古田新太 関連記事

  • ドラマ24『Iターン』第2話場面写真

    今夜放送『Iターン』第2話 ムロツヨシ、会社員とヤクザの二重生活がスタート 

    エンタメ

     俳優のムロツヨシと古田新太がダブル主演するドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)第2話が今夜放送。ムロ扮する広告代理店支店長のヤクザとの二重生活が始まる。@@cutter 上司の高峰(相島一之)から、大手百貨店の広告を受注しろという命令を受けた狛江(ムロ)は、部長の深町(木下隆行)を訪ね、接待のチャンスを得る一方、岩切(古田)からは組の仕事を押し付けられ、会社員とヤクザの多忙な二重生活が始まる。しかも、あっという間に借金が500万となる。  そんな中、ヤクザとして美人ママ・麗香(黒木瞳)が経営するスナックのケツ持ちをする羽目になり、“危険な”任務も任さえれるのだが…。  本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、『下衆の愛』『獣道』などを手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。  左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマンを、テレビ東京のドラマには初主演となるムロが演じ、昔気質なヤクザの親分を古田が務める。また、古田率いる岩切組をつぶそうと企む「竜崎組」の組長・竜崎剣司役を田中圭が演じる。そのほか、女優の黒木がタロット占いができるスナックのママ役で、俳優の相島が狛江に左遷を命じた上司役で、笹野高史がムロの左遷先の支店と長い付き合いの印刷屋社長で出演する。第2話のゲストキャストはTKOの木下隆行。  ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて今夜7月19日24時12分放送。

  • 田中圭

    『Iターン』初回、“インテリヤクザ”田中圭にファン悶絶「この悪い圭はやばいぞ!」

    エンタメ

     俳優のムロツヨシと古田新太がダブル主演を務めるドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)の第1話が12日に放送。田中圭が演じる「竜崎組」の組長・竜崎剣司に「インテリヤクザとか最高」「金曜と日曜の落差もまた良し」と、ネット上には大きな反響が寄せられた。@@cutter 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、『下衆の愛』『獣道』などを手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化した物語。  左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマンを、テレビ東京のドラマには初主演となるムロ、昔気質なヤクザの親分を古田、そして古田率いる岩切組をつぶそうと企む「竜崎組」の組長・竜崎剣司役を田中圭と豪華キャストが演じる。  中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロ)は左遷同然の人事で日本最果ての街・阿修羅市へ単身赴任する。社員2名の貧弱支店の支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇」と無理難題を押し付けられ、業者の見直しや新規の営業など、本社仕込みの営業手腕で売り上げアップを図っていた。  そんな中、新規でチラシの制作を請け負った会社から電話があり、狛江が担当したチラシにとんでもないミスがあることが発覚。しかもその会社は「竜崎組」というヤクザの会社だということがわかる。追い打ちをかけるように「岩切組」の親分・岩切(古田)も怒鳴り込んできて、突然2人の組長に挟まれ危機的状況に陥ってしまう。  二人のヤクザに挟まれ怯える狛江をよそに、竜崎(田中)は「コイツは置いてけ、うちの外注先だ」と岩切を静かに威嚇。一方岩切は「こいつはワシの舎弟や」とありもしない事を言いだすなどやりたい放題。果たして狛江は、目標である業績アップにたどり着くことができるのだろうか…。  SNSでは、田中演じる竜崎の格好良さに悶絶するファンが続出。「コイツは置いていけ」「俺は優しいほうだぞ?」と静かに怒りをあらわにするような演技に「タツザキさん見ると眠れなくなる」「この悪い圭はやばいぞ!」「もう竜崎様が好きすぎてどーしていいか分かんない」といった感想が多数寄せられた。  また、田中は現在出演中のドラマ『あなたの番です ‐反撃編‐』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)では、妻が好きすぎるあまり犯人捜しで暴走するキャラクターを演じており、その演技のギャップに「金曜と日曜の落差もまた良し」「田中圭って振り幅広い」といった声も相次いでいる。

  • ドラマ24『Iターン』第1話場面写真

    今夜スタート『Iターン』 ムロツヨシが2人の“組長”の間でピンチに

    エンタメ

     俳優のムロツヨシと古田新太のダブル主演で12日にスタートするドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)第1話が今夜放送。ムロ扮する広告代理店の左遷支店長が、ヤクザの組長2人に挟まれ危機的状況に陥る。@@cutter 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、『下衆の愛』『獣道』などを手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマンを、テレビ東京のドラマには初主演となるムロが演じ、昔気質なヤクザの親分を古田が務める。また、古田率いる岩切組をつぶそうと企む「竜崎組」の組長・竜崎剣司役を田中圭が演じる。そのほか、女優の黒木瞳、俳優の相島一之、笹野高史、ラッパーの般若らがレギュラーキャストとして脇を固める。    中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロ)は左遷同然の人事で日本最果ての街・阿修羅市へ単身赴任する。社員2名の貧弱支店の支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇」と無理難題を押し付けられ、業者の見直しや新規の営業など、本社仕込みの営業手腕で売り上げアップを図る。  そんな中、新規でチラシの制作を請け負った会社から電話があり、狛江が担当したチラシにとんでもないミスがあることが発覚。しかもその会社は「竜崎組」というヤクザの会社だということがわかる。  さらに、追い打ちをかけるように「岩切組」の親分・岩切(古田)も怒鳴り込んできて、突然2人の組長に挟まれ危機的状況になるのだが…。  ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて今夜7月12日より毎週金曜24時12分放送。

  • ドラマ24『Iターン』にゲスト出演する(左から)矢部太郎、木下隆行

    ムロツヨシ×古田新太『Iターン』ゲスト発表 矢部太郎&木下隆行がクセ強めに登場

    エンタメ

     俳優のムロツヨシと古田新太のダブル主演で7月12日にスタートするドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)に、カラテカ・矢部太郎とTKO・木下隆行がゲスト出演することが発表された。矢部は風俗店の店長役、木下は主人公・狛江(ムロ)の営業相手となる百貨店の部長役を、それぞれ演じる。@@cutter 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、『下衆の愛』『獣道』などを手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマンを、テレビ東京のドラマには初主演となるムロが演じる。  中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロ)は45歳にして左遷同然の人事で、妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る日本最果ての街“阿修羅市”へ単身赴任することに。社員2名の貧弱支店の支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられ、懸命に売り上げアップを図る。そんな中、狛江が担当したチラシにとんでもないミスが見つかり、怒り心頭の依頼主・竜崎(田中)の会社は「竜崎組」というヤクザであることが発覚。追い打ちをかけるように、「岩切組」の親分・岩切猛(古田)も怒鳴り込んでくる。  矢部は第1話に登場、岩切組がケツ持ちをしている風俗店・ヌキヌキ万次郎の店長役を演じる。木下は第2話から出演し、狛江の営業相手となる大手百貨店・丸越百貨店の販売促進部部長・深町智博役。深町は、ノイローゼになった営業マンがいるほど接待に厳しいとうわさされる人物だが、狛江が支店長を務める阿修羅支店の存続は、深町の案件をとれるかどうかにかかっている。  ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて7月12日より毎週金曜24時12分放送。

  • 『俺のスカート、どこ行った?』に主演する古田新太

    『俺のスカート、どこ行った?』最終回、古田新太の2年3組卒業式に「涙腺大崩壊」

    エンタメ

     俳優の古田新太がゲイで女装家の教師役で主演を務めるドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の最終回が22日放送された。高校を去る原田(古田)の願いを叶えた2年3組の生徒たち、そして訪れる別れに、視聴者からは「泣いた」「3ヶ月間ありがとう」など、感動の声が寄せられている。@@cutter 原田(古田)が「他にやりたいことがあるから」と言って、豪林館学園高校を辞めた。その後、古賀(荒川良々)や田中(桐山漣)をはじめ男性教師たちが女装して授業をするように。原田との約束通り、その姿を写真に収める彼らはどこか楽しそうな顔をしていた。  原田の不在に寂しさを感じる2年3組の生徒たち。彼らは、原田がやりたいことは何だったのか、今頃何をしているのかと話し合う。明智(永瀬廉)は、原田がやりたいと言っていた卒業式をやろうと提案。他の生徒たちも明智のアイデアに賛成し、2年3組だけの早めの“卒業式”をやることに。若林(長尾謙杜)らみんなが盛り上がる中、東条(道枝駿佑)は、原田が辞めた本当の理由は体の具合が悪いからではないかと考えていた。  原田の入院先へ長井(松下奈緒)と共に向かった東条。卒業式があることを伝えると、いつものテンションで「行ってあげる」と頷く。しかし、ベッドに座る原田を見た東条は「本当は身体悪いからやめるんだろ?」「カッコつけて隠してんじゃねえ!」と堪えきれず涙を流してしまう。そんな彼を抱きしめ、「死なねぇ!」と豪語する原田。そして迎えた「卒業式」当日、原田はある物を抱えて学校に向かう。  原田がお手製の卒業証書を生徒たち一人ひとりに手渡すサプライズが敢行されると、SNSでは「涙腺大崩壊」「おもしろくて泣けて最高だった」といった称賛のコメントが殺到。笑って泣けるこのシーンに、数々の視聴者が胸を打たれた様子が見受けられた。  次いで、ドラマ公式ツイッターとインスタグラムが「#卒業証書は一人一人違います」というハッシュタグと共に生徒達のショットや卒業証書のアップを掲載すると多数のいいねがつけられ、一時はトレンドに「#俺スカ」が入るなど、放送終了後も大きな盛り上がりを見せた。 引用:https://www.instagram.com/oresuka_ntv/

  • ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』最終話場面写真

    今夜『俺のスカート、どこ行った?』最終回、学園を去った古田新太の行方は…

    エンタメ

     俳優の古田新太がゲイで女装家の教師役で主演を務めるドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の最終回が今夜放送。突然高校を去ってしまった原田(古田)の願いを叶えるため、2年3組のメンバーは卒業式を決行することに。しかし、体調が思わしくない原田は入院していて…。@@cutter 原田(古田新太)が「他にやりたいことがあるから」と言って、豪林館学園高校を辞めた。その後、古賀(荒川良々)や田中(桐山漣)をはじめ男性教師たちが女装して授業をするように。それは、原田と交わした約束だった。  原田の不在に寂しさを感じる2年3組の生徒たち。彼らは、原田がやりたいことは何だったのか、今頃何をしているのかと話し合う。明智(永瀬廉)は、原田がやりたいと言っていた卒業式をやろうと提案。他の生徒たちも明智のアイデアに賛成し、2年3組だけの早めの“卒業式”をやることに。若林(長尾謙杜)らみんなが盛り上がる中、東条(道枝駿佑)は複雑な思いを抱えていた。  東条が屋上で昼食を食べていると、明智と若林がやってくる。明智は、東条の様子が気になっていた。東条は、原田に対する複雑な感情を打ち明ける。東条は、原田が学校を辞めた本当の理由は体の具合が悪いからではないかと思っていた。原田に卒業式のことを伝えるため、東条は長井(松下奈緒)に原田の家を教えてほしいと頼む。長井は、東条を連れて病院へ向かう。東条が心配した通り、原田は入院していた。  東条から「卒業式に来てほしい」と言われ、「行ってあげる」と原田は「卒業式」に行くことに。そして、2年3組と原田のための“卒業式”当日を迎え…。  『俺のスカート、どこ行った?』最終回は、日本テレビ系にて今夜6月22日22時放送。

  • ドラマ24『Iターン』エンディングテーマを担当する竹原ピストル

    ムロツヨシ×古田新太『Iターン』、エンディングテーマは竹原ピストル

    エンタメ

     俳優のムロツヨシと古田新太のダブル主演で7月にスタートするドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)のエンディングテーマが、竹原ピストルの「ON THE ROAD」に決定した。@@cutter 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、『下衆の愛』『獣道』などを手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマンを、テレビ東京のドラマには初主演となるムロが演じ、昔気質なヤクザの親分を古田が務める。  中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロ)は45歳にして、左遷同然の人事で、妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任することに。社員2名の阿修羅支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられ、懸命に売り上げアップを図る。そんな中、狛江が制作を担当したチラシにとんでもないミスが発覚。しかも怒り心頭の依頼主が「竜崎組」というヤクザの会社だったことが分かる。追い打ちをかけるように、阿修羅市を牛耳る「岩切組」の組長・岩切猛(古田)も怒鳴り込んでくる…。  エンディングテーマを担当する竹原ピストルは、2003年に2人組ユニット「野狐禅」でデビュー。解散後、ソロ活動を精力的に続け、2015年にはCMソングなどで話題に。2017年大晦日の紅白歌合戦に初出場した。また、役者としても評価が高く、数々の映画への出演歴がある。2016年に公開された、西川美和監督『永い言い訳』での好演により、キネマ旬報の助演男優賞、日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞している。  エンディングテーマの曲名は「ON THE ROAD」。竹原の圧倒的な歌唱、歩き続ける大人たちの背中をそっと押してくれる言葉、キャッチーなメロディがあいまった、脳内リフレイン必至の楽曲となっている。  ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて7月12日より毎週金曜24時12分放送。

  • ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』クランクアップの様子

    『俺のスカート、どこ行った?』クランクアップ 永瀬×道枝×長尾、涙と笑いの卒業式

    エンタメ

     俳優の古田新太がゲイで女装家の教師役で主演を務めるドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/毎週土曜22時)がクランクアップを迎え、劇中での卒業式さながらに、生徒役の永瀬廉(King & Prince)、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr. )、長尾謙杜(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)らが教室のセットの壇上でスピーチを行なった。@@cutter クライマックスである卒業式シーンは2年3組の教室で行なわれ、黒板には、実際に生徒役全員で描いた、古田演じる教師・原田を含むクラス全員の似顔絵が。撮影を終えると、生徒全員が、スタッフに1人ずつ名前を呼ばれ、古田から花束を受け取り、副担任・田中みちる役の桐山漣も見守る中、壇上でスピーチすることに。さながら『俺スカ』撮影からの“もうひとつの卒業式”が始まった。  明智役としてクラスを引っ張ってきた永瀬は「学園ものは初めてで、古田さん、桐山さんはもちろん、スタッフさん、そしてクラスのみなさんと3ヵ月間、とても楽しい青春を送れました。もっと人として、そしてお芝居のスキルも上げて、またみなさんとご一緒できたらって思っています。3ヵ月間、本当にお疲れ様でした!ありがとうございました!」と、凛とした表情であいさつ。  道枝は「クラスの子達とどうなじめるかということは気になっていたんですが、みなさん温かく迎えてくれて本当に楽しかった現場でした。またみなさんとご一緒できるように頑張りますので、よろしくお願いします。ありがとうございました!」とスピーチした。  長尾は「初めての連ドラで不安が多かったんですが、いざ来てみればすごく温かい現場で本当に楽しかったです。スタッフのみなさんも、ありがとうございました。これから『俺スカロス』が始まると思うんですが、それに耐えて頑張りたいと思います」と名残り惜しさを語った。  最後は全員揃って記念写真の撮影などが行なわれ、和やかな雰囲気に包まれた。  また翌日にクランクアップを迎えた古田も「1クール非常に楽しく過ごさせていただきました。初めて学園モノで生徒たちのことをかわいいと思いました。35年やってきて初めてです」と笑い、「今度打ち上げでみんなと美味しいお酒を飲みたいと思いますけど、オイラは今日から美味しいお酒を飲みます(笑)。お疲れ様でした!」とあいさつした。  『俺のスカート、どこ行った?』最終話は、日本テレビ系にて6月22日22時放送。

  • ドラマ24『Iターン』に出演する黒木瞳

    ムロツヨシ×古田新太『Iターン』、黒木瞳らクセあり追加キャスト発表

    エンタメ

     俳優のムロツヨシと古田新太のダブル主演で7月にスタートするドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)に、レギュラーキャストとして女優の黒木瞳、俳優の相島一之、笹野高史、ラッパーの般若らが出演することが発表された。それぞれクセの強いキャラクターを演じる。@@cutter 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、『下衆の愛』『獣道』などを手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマンを、テレビ東京のドラマには初主演となるムロが演じ、昔気質なヤクザの親分を古田が務める。  中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロ)は45歳にして、左遷同然の人事で、妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任することに。社員2名の阿修羅支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられ、懸命に売り上げアップを図る。そんな中、狛江が制作を担当したチラシにとんでもないミスが発覚。しかも怒り心頭の依頼主が「竜崎組」というヤクザの会社だったことが分かる。追い打ちをかけるように、阿修羅市を牛耳る「岩切組」の組長・岩切猛(古田)も怒鳴り込んできて…。  ドラマ24初出演の黒木が演じるのは、タロット占いができるスナック「来夢来都(らいむらいと)」のママ、麗香。「なんてハチャメチャな面白い作品だろうと思い、実現するのであれば参加させていただきたいと申し上げました。ハチャメチャなんですけど、その中に人間味があって引き付けられたんじゃないかなと思います」とコメント。  「麗香は、岩切組も竜崎組もどちらも知っている場末のスナックのママ。憩いの場でもありますし、新しく入ってくる狛江さんにもタロット占いで助言をしたりします。占いを通して哲学を言うんですよね。憎いセリフが多くていいなぁと思います」と役どころについて語り、共演する古田のことは「前に夫婦を演じたり、私の宝塚時代をご覧になっていたりということで、なんとなく同志のように思っていましたが、岩切と麗香にもそんな感じがあると思います。楽しみにしていただきたいです」と話し、期待を寄せた。  ほかに、狛江の上司で狛江に左遷を命じる宣告社・東京本社部長の高峰博之役を相島、阿修羅支店と昔からの付き合いの土沼印刷社長の土沼昭吉役を笹野、狛江の妻・敦子役を渡辺真起子が演じ、竜崎組と怪しいつながりがある大手銀行の支店長・瀬戸川達郎役を手塚とおる、阿修羅警察署刑事・城島豊役を河原雅彦、竜崎組組員で睨みをきかせている神野晃役をラッパーの般若、同じく竜崎組組員の黒田啓二役は田本清嵐、麗香の店で働くホステス・めぐみ役を森田望智がそれぞれ務める。  ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて7月12日より毎週金曜24時12分放送。

  • 『俺のスカート、どこ行った?』で主演を務める古田新太

    『俺のスカート、どこ行った?』永瀬廉の会見姿にネット「かっこよすぎる」と悲鳴殺到

    エンタメ

     俳優の古田新太がゲイで女装家の教師役で主演を務めるドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第9話が15日に放送された。King & Princeの永瀬廉演じる明智が、古田演じる担任教師・原田のぶおのために開いた記者会見で見せた姿に、視聴者からは「完璧な男子高校生」「明智くんかっこよすぎる」といった悲鳴が多数寄せられている。@@cutter ある日、原田が生徒に暴力を振るったという動画がネットで拡散されて炎上する。いかにも原田が明智(永瀬)に暴力を振るっているように映像が切り取られたものだったが、女装した教師が暴力を振るうという映像はマスコミにも取り上げられ、世間の反応の大きさから、原田はしばらく謹慎することに。  騒ぎが大きくなるばかりの学校では、事態の収束のため、寺尾校長(いとうせいこう)と長井(松下奈緒)が記者会見を行い、校長が責任を取って辞任することを発表する。クラスの生徒たちは、原田がクビになるかもしれないと心配しながらも、自分たちで出来る解決方法を考えていた。  一方、謹慎中の原田は、家でのんびり過ごしていた。しかし、長井が原田を訪ね、校長が辞めることも、原田が辞めさせられそうになっていることも納得がいかないと訴える。そして「なんで先生になりたかったんですか?」と聞く長井に対し、しぶしぶ40年前の中学時代に起こった出来事を語り始める。  そんな中、悪意のある動画を投稿した犯人が、なんと古文教師の矢野(小市慢太郎)であることが判明する。原田の無実を証明するために、再び記者会見を行わなければならない。事件の当事者である明智は、不安そうな長井に向かって「未成年頼ってもいいんじゃねえの」と笑顔を浮かべ、覚悟を決めたように歩き出すのだが…。  さまざまな確執が消え、原田のためなら記者会見に出席することもいとわないことを宣言した明智に対し、放送中のSNSには「マスコミに向かってく明智くんかっこよすぎる」「明智くんの会見シーンが圧巻だった」といった悲鳴が殺到。  会見で見せた真っすぐな瞳に「のぶおのために動く強さと頼もしさと瞳の真っ直ぐさと…顔の良さに泣く」「明智くん強くなったね」「ちゃんと過去と向き合ってイイ顔してる」と胸を打たれるファンが続出した。次回が最終回となる本作だが、既に「明智ロス」に陥ってるといった嘆きも相次いでいる。

  • ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』第9話場面写真

    今夜『俺のスカート、どこ行った?』、古田新太が教師になった経緯が明らかに

    エンタメ

     俳優の古田新太がゲイで女装家の教師役で主演を務めるドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第9話が今夜放送。第9話では、原田(古田)がゲイで女装家の高校教師になった理由が明かされる。@@cutter 原田が生徒に暴力を振るったという動画がネットで拡散されて炎上する。いかにも原田が明智(永瀬廉)に暴力を振るっているように映像が切り取られたものだったが、女装した教師が暴力を振るうという映像はマスコミにも取り上げられ、世間の反応の大きさから、原田はしばらく謹慎することに。  騒ぎが大きくなるばかりの学校では、事態の収束のため、寺尾校長(いとうせいこう)と長井(松下奈緒)が記者会見を行い、校長が責任を取って辞任することを発表する。クラスの生徒たちは、原田がクビになるかもしれないと心配するものの、原田のためにできる良いアイデアが浮かばない。  一方、謹慎中の原田は、家でのんびり過ごしていた。そんな中、長井が原田を訪ね、校長が辞めることも、原田が辞めさせられそうになっていることも納得がいかないと訴える。そして「なんで先生になりたかったんですか?」と聞く長井に対し、原田は、話をはぐらかそうとするが、それでも食い下がる長井に、ついに40年前の中学時代に起こった出来事から語り始める。そして、原田がゲイで女装家の高校教師になった理由が明らかに…。  『俺のスカート、どこ行った?』第9話は、日本テレビ系にて今夜6月15日22時放送。

  • 映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』配役が決まった(左上から)古田新太、吉田鋼太郎、(左下)井浦新

    『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』古田新太ら役名&モンスター場面カット8枚公開

    アニメ・コミック

     俳優の佐藤健が主人公を、女優の有村架純がヒロインの声を演じるフル3DCGアニメ映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』から、古田新太、吉田鋼太郎、井浦新が演じる役名と、モンスターの場面写真8枚が公開された。@@cutter 本作は、日本を代表するロールプレイングゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズのうち『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(1992年発売)のストーリーを原案に、VFXの第一人者である山崎貴の総監督・脚本により初映画化したもの。『ドラクエ』生みの親であるゲームデザイナー・堀井雄二が原作・監修を手掛ける。  すでに出演のみ発表されていた古田、吉田、井浦が演じるキャラクターが明かされ、フローラが住む町・サラボナの平和を脅かしている3つの目を持つ巨大なモンスター・ブオーンに古田、母・マーサをさらい、父・パパスの命を奪い、幼き頃からリュカを苦しめているモンスターのボス・ゲマに吉田、そのすべてが謎に包まれている最恐の魔王・ミルドラースに井浦が決まった。  ドラゴンクエストの思い出についての質問に、古田は「そいつが現れたのは大学の時だった。4回生の先輩の部屋にしか、それは無かった。ファミコンだ、そしてソフトは当然『ドラゴンクエスト』だ。何せ、そこにしかないものだから、みんな入り浸った」とコメント。  吉田は「ドラゴンクエストとは青年時代からの長い付き合いで、まさか自分が登場人物になれるとは思っていなかったので、今作へ参加することが出来て幸せです」と感慨を語り、井浦は「ユア・ストーリーが、DQの真骨頂である勇気と好奇心を、どのような表現で魅せてくれるのか、演じたキャラクターはいったいどんな仕上がりになっているのか、DQファンのひとりとして映画館で楽しみたいと思っています」と期待を込めた。  公開されたモンスターの画像は8枚。パパスの想いを受け、冒険に出発したリュカが対峙するキラーマシン、キングスライム、メタルスライム、マタンゴ、オーク、そしてゲマの手下のジャミとゴンズ等、どこか可愛く、迫力のあるモンスターたちの姿が垣間見れる場面写真となっている。  フル3DCGアニメ映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は8月2日より全国公開。

  • 『俺のスカート、どこ行った?』に主演する古田新太

    『俺のスカート、どこ行った?』永瀬廉らの女装姿にファン歓喜「可愛すぎて泣いた」

    エンタメ

     俳優の古田新太がゲイで女装家の教師役で主演を務めるドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第8話が8日に放送された。永瀬廉が演じる明智をはじめとした2年3組男子の女装姿にネットでは「可愛さが何度見ても異常」と大きな盛り上がりを見せている。@@cutter 文化祭が近付いてきたある日、2年3組ではどんな出し物をするのかを話し合っていた。生徒たちがあれこれと意見を出す中、若林(長尾謙杜)が「のぶおが前に働いていたお店みたいなのはどう?」と提案。そのアイデアが採用となり明智(永瀬廉)や東条(道枝駿佑)ら男子生徒が女装、女子生徒が男装して接客するバーを運営することに。文化祭当日は原田の誕生日でもあるので、生徒たちは知恵を出し合い、サプライズを届けようと奮闘する。  文化祭の準備に明け暮れる一同。恋が実るという伝説があるお化け屋敷や、そして自身の想いを叫ぶイベント『青春の主張』など、生徒だけでなく教師たちもどこか浮かれ気味だ。文化祭当日、キュートな女装姿を披露した2年3組の男子生徒達が思い思いに接客を行う。そして最後のメインイベントである『青春の主張』では、光岡(阿久津仁愛)は女装して気づいたある思いを告白。そして原田は全校生徒の前で自身の病について語りはじめる。  第8話で披露された生徒たちの可愛すぎる女装姿に対し、放送後のツイッターでは「普通に可愛すぎて泣いた」「めちゃくちゃ綺麗でした」といった興奮の声が多数寄せられ「#俺スカ」がトレンド入り。特に明智(永瀬)、東条(道枝)、若林(長尾)のジャニーズ3人には「男でイケメンな人って女になってもかわいいんだね」「みんなタイプが違って楽しい」「可愛すぎてほんとに女辞めたくなる」など、さまざまな世代からの反響が見受けられた。

  • 『俺のスカート、どこ行った?』第8話場面写真

    今夜『俺のスカート、どこ行った?』、古田新太が文化祭でカミングアウト

    エンタメ

     俳優の古田新太がゲイで女装家の教師役で主演を務めるドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第8話が今夜放送。第8話では、大盛況の文化祭の舞台上で、原田(古田)はこれまで隠してきた重大な秘密を告白する。@@cutter 文化祭が近付き、2年3組ではどんな出し物をするのか、話し合う。生徒たちがあれこれと意見を出す中、若林(長尾謙杜)が「のぶおが前に働いていたお店みたいなのはどう?」と提案。そのアイデアが採用となり明智(永瀬廉)や東条(道枝駿佑)ら男子生徒が女装、女子生徒が男装して接客するバーをやることに決まる。  文化祭当日は原田の誕生日でもあった。原田は、自分のバースデーイベントをやろうと張り切る。また、文化祭では毎年、お化け屋敷が恒例の出し物となっていて、このお化け屋敷はものすごく怖く、ゴールできる人はほとんどいないほどだった。  生徒たちの間では、そのお化け屋敷を好きな人と一緒に回って、最後までたどり着いてから告白すると絶対に恋が実るという伝説が広まっていた。生徒たち、先生たちはそれぞれの思いを募らせ、一緒に回る相手を誘っていた。  そんな中、里見(白石麻衣)が保健室を訪れると、いつもと様子が違い、体調が悪そうな原田の姿があった…。そして、文化祭当日。メインイベントの『青春の主張』で光岡(阿久津仁愛)は女装して気づいたある思いを告白し、原田もまた、全校生徒の前で重大な告白をする。  『俺のスカート、どこ行った?』第8話は、日本テレビ系にて今夜6月8日22時放送。

  • ドラマ24『Iターン』に出演する渡辺大知

    渡辺大知&鈴木愛理、『Iターン』でムロツヨシを困らせる若手社員に

    エンタメ

     俳優のムロツヨシと古田新太のダブル主演で7月にスタートするドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)に俳優の渡辺大知と元℃‐uteの鈴木愛理が出演することが発表された。2人は、ムロ演じる狛江を困らせる、単身赴任先の若手社員役を務める。@@cutter 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、『下衆の愛』『獣道』などを手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマンを、テレビ東京のドラマには初主演となるムロが演じる。  中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロ)は45歳にして、左遷同然の人事で、妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任することに。社員2名の阿修羅支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられ、懸命に売り上げアップを図る。そんな中、狛江が制作を担当したチラシにとんでもないミスが見つかり、怒り心頭の依頼主は「竜崎組」というヤクザの会社だったことが分かる。追い打ちをかけるように、阿修羅市を牛耳る「岩切組」の組長・岩切猛(古田)も怒鳴り込んでくる。    阿修羅支店の若手社員・柳直樹を演じる渡辺は「ぼくは無気力に仕事をこなしていながらも、胸に熱いものを持った柳という男をやらせて頂きました。ムロツヨシさん演じる狛江支店長との出会いを経て、少しずつ変化していくところが見せられたらなぁと思ってやりました」と語る。  鈴木は、もう1人の阿修羅支店の若手社員・吉村美月役。「昨年ソロデビューしたばかりで、いろんなことにチャレンジしたいなという時に、すごく嬉しいお話をいただけたので、みっちり勉強できたらいいなと思って臨みました」とコメント。「新しく狛江支店長が来ることによって感化され、恋をすることによって感化され、少しずつ変わっていきます。その変化を演技やセリフだけじゃなく、メイクでも工夫しているので、そういうところもみてもらえたらいいなと思います」と見どころをアピールした。  ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて7月12日より毎週金曜24時12分放送。

  • 田中圭

    田中圭×古田新太の異色コラボ!? 『あな番』『俺スカ』“ハート2ショット”に反響

    エンタメ

     原田知世と田中圭がダブル主演を務める日曜ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の公式インスタグラムが2日、同ドラマで主演を務める田中と『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/毎週土曜22時)主演の俳優・古田新太のコラボショットを投稿した。@@cutter 投稿されたのは、田中と古田が並んでお互いの手でハートマークを作ろうとしている写真。『あなたの番です』で田中は、殺人事件が頻発するマンションで原田扮するヒロインと暮らすジムのトレーナー・手塚翔太役。ドラマでは翔太がヒロインと共に不可解な事件の闇に迫る姿が描かれている。一方の古田は『俺のスカート、どこ行った?』でゲイで女装家にして高校教師という主人公・原田のぶおを熱演している。  ドラマの垣根を超えて並んだ2人の姿にファンからは「可愛い」「すごく好き」などのコメントが殺到。また写真の中で、うまくハートマークが作られていないことから「ハートじゃなく丸(笑)」「もはやハートになってない(笑)」などのツッコミも多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/anaban_ntv/

  • 『俺のスカート、どこ行った?』に主演する古田新太

    永瀬廉、道枝駿佑、長尾謙杜の友情にファン号泣 『俺のスカート、どこ行った?』第7話

    エンタメ

     俳優の古田新太がゲイで女装家の教師役で主演を務めるドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第7話が1日に放送された。明智(永瀬廉)と東条(道枝駿佑)、若林(長尾謙杜)、そして2年3組の生徒達の友情に「涙なしでは見れなかった」「びっくりするほどエモい」など、感動の声が続出している。@@cutter 明智が退学届けを提出した。寺尾校長(いとうせいこう)、長井(松下奈緒)、原田(古田)は三者面談を希望するが、父親は呼んでも来ないと断言されてしまう。原田がなぜ学校を辞めたいのかと尋ねても、明智は答えようとしない。そして2年3組の生徒たちにも、彼が退学届を出したことが知れ渡る。  長井は明智の父・純一(板尾創路)に会うため、彼の家を訪ねる。明智は家を出ており、父と暮らしてはいなかった。純一は自らの過ちをきっかけに仕事を失って以来、家族に暴力を振るうようになったこと、現在の明智は母が残した200万円で生活をしているということが明らかになる。純一は、200万円を自分に返せと明智に要求しており、金を稼いで返してもらうため学校を辞めさせると宣言する。  明智が父親のせいで学校を辞めるかもしれないと聞いた東条は、彼がサッカーを辞めた理由や、そのほかの態度に誤解を抱いていたことに気づく。過去にいじめを受けていた若林も複雑な表情を見せていた。その後原田は明智、そして父親を呼び出し、ボクシングで勝負をさせると同時に、父親が勝てば明智は学校をやめ、200万円を支払うという賭けを提案する。  ある機転で父親との勝負に勝ったが、それでも学校は辞めるという明智に、原田は自分を好きなだけ殴れと言う。泣きながら自身を殴った明智に「人殴ってこんなに震えてるんだ、お前は父親とは違うよ。全然違う」「そんな大人の真似ばっかしてたら、いろんなもの無くしちまうぞ。頼れ、明智」と呼びかけるのだが…。  そんな明智の確執や心に抱えたわだかまりが、少しだけ良い方向に向かった第7話に、SNSでは「こんなん見て泣かない訳ない」「号泣案件」と涙するファンが続出。明智を演じる永瀬廉の演技に好評の声が数多く寄せられた。そして、長すぎる仲違いを超えて無事仲直りを果たした東条、若林、そして明智に対し「この3人が横に並ぶ時が来ることを心から待ち望んでました」「友情最高!!!!!!!」「明智くんよかった」といった声が殺到している。

  • 『俺のスカート、どこ行った?』第7話場面写真

    永瀬廉、『俺スカ』でボクシング挑戦 「アクション楽しい!」

    エンタメ

     古田新太主演の学園ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/毎週土曜22時)に生徒役で出演しているKing & Princeの永瀬廉が、今夜放送の第7話でボクシングシーンに挑戦。撮影の様子や見どころなどを語った。@@cutter 古田演じるゲイで女装家の高校教師・原田のぶおが、歯に衣着せぬ物言いとハンパない行動力、あふれる愛で奮闘し、生徒の心を解き放っていく姿を描く本作。第7話では、退学届を提出し学校をやめようとする明智秀一(永瀬)の、その理由となる家庭環境や、秘められた過去が明かされる。そんな彼のために、原田やクラスメイトたちが奮闘するのだが…。  第7話のボクシングシーンの撮影について永瀬は「本格的なアクションシーンは初めてだったので、ボクシングの体の使い方を基礎から教えてもらって撮影に臨みました。“初めての割には“ということですけど、めちゃめちゃ褒められましたよ(笑)」と振り返り、「殴る方も殴られる方も両方褒められてすごく嬉しくて、僕は単純なんで“アクション楽しい!”と思っちゃいました」と初アクションでの喜びのエピソードを披露した。  見どころを聞くと「今回でようやく明智が崩れていくというか、それまでの明智ではなくなっていくので、そこで彼の人間的な部分を視聴者の方に感じてもらえると嬉しいです」と回答し、「8話(6月8日OA)からは、かなりキャラ変しているので、そこも楽しんでもらえたらと思います」と今後の展開を期待させるコメントも残している。  ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』第7話は、日本テレビ系にて今夜6月1日22時放送。

  • 『俺のスカート、どこ行った?』第7話場面写真

    今夜『俺のスカート、どこ行った?』、退学届を出した永瀬廉に古田新太は…

    エンタメ

     俳優の古田新太がゲイで女装家の教師役で主演を務めるドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第7話が今夜放送。第7話では、突然退学届を出した明智(永瀬廉)の複雑な家庭環境を知った原田(古田)は、クラスメイトを巻き込んでとんでもない施策に…。@@cutter 明智が学校に来なくなり、退学届を提出した。寺尾校長(いとうせいこう)、長井(松下奈緒)、原田は、明智と話し合うことに。校長たちが明智の父・純一(板尾創路)と話したいと言うと、「呼んでも絶対来ないですよ」と答える明智。原田がなぜ辞めたいのかと尋ねても、明智は答えようとしない。2年3組の生徒たちにも、明智が退学届を出したことが知れ渡る。  長井は純一に会うため、明智の家を訪ねる。明智は家を出て、父とは暮らしていなかった。純一は自らの過ちをきっかけに仕事を失って以来荒れてしまい、家族に暴力を振るうように。明智の母は家を出ていき、明智は母が彼のために残した200万円を使って生活するしかなかった。そのことを知った純一は、200万円は自分の金だから返せと明智に要求していた。純一は長井に向かって、金を稼いで返してもらうために明智には学校を辞めさせると言い放つ。  原田と田中(桐山漣)は、東条(道枝駿佑)と若林(長尾謙杜)から明智の家庭事情を聞く。明智が父親のせいで学校を辞めるかもしれないと聞いた東条は、自分が明智を誤解していたと気付く。そんな東条に原田は、仲直りを手伝ってもいいと提案。一方、若林は、自分をいじめた明智をまだ許すことができないでいた。明智の居場所を突き止めた原田は東条たちに、明智を迎えに行ってほしいと頼む。  東条たちは、明智のアルバイト先へ向かう。東条が「一緒に来てほしい」と言うと、明智は拒絶。その時、原田から田中に電話がかかってくる。原田は明智に向けて「お前の父親は預かった!」と誘拐犯のようなセリフを言って電話を切る。  明智たちが原田の指定した場所へ向かうと、原田と純一、さらには2年3組の生徒たちが待っていて…。  『俺のスカート、どこ行った?』第7話は、日本テレビ系にて今夜6月1日22時放送。

  • ドラマ24『Iターン』メインビジュアル

    ムロツヨシ×古田新太『Iターン』メインビジュアル解禁 オープニングテーマはにゃんぞぬデシ

    エンタメ

     俳優のムロツヨシと古田新太のダブル主演で7月にスタートするドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)より、ムロ演じる主人公・狛江が、古田と田中圭のふんする町の二大ヤクザに挟まれて頭を抱えるメインビジュアルが解禁された。また、オープニングテーマは女性シンガーソングライター・にゃんぞぬデシが書き下ろした「勘違い心拍数」に決まった。@@cutter 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、『下衆の愛』『獣道』などを手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマンを、テレビ東京のドラマには初主演となるムロが演じる。  中堅広告代理店に勤める狛江光雄(ムロ)は45歳にして、左遷同然の人事で、妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任することに。社員2名の貧弱支店の支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられ、懸命に売り上げアップを図る。そんな中、狛江が担当したチラシにとんでもないミスが見つかり、怒り心頭の依頼主・竜崎(田中)の会社は「竜崎組」というヤクザであることが発覚。追い打ちをかけるように、「岩切組」の親分・岩切猛(古田)も怒鳴り込んでくる。  メインビジュアルでは、頭を抱える狛江を、ネクタイを引っ張りながらにらみ付ける岩切と、お金で揺さぶりをかける竜崎のヤクザ2人が両脇から取り囲んでおり、3人それぞれの役柄や関係性が表れた構図となっている。  オープニングテーマ「勘違い心拍数」は、平成生まれ20歳のにゃんぞぬデシが、ドラマからインスピレーションを得て、毎日を奮闘する誰しもに寄り添う応援ソングとして書き下ろした。「この度初めてドラマのオープニングをやらせていただくので、心拍数が上がっています」というにゃんぞぬデシ。「私は主人公の狛江さんが心の中に住んでいたり、住まざるをえない環境にいる方は多いのではないかと思いました。人の顔色を伺ったり、自分の言いたいことを言えなかったり、力のある人間が力を振り回している時に、『かかってこい!』と思いながら脳内再生されて、この曲があなたの味方になれることを願っております」と話す。  ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて7月より毎週金曜24時12分放送。

  • ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』でウェディングドレス姿を披露した白石麻衣

    白石麻衣と古田新太のWウェディングドレス姿が可愛いと話題!『俺のスカート、どこ行った?』第6話

    エンタメ

     俳優の古田新太がゲイで女装家の教師役で主演を務めるドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第6話が25日放送。白石麻衣演じる里見萌と古田新太演じる原田のぶおが披露したウェディングドレス姿が「やっぱり、まいやんは美人」「古田新太さんドレス姿凄い」と大きな話題になっている。@@cutter 本作は、ダイバーシティ宣言を掲げた高校に赴任してきた奇想天外で破天荒な52歳の国語教師・原田のぶおが、歯に衣着せぬ物言いとハンパない行動力、そしてあふれる愛で奮闘し、生徒の心を解き放っていく姿を描く学園エンターテインメントドラマ。  のぶおの同僚である里見(白石)は父・靖夫(小木茂光)の決めた相手との結婚が決まっていた。結婚相手は、医師の財前(戸塚純貴)。靖夫は自分の病院を継いでもらうため、娘にはどうしても医師と結婚してもらいたいと宣言。両親との約束で、結婚をした後は仕事を辞めて専業主婦にならなければならないと明かした里見は、好きでもない相手と結婚などしたくない上に教師を続けたいと考えていた。  結婚と退職を受け入れようとしている里見に対して、本当にそれでいいのかと諭す原田。そんな原田の言葉を聞いた里見は、結婚の段取りを進める靖夫に抵抗するが、それもむなしく、父に婚姻届けを書かれ捺印されてしまったという。経緯を聞いた原田に「自分の幸せを諦めていいのか」と問いかけられた里見はついに自身の本音と涙を見せ、彼に助けを求めるのだが…。  挙式のシーンでは、白石のウェディングドレス姿に視聴者からは「綺麗すぎる」「ドレス姿やばい」という悲鳴が殺到したが、同時に強いインパクトを残したのが里見を助けるために登場した古田のウェディングドレス姿。まさかのシーンに「古田新太のウェディングドレス普通にかわいくて困る」「古田新太のウェディングドレス強すぎる」「最高がすぎる」と好評の声が相次いだ。  また、「そこそこの幸せ」を提供していると主張する里見の父親へ向かって「たった一度の人生、幸せ遠慮してどうする」と啖呵を切った原田に「正論過ぎて刺さった」といった共感も多数寄せられている。

  • 『俺のスカート、どこ行った?』第6話場面写真

    今夜『俺のスカート、どこ行った?』、白石麻衣は親の決めた結婚と退職を受け入れるが…

    エンタメ

     俳優の古田新太がゲイで女装家の教師役で主演を務めるドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第6話が今夜放送される。教師の里見萌(白石麻衣)は父親の勧めに従い、気の進まない退職と結婚をいったんは受け入れるが、同僚の原田(古田)に本当にそれでいいのかと諭され、親への抵抗を始める。@@cutter 本作は、ダイバーシティ宣言を掲げた高校に赴任してきた奇想天外で破天荒な52歳の国語教師・原田のぶおが、歯に衣着せぬ物言いとハンパない行動力、そしてあふれる愛で奮闘し、生徒の心を解き放っていく姿を描く学園エンターテインメントドラマ。  豪林館学園高校では、2年生に向けての進路説明会が開かれることに。説明会は生徒と一緒に保護者にも集まってもらい、その後、希望する保護者が授業参観する予定になっていた。  原田と田中(桐山漣)からその話を聞いた2年3組の東条(道枝駿佑)や若林(長尾謙杜)ら生徒は「高校生にもなって親に授業を見られるなんて…」と文句を言いながら、それぞれの家族の話をする。  そんな中、里見は父・靖夫(小木茂光)の勧めで見合いをして結婚が決まっていた。結婚相手は、医師の財前(戸塚純貴)。靖夫は自分の病院を継いでもらうため、里見にはどうしても医師と結婚してもらいたいと考えていた。靖夫との約束で、里見は結婚したら学校を辞めなければならない。しかし里見は、結婚もしたくないし、教師を続けたいと思っていた。そんな彼女の思いとは裏腹に、靖夫は挙式の準備を進めていた。  里見は保健室を訪れ、佐川(大西礼芳)に結婚のことを打ち明ける。もう結婚するしかないと諦めている里見の話を、ベッドで昼寝をしていた原田が聞いていた。  里見は、校長(いとうせいこう)と長井(松下奈緒)に結婚と退職を報告する。結婚と退職を受け入れようとしている里見に対して、本当にそれでいいのかと諭す原田。そんな原田の言葉を聞いた里見は、結婚の段取りを進める靖夫に抵抗するが、挙式の日を迎えてしまう…。  一方、明智(永瀬廉)の元にも、父親・純一(板尾創路)が突然やってきて…。  『俺のスカート、どこ行った?』第6話は、日本テレビ系にて今夜5月25日22時放送。

  • 『俺のスカート、どこ行った?』第6話場面写真

    白石麻衣&古田新太、Wウエディングドレス! 「原田先生すごくかわいい」

    エンタメ

     俳優の古田新太がゲイで女装家の教師役で主演を務めるドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/毎週土曜22時)より、古田と共演の白石麻衣のウエディングドレス姿が公開された。白石は、古田のドレス姿について「原田先生のウエディングドレス姿がすごくかわいいんですよ」とコメントしている。@@cutter 本作は、ダイバーシティ宣言を掲げた高校に赴任してきた奇想天外で破天荒な52歳の国語教師・原田のぶお(古田)が、歯に衣着せぬ物言いとハンパない行動力、そしてあふれる愛で奮闘し、生徒の心を解き放っていく姿を描く学園エンターテインメントドラマ。  5月25日に放送される第6話では、白石演じる里見先生が親のすすめで医師の財前と見合い結婚が決まってしまい、そのまま結婚式当日を迎える。結婚もしたくないし学校もやめたくない、そんな里見の気持ちを知った原田はある奇策に乗り出して…。  ウエディングドレス姿で撮影を終えた白石は「ウエディングドレスを着るのは5回目くらいなんですけど、今回は隣に原田のぶお先生がいてくれたので、安心してホッとできました。原田先生のウエディングドレス姿がすごくかわいいんですよ。ドレスも身に着けているものも全部かわいいです」と、古田のドレス姿に絶賛のコメント。  さらに、自身の演じる里見先生について「自分が親に結婚を決められるとしたら、私だったらあきらめたくないし、里見先生も親のためとか考えて葛藤したと思うけれど、原田先生の言葉で救われて変わるんですよね。私と里見先生は似ているところもあるけれど、でも里見先生の方が良い意味で“ぶっ飛んでて”いいなと思っています(笑)」と話し、自身が中心となる第6話については「とにかく6話は、どれか一つに絞れないくらい良いセリフがいっぱいあるので、どこかで共感してもらえると嬉しいです」と自信を見せた。  また『俺のスカート、どこ行った?』の公式ツイッター(@oresuka_ntv)では、6話の式場でのシーンでの“のぶおの決め台詞”を予想するクイズが本日から実施される。公式ツイッターをフォローし、正解と思うセリフを選んでツイートすると、正解者の中から3組6名が“俺スカ”の教室セット見学ツアーに招待される。  『俺のスカート、どこ行った?』第6話は、日本テレビ系にて5月25日22時放送。

  • ドラマ24『Iターン』に出演する田中圭

    田中圭、7月新ドラマでインテリヤクザに ムロツヨシ&古田新太と対決

    エンタメ

     俳優のムロツヨシと古田新太がダブル主演を務め、7月にスタートするドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)より、古田新太率いる岩切組をつぶそうと企む「竜崎組」の組長・竜崎剣司役を田中圭が務めることが発表された。テレビ東京のドラマ出演は、2016年放送のドラマスペシャル湊かなえサスペンス『望郷』以来3年ぶりとなる。@@cutter 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、映画『下衆の愛』『獣道』を手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマン・狛江をムロが演じ、昔ながらの性格のヤクザの組長・岩切を古田が演じる。  田中が演じる竜崎は“冷徹で計算高い頭脳派ヤクザ”。昔気質の岩切とは全く違う新しいやり方でのし上がり、2人はバチバチと火花を散らす犬猿の仲。そんな2つの組が対立する街にやって来た狛江は、赴任早々まさかのトラブルによって、竜崎には目を付けられ、岩切には“舎弟”にされてしまう。昔気質の人情派な岩切と、冷徹な竜崎に睨まれた狛江、さらに次々に罠を仕掛ける竜崎と、3人の絶妙な掛け合いが見どころとなる。  田中は「脚本を読んだだけでも、完成を楽しくイメージできる作品だったので、きっとそれ以上に僕のイメージじゃ足りないところがおもしろく追加されて、笑ってもらえるんじゃないかなと思います。主人公が、周りの人たちに強く言えずにどんどん巻き込まれていってしまう様子を、イライラするのか、おもしろおかしくみてくれるのか、それは皆さん次第ですが(笑)」と作品の魅力を語る。  主演のムロは「田中圭くんと初めてお芝居したのですが、やっとだなという感覚があり、嬉しかったです。僕は“嫉妬”を誉め言葉として使うんですけど、彼は、嫉妬するくらいのお芝居の感覚を持っていると思います」と田中の演技を絶賛。  古田は「圭ちゃんとはピストルの撃ち合いをして二人でぶっ飛ぶというシーンがありました。今まで共演してもそんなに絡むことがなかったので、同じ画角でピストルの撃ち合いをしたのが楽しかったです」とコメントを寄せた。  ほかに岩切組の組員として、毎熊克哉、塚原大助、菊池均也、森羅万象が出演することも発表された。  ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて7月より毎週金曜24時12分放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access