明した。

 桐谷については、「(現場に)先輩方とすごくお話になる。輪みたいなものを一気に作ってくれる。“こういう人が主演ってやるんだな”と不甲斐なさを感じた。皆を“輪に”する感じの生物」と考察。桐谷が「輪に?」とつぶやくと、それにヒントを得た松岡は「ワニ~!」とダジャレで回答して報道陣を沸かせた。

 ドラマ『水族館ガール』は、NHK総合で6月17日より放送。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access