クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

菅野美穂、10年ぶり映画主演で2児の母役に「運命を感じる役との出会いでした」

映画

  • twitter
  • facebook
映画『明日の食卓』出演キャスト(左から)尾野真千子、菅野美穂、高畑充希
映画『明日の食卓』出演キャスト(左から)尾野真千子、菅野美穂、高畑充希(C)2021「明日の食卓」製作委員会

関連 :

菅野美穂

高畑充希

尾野真千子

瀬々敬久

 女優の菅野美穂が2児の母親役で主演し、高畑充希と尾野真千子が共演する瀬々敬久監督最新作『明日の食卓』が、2021年春に公開されることが発表された。菅野にとって本作が10年ぶりの映画主演作となる。

菅野美穂、4年ぶり連ドラ主演 北川悦吏子と初タッグでシングルマザーの恋愛小説家に

 原作は、2002年に第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』で作家デビュー後、『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞と第23回坪田譲治文学賞を受賞、『昔はおれと同い年だった田中さんとの友情』で第69回小学館児童出版文化賞を受賞した椰月美智子による小説『明日の食卓』。同じ「石橋ユウ」という名前の男の子を育てる3人の母親たちを通して、どこにでもある家庭の光と闇を描いた衝撃作だ。

 住む場所も環境も全く違う3人の母親役には、豪華女優陣が集結。本作が映画『ジーン・ワルツ』(2011)以来10年ぶりの映画主演となる菅野が、元フリーライターで2人の息子を育てる留美子役に挑み、やんちゃ盛りの息子たちを育てながら仕事復帰を目指す母親をパワフルに演じる。

 また、シングルマザーで大阪に暮らす加奈には高畑充希。若くして子供を産み、日々非正規の仕事を掛け持ち、時間に追われながらも息子のために健気に生きる母親を熱演する。そして年下の夫と優等生の息子に囲まれ、一見何不自由なく幸せに暮らすあすみを尾野が丁寧に演じる。3人とも本作が瀬々監督との初タッグ作となる。

 留美子役の菅野は、撮影を振り返り「私自身が育児中という事もあり、運命を感じる役との出会いでした。留美子を演じながら、子どもへの愛情と、母性の狂気を改めて見つめ直すような気持ちになりました。瀬々監督の作品に参加させて頂くのは今回が初めてだったのですが、寡黙なお人柄ですが熱い思いでお芝居を受け止めてくださいました。瀬々組の阿吽の呼吸のスタッフの皆さんのお陰で、集中して取り組む事ができたのだと思います。毎日抜け殻になるまで撮影をした、という気がします」とコメント。続けて「高畑充希さん、尾野真千子さんという素晴らしい女優さん達と一緒にこの作品に参加させて頂けてとても幸運に思っています」と、2人と共演できた喜びを語った。

 加奈役の高畑は「はじめての瀬々組。とてつもなくパワフルな現場で、あれよあれよという間に時間が過ぎてゆきました。1日1日の密度があまりにも濃すぎて、撮影期間の記憶がほとんどありません。笑」と明かし、「でも、スタッフさん達の瀬々監督作品への愛を毎日肌で感じていた事だけは覚えていて、きっとその愛情が、出来上がる映画からも溢れているんだろうなと思います。自分自身が生まれ育った大阪の、空気とか匂いとかを思い出しながら懐かしみながらこの加奈という役をやらせていただけて、本当に幸せでした」と充実感をにじませた。

 あすみ役の尾野は、今回の役どころについて「母を演じる事はやはり難しいです。母の気持ち、子の気持ち、まだいくら考えてもわかりません。いくら歳をとっても経験者当事者でないとわかりません。この役を演じて怖くもありました。でも繋がりとは素敵で美しい大切なものなのですね」と感想を率直に語っている。

 映画『明日の食卓』は2021年春全国公開。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv