クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

手塚治虫『火の鳥』、“大地編”が小説で4月6日から連載開始

アニメ・ゲーム

手塚治虫『火の鳥』、“大地編”が小説で連載開始 ※写真は、火の鳥「黎明編」の表紙

手塚治虫『火の鳥』、“大地編”が小説で連載開始 ※写真は、火の鳥「黎明編」の表紙

関連 :

手塚治虫

桜庭一樹

 手塚治虫さんによる漫画『火の鳥』の“幻の続編”とされていた「大地編」が、小説として4月6日より「朝日新聞 土曜別刷りbe」にて掲載決定。本作は手塚さんが残した構想原稿をもとに、直木賞作家・桜庭一樹が想像力の翼を広げ、長編小説を紡ぐ。

【写真】アニメ『鉄腕アトム』フォトギャラリー

 『火の鳥』は、『鉄腕アトム』『ブラック・ジャック』『リボンの騎士』『どろろ』などを手掛けた手塚さんによる作品で、不死鳥である火の鳥を追い求める人々を描き、人間の尊厳や愚かさを描く壮大な大河ロマン。1967年の「黎明編」から本格的に始まり、1988年の「太陽編」を最後に、翌年、手塚さんが亡くなったことで未完の作品となった。

 そして、今回発表された小説は、手塚プロダクションの資料室に残された、続編とみられる「大地編」の構想原稿をもとに制作。この原稿は400字詰め原稿用紙にして2枚分という短い量ながら、手塚ロマンのエッセンスが詰まっているという。

 その構想原稿をもとに、新たな長編小説を紡ぐこととなった桜庭は、『GOSICK』シリーズ、『赤朽葉家の伝説』で知られ、『私の男』では直木賞を受賞した小説家。また挿絵は、『鉄腕アトム』をはじめ手塚作品をモチーフにした作品を多く手がけている、イラストレーター・黒田征太郎が担当する。

 『小説 火の鳥 大地編』は4月6日から1年間、「朝日新聞 土曜別刷りbe」にて毎週土曜日掲載予定。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv