クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『バットガール』実写映画、ジョス・ウェドン降板で女性脚本家を起用

映画

 DCコミックス『バットマン』シリーズの“バットガール”を主人公にする映画から、『アベンジャーズ』の監督ジョス・ウェドンが手を引いたことを受け、新進気鋭の女性脚本家クリスティーナ・ホドソンが起用されたと海外メディアで報じられている。

バットガール実写映画版は新進気鋭の女性脚本家クリスティーナ・ホッドソンを起用(※写真は『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』におけるバットガール)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access