クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『着飾る恋には理由があって』川口春奈、意中の社長役に向井理&家主役に夏川結衣

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『着飾る恋には理由があって』に出演する向井理、夏川結衣
ドラマ『着飾る恋には理由があって』に出演する向井理、夏川結衣(C)TBS

関連 :

川口春奈

横浜流星

向井理

夏川結衣

 女優の川口春奈が主演し、俳優の横浜流星と共演する4月スタートのドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系/毎週火曜22時)に、俳優の向井理と女優の夏川結衣が出演することが発表された。向井は川口演じる主人公・真柴くるみが密かに思いを寄せる会社社長を、夏川はくるみの唯一の女友達で“姉御”と慕うフードスタイリストを演じる。

【写真】『着飾る恋には理由があって』に出演する向井理&夏川結衣

 本作は、綺麗に着飾ることで自分の居場所を作っていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深めたりする中で、鎧を脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。

 インテリアメーカーの広報でインフルエンサーとしても活躍するくるみ役を演じる川口のほか、シンプルを追求する“ミニマリスト男”藤野駿役で横浜が出演する。オリジナル脚本を、昨年大ヒットしたドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)を手掛けた金子ありさが手掛ける。

 向井が演じる葉山祥吾は、メディアにも露出するやり手の若手社長。一見完璧な人物だが、どこか抜けた性格の持ち主だ。自社の広報としてくるみに絶大な信頼を寄せており、そんな祥吾にくるみは密かに思いを寄せている。

 向井は、「オリジナル作品ならではの先の見えない面白さがあり、時代に即した内容ですので、幅広い層の皆様にご覧いただきたいです」とコメント。

 夏川が演じる早乙女香子は、くるみがカフェでアルバイトをしていた頃に仲良くなった唯一の女友達で、“姉御”と慕う人気フードスタイリスト。自由奔放で頼もしいだけでなく、50歳を迎えた女性の価値観や今後の生き方に悩む等身大の姿も描かれる。なお、夏川と脚本の金子ありさ、新井順子プロデューサー、塚原あゆ子監督は、2018年10月期放送の火曜ドラマ『中学聖日記』以来のチームとなる。

 夏川は、フードスタイリストという未知の役どころについて「突き詰めずに気負うことなく楽な気持ちで演じたい」と語り、「見終わった時、大変な日常を過ごすみなさんの気持ちをふと楽にしてくれると思います」とアピールした。

 ドラマ『着飾る恋には理由があって』は、TBS系にて4月より毎週火曜22時放送。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv