『半分、青い。』16週、結婚した鈴愛 しかしトラブルが続々と…

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『半分、青い。』第16週「抱きしめたい!」
『半分、青い。』第16週「抱きしめたい!」(C)NHK

関連 :

永野芽郁

間宮祥太朗

松雪泰子

滝藤賢一

斎藤工

中村雅俊

 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』、16日から放送の第16週「抱きしめたい!」では、涼次(間宮祥太朗)と結婚することを決めた鈴愛(永野芽郁)。家族の許しも得て無事結婚するが、トラブルや予期せぬ出来事が次々と起こってしまう。

【写真】『半分、青い。』第16週フォトギャラリー

 結婚のあいさつのため、岐阜を訪れた鈴愛と涼次。祖父・仙吉(中村雅俊)の配慮もあり、母・晴(松雪泰子)、父・宇太郎(滝藤賢一)も次第に心を許していく。

 やがて、結婚式を無事に終え、二人は夫婦になった。新婚早々のある日、涼次は映画のプロデューサーに呼び出され、助監督として師事する映画監督・祥平(斎藤工)の次回作がクライアントの意向によりなくなったことを告げられる。

 一方、鈴愛はいよいよ始まる新婚生活に気分はうきうき。涼次が探してくれた新居に引っ越すが、なんと涼次の叔母・藤村三姉妹の家の離れだった。突然目の前に現れた3人の叔母、光江(キムラ緑子)、麦(麻生祐未)、めあり(須藤理彩)の存在と、勝手にこの部屋を選んだ涼次に不信感を募らせる鈴愛。結婚資金の行方を問い詰めると涼次は、祥平の最新作制作に充てたと打ち明ける。

 先週放送の第15週「すがりたい!」では、近所の学校の運動会シーズンを迎え、大忙しの100円ショップ「大納言」に涼次が臨時バイトとしてやってくる。鈴愛は次第に涼次と働くことに心地よさを感じ始める。涼次のアルバイト最終日、閉店後店の事務所で小さな打ち上げを行う二人。やがて涼次は、雨の降りしきる店の外に飛び出し、鈴愛に「好きです」と伝え、そして「結婚」も口にする。鈴愛は戸惑うもののそれを受け入れ、幸せいっぱいに。そして鈴愛が初めて涼次の部屋を訪れた日、同居する祥平と対面。鈴愛は初めてのお泊まりのつもりだったこともあり、二人は険悪なムードに!?、という内容だった。

 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』は総合テレビにて月曜~土曜8時放送。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access