アヴリル・ラヴィーン、拡散中の“2003年死亡説”一蹴「すごく変な感じ」

セレブ&ゴシップ

自身の死亡&ニセモノ説に笑ったというアヴリル・ラヴィーン
(C)AFLO

 2014年にライム症を患い、闘病生活を続けていたことを公表した歌手のアヴリル・ラヴィーン。5年ぶりのアルバムからリリースされた新曲『ヘッド・アバーヴ・ウォーター』が大ヒットし、歌姫の健在ぶりを見せつけている。そんな彼女が「実は2003年に死亡していて、今いる人物はニセモノ」という陰謀論について、自分の考えを明かしたという。

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access