クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『DASADA』日向坂46・渡邉美穂&小坂菜緒、“涙の演技”に反響「涙が止まらない」

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『DASADA』第6話より
『DASADA』第6話より(C)「DASADA」製作委員会

関連 :

渡邉美穂

小坂菜緒

 日向坂46が出演するドラマ『DASADA』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)第6話が19日に放送され、渡邉美穂演じる沙織と、小坂菜緒ふんするゆりあの涙の熱演に、視聴者から感動の声が多数寄せられた。

【写真】小坂菜緒はずぶ濡れで…感動の第6話フォトギャラリー

 ファッションブランドの登竜門「U20デザインカーニバル」への出場を考えていたゆりあたち。しかし、そんな矢先、沙織は父親が、ゆりあの両親に取り立てをしている丑岡(野間口徹)だということをDASADAメンバーに知られてしまい「もうここには居ることはできない」とゆりあとの距離を置き学校へも来なくなる。

 デザイナーを失ってしまい途方に暮れる中、「デザカニ」への出場を諦めきれないゆりあは、沙織を取り戻すため、雨の中、沙織に会いに行く。

 ゆりあは沙織に「戻ってきてよ。シャオリさんがいなきゃDASADAじゃない」と頼むが、沙織は受け入れない。さらにゆりあが「親同士の問題は私たちには関係ない」と訴えるが、沙織は「あるよ! だってこれで借金返せなくてお店なくなったら、絶対親のこと、私のこと、嫌いになるでしょ。うらむでしょ…そんなの無理だよ。怖いんだよ。私にはDASADAしかないんだから」と涙を流して、正直な気持ちを吐き出す。

 沙織の言葉を聞いたゆりあはなおも「戻ってきてください」と頭を下げるが、ゆりあが頭を上げると、沙織の姿は消えていた…。

 雨でびしょ濡れのまま、自宅へ戻ったゆりあ。真琴(齊藤京子)、せれな(加藤史帆)、いちご(佐々木美玲)に「ごめん、やっぱりシャオリさんは…」と話し出すと、そこへ沙織の姿が。驚くゆりあに沙織が「…ただいま」とつぶやくと、ゆりあは沙織に抱きつき、涙を流す。沙織は「泣いてるヒマないよ。新作、早く完成させよう」と言い、2人は涙して喜び合うのだった。

 渡邉と小坂が気持ちをぶつけ合い、涙を流す熱演には視聴者から感動の声が殺到。「涙してしまった」「渡邉美穂さんの演技力の高さに驚かされた」「鳥肌が立った」「2人の涙が、とっても綺麗だった」という声のほか、小坂が主演を務めた映画『恐怖人形』の宮岡太郎監督もツイッター(@hhitch)で「DASADA6話めちゃめちゃいいじゃんか... 日本にはナオコサカとミホワタナベという女優がいる」と称賛していた。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access