クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

武田真治、ストレスで顎関節症に 立ち直るきっかけをくれたのは忌野清志郎さん

エンタメ

  • twitter
  • facebook
武田真治
武田真治 クランクイン!

 俳優の武田真治が11日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演。うつ状態に陥るなど“暗黒生活”を送っていた過去や、立ち直るきっかけを与えてくれたのが、2009年に亡くなった忌野清志郎さんだったことを語った。

【写真】武田真治、感極まり言葉に詰まる場面もあった『しくじり先生 俺みたいになるな!!』の様子

 同番組は、過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが、自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授する反面教師バラエティー。

 武田は、「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」のグランプリを獲得し、17歳でデビュー。94年のドラマ『南くんの恋人』、人気バラエティ『めちゃ×2イケてるッ!』など、数々のドラマや映画、バラエティーで活躍した。

 だが、仕事のストレスから、あごの痛みで口が開けにくくなったり、口の開け閉めで顎関節に音がする顎(がく)関節症に。得意のサックスが吹けなくなったほか、「バラエティーの現場でも活躍できない。ドラマでも簡単なセリフをつっかえる」と追い込まれ、うつ状態になった。その後も、怪しいセミナーにだまされ、実家でひきこもり生活を送るなど、絶望の日々を送った。

 武田は、初めて告白する当時の“しくじり”として、わざと現場で横柄な態度を取り、芸能界を干されようとしたことなどを明かした。

 それでも「もう一度サックスを吹きたい」という気持ちだけは持っていた武田。そんな中、俳優・竹中直人の紹介で、2009年に亡くなった歌手の忌野清志郎さんと出会う。「スタジオに遊びに行くと、清志郎さんが『ちょっと吹いてごらん』って僕にサックスを渡して、(清志郎さんは)ギターをアンプに繋ぐんです。清志郎さんが鳴らすギターにサックスを合わせられるなんて一生に一度だなと思って、恐る恐る吹くと、昔のように音が出たんです」。

 すると、清志郎さんにサックスの腕前を評価され、レコーディングやライブに誘われるようになり、「ひきこもりから抜け出すチャンス」を与えてもらったという。その後、武田は忌野さん率いるバンド、ラフィータフィーに加わり、全国ライブツアーに帯同した。武田は「あの日あの時、清志郎さんじゃなかったら、サックスは吹けなかった」と、感極まり言葉を詰まらせながら吐露し、「人生を変えてくれた恩人」に感謝していた。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access