クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『No Activity/本日も異状なし』豊川悦司&木村佳乃も絶賛 “じろうワールド”の魅力

ドラマ

  • twitter
  • facebook
Amazon Prime Video『No Activity/本日も異状なし』場面写真
Amazon Prime Video『No Activity/本日も異状なし』場面写真(C)2021 Amazon Content Services LLC

関連 :

豊川悦司

木村佳乃

シソンヌ

 俳優の豊川悦司が主演を務め、中村倫也が共演する連続ドラマ『No Activity/本日も異状なし』が、Amazon Prime Videoにて12月17日から配信される。脚本を務めるのは、お笑いコンビ・シソンヌのじろう。主演の豊川は脚本について「“計算されていない感”が好き」と語り、じろうが生み出す独特の世界観の魅力を明かした。

【写真】『No Activity/本日も異状なし』に出演する豊川悦司、木村佳乃

 オーストラリアで大ヒットしたコメディードラマ『No Activity』をリメークした本作は、万年ヒラ刑事の時田信吾と新米刑事・椎名遊のバディが、麻薬捜査の張り込み中に巻き起こす、あり得ないような騒動を描く。豊川が時田信吾役、中村が椎名遊役を演じる。

 本作の見どころは、なんといってもクセが強く、個性あふれる登場人物たちの絶妙な会話劇と、全く先の読めないストーリー。これまでの刑事ドラマのイメージを覆すようなシュールで独特な世界観は、とてもユニークで他に類を見ない。そんな本作の脚本を手掛けたのは、“コント職人”として名高く、脚本家としても活躍するシソンヌのじろう。じろうが生み出す独特な世界観を出演者たちは口をそろえて絶賛している。

 初めてじろうの脚本を読んだ時からその面白さに引かれたという豊川は「職業を超えた“本音”のようなもので書かれているので、コメディではありますが言葉一つ一つに説得力がありました。素直に演じてみたい、このセリフを話してみたいと思いました」と語る。

 さらに豊川は「入り口と出口が違うエピソードというのがじろうさんの脚本の持ち味のような気がしています。話している内に違う方向へ転がっていってしまうような、“計算されていない感”が好きです」と、その魅力を熱く語っている。

 無線連絡室のベテラン指令官・美里を演じた木村佳乃も、じろうの脚本にハマってしまった一人。「映画の脚本を書いていらっしゃいますが、こういう配信ドラマの脚本もやられるんだなと驚きながら脚本を読んだら、もう本当に面白くて。じろうさんワールドのようなユニークな世界観がそこにあり、とにかく撮影が楽しみで仕方がなかったです」と語り、じろうが作り出す世界観を絶賛した。

 Amazon Originalドラマ『No Activity/本日も異状なし』は、Amazon Prime Videoにて12月17日より本編6話一挙独占配信。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv