クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ウィル・スミスがセリーナ・ウィリアムズの父親を演じる伝記映画、監督が決定

映画

  • twitter
  • facebook
ビーナス&セリーナ・ウィリアムズ父リチャード・ウィリアムズを演じるウィル・スミス
ビーナス&セリーナ・ウィリアムズ父リチャード・ウィリアムズを演じるウィル・スミス クランクイン!

 米女子プロテニス選手ビーナス&セリーナ・ウィリアムズを育て上げた父親のリチャード・ウィリアムズ氏の半生を描く映画『King Richard(原題)』。映画『スーサイド・スクワッド』の俳優ウィル・スミスが主演し、映画『Monsters and Men (原題)』のレイナルド・マーカス・グリーン(Reinaldo Marcus Green)が監督を務めることが決まったと、米ワーナー・ブラザースが発表した。

【写真】ウィル・スミスの妻&子どもたちも登場! 『アラジン』USプレミアの様子

 ウィルがウィリアムズ氏を演じ、製作も務めることは、Deadlineなどが今年3月に報じていた。監督の決定と併せて、2020年11月25日より全米公開されることが発表になったという。同作ではウィルの義妹ケイレブ・ピンケットが製作総指揮に名を連ねる。

 今や女子プロテニス界の伝説となったセリーナとビーナス。ウィリアムズ氏はテニス経験がなかったにもかかわらず、娘たちが4歳ごろに78ページにわたるテニス選手養成計画を執筆。逆境や偏見を乗り越えながら2人を歴史に名を残す名選手に鍛え上げた。映画はそんなウィリアムズ氏の半生を中心に描くとのことだ。

 ウィル以外のキャストは不明。監督が決まり、姉妹を演じる子役や女優探しに拍車がかかりそうだ。

 日本であまり知られていないグリーン監督は、2018年のサンダンス映画祭で上映された映画『Monsters and Men (原題)』で長編監督デビュー。同映画祭では審査員特別賞を受賞している。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access