クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ダニエル・クレイグ、『007』最新作が“呪われた映画”呼ばわりされることに怒り

映画

 イギリスの人気スパイ映画『007』シリーズの最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、英米の公開が4月から11月に延期されたが、完成するまでもさまざまな問題に見舞われた。そんな理由で、海外メディアでは“呪われた映画”と言われることがしばしばあり、6代目のジェームズ・ボンドを演じる俳優のダニエル・クレイグは怒っているという。

6代目ジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグ(※『007 スペクター』の場面写真)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access