古田新太 関連記事

  • (左から)勝地涼、古田新太

    勝地涼、『あまちゃん』“前髪クネ男”誕生の裏に古田新太との猛特訓

    エンタメ

     俳優の勝地涼が11日、『あさイチ』(NHK総合/毎週月曜から金曜8時15分)にVTR出演し、連続テレビ小説『あまちゃん』で強烈なインパクを残したキャラクター“前髪クネ男”の誕生秘話を明かした。@@cutter 同日は、俳優の古田新太が「プレミアムトーク」のコーナーに出演。勝地は古田と縁のある後輩としてVTR出演し、「前髪クネ男」の誕生秘話を語った。「前髪クネ男」は、2013年放送の『あまちゃん』で主人公アキ(のん)の映画の相手役として登場。たった1話のみの登場だったが、前髪をくねらせ、腰を振りまくるそのキャラクターで強烈なインパクトを残した。  実はこの「前髪クネ男」の誕生の裏には、古田が大きく関与していたよう。撮影当日、勝地が演技プランを明かしたところ、古田が「全然おもしろくないな!」とバッサリ。そこから古田の演技指導が始まったようで、「その場が稽古場みたいな感じになって…」と前髪をくねらす手と腰の動きを猛特訓したそう。  本番撮影中には、ドラマの監督が近づいてきて「『もっと、もっと腰を動かすように』って古田さんが言ってます」と伝えてきたそうで、「あのシーンに関しては監督は古田さんだったのか」と回想していた。  撮影後は古田と飲みに行ったそうで、帰り際に「お前はNHKに、爪痕を残したぞ!」と声をかけられたという。そのときは意味が分からなかった勝地だが、出演回が放送されるや「いろんなところから連絡が来るし、事務所のホームページはパンクするという事態」になり、「古田さんの言ったとおりになった…。爪痕を残したんだ」と思い知ったとのことだ。  VTRを見終えた古田は「勝地の(『あまちゃん』)撮影は1日だけだった」と当時を回想。その1回の放送を通して「『誰だあいつ!?』って言われなきゃだめだぞ」と、当時の考えを振り返っていた。

  • 音楽劇『マニアック』キービジュアル(左から)成海璃子、安田章大、古田新太

    関ジャニ∞・安田章大主演 舞台『マニアック』のキービジュアル解禁

    エンタメ

     関ジャニ∞の安田章大が主演する音楽劇『マニアック』のキービジュアルが完成。安田の左右に共演の古田新太、成海璃子が拘束された姿で並び、ストーリー展開を体現したような仕上がりになっている。@@cutter 本作は、青木豪が作・演出を務める“変態全開、だけど痛快”な音楽劇。とある町の山の上にある八猪病院を舞台に、ロボットと人体の融合=新しい医療の可能性を夢見て入院患者で人体改造実験を繰り返す院長の八猪不二男(古田)、その一人娘で溺愛されているメイ(成海)の元に、植木屋の犬塚アキラ(安田)がやって来て恋に落ちたことから始まる“バカバカしさMAX!”のブラックなエンタテインメントが繰り広げられる。  キービジュアルでは、拘束された院長役の古田とメイ役の成海に対し、1人だけ拘束されていないアキラ役の安田の姿が。院長に支配される人々と、彼らを解放しようと奮闘するアキラという関係性が表されている。  音楽劇『マニアック』は、2019年1月19日~29日に大阪・森ノ宮ピロティホールにて、2月5日~27日に東京・新国立劇場 中劇場にて上演。

  • 舞台『マニアック』に出演する(左から)古田新太、安田章大、成海璃子

    関ジャニ∞・安田章大、主演舞台で古田新太と初共演 成海璃子も出演

    エンタメ

     関ジャニ∞の安田章大が、2019年上演のパルコ・プロデュース2019 音楽劇『マニアック』の主演を務めることが分かった。俳優の古田新太、女優の成海璃子らと共演する安田は「ステージ上では全力でぶつかって、ふざけるときは一生懸命出来たらいいな、と思っています」と意気込んでいる。@@cutter 本作は、2006年に『獏のゆりかご』で第51回岸田戯曲賞最終候補になった青木豪が作・演出を手がける。ロボットと人体の融合を試み、入院患者に人体実験を行う病院長・八猪不二男(古田)と、その唯一の弱点である一人娘のメイ(成海)が暮らす病院へ、植木屋の犬塚アキラ(安田)が訪れる。やがてアキラはメイと恋に落ち、不二男からメイを助け出そうと決心するが…。  安田は、「初めてこのお話を聞いたときは、青木豪さん、古田新太さんというすごいタッグに参加するんだな、と思ったら『…』って気持ちになりました(笑)」とオファーを受けたときを振り返り、「新太さんがいる以上はとてつもない世界になると思いますし、ステージ上では全力でぶつかって、ふざけるときは一生懸命出来たらいいな、と思っています」と意気込んだ。また、「人から発動するエネルギーは生ものでしか伝わらないので、それが2年ぶりの舞台で直接届けられると思うと嬉しいです」と舞台に対する期待を込めた。  古田は、青木とのタッグについて「これまでいろいろな作品を見てきて、青木豪さんといつか一緒に仕事がしたいと思い、今回お願いしました」と語り、「青木さん特有の意地悪な目線で意地悪な作品を書いてもらい、くだらないオリジナルの音楽劇を作りたいと思っています」とコメント。一方、古田直々にラブコールを送ったという安田については「バラエティ番組でも共演していますし、『俺節』(2017年上演)がとても良くて一緒に舞台に立てたらと思っていました。出演が決まったと聞いて嬉しかった」と語った。  さらに成海は、今回の舞台について「楽しそうな予感しかしません!音楽劇ということで慣れないことばかりですが、精一杯頑張りたいと思います」と喜びをあらわにしている。  舞台『マニアック』は大阪・森ノ宮ピロティホールにて2019年1月19日~29日、東京・新国立劇場 中劇場にて2月5日~27日まで上演。

  • TVアニメ『深夜!天才バカボン』メインビジュアル

    『深夜!天才バカボン』キャラボイス入り映像解禁 ビジュアルも公開

    アニメ・コミック

     7月よりTVアニメ放送が決定している『深夜!天才バカボン』のメインビジュアルが発表された。さらに、PV第1弾も公開され、待望のキャラクターボイスが解禁となった。@@cutter 『深夜!天才バカボン』は、「20世紀最強のギャグ漫画のうちのひとつ」と謳われた赤塚不二夫の『天才バカボン』が原作。前作から18年ぶり、実に5回目のTVアニメ化として、細川徹監督のオリジナルストーリーが描かれる。  監督と脚本を細川が担当し、アニメーション制作をstudioぴえろ+が務める。舞台を現代に変えて“深夜”に送られる本作には、主人公・パパ役の古田新太を筆頭に豪華人気声優陣が集結。バカボン役に入野自由、ママ役に日高のり子、ハジメ役に野中藍、本官役に森川智之、レレレのおじさん役に石田彰、ウナギイヌ役を櫻井孝宏が務めることが明らかになっている。  公開されたPVでは、キャラクターや背景などがカラフルでポップな色合いの世界観で描かれ、愛らしさも感じる仕上がりに。また、バカボンの「よい子は観ちゃだめだよ~」という、まさかの視聴制限を匂わせる台詞をはじめ、他のキャラクター達も負けず劣らずの辛辣な台詞を展開するなど、2018年にさらに過激になって帰ってくる新生『天才バカボン』を予感させる内容となっている。  メインビジュアルは、赤みを帯びた空と街並みを背景に、中央のパパの口から召還されるレレレのおじさんの姿や、パパの顔をしたコウモリやウナギイヌの顔をした龍が空間を飛び回り、バカボンや本官、ママとハジメが笑顔で佇む構成。モダンかつ奇想天外なメインビジュアルは、PV同様に“何が起こるかわからない”ハチャメチャ感が満載だ。  TVアニメ『深夜!天才バカボン』は、7月より放送開始。

  • (左から)松下奈緒、古田新太

    松下奈緒&古田新太、役者の条件を語る「最終的には根性です」

    エンタメ

     松下奈緒と古田新太が27日、都内で行われたWOWOW『連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件』の完成披露試写会と舞台挨拶に登場した。@@cutter 2015年に放送された連続ドラマのシリーズ第2弾。漫画家・長崎尚志による原作小説をベースに、前作に引き続き、松下、古田、三木孝浩監督が続投する。伝説的編集長の不可解な死が、戦後最大の謎「下山事件」へと繋がっていくミステリー。  3年ぶりの続編に喜色満面の松下が「古田さんとは3年ぶりにお会いしたけれど、ファーストシーズンがあったので緊張感もなく、ようやくお会いできた感じ。ゼロからのスタートではないので、最初からトップギアでやりました」と喜びを口にする一方で、漫画雑誌編集者・醍醐役の古田は「うんちくの長セリフが多いので、セカンドシーズンはやりたくなかった!」とこぼす。さらに古田は「それにスナック菓子が好きという設定だけれど、僕は嫌い! とにかく気持ちが悪い。口が乾くお菓子を食べながら、長セリフを言うのが辛い」と言いたい放題だった。  それでも古田は、タイトルにかけた「役者の条件は?」とのお題に「監督さんが注文したことに対してできないとは言わないこと」ときっぱり。「できないと言った人は、俳優・女優ではない。テレポーテーションしろと監督から言われたら、頑張ってやってみる。最初に『できない』と言うのは俳優として恥ずかしいこと。15メートル下に落ちても死ぬ気はしない。最終的には根性です」と男気を見せた。  一方の松下は「セリフを覚えることが俳優の条件」と挙げて「覚えているつもりが現場の雰囲気に飲まれて抜け落ちてしまうこともある。まずはセリフを覚えることから。それがあってから監督とのディスカッションが始まる」と演技の基本を条件に。また「自分にとってのパートナー」を聞かれると「音楽。聴くのも弾くのも作るのも好き。人生のパートナーとして音楽はなくてはならないもの」と音楽家としての一面を垣間見せた。  『連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件』は、WOWOWプライムにて3月31日より毎週土曜22時放送(全5話)。

  • 『逃げるは恥だが役に立つ』、年末年始一挙再放送!

    『逃げるは恥だが役に立つ』、年末年始に全話一挙再放送!

    エンタメ

     2016年10月期に放送され、新垣結衣と星野源の共演や“恋ダンス”が大人気を博した連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が、12月31日と来年1月1日に全話一挙再放送されることが発表された(※一部地域を除く)。@@cutter 『逃げるは恥だが役に立つ』は、海野つなみによる同名漫画のドラマ化作品。劇中では、職ナシ彼氏ナシの主人公・森山みくり(新垣)が、恋愛経験の無い独身サラリーマン・津崎平匡(星野)と、あることがきっかけで仕事として“契約結婚”をする姿を描いた。  新垣と星野に加えて、大谷亮平、藤井隆、成田凌、葉山奨之、真野恵里菜、内田理央、古田新太、石田ゆり子ら豪華キャストが出演した本作。放送がスタートすると公式ホームページの閲覧数は1日で100万ページビュー超え。ドラマのエンディングで星野による主題歌『恋』に合わせて新垣らキャストが踊る“恋ダンス”も話題沸騰となり、TBS公式YouTubeにおける“恋ダンス”動画の総再生回数は9000万回オーバーという驚くべき数字を残した。  最終回には平均視聴率20.8%を獲得したほか、総合視聴率も33.1%を記録し(※いずれもビデオリサーチ調べ・関東地区)、TBS火曜ドラマ枠がスタートして以来の最高視聴率となった本作。東京ドラマアウォードでは5部門を制覇し、ほかにも民放連最優秀賞など様々な賞を受賞。12月12日現在で計37冠を獲得している。  『逃げるは恥だが役に立つ』は、TBS系にて1話~3話は12月31日8時55分~11時45分に、4話~8話は11時55分~16時30分に、9話~11話は来年1月1日14時30分~17時30分に再放送(※一部地域を除く)。

  • 『闇の伴走者~編集長の条件』で再びタッグを組む松下奈緒と古田新太

    松下奈緒&古田新太、凸凹コンビ再結成 ドラマ『闇の伴走者』続編放送決定

    エンタメ

     松下奈緒と古田新太がダブル主演し2015年春に放送されたドラマ『闇の伴走者』(WOWOW)の第2弾が、『闇の伴走者~編集長の条件』のタイトルで放送されることが決定した。前作に引き続き、三木孝浩監督がメガホンを取る。@@cutter 今作は、長崎尚志の原作を基にした、謎解きと人間ドラマが交錯する異色のヒューマンミステリー。かつて一世を風靡した伝説の漫画誌編集者が、中堅出版社の漫画雑誌の復興を依頼され、編集長に就任。しかしその直後にビルの屋上から転落死する。遺書も不審な点もないことから、警察は早々に「事故」として処理するが、その死には不可解な点が多く残されていた。出版関係専門の調査員・優希(松下)と、偶然にも後釜として編集長に就任した醍醐(古田)は再びコンビを組み、伝説の編集長の謎の死の真相に迫る。    松下と古田は3年ぶりに優希と醍醐の凸凹コンビとして共演。松下は今回の出演に際し「また古田さんとご一緒させていただけてとても嬉しいです。噛み合ってるのか噛み合っていないのかわからないそんな2人がくり広げる事件解決への道のりを古田さんと一緒に頑張っていきたいと思います。再結成できて本当に嬉しいです」と古田との再共演に意気込む。  一方の古田も「そりゃ楽しいに決まってますよ。長い説明さえなければ」と、劇中の長い薀蓄トークを引き合いに冗談を交えながらも、松下との再共演を喜んでいた。  今回の事件は、戦後最大の怪事件と呼ばれる「下山事件」と複雑に絡み合うという展開に。「下山事件」は、1949年に当時の国鉄総裁が轢死体で発見された、いまだ解決されていない昭和史に残る事件。70年近い時を経て、本ストーリーにどのように関係してくるかも、見どころの一つだ。  また、劇中に登場する漫画雑誌の連載作品や画稿を、森秀樹、田中圭一、土山しげる、平松伸二ら超一流の漫画家が担当。漫画マニア垂涎の豪華な顔ぶれにも注目が集まりそうだ。  『連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件』は、WOWOWにて2018年3月31日より毎週土曜22時放送。

  • 『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』で“市政のプリンス”藤堂誠を演じる高橋一生

    『民衆の敵』第6話、高橋一生演じる市政のプリンスの恋に“切なすぎる…”の声

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務める月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第6話が27日放送され、高橋一生演じる“市政のプリンス”の悲恋にSNS上には「切なすぎる」などの声が上がった。@@cutter 『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』は、篠原演じる新米ママさん市議会議員・佐藤智子を主人公に、彼女が市政にはびこる悪や社会で起きている問題に立ち向かっていく姿を描く痛快政治ドラマ。  第6話では、汚職の疑惑が浮上した市長の河原田(余貴美子)が職を辞し、あおば市が市長選に突入。市民の関心は河原田と対立していた犬崎(古田新太)が市長候補として誰を擁立するのかということ。新聞記者の和美(石田ゆり子)が、犬崎派の智子(篠原)に聞くと、あっさりと自分が依頼されたと回答。和美から“犬崎の操り人形にされる”と忠告された智子だったが、彼女もさすがに裏があると思いすでに断ったと告げた。  智子は市民の陳情を一つずつ解決しようと務めるが捗らずにいた。そんな時、犬崎から福祉課部長・富田(渡辺いっけい)を紹介される。早速、智子は富田と陳情元を回り始めることに。そんな中、犬崎派から前田(大澄賢也)が出馬を表明。市長選は河原田と前田の一騎打ちとなりつつあったが、犬崎は再び智子へ市長選に出馬するよう働きかけるのだった…。  今回は智子の市長選出馬がストーリーの中心になったが、高橋演じる市政のプリンスこと藤堂誠の恋にも進展が。自分の素性を隠しながら客として風俗嬢の莉子(今田美桜)と逢瀬を重ねていた誠。彼はホテルのレストランに莉子を呼び出し、二人で食事をすることに。高級そうな料理にはしゃぐ莉子とそれを愛おしそうに見つめる誠。帰り道、“もう会えなくなる”と切り出した誠に、莉子も“そうじゃないかと思ってた”と明るく返す。二人は記念にツーショット写真を撮って別れるが莉子は最後に「藤堂誠!ありがとう!」と彼の背中に呼びかけた。    この一連のやりとりにSNS上では「切なすぎて泣ける…」という声が殺到。「最後のシーンにときめきが止まらなかった」「絶対お互いに惹かれていたよね?」「くっついてほしい!」などの意見も上がっていた。

  • 『民衆の敵』に出演する高橋一生、篠原涼子、石田ゆり子

    『民衆の敵』第5話、まさかの急展開に “辛すぎる”“ショック!”と大反響

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務める月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第5話が20日放送され、あるキャラクターの突然の死にSNS上では、「意表を突かれた」「まさかの展開でドキドキ」と話題騒然となった。@@cutter 『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』は、篠原演じる新米ママさん市議会議員・佐藤智子を主人公に、彼女が市政にはびこる悪や社会で起きている問題に立ち向かっていく姿を描く痛快政治ドラマ。  第5話では、智子の元に“市議会に汚職議員がいる”という告発文が届く。不審に思った彼女は友人の新聞記者・和美(石田ゆり子)に調査を依頼。軽い気持ちでSNSへ“市議会に汚職まみれの議員がいるとの告発を調べる”と書き込んでしまう。すると告発文の送り主から智子の元へ告発に関する資料が届き、智子と藤堂(高橋一生)や岡本(千葉雄大)ら同期議員たちが目を通すと、それは市長の河原田(余貴美子)が公民館建設の入札に対して、友人の会社に便宜をはかった可能性を示す見積書だった。  一方、SNS上ではよく調べないうちに“告発”について書き込んだ智子や、河原田に非難が集中。そんな中、犬崎(古田新太)が“証拠を発見した”として記者会見を開き河原田を追い詰めた。後日、疑惑を追求するために市議会に設けられた百条委員会で犬崎が河原田に質問をしているところに、市長秘書・望月(細田善彦)の自殺の知らせがもたらされる…。  これまで市政を舞台にコミカルなトーンで進んでいたドラマが、“市長秘書の自殺”という予想を超える展開で一気にシリアスなトーンに。この急展開にSNS上では「なにこの展開!」「さすが月9!!」という驚きの声が上がっていた。また細田演じる望月が自殺したことについて「爽やかイケメンだけどカワイイとこあって推せると思ったのに寂しい…」という投稿や「かっこいいなーって思っていたのに死んじゃった(涙)」など、突然の死を惜しむ声が上がっていた。

  • 天海祐希、劇団☆新幹線の舞台『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』で主演

    天海祐希、『髑髏城の七人』シリーズ完全新作に主演 古田新太と大人の男女の愛憎劇

    エンタメ

     天海祐希が、劇団☆新幹線による人気舞台『髑髏城の七人』シリーズの最新作『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』で主演を務めることが発表され、天海のほか、共演の古田新太からコメントが到着した。天海は、「『生誕半世紀公演(50周年記念祭)』をやらなきゃいけないねと何年か前に言われて『やったー!』と無邪気に喜んでいたら、こんな大変なことになりました(笑)」と出演への経緯を語った。@@cutter 本作は、360度客席が回転することでも話題のIHIステージアラウンド東京で約1年続いたロングラン公演、『髑髏城の七人』シリーズの最終を飾る作品。『髑髏城の七人』でありながら、シリーズではおなじみの捨之介も蘭兵衛も出てこない“もうひとつの『髑髏城の七人』”とも呼べる完全新作となり、作・中島かずき、演出・いのうえひでのりのコンビで、奇しき縁に結ばれた男と女の愛憎を描く。かつて織田信長にもっとも信用され、愛された凄腕の狙撃手だったという過去を持つ渡り遊女の極楽太夫(天海)が関東荒野に現れる。折しも関東では、髑髏の仮面で素顔を隠した第六天魔王(古田)が率いる軍団が勢力を広げていたが、やがて、両者は互いに相まみえることに…。共演陣には、福士誠治、竜星涼、清水くるみ、三宅弘城、山本亨、梶原善が顔を揃える。  主演の天海は「360度客席が回転する劇場で同じ作品を5パターン、6チームで上演するという大規模な企画に参加させていただけるのは、大変ありがたいこと」と感謝し、「同じ舞台に古田新太さんがいてくださるのはものすごく安心感があります。“Season花”から始まった企画の最後が、この“Season極”。いいシメ方ができるようにがんばりたいです」と意気込みを示す。  また、共演する古田は「正直なところ、<天魔王>も『髑髏城の七人』ももういいよ、と思ってたんですが(笑)、天海さんが「古田センパイが出ていないとヤダ」と言うので出ることにしました(笑)」と告白。「歴代の天魔王の中では一番年寄りになりますが、これまでとは違うお話なので全くの別物として考えています」とシリーズのファンに向けて役どころを伝える。  舞台『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』は、IHIステージアラウンド東京(豊洲)にて2018年3月17日~5月31日上演。

  • 『民衆の敵』第2話、「個性的な市議会議員のモデルはあの人?」と話題に

    篠原涼子主演『民衆の敵』第2話、「個性的な市議会議員のモデルはあの人?」と話題に

    エンタメ

     女優の篠原涼子が新米市議会議員に扮するドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第2話が30日放送され、ネットでは、議会を彩る個性的な市議会議員たちのモデルとなった政治家を推測する声が寄せられた。@@cutter 『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』は、篠原演じる新米ママさん市議会議員・佐藤智子を主人公に、彼女が市政にはびこる悪や社会で起きている問題に立ち向かっていく姿を描く痛快政治ドラマ。  第2話では、晴れてあおば市議会議員になった智子がついに初登庁。本会議に出席した智子は、議場で居眠りしていたベテラン議員の前田康(大澄賢也)を一喝する。この行動に傍聴席やネットは大盛り上がりするが、前田は議会の有力会派・犬崎派No.2の男だった。智子は犬崎和久(古田新太)から本会議での謝罪を要求されるのだが…。  ドラマの舞台は市議会議員選挙から市議会へ移り、豪華キャストが演じる個性豊かな政治家が多数登場。SNS上では、「あのキャラクターのモデルは誰?」という話題で盛り上がりを見せた。高橋一生が演じる“市政のプリンス”藤堂誠については「ほぼ小泉進次郎」といった声や、余貴美子演じる“あらゆる利権の撲滅に乗り出す”河原田晶子市長は、「小池百合子都知事モデル感が出てる」などの投稿が寄せられている。ちなみに余は映画『シン・ゴジラ』でも小池百合子都知事を彷彿させる防衛大臣を演じていた。そしてその河原田市長と市議会で対決するのは、古田演じる “市議会のドン”・犬崎。このキャラクターについては「どう見ても都議会のドン・内田茂」などの指摘が寄せられていた。

  • 『LIFE!~人生に捧げるコント~』9月18日放送分 に登場するムローノ・マーズ

    ムロツヨシ、『LIFE!』にブルーノ・マーズ風で登場 有村架純、川栄李奈らも参戦

    エンタメ

     内村光良率いるコントバラエティ番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』(NHK)の本年度第3弾が18日に放送され、レギュラーメンバーのムロツヨシが新キャラ「ムローノ・ マーズ 」として登場するほか、新たな出演者として有村架純、古田新太、江口のりこ、川栄李奈らが決定した。@@cutter 今年度は特集番組として放送されている『LIFE!~人生に捧げるコント~』。第3弾となる今回の放送で披露されるコント「君の中のマーズ」で、ムロツヨシの新キャラ「ムローノ・マーズ」が登場することが発表された。横浜流星演じる悩める若手社員の前に突如現れた「ムローノ・マーズ」。彼は救世主となり得るのか…?  今回の新キャラに関してムロは「『妖怪どうしたろうかしゃん』以降“持ちキャラ”がないといわれていた私に、新しいキャラクターが舞い降りてきました」と新キャラ登場の報告とともに「賛否両論あることは覚悟して、否のほうの論は聞かないフリして、思い切りやりきりました。はじめまして、ムローノ・マーズです」と冗談ぽく今回の出演への思いを語っている。  また、間もなく最終回を迎える連続テレビ小説『ひよっこ』とのコラボが実現。ヒロイン・みね子を演じる有村架純がコントに初挑戦する。新エピソードを撮影することになった『ひよっこ』の撮影現場に突如現れた巨大なひよこ(内村)。共演することになったみね子は大ピンチ!?  『ひよっこ』を毎日見ているという内村は「こんな姿で有村さんと共演することになるとは…」と複雑な心境を告白。一方の有村は「出演できることをずっと楽しみにしていたし、とても光栄でした! いろいろな人に見てほしい! 『ひよっこ』ファンにもぜひ見てほしい!」とコメントを寄せている。   一方、満を持しての番組出演ともいえる古田は、コント「奇跡の再会」にて登場。内村と繰り広げる丁々発止の絶妙な掛け合いは必見だ。さらに今回初登場の江口、川栄はコント「考えるのをやめた人たちの会」に登場し、それぞれの新たな一面を見せてくれる。  『LIFE!~人生に捧げるコント~』は、NHK総合にて9月18日22時放送。

  • ソフトバンク新サービス発表会に登壇した竹内涼真

    竹内涼真、理想の結婚相手は「ビシッと怒ってくれる人」 杉咲花は「気をつかえる人」

    エンタメ

     俳優の竹内涼真が、13日に都内で行われたソフトバンクの新サービス発表会に、杉咲花、山里亮太、古田新太らと共に出席。理想の結婚相手を問われた竹内は「なんでも『いいよいいよ』じゃなくて、たまにビシッと怒ってくれる人」とコメントした。@@cutter 当日は、同社のCMでおなじみの白戸家に対して、10周年の感謝を示す内容の新CMがお披露目。杉咲、古田と共に、今後のCMに出演するという竹内は、家族の姿を描いてきた同社のCMに絡めて、理想の家族像を問われると、「何でも言い合えるオープンな家族」と回答。「隠しごとみたいなものはなしにしたいです。学校で起きたことから、恋愛でも、なんでも全部すぐ言う。家族の中で恥ずかしいとか、隠し事は一切なしにして」と語った。  竹内自身の家族がオープンだそうで、「学校で何が起こったとか、全部話します。とりあえず話してから、みたいなところがあるんですよ。(彼女が)もしできたとして、紹介するときに、自分の親は納得してくれるかな? って考えます。まずそこからかもしれないです」と話した。理想の結婚相手に話が及ぶと「ちゃんと怒ってくれる人。割と男の人って自由だったり、自分がやりたいことがはっきりしていると思うんですけど、たまにちゃんと怒ってくれないと」と話し、「ちゃんと怒って。なんでも『いいよいいよ』じゃなくて、たまにビシッと怒ってくれる人がいい」と続けていた。  また、独特な絵を見せながら「家族とも一緒に住みたいので、二世帯(住宅)にしたい」と将来の展望を明かした杉咲は、理想の結婚相手について「いろいろな方に気をつかえる人がいいです」と照れ笑い。当日のMCを務めた山里が「こういう仕事をしているもので、いろいろな人に気をつかって生きているというか、気をつかうのが得意な方なんですけど」とアピールすると、杉咲は「今まで考えたことがありませんでした。ちょっと、事務所に確認しても…」と大人の対応を見せ、古田や竹内を笑わせていた。

  • 『僕たちがやりました』第6話

    水川あさみ演じる教師・菜摘の狙いとは? 『僕やり』第6話は“デート”に注目

    エンタメ

     窪田正孝が主演を務めるドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)より、本日22日に放送される第6話の場面写真が公開された。原作にはない、ドラマオリジナルの展開が気になるショットの数々は必見だ。@@cutter 金城宗幸と荒木光による同名漫画を基にした本作は、凡下(ぼけ)高校に通うトビオ(窪田)たちが、矢波高校の不良に襲われた仲間のために復讐を企てたものの、誤って大爆発を起こしてしまい、“爆破事件の容疑者”として右往左往しながら成長する姿を描く青春ドラマ。第6話となる今回は、爆破事件の真犯人と名乗る男が警察に出頭し、パイセン(今野浩喜)が釈放される。トビオらと再会し、大喜びする仲間たち。その一方で、闇社会のドン・輪島宗十郎(古田新太)の顧問弁護士・西塚(板尾創路)から“協力”の礼にと大金を受け取る菜摘(水川あさみ)の姿が…。  菜摘はトビオの担任教師で、原作にはないドラマオリジナルのキャラクター。ドラマのオファーを受けて原作を読んだという水川は「すごい面白い漫画があるなとびっくりした。些細な事が大きな出来事に繋がる、日常に起こりえる描写は誰しもに当てはまる」と原作の魅力を語る。    「そこそこの幸せはすごく難しい。幸せの価値観を定めて生きると大変かも」とも話す水川は、自身の役について「菜摘は執念深い」と分析。第6話で輪島の手下・玲夢(山田裕貴)にナイフを突きつけられることについては「菜摘は謎めいていて、6話以降は今まで描かれていなかった菜摘の過去や真意が少しずつ明らかになっていきます」と意味深なコメントを寄せている。  また、パイセンとデートするシーンも描かれ、「パイセンがうるさすぎて、思わず言ったアドリブが生かされて嬉しかった。今野さんが本当に面白いので、撮影は笑いをこらえるに必死でした。菜摘のこういうシーンは珍しいと思うのでぜひ注目して頂きたい」と述懐。はたして、事件前日に矢波高校教師・熊野の不審な行動を見たとトビオに話したり、西塚から金を受け取ったり、パイセンをデートに誘ったりと、菜摘の行動の真意に注目だ。  ドラマ『僕たちがやりました』は、カンテレ・フジテレビ系にて毎週火曜21時より放送中。

  • 映画『パディントン2』のパディントン

    松坂桃李『パディントン2』声優続投! 可愛すぎる映像解禁

    映 画

     ロングセラー児童小説の実写映画化『パディントン2』の日本公開が決まり、前作に続き松坂桃李、古田新太、斉藤由貴、三戸なつめが声優として続投することがわかった。パディントン役の松坂は「日本公開が決まり、素直に嬉しいです」と喜びのコメント。また、特報映像も解禁となった。@@cutter 本作は世界40ヵ国語で翻訳、全世界3500万部以上の売り上げを誇るマイケル・ボンドのロングセラー同名児童小説の映画化。前作はアメリカをはじめ全世界で320億円を超える大ヒットを記録した。 今回は、パディントンを狙う新たな敵役に人気英国俳優であり、「ラブコメの帝王」とも言われるヒュー・グラントとアイルランドの演技派俳優のブレンダン・グリーソンが出演する。  松坂が、「アフレコはこれからになりますが、紳士でおっちょこちょいなパディントンが今回はどんなことをしてくれるのか、成長しているのか、相変わらずなのか、今から楽しみで仕方ありません」と期待を寄せると、ブラウンさん役の古田は「またあの礼儀正しい彼に会えるのか。これは楽しみだ。お父さんとしては、イライラとワクワクしかないな」と待ち遠しい様子。  ブラウン夫人役の斉藤は「この作品に関わることで、私もいろんな『心のプレゼント』をいただけます。今回はどんな素敵なプレゼントをいただけるのか、今から楽しみです」と語っている。  特報映像では、大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日にプレゼントを買うため、“窓拭きバイト”に挑戦するも、洗剤を頭からかぶってしまうパディントンの相変わらずな“おっちょこちょい”な一面を垣間見ることができ、可愛らしい。同時に不思議な事件が街中で巻き起こっており、そのストーリー展開が楽しみなものとなっている。  映画『パディントン2』は2018年1月、全国公開。

  • 山里亮太、『パワーレンジャー』ジャパンプレミアにて

    南海・山ちゃん、“ハリウッドデビュー”に浮かれるも、猪木ビンタに悶絶

    映 画

     南海キャンディーズの山里亮太が3日、両国国技館で開催された映画『パワーレンジャー』のジャパンプレミアムイベントに出席。レッドカーペットを歩くことを目的に渡米したピース・綾部祐二を引き合いに「先にハリウッドデビューした」と浮かれるも、アントニオ猪木に“パワー”注入のビンタを受けて苦悶の表情を浮かべた。@@cutter 本作は、世界160ヵ国以上で20年にわたって放映され続けている世界的テレビシリーズの映画化作品。総制作費は120億円に達し、5人の戦士“パワーレンジャー”を中心にハリウッドならではの迫力あふれるアクションを展開する。今回は主人公レッドレンジャー役のデイカー・モンゴメリー、ピンクレンジャー役のナオミ・スコット、ディーン・イズラライト監督が来日し、レッドカーペットイベントと舞台挨拶に参加した。  10年ぶりの来日だというデイカーは「(『パワーレンジャー』シリーズは)日本発のものだとわかっています。それがちょうど一周して日本にまた戻ってこれた気持ち。非常に光栄」とコメント。ナオミは「たくさんおいしいものを食べました」と初来日を楽しんでいる様子を見せた。  パワーレンジャーたちをサポートするおしゃべりロボット「アルファ5」の吹き替えを担当した山里は、舞台挨拶で「ハリウッドデビューした山里亮太です!」と手を振って挨拶。そして「まさかこの私が、綾部より先にハリウッドデビューするとは」と言ってニヤリ。浮かれて役さながらにまくし立てた。  しかし“スペシャルパワーアンバサダー”として猪木が登場すると状況が一変。パワーレンジャーを代表して“闘魂”ならぬ"パワー”を注入してもらうことになると途端にアタフタ。客席から「がんばれ」コールと拍手を受けて「君たちが取っている行動は、無責任だ!」と怒りを露わに。  意を決して、メガネを外して猪木と対峙した山里は「死んじゃう…!」と訴えるも、次の瞬間にはビンタを受けてステージを転げ回り、左手で頬をおさえて苦悶の表情に。デイカーからは「皆を代表して(ビンタを)受けていただいて、ありがとうございます」と感謝の言葉を受けた。  今回のジャパンプレミアにはほかに、勝地涼、広瀬アリス、鈴木達央、古田新太、そして望月祐多(『恐竜戦隊ジュウレンジャー』のゲキ/ティラノレンジャー役)、岐洲匠(『宇宙戦隊キュウレンジャー』ラッキー/シシレッド役)が参加した。  映画『パワーレンジャー』は7月15日より全国公開。

  • 小栗旬×金城一紀『BORDER』、3年ぶり再始動! SPドラマ放送決定

    小栗旬×金城一紀『BORDER』、3年ぶり再始動! SPドラマ放送決定

    エンタメ

     俳優の小栗旬と、直木賞受賞小説『GO』やドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』などの原案・脚本を手がけた金城一紀のタッグによるドラマ『BORDER』が、3年の時を経て続編『BORDER2 贖罪』として放送されることが発表された。@@cutter 『BORDER』は金城が“正義と悪”という永遠不変のテーマのもと、原案・脚本を務めた完全書下ろし作品。2014年度の「ギャラクシー賞選奨」および「ギャラクシー賞2014年6月度 月間賞」「2014年 東京ドラマアウォード 作品賞・優秀賞」などを受賞している。  頭部を被弾して生死の境をさまよった後、「死者と対話できる」という特殊能力を得た刑事・石川安吾(小栗)が、望まずして命を絶たれた被害者の無念を晴らすべく、生と死、正義と法、情と非情の“BORDER=境界線”で揺れ動きながら、事件に立ち向かう姿を描いた『BORDER』。謎多きラストシーンはさまざまな憶測を呼んでいたが、実はもともと『BORDER』プロジェクトが始動した当初から、その後のエピソードはすでに存在しており、金城はプロデューサーとの間で「色々なタイミングが合い、時が満ちたら、必ず新しい石川の物語を作りましょう」との約束をしていたという。  今回の『BORDER2 贖罪』にも小栗をはじめとして青木崇高、波瑠、遠藤憲一、古田新太、滝藤賢一、野間口徹、浜野謙太といったレギュラー陣は引き続き出演、さらに、連続ドラマ最終回のゲストとして出演した大森南朋も再登場と、今回も豪華キャスト陣が名を連ねる。  今回の新ストーリー始動に対し小栗は「石川という役に戻ることはとても過酷ですが、楽しみに待って頂いている方たちのためにも、一生懸命に向き合いたいと思います」と意気込みを明かしている。また金城も「時が満ちたようです。少しだけお待たせしましたが、再び石川安吾の物語が開幕します。新しい石川の物語は、“あのラストシーン”から幕を開けます。心の準備はよろしいでしょうか」と新ストーリーのスタートをアピールしている。    『BORDER2 贖罪』は2017年放送。

  • 『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』公開アフレコにて(左から、古田新太、佐藤栞里、本郷奏多、中川翔子、山寺宏一)

    本郷奏多、“ポケモンプレイ300時間超え”で、佐藤栞里ら共演者から1番人気

    アニメ・コミック

     俳優の本郷奏多、佐藤栞里らが15日、『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』公開アフレコイベントに登壇した。イベントではほかのゲスト声優とともに「一緒に旅の仲間にするなら誰か?」という指差しゲームを行ったところ、ポケモンプレイが300時間を超える本郷が人気No.1に。本郷は「普段は現場で友達ができることがないので、こんなに褒めていただいて、本当にこの作品に出られてよかった」と照れ笑いを浮かべていた。@@cutter 本作はシリーズ20作目。「世界一のポケモンマスター」を目指し、伝説のポケモン・ホウオウに会うため旅立ったサトシとピカチュウが、本当のパートナーになるまでを描く。  「クールで知的さを表現してもらった。実写でもよかったくらい」と監督に演技を絶賛された本郷は「ありがたいお言葉。ポケモンのアニメがある日は外で遊ばずに家に帰っていたくらいポケモンが大好きだったので、20年後にその世界に入れるとは思わなかった」と述べつつ、「いつ引退してもいい覚悟です」と話し笑いを誘っていた。  攻撃的なシーンもある佐藤は「本当に出したこともない声を出しました。挑戦的なシーンが多々あり、追いかけるシーンでは一人もたもたしている感じになってしまったので練習もしました。こんなに素晴らしい世界の中に入ることができて、本当に光栄で幸せでした」と感謝の言葉を口にしていた。当日はほかに、ゲスト声優の山寺宏一、中川翔子、古田新太、湯山邦彦監督が登壇した。  『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は、7月15日より全国公開。

  • ドラマ『僕たちがやりました』出演者

    窪田正孝、28歳にして高校生役!永野芽郁、真剣佑と青春逃亡サスペンスで連ドラ主演

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が、累計120万部を突破する人気マンガを原作とした新ドラマ『僕たちがやりました』で主演を務めることが発表された。窪田はフジ系ゴールデンプライム帯の連続ドラマでは初主演となる。@@cutter 高校生のトビオたちは、何事も“そこそこ”で生きていければいいと思っている、イマドキの若者たち。ある日、通っている学校の向かいにあるヤンキー高校の不良たちに、仲間をボコボコにされてしまったトビオたちは、ちょっとしたイタズラ心で、復讐を企てる。  計画実行の日、トビオたちが目にしたのは、起きるはずのない大爆発。向かいのヤンキー高校が火の海に。トビオたちはあっという間に“爆破事件の容疑者”になってしまう。本作はそんな現実に向き合えない少年らが右往左往しながらも、成長していく様を描いた青春逃亡サスペンス。ドラマでは原作とは異なる結末が用意されているという。  窪田が演じるのは、何事も“そこそこ”でいいと思っている現代っ子、凡下(ぼけ)高校2年生のトビオ。逃亡の中で現実逃避を繰り返すが、一方で罪の意識にさいなまれ、もがきながらも自分の生きる道を模索していく。  このほかトビオの幼なじみ・蓮子に現役女子高生の永野芽郁、トビオと対立する矢波(やば)高校イチの不良・市橋に改名後初ドラマとなる新田真剣佑、トビオの同級生・伊佐美に間宮祥太朗、同じく同級生のマルに葉山奨之、エロかわ系な伊佐美の彼女・今宵に川栄李奈、凡下高校のOBパイセンに今野浩喜がそれぞれ起用されている。  さらに、クールで冷酷な刑事・飯室に三浦翔平、ドラマオリジナルのキャラでトビオの担任教師・菜摘に水川あさみ、裏社会の弁護士・西塚に板尾創路、その西塚をアゴで使う、謎に包まれた裏社会のドン・輪島に古田新太が名を連ねる。  今回、28歳にして制服姿の高校生役に挑戦する窪田は、「立場的には主役というポジションですけども、今だからこそ、制服を着て年下の方々と高校生という役をさせてもらえるんだなと思いました」と共演者への思いを語るとともに、「皆さん勢いのある方々ばかりなので、先輩方に自分がして頂いたことを返していかなきゃいけない年齢になってきたのかなと思います。より責任感も生まれますし、自分にできる事は全部したいなと思っています」と意気込みを見せている。  『僕たちがやりました』はカンテレ・フジテレビ系にて、7月より毎週火曜21時から放送。

  • 本郷奏多&佐藤栞里、ポケモン映画20周年記念作にゲスト出演決定! サトシと共に旅する仲間役

    本郷奏多&佐藤栞里、ポケモン映画20周年記念作にゲスト出演! サトシと旅する仲間役

    アニメ・コミック

     本郷奏多、佐藤栞里、古田新太が、ポケモン映画20周年記念超大作『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』にゲスト声優として出演することが発表された。本郷は、「子供の頃から大好きなポケモン映画への出演オファーを頂けてメチャクチャ嬉しいです!」と喜びを爆発させた。@@cutter 本作は、4月1日にテレビアニメの初回放送から20年を迎えた『ポケットモンスター』の映画20周年記念作品。20年前に放送されたアニメ初回のラストで、サトシとピカチュウが目にした伝説のポケモン・ホウオウ。「いつか、一緒にあいつに会いに行こうぜ!」とふたりが誓った約束の続きが、完全オリジナルストーリーとして描かれる。    ゲスト声優として同作に参加する3人は、本郷がサトシと共に旅をする仲間でありポケモン博士を目指すトレーナーの少年・ソウジ、佐藤は同じくサトシの旅の仲間であり、元気いっぱいで男勝りなトレーナーの少女・マコト、古田は長年に渡りホウオウの研究をしている謎の老人・ボンジイを演じる。また中川翔子も、ポケモン映画11年連続出演が決まり、ポケモンセンターで旅人を出迎えるジョーイを演じるほか、サトシの影に突如現れた謎のポケモン・マーシャドーを、20年連続出演の山寺宏一が務める。    出演オファーが「メチャクチャ嬉しい」と語る本郷は、「僕と同じようにポケモンに熱狂してきた世代の人たちも楽しむことができる、記念すべき20作目への出演ということで光栄です。映画を観終わった後にソウジを好きになってもらえるよう、気合いを入れて頑張ります」とやる気十分。佐藤も、「劇場版1作目を映画館に観に行ったのを覚えています。そのポケモン映画にゲスト声優として出演できるなんて夢のようです!」と嬉しさをにじます。「小さい頃にテレビで見た、サトシとピカチュウの出会いから始まる物語…。もしかしたら大人の私よりも精神年齢の高いマコト役を頑張って演じさせて頂きます」とコメントを寄せた。    また、本作の第2弾予告映像も解禁され、謎のベールに包まれていた同作の全貌が明らかとなった。「世界一のポケモンマスター」を目指し、ホウオウに会うため旅立ったサトシとピカチュウが、本当のパートナーになるまでの成長物語を描く。    『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は7月15日より全国ロードショー。

  • 『髑髏城の七人 Season花』プレスコールにて

    小栗旬、『髑髏城の七人』開幕 「大きすぎる!」客席360度回転の新劇場に驚愕

    エンタメ

     東京・豊洲の新劇場「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演となる劇団☆新感線『髑髏城の七人 Season花』が3月30日に開幕する。初日公演に先駆けてプレスコールが行われ、アクションを含む白熱のシーンが報道陣にお披露目された。6年ぶりに新感線に参加し、捨之介を演じる小栗旬は「とにかく大きすぎて、大変な劇場ですね」と新劇場の壮大さに驚きのコメントを寄せた。@@cutter 1300人以上の観客を乗せて360度回転する巨大な円形客席を、ステージとスクリーンがぐるりと取り囲むという斬新な構造も話題となっている「IHIステージアラウンド東京」。これまでにない斬新なこのシステムを採用している劇場は、オランダに次ぐ世界で2番目、つまりアジアでは初のオープン。同劇場のこけら落としとして、劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』が“花・鳥・風・月”の4シーズンに分けて上演される。  第一弾となる『Season花』で、新たな捨之介像に挑む小栗は「なかなか大変な舞台なので、ケガをしないように気を付けたいと思います」と初日を迎えるにあたって熱く意気込み、「お客様は絶対に楽しめると思うので、期待を裏切らないように頑張ります」とメッセージを送った。  無界屋蘭兵衛役の山本は「客席が回転することもさることながら、スクリーンの効果で間口が狭くなったり、広くなったり色々な表現ができる。新しい髑髏城を作り上げたいという気持ちが強くなりました」と興奮しきり。「劇場の力をもって、一回りも二回りもスケール感を広げられると思うので、“観に来て”くださいと同時に、“感じに来て”いただければうれしいです」と力強く語る。古田も「広すぎる。おいらたちはセットの外を移動しているので、一周300メートルくらいあるんじゃないかな」と規格外の新劇場に驚愕していた。  その他、プレスコールには成河、りょう、青木崇高、清野菜名、近藤芳正らキャスト陣が顔をそろえた。 『髑髏城の七人 Season花』は3月30日から6月12日まで、「IHIステージアラウンド東京」にて上演。

  • 高畑充希、夢診断の結果に「“ドM”なんですかね?」と自ら告白

    高畑充希、夢診断の結果に「“ドM”なんですかね?」と自ら告白

    アニメ・コミック

     女優の高畑充希が27日、都内で開催されたアニメ映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の完成披露試写会に出席。主人公の声を務める高畑と共に、共演の満島真之介、江口洋介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、神山健治監督らが登壇し、映画への思いやアフレコ当時のエピソードを明かした。また、作品にかけてキャスト陣が見たという夢をもとにした“夢診断”の結果も披露された。@@cutter 本作は、神山監督初の劇場オリジナルアニメーションで、東京オリンピックを迎える2020年を舞台に、夢と現実を行き来する壮大で不思議な旅を描いたストーリー。主人公・ココネ(高畑)は、岡山県倉敷市に住む平凡な女子高生。ある日、父親の逮捕をきっかけに幼なじみの大学生・モリオ(満島)と共に一念発起で東京へ向かう決意をするが…。  本作では、ココネと共に、彼女の夢に登場するハートランドの王の娘・エンシェンの一人二役に挑戦した高畑。ふだんの芝居とは違い、ブース内で「相手がいないまま演じるのは、妄想に慣れていないのもあり難しかった」とアフレコ時を回想。父親・モモタロー役の江口とも当日に「初対面です」と告白した一方、掛け合いながら演技をしたという満島は「相手がいないままと言われたけど、一緒にアフレコをしたのに、いなかったことになったのがちょっと悲しい」と明かす場面も。  さらに、会場では心理コンサルタントによるキャスト陣の夢診断の結果も発表。「稽古中だった舞台を本番直前に降ろされる」「ひたすら水を飲まされ続ける」といった追い立てられるような夢を見るという高畑は、「自虐的で打たれ強い」と分析。コンサルタントから「辛いことを経験しながら頑張り続ける人」と評されると「“ドM”なんですかね?」と返しながら、「ひょうひょうとしているように見られるし、緊張していてもなかなか気づいてもらえないかもしれない」と素顔を覗かせるエピソードを披露していた。  映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は、3月18日より全国公開。

  • 『逃げるは恥だが役に立つ』第10話はキュンキュンシーンの連続

    『逃げ恥』新垣結衣&星野源、イチャイチャシーンに悶絶!早くも「逃げ恥ロス」の声 

    エンタメ

     現在放送中の連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)の第10話が13日に放送され、恋人モードの平匡(星野源)とみくり(新垣結衣)のイチャイチャシーンが大きな反響を呼んでいる。@@cutter 第10話は、平匡とみくりが共に一夜を迎えることになったシーンからスタート。“壁”を乗り越えた2人は、恋人同士の甘い生活を送っていた。平匡は、初めてのことばかりでどこか緊張し、戸惑いながらもその生活を楽しみ、みくりは楽しみながらも悩みも出てくる。一方、百合(石田ゆり子)の涙を目にしてから百合が気になる風見(大谷亮平)は、百合に「抱きたいと思っている」と本音を投げかける。そんな中、平匡がリストラを告げられることに。その状況を何とか乗り越えようとする平匡は、みくりを呼び出し、初めてのデートに出かけるが…。  ロボットとぬいぐるみに平匡とみくりの音声をかぶせて展開されたイチャイチャシーンには「最高の演出」「何度もおかわりした」とネットで大絶賛。さらに、平匡とみくりが恋人繋ぎで手をつなぐ平匡とみくり、平匡を後ろからハグするみくり、みくりの仕事が終わるのをただただ待つ平匡と、胸キュンシーンの連続に、「2人とも可愛すぎる」「ニヤける」「キュンキュンしすぎて死ぬかと思った」「ガッキー、天使かよ」とキュン死するとの声が集まっている。  また、次週20日放送分で最終回を迎えることから、ネットでは「すでにフライング逃げ恥ロスなんだけど…来週が最後なんて嫌あああああ」「逃げ恥終わったら、何を楽しみに生きたらいいかわからん」と、早くも「逃げ恥ロス」のコメントが続出している。

  • 『逃げるは恥だが役に立つ』第9話

    『逃げ恥』新垣結衣&星野源の初告白にムズキュン続出! 「気絶してしまいそう」

    エンタメ

     現在放送中の連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の第9話が6日に放送され、ついに平匡(星野源)とみくり(新垣結衣)が告白し合い思いを伝える展開に大きな反響を呼んでいる。@@cutter 第9話は、別居状態から脱出し、平匡と幸せな日々を過ごすみくりの心に嫉妬心が芽生える展開。リストラが噂され、沼田(古田新太)が何やら怪しい動きをとり始めた平匡の会社に、取引先のOL・五十嵐杏奈(内田理央)が現れる。超ポジティブな性格で、ドライな性格の風見(大谷亮平)に対しても積極的な杏奈に、みくりは嫉妬心を募らせる。そして、みくりはついに平匡に好きだという思いを打ち明けてしまう。平匡も、みくりへの思いを打ち明け、2人は相思相愛であることに気づくのだった。幸せいっぱいの2人だったが、ラストに平匡がリストラ候補になっていることが明かされ…。  放送後、ツイッター上では「キュン死に」「なんてにやけさせるシーンなんだ!嫉妬する女性に可愛いと言えるひらまささんは素敵な人だ」「ニヤける。同棲したい。火曜日だけハグしたい」「今日の回やばい。気持ちはちゃんと伝えないとすれ違うね」「キス回以来の拍手喝采じゃーー」「ガッキーは完全に可愛いを越えていましたね。もうムズキュンし過ぎて気絶してしまいそうです」「こんなに愛しいやり取りがあるか?呼吸困難でしかない」と、告白シーンに胸キュンする人が続出。  さらに、次号の予告で、2人でベッドに並んで寝るシーン、平匡を後ろから抱きしめるみくりの姿が映っていたことから、「これ、死ぬわ」「1週間長い!次回が楽しみすぎて仕方ない!」「来週も楽しみすぎる!待てない!」など、さらなる展開に期待を寄せる声が多数寄せられた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access