クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

有村架純、2年ぶり民放連ドラ主演 脚本家・岡田惠和と再タッグで“肝っ玉姉ちゃん”に

エンタメ

 女優の有村架純が、10月27日スタートの新ドラマ『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)にて主演を務めることがわかった。有村の民放連続ドラマ主演は2年ぶり。自身がヒロイン務めたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の脚本家・岡田惠和と再タッグを組み、“肝っ玉姉ちゃん”を演じる。

【写真】お団子へアがかわいい! 『姉ちゃんの恋人』主演の有村架純

 本作は、ハロウィンからクリスマスにかけて、女手ひとつで弟3人を養う“肝っ玉姉ちゃん”の主人公と、個性豊かな登場人物たちが繰り広げるラブ&ホームコメディー。

 有村演じる主人公・安達桃子は、高校3年生のときに両親を事故で亡くし、大学進学を断念。以来、3人の弟たちを養うため、親戚の紹介で就職したホームセンターで働き始めて9年目の27歳。「あいつら幸せにするって決めたんで、私」ときっぱりと言い切る桃子は、それぞれ20歳、17歳、14歳となった弟たちの幸せを何よりも大切に考える一家の大黒柱として、辛い過去や日々の苦労を懸命に乗り越え、毎日を過ごしていた。

 そんな桃子は、ハロウィンからクリスマスに人々の興味が移ろい始める頃、職場で出会った“吉岡さん”との恋によって日常が大きく変わる。少し年上でほほ笑みを絶やさない好青年の“吉岡さん”に、次第に心ひかれていく桃子だったが、彼には「ある秘密」があった。太陽のような桃子と、どことなく影を感じさせる“吉岡さん”。そこそこ大人な年齢なのに、どこか初々しくて、ぎこちない2人の恋は、応援するお互いの家族や、職場の同僚、友人たちも巻き込んでいく。

 脚本家・岡田とのタッグは6作目となる有村は「何より、見事にテイストもキャラクターも違った脚本で、しかも私自身ずっと家族のお話をやりたいと思っていたので、とてもワクワクしました。家族のカタチや、大切な人がそばにいることを大事にしながら、クスッと笑えるようなドラマに出来たらと思います」と意気込む。

 岡田は「信頼する有村架純さんとともに、ちょっぴり疲れて固まってしまった世界をほんの少しだけでも、ほぐせたら。そんな思いで書いています」と話し「有村さん演じる桃子は、よく笑い、よく怒り、よく泣いて、よく食べて飲んで。よく働きます。地に足つけてしっかり生きる桃子を見てるだけで何だか心がほぐれること間違いなしです。笑って笑って幸せな涙を流せるようなドラマを目指します」とコメントしている。

 ドラマ『姉ちゃんの恋人』は、カンテレ・フジテレビ系にて10月27日より毎週火曜21時放送。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access