クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『ドラゴン桜』紗栄子、サプライズ出演で長澤まさみと共演 驚きと歓喜の声が殺到

ドラマ

長澤まさみ(左)とサプライズ出演した紗栄子(右) ※「紗栄子」インスタグラム

長澤まさみ(左)とサプライズ出演した紗栄子(右) ※「紗栄子」インスタグラム

関連 :

紗栄子

長澤まさみ

 阿部寛主演のドラマ『ドラゴン桜』(TBS系/毎週日曜21時)の第1話が25日に放送され、16年前に放送された前作で生徒役を務めたモデルで女優の紗栄子がサプライズ出演。前作に続いて出演している長澤まさみと共演すると、ネッ上では驚きと歓喜の声が多数上がった。

【写真】驚きと歓喜の声! サプライズ登場した紗栄子のシーン

 本作は、雑誌「モーニング」(講談社)で2018年から連載中の三田紀房の漫画『ドラゴン桜2』を原作に、2005年に放送されたドラマ『ドラゴン桜』の15年後を描く続編。前作で元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部)が受け持つ「東大クラス」の生徒だった水野直美(長澤)は、本作では東大卒の弁護士となって登場。桜木と共に新時代の高校生を導いていく。

 時は令和。偏差値32で経営破綻寸前の龍海学園で、教頭・高原浩之(及川光博)は桜木による再建案を提案。しかし、自由な校風を理想に掲げる理事長・龍野久美子(江口のりこ)と対立する。高原からの依頼を受けた水野は、行方不明だった桜木を探し出し、共に龍海学園に東大専科を立ち上げる。

 そして迎えた始業式。壇上で水野は白けた生徒たちを前に東大専科の発足を発表。しかし続いて登壇した桜木は無関心な生徒たちに向けて「東大になんか絶対に行くな!」と声を上げて場を困惑させる。

 龍海学園での波乱の一日を終えた水野は、東大の同級生たちと顔を合わせる。そこには水野同様に龍山高校から東大へ進学し、現在はIT企業を経営する坂本智之(林遣都)と、水野の同級生で東大に進学した小林麻紀(紗栄子)の姿が。そこで水野と麻紀は、桜木の過去の事件について話をする。

 前作で麻紀を演じていた紗栄子がサプライズで登場すると、ネット上には「紗栄子きたー!!」「サエコちゃん出てる!!」などの声が集まり、さらに「長澤まさみと紗栄子の共演も尊い」「長澤まさみと紗栄子はやばい胸熱」といった投稿が相次いだ。

 前作で紗栄子が演じた麻紀は、アイドル志望の女の子というキャラクター。劇中では“現役東大生”という肩書き欲しさに受験に奮闘する姿が描かれた。

 ドラマの放送終了後、紗栄子は自身のインスタグラムを更新し、長澤との2ショットを投稿。自身の役柄について「念願の東大出身の人気タレントになっておりました」とコメント。さらにドラマの公式ツイッターも紗栄子と長澤の2ショットを公開し「今や東大出身弁護士と東大出身人気タレントに成長した、水野直美と小林麻紀です」とつづっている。

引用:「紗栄子」インスタグラム(@saekoofficial)、ドラマ『ドラゴン桜』公式ツイッター(@dragonzakuraTBS)

この記事の写真を見る

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv