スカーレット・ヨハンソン、賛否両論のトランスジェンダー主役を降板

映画

トランスジェンダー役を降板したスカーレット・ヨハンソン
(C)AFLO

 女優のスカーレット・ヨハンソンが、映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のルパート・サンダース監督の新作『Rub&Tug(原題)』から降板することを決めたという。同作でトランスジェンダーの男性を演じる予定だったスカーレットは、本当のトランスジェンダーの役者から機会を奪っていると批判されていた。

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access