クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

クドカン脚本『俺の家の話』、長瀬智也と西田敏行が再び“父子”に 追加キャスト発表

エンタメ

  • twitter
  • facebook
金曜ドラマ『俺の家の話』キャスト陣
金曜ドラマ『俺の家の話』キャスト陣(C)TBS

関連 :

長瀬智也

西田敏行

桐谷健太

永山絢斗

井之脇海

江口のりこ

平岩紙

 TOKIOの長瀬智也が主演を務め、宮藤官九郎が脚本を手掛ける2021年1月スタートのドラマ『俺の家の話』(TBS系/毎週金曜22時)の追加キャストとして、俳優の西田敏行、桐谷健太、永山絢斗、井之脇海、女優の江口のりこ、平岩紙の出演が発表された。

【写真】『俺の家の話』に主演する長瀬智也

 長瀬と宮藤が11年ぶりにタッグを組む本作は、濃すぎる家族が織りなすホームドラマ。長瀬演じるピークを過ぎたプロレスラーの観山寿一が、能楽の人間国宝である父の介護のため現役を引退し、名家の長男として家族と謎の女性介護ヘルパーを巻き込んで介護と遺産相続を巡る激しいバトルを繰り広げる。

 西田が演じるのは、能楽・観山流の宗家で寿一の父・寿三郎。同じ宮藤脚本の『うぬぼれ刑事』(2010)では長瀬演じるうぬぼれの父役、『タイガー&ドラゴン』(2005)では長瀬とは父子のような関係性の落語の師匠を演じた西田が、今作で再び長瀬と父子役で共演する。西田は長瀬について「素晴らしいポテンシャルを持った役者なので、今回もいいキャッチボールができるんじゃないかと期待しています」と話す。

 桐谷は、寿三郎の一番弟子にして芸養子でもある寿限無を演じる。役どころについて桐谷は「物腰が柔らかくて、優しくて、いろいろなことを包み込んできた男性です。寿一が帰ってきたことで、いろいろな事件が起こっていくと予想しているんですが、寿限無がどのように変わっていくのか!? 能楽師のように重心をしっかり下げ、しなやかに演じていきたいです」と抱負をコメント。

 永山は、寿一の弟・踊介にふんする。踊介は、寿三郎の厳しすぎる指導に反発して家を出た兄・寿一とは真逆で、純粋に「能」を愛しているものの、才能がないことを悟って能を諦め、それでも父の役に立ちたくて弁護士になった。永山は初共演となる長瀬について「『IWGP(池袋ウエストゲートパーク)』はもちろん、ずっとテレビで観ていた方なので、今回共演させてもらえて(しかも兄弟です)本当に感激しています」としている。

 江口は、観山家の長女で寿一の妹の舞を演じる。進学塾で講師をしている舞は、女性というだけで宗家を継げず、寿一や踊介に劣等感を抱いている。長瀬との共演について、江口は「強いエネルギーを発していて、ほかの方にはない魅力を持っている方なので、一緒に芝居ができるのがとても楽しみな方です」と期待を寄せている。

 ほか、能楽とは別世界で生きるプロレスラー・プリティ原を井之脇、寿一の別れた妻・ユカを平岩が演じる。

 金曜ドラマ『俺の家の話』は、TBS系にて2021年1月より毎週金曜22時放送。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access