クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ミャンマー出身・森崎ウィン、日本とミャンマー合作映画に出演「架け橋となる第一歩」

映画

  • twitter
  • facebook
森崎ウィン、映画『My Country My Home』及び連動テレビドラマ製作発表記者会見に登壇
森崎ウィン、映画『My Country My Home』及び連動テレビドラマ製作発表記者会見に登壇 クランクイン!

関連 :

森崎ウィン

スティーヴン・スピルバーグ

 5人組ダンスボーカルユニット「PrizmaX」のメインボーカルを務め、俳優としても活躍するミャンマー出身の森崎ウィンが25日、都内で行われた日本・ミャンマー共同製作映画『My Country My Home(原題)』および連動テレビドラマの製作発表記者会見にキャスト・監督らと共に出席。同作に出演する森崎は、ミャンマーで祖母とともに暮らしていたことを振り返り「おばあちゃん孝行ができるチャンスをいただけて、すごくうれしい気持ちでいっぱいです」と喜びの気持ちを語った。

【関連】映画『My Country My Home』及び連動テレビドラマ製作発表記者会見の様子

 本作は、NHKグループの日本国際放送とミャンマーの民間地上波チャンネル
MNTVが、日本とミ ャンマーの友好の架け橋として製作され、東京・高田馬場を主な舞台に、日本とミャンマー、二つの祖国の間で揺れるミャンマー人女子高生「ナン」のひと夏の青春ストーリーを描く。

 映画の監督は、ドキュメンタリーからドラマまで幅広い作品を撮る、今のミャンマー映画界を代表する監督の1人、チー・ピュー・シンが務め、森崎はミャンマー人でありながら日本のポップスターとして活躍する木村アウン役を演じる。会見には、同作からナン役のウィッ・モン・シュエ・イーのほか、ヤン・アウン、アウン・イェ・リン、シン監督そしてテレビドラマ版で監督を務める雑賀俊朗も出席した。

 ミャンマーで生まれで祖母とともに暮らしていたことを振り返った森崎は「ミャンマーも日本も、両方とも祖国であるので、こうやって、自分が生まれ育ったミャンマーと日本の架け橋ともなる第一歩を踏めて、おばあちゃん孝行ができるチャンスをいただけて、すごくうれしい気持ちでいっぱいです」とニッコリ。

 一方、「子供の頃から日本の映画やドラマを見ていた」と笑顔で語ったイーは「映画の中で、日本で育った日本語が堪能な女性を演じるのですが、劇中に日本語がけっこう出てくるので、日本語の勉強には難しいところがあります」とコメント。「通常であれば、発音などの訓練に3~4ヵ月を費やすのですが、本作では数日の間に頑張らなければならず、難しいと感じています」と本音を明かした。

 また森崎は、昨年6月にスティーヴン・スピルバーグ監督のSF超大作『Ready Player One(原題)』の出演を発表。ハリウッド作品への出演については英語に苦労したといい「すごく周りの方に支えられているんだなと、改めて思えた」と振り返った。

 日本・ミャンマー共同製作映画『My Country My Home(原題)』は、2018年2月上旬にミャンマー国内の劇場で公開。日本での公開は未定。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access