クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

池田エライザ、主演映画のドラマ化を舞台挨拶で発表「すごく幸せ」

映画

  • twitter
  • facebook
『ルームロンダリング』公開初日舞台挨拶に登壇した池田エライザ
『ルームロンダリング』公開初日舞台挨拶に登壇した池田エライザ クランクイン!

関連 :

池田エライザ

オダギリジョー

伊藤健太郎(健太郎)

渋川清彦

木下隆行

 女優の池田エライザと俳優のオダギリジョーが、7日に都内で開催された映画『ルームロンダリング』の公開初日舞台挨拶に出席した。本作がドラマ化されることを自身の口から発表した池田は「まだまだ皆に『ルームロンダリング』をお届けできることがすごく幸せです」と語った。

【写真】池田エライザ、オダギリジョーらが登壇、そのほかの写真

 本作は、ひょんなことから“訳あり物件の浄化”を行うことになった天涯孤独の主人公・八雲御子(池田)が、個性豊かな幽霊たちと奇妙な共同生活を送る姿を描く。

 池田は「今までいただいたことのない役柄だったにもかかわらず、すごく心ごと入り込んで」と撮影を回想。「私も含め、世の中を生きている人々の奥底にある、少しもやっとした部分をすごく丁寧にすくい上げている作品だなと思ったので、台本をいただいた時点からほれ込んで、この作品に挑ませていただけた」と話した。

 うさんくさい不動産屋を営む御子の叔父・悟朗に扮したオダギリは、池田について「一緒に芝居をしていても、暗いんですよね」と発言。その暗さが何に起因するのかが気になり、空き時間に話を聞いていたと振り返り「すごく面白い環境で育っていて、そういう話を聞いていると、俳優に必要な感性というか、感覚的なものがよく備わっている」とした上で「幅の広い可能性を持った女優さんになるだろうと」と語る。

 すると、これを聞いた池田は「台本に書いてありましたよね(笑)」と暴露。オダギリは以前の取材でも同じことを言ったと弁解したうえで「本当にそう思っているんですけどね。こういう言い方をすると、変な空気になっちゃう。すみませんでした…」と続けて会場を沸かせた。

 当日は、本作がドラマ化されることも発表された。池田は「頑張ります!」と白い歯を見せ、「ドラマ化するので、まだまだ『ルームロンダリング』離れできないっていうことが素直にうれしいというか。まだまだ皆に『ルームロンダリング』をお届けできることがすごく幸せです」と思いを語っていた。

 舞台挨拶には、ほかに渋川清彦、伊藤健太郎、 TKOの木下隆行、片桐健滋監督も登壇した。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv