石田ひかり 関連記事

  • 7月8日スタートの月9ドラマ『監察医 朝顔』で母娘役の上野樹里と石田ひかり

    石田ひかり、『あすなろ白書』以来26年ぶり月9レギュラー出演 上野樹里の母親役

    エンタメ

     女優の石田ひかりが、上野樹里主演の7月期月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系/毎週月曜21時)にレギュラー出演することがわかった。石田の月9レギュラー出演は、1993年放送の『あすなろ白書』以来26年ぶりとなる。@@cutter 『監察医 朝顔』は、2006年に「週刊漫画サンデー」(実業之日本社)で連載を開始し、人気を博した同名漫画が原作。上野演じる主人公の新米法医学者・万木朝顔と朝顔の父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)が、解剖と捜査というそれぞれの立場から遺体の“生きた証”を見つけ出すため、懸命に遺体と向き合う姿を描く感動作。  石田が演じるのは、朝顔(上野)の母・万木里子。東北生まれの東北育ちで、朝顔の愛情深く心優しい部分は里子譲り。里子は、娘の朝顔、夫の平と円満な日々を送っていたが、ある日、東北の海沿いの街にある実家に帰省中、東日本大震災に被災。以来、里子は行方不明のまま今日に至る。  石田は里子を演じるにあたって、「2011年3月11日。あの日のことは今でも鮮明に思い出すことができます。里子のように今も行方が分からない方々、そのご家族のことを思うと、言葉になりません。ひとりひとりにかけがえのない人生があること、そして行き場のない思いがある事をしっかりと胸に刻んで、心を込めて演じていきたいと思っています」と感慨深げにコメント。  26年ぶりとなる月9ドラマへのレギュラー出演については、「『あすなろ白書』は、若かりし頃に懸命に取り組んだ、わたしにとって、とても大切なドラマでありましたので、やはり月9には特別な思いがあります」と告白。  また、今回初共演となる上野に対し「お誕生日が同じ5月25日で、昔から一方的に親近感を持っていました。樹里ちゃん可愛いです! とっても! 背が高くて細くて色が白くて、ほんとうに可愛い!」とラブコールを送っている。  新月9ドラマ『監察医 朝顔』は、フジテレビ系にて7月8日より毎週月曜21時放送。

  • 佐野勇斗&本郷奏多、映画『凜‐りん‐』プレミア試写会舞台挨拶に登壇

    本郷奏多、佐野勇斗は「ダークな部分が見えない。今のところは」

    映画

     俳優の本郷奏多が25日都内で、主演映画『凜‐りん‐』のプレミア試写会に登場。ダブル主演を務めたM!LKの佐野勇斗に関して「すごく真っ直ぐでカワイイ子。一瞬たりともダークな部分が見えない。本当にいい子なんだなと思う。今のところは」と評した。@@cutter 本作は、芥川賞作家・又吉直樹書き下ろしの舞台作品『凜』(07)を原作とする青春群像サスペンス。「100年に一度、村から子供が消える」という伝説がある村で巻き起こる騒動を描く。  今回のイベントには本郷や佐野のほか、須賀健太、亀田侑樹、櫻井圭佑、平祐奈、石田ひかり、池田克彦監督が出席した。  佐野は、事務所の先輩でもある本郷について「優しい兄貴」と好評価。「事務所に入る前から知っていて、よくドラマとか好きな作品とかに出られていて、すごくミステリアスな役が多い印象だった。勝手に“ミステリアスな方かな”と思っていたら…違う。本当に優しい」と話し、「(本郷が)LINEとかも交換してくれた」と笑顔を弾けさせた。  そんな佐野について本郷は「すごく真っ直ぐでカワイイ子。撮影や宣伝でたくさん一緒にいる機会があったけど、一瞬たりともダークな部分が見えない。本当にいい子なんだなと思う。今のところは」と話した。他方、須賀が「本郷さんとは、共演したことがなかったので楽しみだった。撮影待っている時には『須賀健太、好きだわ』と言ってくださった。それがうれしかった」と明かすと、本郷は間髪入れずに「子役出身の人間って、大体心がひねくれてる。シンパシーを感じた」とあけすけに語り、会場を笑わせた。  映画『凜‐りん‐』は、2月22日よりロードショー。

  • 『SUITS/スーツ』第9話場面写真

    今夜『SUITS/スーツ』中島裕翔は西村まさ彦の境遇に自分を重ね…

    エンタメ

     俳優の織田裕二が主演を務める月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第9話が今夜放送される。第9話では、大輔(中島裕翔)が自身と似た境遇の会計士に自分を重ねる姿が描かれる。@@cutter 本作は、アメリカの人気ドラマ『SUITS』を原作に、敏腕エリート弁護士と天才フリーターがバディを組み、数々の訴訟を解決していくリーガルドラマ。  甲斐(織田)は、『幸村・上杉法律事務所』の経営にも参画するシニアパートナーへと昇格する。そのお披露目パーティーの席上で、チカ(鈴木保奈美)は、『YURI綜合会計事務所』所長の華村百合(石田ひかり)と、同事務所のエース会計士・大河原忠(西村まさ彦)を甲斐に紹介する。  百合の事務所は、『幸村・上杉法律事務所』の顧問会計事務所であり、クライアントでもあった。しかも百合は、チカの大親友なのだという。そこで百合は、チカと甲斐に大河原を解雇したいから助けてほしいと頼む。  甲斐は、大輔(中島)を連れてファームに戻ると、百合の事務所の定款と雇用契約書を頭に叩き込めと指示する。実は大河原は、出身大学を偽り、無資格にも関わらず会計士として働いていたのだ。それを知った大輔は、大河原と自分の境遇を重ねてしまい、なかなか仕事に集中できない。    翌日、甲斐は大河原を呼び出し、解雇を告げる。百合の事務所は大河原を訴えず、十分な額の退職金も用意するという条件だった。しかし25年も事務所に尽くしてきた大河原は突然の解雇に納得できない。そのやり取りを聞いていて我慢できなくなった大輔は、これまでの功績を考えればこんな解雇の仕方なんておかしい、一度百合と話し合うべきだ、とつい口をはさんだ。すると大河原は、大輔に同調して百合を批判し、不当解雇で訴えると言い残して席を立ってしまう…。  ドラマ『SUITS/スーツ』第9話は、フジテレビ系にて今夜12月3日21時放送(15分拡大)。

  • ドラマ『SUITS/スーツ』記者会見に登壇した織田裕二

    織田裕二、“我が妹”石田ひかりとの仲良しショットにドラマファン歓喜

    エンタメ

     ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の公式インスタグラムが11月30日更新され、次回3日に放送される第9話ゲストの石田ひかりと、主演の織田裕二、出演の鈴木保奈美によるスリーショット写真を投稿。織田と石田の並びに、ドラマファンからは2人が29年前に兄妹役で共演したドラマを思い出し「懐かしい」との声や、90年代のドラマシーンを牽引した3人に「豪華!!」「笑顔が素敵」などの声が殺到した。@@cutter 投稿された写真は織田と鈴木が、3日放送の第9話に出演する石田を挟んでにこやかに映る3枚のスリーショット写真。第9話で石田は、鈴木演じるチカの親友役で登場する。織田と石田は1989年に放送された、浅野温子主演のドラマ『ママハハ・ブギ』で的場浩司と3兄妹役を演じており、投稿された写真の中には、笑顔の織田が親しげに石田の肩を抱いているショットも。添えられたコメントによると、織田は「我が妹よ!」と再会したようだ。  この写真には同作を思い出したというファンからの反応も多く、「ママハハブギですよね、懐かしい」「誠ちゃんと恵美ちゃん兄妹ですよね」「織田さんが、これだけフレンドリーな感じ、初めて見ました~ 素敵な兄妹だったのでしょうね」などの声が見られた。以前は、2004年放送のドラマ『ラストクリスマス』で恋人役を演じた矢田亜希子も本作に出演したことから「元カノとか妹さんとか、色々な歴史的なものが重なる貴重なドラマですよね~」という感想も届けられていた。  また、織田、鈴木、石田という90年代ドラマの顔がそろった華やかな写真に、ファンからは「素敵スギ」「豪華!!」「すごい並び」などのコメントが多数寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/drama_suits/

  • 土曜ナイトドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』ビジュアル

    野村周平×桜井日奈子『僕の初恋をキミに捧ぐ』1月スタート

    エンタメ

     俳優の野村周平と女優の桜井日奈子が、2019年1月スタートのドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)で共演することが発表された。テレビ朝日の連続ドラマ初主演となる野村は、初共演の桜井について「とても落ち着いている方ですね。桜井さんのお芝居を見て、自分も成長させていただけたらなと思っています」と語っている。@@cutter 本作は、『僕は妹に恋をする』『カノジョは嘘を愛しすぎてる』で知られる人気マンガ家・青木琴美による累計発行部数800万部を超える同名コミックを実写ドラマ化したヒューマン・ラブストーリー。心臓病を患う高校生の少年と、彼の主治医の娘を主人公に、二人の純愛をつづっていく。  垣野内逞(野村)が8歳の頃、病院に入院している彼のそばにはいつも、同じ年の女の子・繭(桜井)がいた。ある日、病室を抜け出して訪れた夜の公園で、逞と繭は夜空を仰ぎながら結婚の約束を交わす。15歳になった逞は、名門・私立紫堂高校に入学。そこで逞は繭と再会。隠れて猛勉強してまで自分を追いかけてきた繭に対し、戸惑いを隠せない逞。小さい頃に偶然聞いてしまった自分の命のタイムリミットについての記憶が、逞の頭の中でよみがえり始める…。  心臓病を患い、自身が20歳まで生きられないと診断される主人公・逞を演じるのは野村周平。本作について野村は「ただキュンキュンしているドラマではないというか」と語ると、「心臓病と向き合う中での葛藤や繭にどう接していけばいいのかなど、そういう人の心の部分が、とてもしっかりと動く作品だなと思いました」とコメント。  ヒロインの繭を演じる桜井は「この作品のグッと来る部分はたくさんありますが、一番は2人の純愛だと思っています」と話すと、続けて「原作の漫画もすごく素敵ですが、ドラマになったときにまた違った魅力を生み出せていけるように頑張りたいです」と意気込んでいる。  また共演キャストも発表され、熱い恋のライバルに馬場ふみかと松井愛莉、高校生活を彩る仲間に矢作穂香、岐洲匠、富田健太郎、福本莉子。主人公が通う病院の看護師に是永瞳、主人公とヒロインの母親役に真飛聖と石田ひかりがキャスティングされた。  ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』は、テレビ朝日系にて2019年1月より毎週土曜23時15分放送。

  • 石田ひかり

    石田ひかり、新幹線で隣に座ってきた“不審者”に怯える その正体は?

    エンタメ

     女優の石田ひかりが4日、自身のインスタグラムに東海道新幹線で経験した恐ろしい出来事を、オチ付きで投稿し、ファンから「おもしろい」といった反響が寄せられている。@@cutter 石田は東海道新幹線社内での写真とともに「新大阪からの帰り道 お弁当を食べていたら 京都から 黒づくめの男性がとなりにやってきた」とキャプションで状況説明。「あーんついてないー しかし、こんなにすいてるのに この人も他に座ればいいのに」と思っていたところ、隣の人物が「小声で『おやまゆ~えんち~~~~』もちろん振り付きで!」つぶやいたという。  石田は「うわっ なんなのこの人っ こわいこわいこわすぎる!!」と思ったそうだが「恐怖におののいていたわたしの瞳に映ったひとは! だいだいだーいすきな かっちゃん!!!!!」と、その人物が俳優の勝村政信であることを明かした。  石田と勝村は、2017年放送のオトナの土ドラ『屋根裏の恋人』(東海テレビ・フジテレビ系)で夫婦役を演じた仲。「それにしても『おやまゆ~えんち~~~~~』はこわかった!!」としつつ「新横浜までずーっとおしゃべり すてきなカード(Suicaだった)でコーシーも買ってくれたよ!」と報告する石田に、「なんという偶然なのでしょう!」「笑ったー笑。さすが勝村さん」「怖い人じゃなくて良かったです」といった声が殺到。  「屋根恋の西條ご夫妻だ!懐かしい️」「3億円持って一緒に逃避行した旦那様だ」「あのドラマ面白かったです」とかなりパンチのあったドラマを懐かしむ声や、「当時おやまゆうえんちだった場所は現在ショッピングモールになっています。今でも名前の中におやまゆうえんと入っているんですよ」と小山ゆうえんちに対するミニ情報も寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/hikaringo0525/

  • 映画『凜』ポスタービジュアル

    須賀健太、平祐奈、片桐仁ら、又吉原作『凜』追加キャストに

    映画

     芥川賞作家・又吉直樹の原作を基に、俳優の佐野勇斗と本郷奏多がダブル主演を務める映画『凜』の追加キャストが発表され、須賀健太、平祐奈、片桐仁、大沢ひかるらの出演が明らかになった。@@cutter 又吉が書き下ろした初の長編で、2007年12月に神保町花月で公演した舞台を基にする本作。劇中では「100年に一度、村から子供が消える」という伝説がある村を舞台に、真面目でどこか達観している現代っ子の高校生・野田耕太(佐野)と、不思議な転校生・天童(本郷)が過ごす青春の日々、そして彼らの友達が消えていく様が描かれる青春群像サスペンス。  佐野、本郷と共に男子高校生役に扮するのは須田健太、亀田侑樹、櫻井圭佑。須賀は「又吉さんが描く登場人物達は個性的で愛らしい人物ばかりですが、その中でも演じさせていただいた大仏は、一際個性的だと思います」とコメント。「“笑顔が大仏みたい"だからあだ名が大仏。まぁ他にも諸説あるのですが…笑。自称チャームポイント、笑顔の須賀健太、全力でニコニコさせていただきました!お楽しみに!」とも話した。  一方、石田ひかりは佐野演じる耕太の母、山口紗弥加は耕太が憧れる保健の先生を演じる。他に発表となった平祐奈、片桐仁、堀部圭亮、勝村政信らの役どころは明らかになっていない。また、11年前の舞台『凜』に出演した金田哲(はんにゃ)のほか、椿鬼奴、ドラマ『火花』で役者デビューを飾った好井まさお(井下好井)ら、よしもと芸人も作品を盛り上げる。追加キャスト発表とともに、東京八王子ロックバンド、ハルカミライの楽曲『ヨーロービル、朝』が主題歌に、『俺達を待っている』が挿入歌に決定した。  映画『凜』は2018年度に全国公開予定。

  • 玉木宏&広瀬アリス、『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』完成披露イベントに登場

    広瀬アリス、玉木宏の荒技コミュニケーション法を暴露「波瑠さんも同じこと言ってた」

    映画

     玉木宏が11日、映画『探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海』 の完成披露イベントに広瀬アリス、石田ひかり、小倉久寛、吉田栄作、和泉聖治監督とともに登場。撮影当時、NHKの連続テレビ小説『あさが来た』で波瑠にも使ったドッキリコミュニケーション術を、同作でも活用していたことを広瀬らに暴露された。@@cutter 本作は、推理作家の島田荘司が手がけたミステリー・御手洗潔シリーズの実写化作品。天才脳科学者・御手洗潔が、瀬戸内海一帯で起きた難事件を解いてゆく。  主人公の御手洗潔を演じる玉木は、黒と白のシックな装いで登場。御手洗について「僕のまわりにもいないし常人離れした人。無機質で機械的な人間で、演じるのに苦労した」と語り、「難解な事件を鮮やかに解く。そこに説得力があり、まわりを魅力する。それがきっと御手洗ファンが多い理由ではないか」と持論を展開した。  御手洗と行動をともにする映画オリジナルキャラクターの編集者・小川みゆき役の広瀬は、MCに御手洗の魅力を女性目線で、と問われると言葉が出ない様子を見せてモジモジ。すると玉木が「(舞台)裏で“私はまったく(御手洗に)魅力を感じないです、どうしようどうしよう!”と話してた」と暴露してファンの笑いを誘った。  すると広瀬も負けじと撮影当時を振り返り「玉木さんはよくゴキブリのおもちゃを投げてくるんですよ」と告白。「この撮影が終わってしばらく経った後に、朝ドラで主演の波瑠さんが同じことを言ってて“あ、まだやってるんだ!”と思いました」と話すと、小倉も「僕にもやってくる!」と広瀬に同調。会場を沸かせた。  玉木は「荒技ですけどね」と述懐。「短い時間の間にコミュニケーションを取らないといけない。対話が生まれたほうが、芝居にも良い影響が出るのではないかと。ゴキブリのおもちゃは使い回しですけどね」と笑みを浮かべて説明した。  映画『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』は、6月4日全国公開。

  • 映画『探偵ミタライの事件簿星籠の海』画像

    玉木宏主演、『探偵ミタライの事件簿 』予告解禁! 御手洗の言う「真実」とは…

    映画

     6月4日より全国で公開される玉木宏主演のミステリー映画『探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海』。脳科学者、御手洗潔(みたらいきよし)たちの前に立ちはだかる3つの難事件が明らかとなる予告編が解禁となった。@@cutter 本作は、作家・島田荘司によるシリーズ総部数550万部超の本格ミステリー「天才探偵・御手洗潔シリーズ」初の映画化。制作にあたり、島田が『相棒』シリーズの和泉聖治監督と手を組み、広島県福山市を舞台に新たに構成を考案している。  瀬戸内海の小さな島に男の死体が半年に6体流れ着き、その身元は不明のままという怪事件が発生。探偵・御手洗が事件の調査を進める中、更に発生する新たな事件に巻き込まれていく姿を描いていく。  探偵ヒーロー・御手洗を演じるのは、NHK連続テレビ小説『あさが来た』出演で話題の玉木宏。主要キャストには、数々の謎に翻弄される編集者・小川みゆき役の広瀬アリスをはじめ、石田ひかり、要潤、谷村美月、小倉久寛、吉田栄作らの名が挙がっている。  予告映像では、「難しい事件でしたら、よろこんで」と豪語する、人よりも謎を愛する脳科学者・御手洗の言葉からはじまり、「死体島」「女性変死体事件」「居比家誘拐殺人事件」という3つの難事件が明らかに。  さらに追い討ちを掛けるように「『星籠』とは?」「信長の鉄砲船がなぜ沈んだのか?」「海の底に眠る運命とは?」など数々の謎が投げかけられるが、御手洗は徐々にパズルのピースを揃え、星籠の謎と全てがつながっていることをつきとめ「たった一つだけ、真実があります」という一言を残し、本編に大きな期待を抱かせる仕上がりとなっている。

  • 『くちびるに歌を』 2015年2月28日全国公開

    新垣結衣、ピアノ演奏シーンを初披露 『くちびるに歌を』予告動画で初解禁

    映画

     新垣結衣主演で贈る映画『くちびるに歌を』(2015年2月28日公開)。このたび、本作の予告編が解禁となり、新垣のピアノ演奏シーンや全員オーディションで抜擢され、半年に及ぶ合唱練習後に撮影に臨んだという生徒たちの合唱シーンなどが公開された。@@cutter 本作は、全国学校音楽コンクールの課題曲にもなった「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」の作者アンジェラ・アキのテレビドキュメンタリーをもとに、中田永一が書きおろし、本屋大賞にもノミネートされたベストセラー『くちびるに歌を』の映画化。  今回公開された予告編では、新垣演じる孤独のピアニスト・柏木や、離島の生徒たちが抱えている問題と人間模様が映し出される。「私のピアノは誰も幸せにしない」と言った柏木の過去、いつも元気に見える子どもたちがそれぞれ背負う悩みや心の傷などが少しずつ明らかになっていく。そんな生徒たちの悩みにふれ、困難に立ち向かうと決めた柏木は、合唱コンクールの練習に励む生徒たちと少しずつ心を通わせていく。  また、映像には未経験ながらヵ月のトレーニングを重ねて挑んだ新垣の演奏シーンも初披露。初挑戦の教師役とも相まって、新垣の新境地が垣間見える。そして、全員オーディションで選抜され、半年に及ぶ合唱練習を経た合唱部の生徒たちの合唱シーンも描かれている。  そのほか、木村文乃、桐谷健太、石田ひかり、 小木茂光、角替和枝、井川比佐志ら豪華俳優陣も出演する映画『くちびるに歌を』は2015年2月28日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access