レディー・ガガ 関連記事

  • レディー・ガガ、『アベンジャーズ』ジェレミー・レナーと急接近か

    レディー・ガガ、『アベンジャーズ』ジェレミー・レナーと急接近か

    セレブ&ゴシップ

     ハリウッドに話題のカップルが誕生するかもしれない。歌手・女優のレディー・ガガと、映画『アベンジャーズ』シリーズや『ミッション:インポッシブル』シリーズの俳優ジェレミー・レナーが、交際をウワサされている。PeopleやUs Weeklyなどの海外メディアが報じた。@@cutter 2月にタレントエージェントのクリスチャン・カリーノ氏と婚約を解消したガガ。Peopleによると、ジェレミーと「一緒に時間を過ごしている」と、情報筋が話しているとのこと。Us Weeklyの方は、2人が「現時点ではロマンチックな関係ではない」との別の情報筋の証言を伝えているが、それでも2人はやはり「たくさんの時間を一緒に過ごしている」という。ジェレミーの前妻ソニー・パチェコとの6歳になる娘アヴァちゃんも一緒にいるそうだ。  現在32歳のガガと43歳のジェレミー。2人がどのような形で出会い、意気投合したのかは不明。Peopleが両者の代理人に接触を試みたが、コメントは得られなかったという。  ガガは映画『アリー/スター誕生』でアカデミー賞の主演女優賞にノミネートされ、女優としての評判が急上昇中。一方、ジェレミーの方は音楽にも造詣が深く、年内に全米公開予定のアニメ『Arctic Justice: Thunder Squad(原題)』ではボイスキャストを務めると共に、曲を提供しているという。  意外と共通点が多そうなガガとジェレミー。2人の関係がどのように発展していくのか、今後が楽しみだ。

  • 第91回アカデミー賞歌曲賞を受賞した、レディー・ガガ(「シャロウ ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」)

    レディー・ガガ、不仲をウワサされるマドンナからオスカー受賞の祝福

    セレブ&ゴシップ

     現地時間24日に開催された第91回アカデミー賞で見事、歌曲賞を受賞した歌手で女優のレディー・ガガ。授賞式後のアフターパーティーで、不仲説がたびたび浮上した歌手のマドンナと抱き合う姿が写真に収められ話題になった。@@cutter 初主演映画『アリー/ スター誕生』の主題歌「シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」で初めてのオスカーを手にしたガガ。Us Weeklyによると、マドンナとマドンナのマネージャーを務めるガイ・オセアリーが主催するアフターパーティー「The Party」に招待されていたという。  会場ではTIME誌がゲストの写真を収めており、その中の1枚にアレキサンダー・マックイーンの黒のロングドレスをまとったガガと、コンサバな白のドレスをまとったマドンナが収まっていた。  ガガの顔を引き寄せて、2人がぴったり寄り添っているビジュアルを自身のインスタグラムに投稿したマドンナ。「イタリア人の女子にちょっかい出さない方がいいわよ!」とキャプションにつづり、「#winner(勝者)」「#starisborn(『アリー/ スター誕生』」などのタグを付けて、ガガを称えた。  不仲説はどこ吹く風のマドンナとガガ。2人の仲睦まじい姿を見たファンからは、「これは…これって…、でもこれ!」「最初のクイーンとマザー・モンスター!」「この世界に存在するアイコニックな2人のポップレジェンド!」「最高に独創的で美しい声の2人! 2人とも大好き!」といった反響が寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/madonna/

  • 『アリー/スター誕生』の『シャロウ ~『アリー/スター誕生』愛のうた』がアカデミー賞歌曲賞

    <アカデミー賞>歌曲賞は『シャロウ ~「アリー/スター誕生」愛のうた』

    映画

     日本時間25日、第91回アカデミー賞授賞式がアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催され、レディー・ガガの初主演映画『アリー/スター誕生』の主題歌『シャロウ ~『アリー/スター誕生』愛のうた』が楽曲賞に輝いた。@@cutter 『シャロウ ~『アリー/スター誕生』愛のうた』はレディー・ガガと、マーク・ロンソン、アンソニー・ロッソマンド、アンドリュー・ワイアットの合作となる。劇中でレディー・ガガ演じるアリーの転機となる大切な歌で、監督も務めるブラッドリー・クーパー演じるジャクソンとのデュエット曲だ。同曲は第61回グラミー賞では、最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)賞を受賞した。  8部門にノミネートされた『アリー/スター誕生』は、歌手を夢見てチャンスを手にするアリーと、世界的歌手のジャクソンが織り成す愛と、スターの光と影を浮き彫りにする。 <第91回アカデミー賞歌曲賞:候補一覧(★が受賞作)> ■歌曲賞 『When A Cowboy Trades His Spurs For Wings(原題)』/『バスターのバラード』 「オール・ザ・スターズ」/『ブラックパンサー』 『幸せのありか』/『メリー・ポピンズ リターンズ』 『I’ll Fight(原題)』/『RBG 最強の85才』 ★『シャロウ ~『アリー/スター誕生』愛のうた』/『アリー/スター誕生』

  • 第91回アカデミー賞<フォト集>

    映画の祭典「第91回アカデミー賞」<フォト集>

    映画

    第91回アカデミー賞授賞式が開催。豪華俳優&女優陣、名匠監督らが続々登場したレッドカーペットの様子を写真でお届けします。

  • 婚約解消のレディー・ガガとクリスチャン・カリーノ氏

    レディー・ガガ、婚約者との破局理由は「単にうまくいかなかった」ため

    セレブ&ゴシップ

     現地時間10日に開催された第61回グラミー賞の頃に婚約者のクリスチャン・カリーノ氏と破局したと報じられた歌手のレディー・ガガ。その後、ガガの代理人が2人の破局を認めたが、情報筋いわく、2人は結局「うまくいかなかった」という。@@cutter グラミー賞ではクリスチャンさんが不在、婚約指輪もしていなかったガガ。指輪をしていなかったのは「パフォーマンスの都合上」と話している情報筋がいたが、代理人が認めたことで、ガガとクリスチャンさんの婚約解消は確定した。  ある情報筋がPeopleに語ったところによると、2人が破局する上で大きなドラマはなかったという。「単にうまくいかなかっただけ。関係は時に終わるものです」と情報筋。破局に関して「長いドラマチックな話はありません」とのことで、大きなケンカや騒動はなかったという。  ガガはタレントエージェントのクリスチャンさんと2017年に交際をスタート。何度か婚約のウワサが立ったが、ガガがクリスチャンさんを“婚約者”と言ったのは、2018年10月に開催された女性誌「ELLE」の第25回「Annual Women in Hollywood Celebration」が初めてだった。  ガガは以前、俳優のテイラー・キニーと婚約していた期間があり、今回で2人目の婚約解消となった。

  • 第91回アカデミー賞でパフォーマンスするクイーン+アダム・ランバート

    第91回アカデミー賞、クイーンがパフォーマンス フレディの代わりはA・ランバート

    セレブ&ゴシップ

     現地時間24日に開催される第91回アカデミー賞。英バンド「クイーン」の伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』が作品賞など5部門にノミネートされているが、クイーンのライブ・パフォーマンスが決まったという。1991年に死去したフレディ・マーキュリーに代わり、ヴォーカルを務めるのはアダム・ランバートだ。@@cutter 「これは現実なのか? それとも単なる幻想なのか? クイーンとアダム・ランバートを今年のオスカーに歓迎します」と、アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミー協会がツイートして、クイーンの出演を発表した。  べースのジョン・ディーコンが1991年に引退しているため、現役のクイーン・メンバーは現在、ギターのブライアン・メイとドラムのロジャー・テイラー。音楽オーディション番組『アメリカン・アイドル』出身のアダムは、Us Weeklyによると、2009年に同番組で初めてバンドと共演。クイーンとアダムは2012年と2014年~2018年にクイーン+アダム・ランバートでツアーに出ており、息もピッタリだ。  第91回アカデミー賞では他に、歌曲賞のノミネート組、映画『アリー/スター誕生』よりレディー・ガガとブラッドリー・クーパー、映画『バスターのバラード』よりギリアン・ウェルチとデヴィッド・ローリングスなどのパフォーマンスが予定されている。

  • レディー・ガガとクリスチャン・カリーノ氏

    レディー・ガガ、婚約者と破局か

    セレブ&ゴシップ

     初主演の音楽映画『アリー/スター誕生』でゴールデン・グローブ賞の主演女優賞にノミネート。現地時間24日に発表になるアカデミー賞でも主演女優賞にノミネートされ、グラミー賞では楽曲『シャロウ ~「アリー/スター誕生」愛のうた』で、最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)賞に輝いたレディー・ガガ。ショービジネスで躍進を続けているが、婚約者のクリスチャン・カリーノ氏と破局した可能性があるという。@@cutter E!Onlineによると、約4ヵ月前にタレントエージェントのクリスチャンさんと婚約したことを認めたガガ。ある情報筋の話では、2人は先週に破局。クリスチャンさんは「必死になってヨリを戻そうとしている」とのことだ。しかし他の2人の情報筋は、ガガとクリスチャンさんが交際中と話しているという。  現地時間10日に開催されたグラミー賞では、婚約指輪をしていなかったガガ。クリスチャンさんの姿もなかった。しかし、ある情報筋は「パフォーマンスの都合で指輪をしていなかっただけ。ガガの忙しさが一段落するまで、2人は結婚式の計画を立てないでいるが、今年中に結婚する予定でいる」と語っているという。  最近、新たに2つのタトゥーをゲットしたガガ。脊柱に沿って1輪のバラのタトゥーを入れ、『アリー/スター誕生』へのトリビュートに、ガガ演じるアリーが劇中で歌うエディット・ピアフの歌『バラ色の人生』を意味する「la vie en rose」を刻んだ。もう1つは腕に小さな五線譜。ともにバレンタインデーに投稿されているようだが、クリスチャンさんと過ごしたのか、気になるところだ。

  • 第61回グラミー賞で3部門を制したレディー・ガガ

    グラミー賞、チャイルディッシュ・ガンビーノ&K・マスグレイヴスが最多4部門受賞

    セレブ&ゴシップ

     現地時間10日にロサンゼルスで第61回グラミー賞が発表になり、チャイルディッシュ・ガンビーノとケイシー・マスグレイヴスが、それぞれ最多4部門を受賞した。女優としてアカデミー賞主演女優賞にもノミネートされているレディー・ガガは、ブランディ・カーライルと共に3部門の受賞となった。@@cutter チャイルディッシュ・ガンビーノはアメリカが抱える人種差別問題などをテーマにした楽曲『ディス・イズ・アメリカ』で、主要部門の年間最優秀レコード賞と年間最優秀楽曲賞、そして最優秀ミュージック・ビデオ賞と最優秀ラップ/サング・パフォーマンス賞に輝いた。ミュージック・ビデオはチャイルディッシュ・ガンビーノが本名のドナルド・グローヴァーで出演・製作する海外ドラマ『アトランタ』でタッグを組む、日本人監督のヒロ・ムライがメガホンを取った。  ケイシーはアルバム『ゴールデン・アワー』で主要部門の年間最優秀アルバム賞と最優秀カントリー・アルバム賞、楽曲『バタフライズ』で最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)賞、楽曲『スペース・カウボーイ』で最優秀カントリー・ソング賞に輝いている。  ステージではパフォーマンスも披露したレディー・ガガは、楽曲『ジョアン』で最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)賞、映画『アリー/スター誕生』の楽曲『シャロウ ~「アリー/スター誕生」愛のうた』で最優秀映像作品楽曲賞と最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)の3部門を制した。  パフォーマンスする楽曲をめぐりプロデューサーともめて、授賞式の直前に出席を取り止めて話題になったアリアナ・グランデは、アルバム『スウィートナー』で最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞を受賞している。  第61回グラミー賞の主な受賞者は下記の通り(一部抜粋)。 <年間最優秀レコード賞> 『ディス・イズ・アメリカ』チャイルディッシュ・ガンビーノ <年間最優秀アルバム賞> 『ゴールデン・アワー』ケイシー・マスグレイヴス <年間最優秀楽曲賞> 『ディス・イズ・アメリカ』チャイルディッシュ・ガンビーノ <最優秀新人賞> デュア・リパ <最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)賞> 『ジョアン(ホエア・ドゥ・ユー・シンク・ユア・ゴーイン?)』レディー・ガガ <最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)賞> 『シャロウ ~「アリー/スター誕生」愛のうた』レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー <最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞> 『スウィートナー』アリアナ・グランデ <最優秀ラップ/サング・パフォーマンス賞> 『ディス・イズ・アメリカ』チャイルディッシュ・ガンビーノ <最優秀ラップ楽曲賞> 『ゴッズ・プラン』ドレイク <最優秀ラップ・アルバム賞> 『インベージョン・オブ・プライバシー』カーディ・B <最優秀ロック・パフォーマンス賞> 『When Bad Does Good(原題)』クリス・コーネル <最優秀ロック楽曲賞> 『Masseduction(原題)』セイント・ヴィンセント <最優秀ロック・アルバム賞> 『フロム・ザ・ファイアーズ』グレタ・ヴァン・フリート <最優秀R&Bパフォーマンス賞> 『H.E.R.』H.E.R. <最優秀R&B楽曲賞> 『ブード・アップ』 エラ・メイ <最優秀R&Bアルバム賞> 『H.E.R.』H.E.R. <最優秀ミュージック・ビデオ賞> 『ディス・イズ・アメリカ』チャイルディッシュ・ガンビーノ

  • 個性豊かなドレスでセレブたちが魅了! 第61回グラミー賞レッドカーペット

  • 2019年のアカデミー賞は司会進行役不在か

    今年の米アカデミー賞授賞式、30年ぶりに司会進行役なしで開催か

    映画

     現地時間2月24日に開催される第91回アカデミー賞授賞式。司会進行役に決まったコメディ俳優ケヴィン・ハートが過去の差別的ツイートを問題視されて降板するに至ったが、30年ぶりに司会進行役不在で授賞式を進める予定であるという。The Hollywood Reporterが報じた。@@cutter 司会進行役の人選が混乱したのは昨年12月初旬。ケヴィンの抜擢が発表されたのも束の間、ケヴィンが過去に同性愛者に差別的なツイートを行っていたことが発覚したためだ。アカデミー側から要求のあった公的な謝罪を拒否したケヴィンは、司会進行役を辞退した。  アカデミー賞の授賞式では通常、全体の司会進行を務める人物が選ばれ、当日は時事ネタやゲストのネタでジョークを飛ばして始まるというのがパターン化している。しかし情報筋の話では、今年は司会進行役を立てず、さまざまなセグメントをトップクラスの俳優に紹介してもらう計画で、現在、人選が進められているとのことだ。  ノミネーションの発表はまだだが、今年は『アリー/ スター誕生』のレディー・ガガや、『ブラックパンサー』のケンドリック・ラマー、『Dumplin’(原題)』のドリー・パートンなどが、映画音楽の部門でノミネートされることが予想されており、彼らに趣向を凝らしたパフォーマンスなどを行ってもらうという案があるという。  司会進行役不在でアカデミー賞の授賞式が行われたのは、1989年の第61回。オープニングでは“白雪姫”と俳優のロブ・ロウが楽曲『プラウド・メアリー』を歌ったが大不評だった。今年の授賞式まで残すところ約6週間。どのような展開になるのか、1月22日(現地時間)のノミネーションを含む正式発表を待ちたい。

  • 第76回ゴールデン・グローブ賞の主題歌賞を受賞したレディー・ガガ

    レディー・ガガ、GG賞受賞トロフィー片手にベッドの中でニッコリ

    セレブ&ゴシップ

     現地時間6日に開催されたゴールデン・グローブ賞映画の部で主題歌賞を受賞した歌手のレディー・ガガ。賞の翌朝はベッドの中でトロフィーを持ってシリアルを食べたようだ。婚約者のクリスティアーノ・カリノ氏が、自身のインスタグラムで愛らしいガガの姿を披露した。@@cutter 白黒の写真の中で、ガガは寝起きが恥ずかしかったのか、片手で目を隠し、もう片方の手でトロフィーを握っている。シーツの上にはアニメ『原始家族フリンストーン』がパッケージを飾るシリアル「Fruity Pebbles」。好きなものに囲まれて目覚めたようだ。  主演を務める音楽映画『アリー/スター誕生』の楽曲“シャロウ ~『アリー/スター誕生』 愛のうた”で主題歌賞を獲得したガガ。E!Onlineによると、共作したマーク・ロンソン、アンソニー・ロッソマンド、アンソニー・ワイアットと共にステージに上がり、涙で声を詰まらせながら「音楽に携わる女性がミュージシャン、ソングライターとして真剣に受け止めてもらうことは本当に難しい。この素晴らしい男性陣が私を引き上げ、支えてくれました」と、受賞スピーチでマークたちに感謝を示したという。  ガガはその後、映画の監督を務め、共演した俳優のブラッドリー・クーパーと並んでいる写真を自身のインスタグラムに投稿している。受賞した時は感極まり、言いたいことを全て言えなかったとして、ブラッドリーに感謝し、「彼は全力で歌いきってくれたし、素晴らしい映画や彼が作り出す瞬間や彼の指揮、彼の曲に対する貢献がなければ、この歌はこれだけの称賛を得られていない」と、コメントしている。 引用: https://www.instagram.com/christiancarino/ https://www.instagram.com/ladygaga/ https://www.instagram.com/iammarkronson/

  • 映画『アリー/ スター誕生』の主題歌「シャロウ~」を歌うシーン

    レディー・ガガ、泣いて笑って…『アリー/ スター誕生』主題歌&メイキング映像公開

    映画

     歌姫レディー・ガガが映画初主演を務める『アリー/ スター誕生』。歌手の夢をあきらめていた主人公アリーが、ウェイトレスからスターへと駆け上がっていく姿を描く本作から、主題歌である「シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」に乗せて、本編&撮影の舞台裏を凝縮させた特別長尺メイキング映像が公開された。@@cutter 公開されたメイキング映像は、約4分間の長尺。ガガ演じるアリーと、ブラッドリー・クーパー演じるジャクソンの愛のドラマ、そしてアリーが時に、泣き、笑い、スターへと駆け上がってゆくシンデレラストーリーの裏側を丁寧に紡ぐ。 @@insert1  主演のガガは、オリジナル楽曲に関して、「私はアリーの目線でうたを作っていったの。だからアリーの物語が進むにつれて、彼女の歌う“うた”も変わっていくわ。サウンドトラックに入っている、多くの“うた”は、ジャクソンの音楽から影響を受けているのよ」と明かしている。アリーがスターへの階段を駆け上がるにつれて、彼女の歌う“うた”が変化してゆく様子にも注目だ。  さらに、ガガは日本のファンに向けて「日本のファンの皆さんには『自分自身に正直でいなさい』と言いたいわ。一番大事なことは、自分の内なる声に耳を傾けることよ。ありのままでいて良い。ありのままの自分を愛して良いのよ」とメッセージを送っている。 @@insert2  ベネチアや、トロントなど主要な国際映画祭で上映された本作は、圧倒的な支持を得て全世界の興行収入はすでに400億円を突破。ゴールデン・グローブ賞でも作品賞・主演男優賞・主演女優賞など計5部門にノミネートされるなど、世界中がアリーの物語に釘付けになっている。  また、主題歌を収めた『アリー/ スター誕生 サウンドトラック』は、全米アルバム・チャート3週連続1位という記録を打ち立て、『ラ・ラ・ランド』や『ボヘミアン・ラプソディ』のサウンドトラックを超える快挙を達成。さらに、グラミー賞では4部門でノミネートされるなど、世界中で社会現象となっている。  愛と成功のはざまで、アリーは最後に何をつかむのか?この冬、圧巻のパフォーマンスで日本中が感動の涙に包まれる。  映画『アリー/ スター誕生』は、12月21日(金)より全国公開。

  • 映画『アリー/ スター誕生』レディー・ガガの主演抜擢の決め手は“美しい瞳”

    レディー・ガガ、主演抜擢の決め手は“美しい瞳” 『アリー/ スター誕生』監督が告白

    映画

     歌手のレディー・ガガが映画初主演を務める『アリー/ スター誕生』で監督・主演のブラッドリー・クーパーが、ガガを主演に抜てきした経緯について明かした。ブラッドリー監督は、ガガと初めて会った時「僕はそのあまりにも美しい瞳に惚れてしまったんだよ」とガガの瞳の美しさに心を奪われたと告白している。@@cutter 世界的ミュージシャンのジャクソン(ブラッドリー)に歌の才能を見いだされ、スターの階段を駆け上がっていくアリー(ガガ)の成功と葛藤、愛を描く本作。ガガをはじめ、音楽界の重鎮たちによってこの映画のために書き下ろされた楽曲が、アリーのドラマを彩る。  ブラッドリー監督は、本作を手掛ける前のガガについて「実はこれまで彼女がどういう人なのかほとんど知らなかったんだ。ちゃんとルックスも見たことがなかった」とコメント。続けて「初めて彼女とちゃんと会った時、階段を降りてきた彼女の瞳に引き込まれたんだ。僕はそのあまりにも美しい瞳に惚れてしまったんだよ。その光景は今でも覚えている。ぼくは美しい人の顔を見ると、撮影したくなってしまうんだよ」とガガとの鮮烈な出会いを明かす。  その出会いからすぐに2人は意気投合。ブラッドリーは「『この映画を成功させる為には、2人で一緒に歌う必要がある。だから歌ってみよう!』と提案したんだ。そして2人だけで“ミッドナイト・スペシャル”というフォークソングを歌ったんだけど、あれは魔法のような時間だったね。あの時すべてが決まった。その後、僕はワーナーに出向いて『主演女優はガガじゃなきゃダメだ!』と主張したのさ」とガガをキャスティングした経緯を熱く語った。  一方、ガガもブラッドリーとの初対面について「彼と初めて会った時、目を見つめ合ったの。その時は特別な何かを感じたわ」と振り返る。そして「私たちはどちらも東海岸の出身で、イタリア系。私はすぐに残り物を温めて一緒に食事をしたわ。その後彼と一緒に“ミッドナイト・スペシャル”を歌ったんだけど、彼の声があまりにも素晴らしくて私はピアノを弾く手を止めたわ。彼は魂を込めて歌っていた。俳優として彼は元から信じていたけど、ミュージシャンとしての彼を信じることができた。だからこの映画に出ることを決めたのよ」とブラッドリーに対する信頼感が出演の決め手になったようだ。  映画同様、運命的な出会いとなったガガとブラッドリー。ガガの全身全霊で歌う圧巻の歌声、そして1人の女性の人生を変えた“うた”との出会いが感動を呼び、全米では公開10日間で早くも1億ドルを超えるヒットとなっている。  映画『アリー/ スター誕生』は、12月21日より全国公開。

  •  

    【特集】アカデミー賞最有力!感動のミュージカル・ドラマ『アリー/ スター誕生』インタビュー特集

    映画

    <meta charset="utf-8" /> <meta content="width=device-width, initial-scale=1, minimum-scale=1, maximum-scale=1, user-scalable=yes" name="viewport" /> <title></title> <meta content="index,follow" name="robots" /> <meta content="インタビュー特集" name="description" /> <meta content="クランクイン,映画,海外ドラマ,ゲーム,アニメ,セレブゴシップ,インタビュー" name="keywords" /> <meta content="2018 crankin All rights reserved." name="copyright" /> <meta content="hollywood channel" name="author" /> <link charset="utf-8" href="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2018ally/css/interview_2.css" media="all" rel="stylesheet" type="text/css" /> <link charset="utf-8" href="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2018ally/css/interview_smp_2.css" media="all" rel="stylesheet" type="text/css" /> <style type="text/css"> .article_interview{ margin: 0; width: 670px; } .movies { margin: 0 auto; position: relative; width: 100%; padding-top: 56.25%; } .movies iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100% !important; height: 100% !important; } #interview p span.intName_C { color:#ff0000; font-weight:bold; } .intMain_boxB { width: 670px; margin: 0px 0 15px; padding: 0; } @media screen and ( max-width:479px ) { .intMain_boxB { width:100%; margin: 0 0 10px; padding:0 ; } .intMain_boxB img { width:100%; height:auto; padding:0 ; } } iframe { border: 0; max-width: 100%; } .button_ally_a{ border:4px solid #ff9c00; -webkit-box-shadow: #878787 0px 2px 2px ; -moz-box-shadow: #878787 0px 2px 2px ; box-shadow: #878787 0px 2px 2px ; -webkit-border-radius: 5px; -moz-border-radius: 5px; border-radius: 5px; font-size:25px; padding: 10px 5px 10px 5px; width:70%; text-decoration:none; display:inline-block; text-shadow: 2px 2px 0 rgba(0,0,0,0.3); font-weight:bold; color: #FFFFFF; background-color: #ffc579; background-image: -webkit-gradient(linear, left top, left bottom, from(#ffc579), to(#fb9d23)); background-image: -webkit-linear-gradient(top, #ffc579, #fb9d23); background-image: -moz-linear-gradient(top, #ffc579, #fb9d23); background-image: -ms-linear-gradient(top, #ffc579, #fb9d23); background-image: -o-linear-gradient(top, #ffc579, #fb9d23); background-image: linear-gradient(to bottom, #ffc579, #fb9d23);filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient(GradientType=0,startColorstr=#ffc579, endColorstr=#fb9d23); } .button_ally_a:hover{ border:4px solid #ff9c00; background-color: #ffaf46; background-image: -webkit-gradient(linear, left top, left bottom, from(#ffaf46), to(#E78404)); background-image: -webkit-linear-gradient(top, #ffaf46, #E78404); background-image: -moz-linear-gradient(top, #ffaf46, #E78404); background-image: -ms-linear-gradient(top, #ffaf46, #E78404); background-image: -o-linear-gradient(top, #ffaf46, #E78404); background-image: linear-gradient(to bottom, #ffaf46, #E78404);filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient(GradientType=0,startColorstr=#ffaf46, endColorstr=#E78404); } .arrow { display: inline-block; color: #fff; text-decoration: none; background: #e70044; padding: 10px 10px; border-radius: 5px; font-size: 14px; font-weight:bold; line-height: 30px; width:95%; text-align:left; } .arrow::before { content: ''; width: 0; height: 0; border-style: solid; border-width: 5px 0 7px 7px; border-color: transparent transparent transparent #ffffff; display: inline-block; vertical-align: middle; position: relative; top: -2px; margin-right: 2px; /*left: 160px;*/ } <style> ul.news{ padding: 0 0.5em; font: 14px/1.6 'arial narrow', sans-serif; list-style: none; } ul.news li{ position: relative; padding: 2px 0px 2px 0px; margin-bottom: 3px; font-size: 14px; font-weight: bold; color:#000; text-indent:-1.1em; padding-left:1.1em; } ul.news li a{ color:#1d85b9; } ul.news li a visited hover active{ color:#1d85b9; } ul.news li:last-child{ border:none; margin: 0; } ul.news li:before{ content: ''; width: 0; height: 0; border-style: solid; border-width: 5px 10px 7px 7px; border-color: transparent transparent transparent #333; display: inline-block; vertical-align: middle; position: relative; top: -2px; margin-right: 2px; /*left: 160px;*/ }</style> <div class="content" id="interview"> <div class="intMain_boxB"> <p style="font-size:12px; text-align:right; padding-right:8px; color:#999;"> 提供:ワーナー・ブラザース映画</p> <img alt="アリー/スター誕生" border="0" src="https://cifeature.s3.amazonaws.com/interview_2018ally/images/matome01.jpg" width="670" /></div> <!-- / #intMain_box --><!--/.gallLink --> <div class="article"> <div style="background-color:#dbdbdb; padding:5px; margin:0px 0px 20px 0px"> <p class="lead"> 歌姫レディー・ガガが映画初主演で挑み、俳優ブラッドリー・クーパーが初監督と主演を務めた『アリー/ スター誕生』。ゴールデン・グローブ賞5部門ノミネート!主題歌がグラミー賞4部門ノミネート!世界中で驚異の大ヒットとなり、アカデミー賞最有力の呼び声高い本作は、歌手を夢見る主人公アリーが、運命の恋に出会い、一気にスターダムを駆け上がっていく、“音楽とドラマ”が融合した感動のシンデレラストーリー。今回、ガガ同様に女優・歌手として活躍する2人が一足早く本作を鑑賞し、心震わされたシーンなどについて語ってくれた。</p> </div> <br /> <!--インタビュー1--> <p style="font-size:20px; line-height:1.3em; color:#ab1e24; margin: 2px auto; font-weight: bold;"> インタビュー#1</p> <p style="font-size:17px; line-height:1.3em; color:#000000; margin: 2px auto; font-weight: bold; border-bottom: solid 2px #f79b00;"> 涙がポロポロ出てきました-<br /> のんが語る『アリー/ スター誕生』“涙”のワケとは</p> <div class="photo"> <img alt="アリー/スター誕生" border="0" src="https://cifeature.s3.amazonaws.com/interview_2018ally/images/matome02.jpg" width="670" /></div> <p style="font-size:12px; line-height:1.9em; color:#000000; text-align:right;"> (2018年12月17日掲載)</p> <p style="text-align:center;"> <a class="button_ally_a" href="https://www.crank-in.net/special/61177" target="_blank">記事を読む</a></p> <!---インタビュー1 end--><br /> <!--インタビュー2--> <p style="font-size:20px; line-height:1.3em; color:#ab1e24; padding:20px 0px 0px 0px; margin: 2px auto; font-weight: bold;"> インタビュー#2</p> <p style="font-size:17px; line-height:1.3em; color:#000000; margin: 2px auto; font-weight: bold; border-bottom: solid 2px #f79b00;"> 歌の力ってすごい!<br /> 大原櫻子が感動した『アリー/ スター誕生』音楽とドラマの融合</p> <div class="photo"> <img alt="アリー/スター誕生" border="0" src="https://cifeature.s3.amazonaws.com/interview_2018ally/images/matome03.jpg" width="670" /></div> <p style="font-size:12px; line-height:1.9em; color:#000000; text-align:right;"> (2018年12月19日掲載)</p> <p style="text-align:center;"> <a class="button_ally_a" href="https://www.crank-in.net/special/61167" target="_blank">記事を読む</a></p> <!---インタビュー2 end--><br /> <br /> <div style="background-color:#FFCC33; padding:5px; margin:0px 0px 10px 0px"> <p style="font-size:16px; line-height:1.6em; color:#000000; margin: 2px auto; font-weight: bold;"> 作品情報</p> </div> <div class="movies"> <iframe allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen="" frameborder="0" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/_veCmARdM30?rel=0" width="560"></iframe></div> <br /> <div style="background-color:#dbdbdb; padding:5px; margin:0px 0px 20px 0px"> <p class="lead"> 夢はきっと叶う!全編名曲で彩る感動のミュージカル・ドラマ!<br /> <br /> 自分に自信がなく歌手の夢を諦めかけていたアリー。有名ミュージシャン=ジャクソンとの偶然の出会いが、彼女の人生を大きく変える――「君の歌は奇跡だ」。ウエイトレスから一気にスターダムを駆け上っていくアリー。激しく惹かれあうジャクソンと、全米のステージで一緒に歌う幸せな日々を過ごすが、次第に自分を見失っていき・・・。愛と成功のはざまで、最後に彼女がつかんだものとは――?</p> </div> <div style="background-color:#FFFFFF; padding:5px; margin:0px 0px 20px 0px"> <p style="font-size:16px; line-height:1.6em; color:#000000; margin: 2px auto; font-weight: bold;"> 関連ニュース</p> <div style="padding:0px 0px 0px 0px;"> <ul class="news"> <li> <a href="https://www.crank-in.net/interview/61349"><インタビュー>『アリー/ スター誕生』ブラッドリー・クーパー、周囲の反対押し切り執念の映画化</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/61314">レディー・ガガ、泣いて笑って…『アリー/ スター誕生』主題歌&メイキング映像公開</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/61284">レディー・ガガ、主演抜擢の決め手は“美しい瞳” 『アリー/ スター誕生』監督が告白</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/61086"><来日プレミア>ブラッドリー・クーパー、薄着のローラを気遣いコートを脱いで着せる</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/61011">マツコ・デラックス、『アリー/ スター誕生』レディー・ガガは“必然” マツコ節全開映像公開</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/61001">『アリー/ スター誕生』もノミネート!ゴールデン・グローブ賞<映画の部>『バイス』が最多ノミネート</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/60826">ブラッドリー・クーパー監督、『アリー/スター誕生』超リアルなライブシーン秘話を告白</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/60454">ガガ初主演『アリー/スター誕生』感動の本予告&本ポスター解禁</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/58898">レディー・ガガ主演『アリー/スター誕生』東京国際映画祭オープニング作品に</a></li> <li> <a href="https://www.crank-in.net/news/58394">ガガ初主演『アリー/スター誕生』日本版予告&ティザービジュアル公開</a></li> </ul> </div> </div> <div style="margin:0px 0px 20px 0px; text-align:center;"> <a class="arrow" href="http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/gaga_cp/" target="_blank">ガガ列伝 歌姫の半生をプレイバック!</a></div> <div style="margin:0px 0px 20px 0px; text-align:center;"> <a class="arrow" href="http://starisborn.jp/" target="_blank">『アリー/ スター誕生』公式サイト</a></div> <p style="font-size:12px;"> 配給:ワーナー・ブラザース映画<br /> (C)2018 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC‐DUNE ENTERTAINMENT LLC</p> </div> <!--end--><!--article--></div> <!--interview-->

  • 映画『アリー/スター誕生』ジャパンプレミアに登場したブラッドリー・クーパー

    ブラッドリー・クーパー、薄着のローラを気遣いコートを脱いで着せる

    映画

     俳優のブラッドリー・クーパーが監督・主演作『アリー/スター誕生』を携えて来日し、11日に都内で開催されたジャパンプレミアに出席した。厳しい寒さに加え、雨も降る中、ファンサービスを行ない、映画のスペシャルサポーターのローラと共にステージに登壇したブラッドリーは、薄いドレスで登場したローラを気遣い、自身のコートを脱いでローラに羽織らせるジェントルマンぶりを見せ、1000人の観客を魅了した。@@cutter レディー・ガガとのダブル主演で、歌手になる夢を諦めたヒロインが、世界的ミュージシャンとの出会いをきっかけにスターへの階段を駆け上がっていくさまを描いた本作。ゴールデングローブ賞の主要部門にも複数ノミネートされており、オスカーにも期待がかかる。  大歓声に迎えられ「こんにちは! ありがとうございます」と日本語で挨拶したブラッドリー。映画について「夢を追いかけること、自分の声を見つけることがどういうことなのか? この映画を見ることでみなさんが夢を見つけ、叶えるきっかけになればと思います」と呼びかけた。  ローラは通常運転の“タメ口”モードで映画を絶賛。現在、LAに在住し、ハリウッド映画にも出演するなどスターへの道を進む自身と劇中のアリーが重なるのでは? という問いに「うれしい! そう思う?」と満面の笑み。映画を見て「“ローラ泣き”したの! 泣く予感がして、(ハンカチを忘れて)トイレットペーパーを持って行ったの。ボロボロ泣いちゃった」と明かす。  ブラッドリーは、劇中の歌唱シーンは全て自ら歌唱しているが「いままで、歌ったこともピアノやギターを弾いたこともなかったけど、時間をかけて努力して作っていきました」と語り、ローラはブラッドリーの言葉に驚いたようで「すごく心に響いてきた」と称賛。コートを掛けてくれたブラッドリーに「優しい! ジェントルマン!」とメロメロだった。  また今回、残念ながら来日できなかったガガからはビデオメッセージが到着。ガガは「この映画は、私の人生を変えました」と語り、さらにサプライズで日本のファンを抽選でラスベガスで開催される彼女の公演のリハーサルに招待すると発表し、会場は大歓声に包まれた。  映画『アリー/スター誕生』は、12月21日公開。

  • 第61回グラミー賞で最多8ノミネートを獲得したケンドリック・ラマー

    第61回グラミー賞、ケンドリック・ラマーが最多8ノミネート

    セレブ&ゴシップ

     現地時間2019年2月10日にロサンゼルスで開催される第61回グラミー賞。ノミネーションが発表になり、ケンドリック・ラマーが最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞など主要3部門を含む最多8部門にノミネートされた。@@cutter 主要4部門の候補がこれまでの5枠から8枠に引き上げられたグラミー賞。ケンドリックに続く7部門にノミネートされたのはドレイク。同じく最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞の主要3部門の他、最優秀ラップ賞などでケンドリックと栄冠を争うことになる。  また今回、9月に急死したマック・ミラーが、最優秀ラップ・アルバム賞に初ノミネートされた。初主演映画『アリー/スター誕生』でゴールデン・グローブ賞の主演女優賞にノミネートされているレディー・ガガは、同作からの楽曲や自身のアルバム『ジョアン』で最優秀レコード賞や最優秀楽曲賞などを含む5ノミネートを獲得した。  第61回グラミー賞主要4部門のノミネートアーティストは以下の通り。 <年間最優秀レコード賞> 『I Like It』カーディ・B、バッド・バニー&J・バルヴィン 『The Joke(原題)』ブランディ・カーライル 『ディス・イズ・アメリカ』チャイルディッシュ・ガンビーノ 『ゴッズ・プラン』ドレイク 『シャロウ ~『アリー/スター誕生』愛のうた』レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー 『オール・ザ・スターズ』ケンドリック・ラマー&シザ 『ロック・スター』ポスト・マローン feat.21サヴェージ 『ザ・ミドル』ゼッド、マレン・モリス&グレイ <年間最優秀アルバム賞> 『インヴェイジョン・オブ・プライバシー』カーディ・B 『By The Way,I Forgive You(原題)』ブランディ・カーライル 『スコーピオン』ドレイク 『H.E.R./ハー』H.E.R. 『ビアボングズ&ベントレーズ』ポスト・マローン 『ダーティー・コンピューター』ジャネール・モネイ 『ゴールデン・アワー』ケイシー・マスグレイヴス 『ブラックパンサー』ヴァリアス・アーティスト(ケンドリック・ラマー他) <年間最優秀楽曲賞> 『オール・ザ・スターズ』ケンドリック・ラマー&シザ 『ブード・アップ』エラ・メイ 『ゴッズ・プラン』ドレイク 『イン・マイ・ブラッド』ショーン・メンデス 『The Joke(原題)』ブランディ・カーライル 『ザ・ミドル』ゼッド、マレン・モリス&グレイ 『シャロウ ~『アリー/スター誕生』愛のうた』レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー 『ディス・イズ・アメリカ』チャイルディッシュ・ガンビーノ <最優秀新人賞> クロエ&ハリー ルーク・コームス グレタ・ヴァン・フリート H.E.R. デュア・リパ マーゴ・プライス ビービー・レクサ ジョルジャ・スミス

  • マツコ・デラックスがレディー・ガガ主演『アリー/ スター誕生』を語る特別映像公開

    マツコ・デラックス、『アリー/ スター誕生』レディー・ガガは“必然” マツコ節全開映像公開

    映画

     米アカデミー賞前哨戦と言われる映画界の祭典、ゴールデン・グローブ賞のノミネートが日本時間6日夜に発表され、主要5部門にノミネートされたレディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー主演映画『アリー/ スター誕生』。先日、本作のテレビCM出演が決定したマツコ・デラックスの、“マツコ節”全開映像が公開となった。@@cutter 『アリー/ スター誕生』は、全編名曲で彩る感動エンターテイメント。歌手の夢をあきらめていたアリー(ガガ)が、ウェイトレスからスターへと駆け上がっていくシンデレラストーリーを描く。 @@insert1  今回テレビCMに出演が決まったマツコは、本作鑑賞後に感想を本音で3時間以上も語り、特別映像にはその思いのたけの一部がおさめられいる。「道を切り開いていくのは自分!みんな自分の生きたいように生きるしかないじゃない!!」と冒頭からマツコ節を炸裂。ガガのアリー役については「今この時代で誰がやるかっていったら、そりゃレディー・ガガだったのは必然だと思うよ」と続け、最後には、本作を夢を見させてくれるエンターテイメントだとしながら、「ベタを観に行け!堂々と!!」と締めくくっている。  また、マツコが“必然”と話すアリー役を演じたガガは、6日に発表されたゴールデン・グローブ賞ノミネーションで映画初主演にして主演女優賞(ドラマ部門)にノミネートされ、その他、同作では作品賞(ドラマ部門)、主演男優賞(ドラマ部門)、監督賞、主題歌賞の計5部門にノミネートされている。  映画『アリー/ スター誕生』は、12月21日全国公開。マツコが出演するテレビCMは、12月8日より放送予定。

  • レディー・ガガに不満を抱いている様子のマドンナ

    マドンナが意味深ツイート、レディー・ガガの“コメントパクリ”に激怒か

    セレブ&ゴシップ

     過去に歌手レディー・ガガの楽曲『ボーン・ディス・ウェイ』が、自身の楽曲『エクスプレス・ユアセルフ』に似ていると指摘した歌手のマドンナが、再びガガに怒っているようだ。ガガが主演映画『アリー/スター誕生』のプロモーション中に発したコメントが、自身の過去の発言をマネているという。@@cutter Page Sixによると、ガガは10月ごろから始まっていた初主演映画『アリー/スター誕生』のPRプレスツアーで、何度も「部屋に100人の人がいて、そのうちの99人が自分のことを信じてくれないかもしれないけど、必要なのは1人だけ。その1人がいれば、人生が一変する」とコメントしていたという。  マドンナはインスタグラムのストーリーに、1980年代の自身のインタビューを投稿。その中で「部屋に100人の人がいて、そのうちの99人が(自分の曲を)気に入ったら、気に入らないと言った1人だけを覚えている」と発言していたとのことだ。マドンナは同じ日に、にらみを利かせているような表情を浮かべたアップの写真を投稿し、「私をナメるな、の月曜日…」とキャプションにつづった。    マドンナの一連の投稿は果たして、ガガへの当てつけか。ガガの反応が気になるところだ。 引用:https://www.instagram.com/madonna/    https://twitter.com/madonna

  • 『アリー/スター誕生』より、観衆の前で歌うジャクソン(ブラッドリー・クーパー)

    ブラッドリー・クーパー監督、『アリー/スター誕生』超リアルなライブシーン秘話を告白

    映画

     歌手のレディー・ガガが映画初主演を務める『アリー/スター誕生』。音楽業界での成功を夢見るアリーがスターの階段を駆け上がっていく姿を描く本作で、監督・主演のブラッドリー・クーパーが、劇中の超リアルなライブシーンについて語ったコメントが到着。ブラッドリー監督は「(音楽フェスティバルの)グラストンベリーでライブの裏側をずいぶん学ばせてもらったんだよ」と語り、実際のロックフェスのシーンを取り入れたことを明かした。@@cutter 『アリー/スター誕生』では、世界的ミュージシャンのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)に歌の才能を見いだされたアリー(レディー・ガガ)が、成功と挫折を経験しつつ、ショービジネスの世界を生き抜いていく。  ガガをはじめ、音楽界の重鎮たちによってこの映画のために書き下ろされた楽曲は、これらの“うた”と共にアリーのドラマを彩る。さらに、映画の中で映し出されるライブシーンは、ガガの歌声と楽曲の魅力も相まって見る者に強烈なインパクトを与える。思わず涙してしまうほどの圧倒的な“うた”に対して、“本物”にこだわったブラッドリー監督はライブシーンでの秘話を明かす。  「グラストンベリーには、過去6年行ってるんだけど、あそこは絶対にこの映画の中に取り入れると決めていたんだ! この映画の全てを推し進めてくれるものだと思っていたからね」と告白。  “グラストンベリー”といえば、イギリスで開催されている世界最大規模のロック・フェスティバル。このグラストンベリーでの撮影について、プロデューサーのビル・バーガーは「グラストンベリーの主催者側とブラッドリーが長年良好な関係を築いていたので、協力を得ることができた。映画の企画の早い段階から、ブラッドリーがコンサートのプロモーターたちと良好な関係を築いてくれたんだ」と明かした。  これに関してブラッドリーは「毎年行っていた経緯もあって、オーナー家族と親交を深めていたんだ。ミュージシャンにとって、グランストンベリーのピラミッドステージに立って何万人もの観衆の前で演奏をするのはもの凄いステータスだから。だから僕はジャクソンをあそこに立たせたかったんだ。だからオーナー家族のニールとエミーに相談したら、許可をくれたんだ」とその経緯を語った。  映画『アリー/スター誕生』は、12月21日より全国公開。

  • 『アリー/スター誕生』場面写真より

    ガガ初主演『アリー/スター誕生』、ブラッドリー・クーパーの来日決定

    映画

     歌手のレディー・ガガの初主演映画『アリー/スター誕生』で監督を務め、ガガの相手役を演じたブラッドリー・クーパーが、12月に2日間の来日を果たすことが決定。併せて本作のメイン曲“シャロウ~『アリー/スター誕生』愛のうた”を収めた最新映像が公開された。@@cutter 本作でブラッドリーが演じるジャクソンは、アリー(ガガ)の歌の才能を見抜き、彼女の音楽人生を全身全霊でサポートする世界的ミュージシャン。ブラッドリーは本作で初めて監督を務め、アカデミー賞有力候補にも名を連ねている。  ブラッドリーの来日は、2013年に公開された『世界にひとつのプレイブック』以来、5年ぶり3度目。12月11日と12日の2日間に渡って、本作のプロモーションを行う。11日にはジャパンプレミアに出席し、六本木ヒルズ・アリーナ広場でレッドカーペットイベントを行う予定だ。同イベントでは、LINE LIVEスターダムオーディションのグランプリを受賞した男女ペアが、まるで劇中のアリーとジャクソンが魂のデュエットで数万人を魅了した野外コンサートを再現するかのように、メイン曲“シャロウ~『アリー/スター誕生』愛のうた”をステージで披露する。  併せて公開となった最新映像では、自分の“うた”を信じ続けて生きてきたアリーとジャクソンの運命の出会い、そしてスターとしての階段を上り、自分の才能を開花させてゆくアリーの姿や、彼女がステージでジャクソンとともに“シャロウ~『アリー/スター誕生』愛のうた”を熱唱する様子が映し出される。  ガガは「私がアリー役を演じきることができたのは、ブラッドリーが私を信じてくれたからに他ならないの。それは、この映画が語るストーリーにも通じるわ。この映画は、誰かを信じることのパワフルさを語っている。それは、自分と相手にとってとてつもない影響を与えるのよ」と話し、撮影現場でのブラッドリーとの関係が、あたかも劇中のアリーとジャクソンのようであったことを明かし、物語のキーワードでもある“信じる”ことの大切さを説いている。  映画『アリー/スター誕生』は12月21日より全国公開。

  • 『アリー/スター誕生』本ポスター

    ガガ初主演『アリー/スター誕生』感動の本予告&本ポスター解禁

    映画

     歌手のレディー・ガガが初主演を務める映画『アリー/スター誕生』から、本予告と本ポスターが公開された。本予告では主人公アリーを演じるガガの圧巻の歌唱が映し出される。@@cutter 本作は、音楽業界での成功を夢見るアリーがスターの階段を駆け上がっていく姿を描く。世界的ミュージシャンのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)に歌の才能を見いだされ、彼女は成功と挫折を経験しつつ、ショービジネスの世界を生き抜いていく。  本予告には、自分の“うた”を信じ続け、人生を切り開いていこうとするアリーと、彼女の才能を見抜いて導こうとするジャクソンの姿が映し出される。「君の歌は奇跡だ」と、超満員のライブ会場でアリーに歌うようすすめるジャクソン。アリーは「無理よ!」と一瞬戸惑うが、優しく温かいほほ笑みを受け、勇気を振り絞ってマイクを握る。  注目は主人公アリーのリアルなドラマ。容姿に自信がなく、歌手を目指すも、なかなか芽の出ない彼女は、自分と自分のうたを信じることを諦めない。決して折れない前向きな心は、やがて大きな奇跡を呼ぶ。ガガは「私は、私の持つ全てを注ぎ込みたかったの。最後の一滴まで、この映画に捧げようと思ったのよ。私の持つ恐れ、羞恥心、愛、優しさ、それら全てをこの映画のために捧げたわ」と、素の自分をさらけ出したことを明かす。  さらに注目されるのは、予告の中でアリーが歌う主題歌“シャロウ~『アリー/スター誕生』愛のうた”だ。劇中で彼女が夢をつかむきっかけとなるこの曲をはじめ、本作に登場する19曲は、ガガをはじめ音楽界のスターたちが書き下ろしたもの。サウンドトラックは全米3週連続1位、世界83ヵ国のiTunesで1位を獲得している。ブラッドリーは「音楽は、この映画の重要なキャラクターなんだ。うたはいつも、歌っている人か、それを見ている人が感じていることを語っているんだよ」と語る。  ポスターには、決然とした表情のアリーと、うつむき加減で落ち着いた大人の色気を感じさせるジャクソンの姿が描かれ、「歌って、恋して、傷ついて――私は生まれ変わる」のコピーとともに、“うた”を通した2人の深いドラマを想像させるビジュアルとなっている。  映画『アリー/スター誕生』は、12月21日より全国公開。

  • 婚約していることを公言したレディー・ガガとクリスチャン・カリーノ氏

    レディー・ガガ、交際中のタレントエージェントとの婚約を公言

    セレブ&ゴシップ

     歌手のレディー・ガガが、2017年2月ごろから交際しているタレントエージェントのクリスチャン・カリーノ(Christian Carino)氏と婚約していることを認めたという。PeopleやE!Onlineなどの海外メディアが報じた。@@cutter 俳優のテイラー・キニーと破局後、カリーノ氏との交際が伝えられていたレディー・ガガ。2017年11月にカリーノ氏と婚約したと報じられていたが、本件について否定も肯定もしなかった。Peopleによると、今月初めにも業界内で二人の婚約が噂されていたという。  現地時間15日にロサンゼルスで開催された女性誌「ELLE」の第25回「Annual Women in Hollywood Celebration」に出席したレディー・ガガ。受賞スピーチの中で「私の婚約者クリスチャン」に感謝すると述べていたという。  レディー・ガガより17歳年上のカリーノ氏はレディー・ガガのキャリアを理解し、しっかりと支えている人物だと、情報筋は語っている。タレントエージェントとして、これまでに歌手のジャスティン・ビーバーやジェニファー・ロペス、女優のアンバー・ハードなどを顧客に抱えていた経歴の持ち主とのことだ。  実際のところ、レディー・ガガとカリーノ氏がいつ婚約したかは不明。具体的に結婚式の計画などが進められているのか、今後の続報に注目したい。

  • 鼻の整形はしないというレディー・ガガ

    レディー・ガガ、鼻の整形を勧められ断固拒否

    セレブ&ゴシップ

     初の主演映画『アリー/スター誕生』で演技力を評価されている歌手のレディー・ガガ。音楽のキャリアを始めた頃に、鼻を整形するよう言われたが、「自分らしくいたかった」ため拒否したという。@@cutter 英ロンドンでのプレミアに出席したレディー・ガガ。レッドカーペットでSky Newsのインタビューに応じ、「駆け出しの頃、鼻の整形をするよう言われたけど、しなかった。自分らしくいたかったからよ」とコメントしたという。  「私は自分を信じて、音楽業界に飛び込んだわ」と話したレディー・ガガ。「様々な障害を叩きつぶすつもりだった。私にはそういう果敢なところがあった」と当時を振り返っている。  1937年の『スタア誕生』から4度目の映画化となる『アリー/スター誕生』。役を演じる上で自身の駆け出しの頃の実体験を生かしたという彼女だが、演じるアリーには自信がないと分析。自分のルックスに自信のないアリーの心の不安を演じたことは「貴重な経験だった」と、大役を務め上げたことで新たな自信を得たようだ。

  • アメリカン版「ヴォーグ」の表紙を飾ったレディー・ガガ

    レディー・ガガ、ほぼノーメイク&プラチナブロンドで新たな魅力が炸裂

    セレブ&ゴシップ

     俳優のブラッドリー・クーパーと共演する音楽映画『アリー/スター誕生』の全米公開を10月5日(現地時間)に控えている歌手のレディー・ガガ。プラチナブロンドとノーメイクに近いナチュラルメイクで、女性ファッション誌「ヴォーグ」アメリカ版の表紙を飾り、誌面ではグラマラスなセミヌードを披露した。@@cutter アメリカ版「ヴォーグ」10月号の表紙を飾ったガガ。表紙や誌面のビジュアルを自身のインスタグラムに投稿し、シンプルに「ヴォーグ」誌と、撮影を担当した売れっ子フォトグラファーのイネス&ヴィノードを称えた。  Us Weeklyによると、ガガが表紙で身に着けているのは、ブランドン・マクスウェルのドレスとのこと。胸元が大きく開いた黒のベルベットのドレスに身を包んだガガは、少し前屈みになった姿勢で、とてもセクシーだ。  肌も透き通るような美しさのガガ。誌面では、別の黒いドレスに身を包み、芝生の上に敷かれたブランケットの上でエレガントに寝そべっている写真や、バスタブの中でファーのブランケットだけをまとっている姿がお披露目されている。  いつにも増して美しいガガの姿に、ファンからは「あなたは文字どおり、最高にゴージャスな人。いつかどうにかして会える日が来ますように」「彼女はこの表紙に現れているより、もっと美しいと思う」「ゴージャスなモンスター・ママ」「魅力的のひと言につきる」といった称賛コメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/ladygaga/

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access