時任三郎 関連記事

  • 『監察医 朝顔』に出演する(上段左より)森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr.)、志田未来、風間俊介、中尾明慶、坂ノ上茜、(下段左より)戸次重幸、三宅弘城、柄本明、板尾創路、平岩紙

    上野樹里主演『監察医 朝顔』、追加キャストに風間俊介&志田未来

    エンタメ

     女優の上野樹里が主演を務め、俳優の時任三郎と親子役で共演する7月8日スタートのドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の追加キャストとして、俳優の風間俊介、女優の志田未来らの出演が発表された。風間は上野演じる主人公・朝顔の恋人で新米刑事の桑原真也役、志田はアルバイトで法医学助手を務める医学部生・安岡光子役を演じる。@@cutter 本作は、2006年に「週刊漫画サンデー」で連載を開始し、人気を博した同名漫画(原作・香川まさひと、漫画・木村直巳)をアレンジしてドラマ化。東日本大震災により母が行方不明となった経験を持つ新米法医学者・万木朝顔(上野)が、父のベテラン刑事・万木平(時任)とともに、解剖と捜査というそれぞれの立場から遺体の“生きた証”を見つけ出すため、懸命に遺体と向き合う姿を描く。上野の月9ドラマ主演は、2006年に俳優の玉木宏とダブル主演を務めた『のだめカンタービレ』以来13年ぶりで、今回は初の単独主演となる。  風間が演じる桑原は、長らくの交番勤務を経て強行犯係に配属となった新米刑事。朝顔とは交番勤務時代からの交際で、正義感が強い好青年な一方、小心者で心配性な一面も。同じ警察署に異動してきた平と捜査でコンビを組むこととなり、平が朝顔の父親であることを知って、義父になるかもしれない上司との日々に胃が痛い思いをすると同時に、平の仕事ぶりと人間性に尊敬の念を抱いていく。風間は上野とは初共演、時任とは『救命病棟24時』第5シリーズ(2013年)以来6年ぶりの共演となる。  風間は「“月9”は憧れであり、宝物のような作品を沢山くれました。このドラマも、誰かの宝物になっていくと思います。僕も憧れの場所で、見てくださる皆様、そして、あの頃の自分が喜んでくれるよう、頑張りたいと思います」と意気込んでいる。  志田が演じる光子は第2話からの登場で、アルバイトとして法医学助手を務める医学部生。時給目当てで応募しただけで法医学に興味もなく、周りの空気を読まずに思ったことをすぐ口にする光子に、最初は朝顔たちも振り回されることに。しかし、遺体や遺族に対する朝顔たちの姿勢に接していくうち、光子の中で徐々に変化が訪れる。  光子の役どころについて志田は「シャキシャキと明るく、何でも口に出してしまう女の子です。ご遺体と向き合う法医学教室の中で、少しでもホッとしてもらえる安心感のある存在になれればと思っています」と語る。  このほか、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr.)、坂ノ上茜、戸次重幸、平岩紙、三宅弘城、板尾創路、柄本明の出演が発表された。  ドラマ『監察医 朝顔』は、フジテレビ系にて7月8日より毎週月曜21時放送。

  • 『インハンド』第5話場面写真

    今夜『インハンド』、山下智久の過去を知る元上司・時任三郎が登場

    エンタメ

     山下智久が変わり者の天才科学者役で主演を務める金曜ドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)の第5話が今夜放送される。紐倉(山下)の過去を調べていた牧野(菜々緒)は、彼の元上司・福山和成(時任三郎)を訪ねる。そして、ついに紐倉の義手の秘密が明らかになる。@@cutter 本作は、「イブニング」(講談社)連載中の朱戸アオによる同名コミックが原作。山下演じるロボットハンドの義手を持った変わり者の科学者・紐倉哲が、天才的なひらめきと科学的な方法で次々と難事件を解決していくヒューマンサイエンスミステリーとなっている。  紐倉は、5年前に亡くなった元助手・入谷(松下優也)とのつらい記憶がフラッシュバックするたびに、ないはずの右手が痛む幻肢痛に苦しんでいた。そんな紐倉の様子を見かねた高家(濱田岳)は治療を勧める。だがそんな高家に、紐倉は激しく当たる。  ある日、牧野は高家に、紐倉について書かれた海外のネットニュースを見せる。そこには「危険な実験をしていた日本人科学者Hとは?」「助手が謎の自殺!」など、気になる記述が…。  実は、牧野が勤務する内閣官房サイエンス・メディカル対策室では、紐倉をアドバイザーとして雇う話が持ち上がり、紐倉の過去を調べていたのだ。そして牧野は、最先端の科学技術を駆使したビジネスで大成功しているフューチャージーンという会社の情報を手に入れる。CEOを務めているのは紐倉のCDC(アメリカ疫病予防管理センター)時代の元上司・福山。福山なら紐倉の過去について知っていると考えた牧野は、高家を連れてフューチャージーンを訪ねる。  福山の口から語られた紐倉の過去とは…。そして、ついに紐倉の義手の秘密が明らかになる。  『インハンド』第5話は、TBS系にて今夜5月10日22時放送。

  • 月9ドラマ『監察医 朝顔』に出演する上野樹里

    上野樹里、“のだめ”以来13年ぶり月9主演 共演に時任三郎

    エンタメ

     女優の上野樹里が、7月8日スタートの月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系/毎週月曜21時)で主演を務め、時任三郎と共演することが発表された。上野は2006年に俳優の玉木宏とダブル主演を務めた『のだめカンタービレ』以来、13年ぶりの月9主演となり、今作が初の月9単独主演となる。@@cutter 新元号・令和にスタートする最初の月9である本作は、2006年に「週刊漫画サンデー」で連載を開始し、人気を博した同名漫画が原作。  上野演じる主人公の新米法医学者・万木朝顔と朝顔の父でベテラン刑事の万木平(時任)が、解剖と捜査というそれぞれの立場から遺体の“生きた証”を見つけ出すため、懸命に遺体と向き合う姿を描く感動作だ。  今回の連続ドラマ化にあたり、原作の「朝顔の母親が阪神淡路大震災で亡くなっている」という設定が「東日本大震災により母が行方不明になっている」という設定に。存在自体が“生きた証”である母の遺体が見つからない中、震災と母の存在に向き合い、肩を寄せ合って少しずつ前へと進んで行く父娘の日常と心の機微も深く細やかに描いていくという。  上野は13年ぶりの月9について「特別な思い入れのある枠に、また出演することができて大変うれしく思います」とコメント。「刑事である父とともに事件と向き合い、被害者のご遺体に残されたメッセージと心から向き合います。太陽とともに咲く朝顔の花のように、辛いことがたくさんあっても明るく前向きに生きている主人公を演じていけたら」と抱負を述べた。  時任は今作について「“死”をテーマにしたドラマですが、半面的に“生きることの素晴らしさ”をお伝えできたらと思っています」と語っている。  ドラマ『監察医 朝顔』は、フジテレビ系にて7月8日より毎週月曜21時放送。

  • (左から)『フォルトゥナの瞳』初日舞台挨拶に登壇した有村架純、神木隆之介

    有村架純、DAI語に挑戦 神木隆之介は“SODFSDN”持ってる

    映画

     女優の有村架純が15日都内で、映画『フォルトゥナの瞳』の初日舞台挨拶に登場。タレント・DAIGOの持ちネタであるDAI語を用いて、本作の主演・神木隆之介は“SODFSDN”を持っていると語るなどして、会場を盛り上げた。@@cutter 同作は、百田尚樹の同名小説を原作とする実写ラブストーリー。「死を目前にした人間が透けて見える」という「フォルトゥナの瞳」を有する青年・木山慎一郎(神木)が、運命に立ち向かう様を描く。  今回のイベントには神木や有村の他、志尊淳、DAIGO、斉藤由貴、時任三郎、三木孝浩監督が出席した。  木山役を熱演した神木は、本作について「魂を込めて作った作品」と紹介。有村とのデートシーンはアドリブトークだったと明かし、「車の博物館で説明する描写があって、10回以上撮った。車のことについて急いで調べて、毎回小出しに架純さんにその知識を出していった。4回目くらいで尽きて、同じことばっかり喋ってた(笑)。でも優しいから、『そうなの!?』ってリアクションをちゃんと取ってくれる。助かった」と述懐した。  ヒロイン・桐生葵役の有村は「(本作は)シリアスな内容ではあるけれど、穏やかで、のどかな時間がたくさんあった。それはきっと、神木君が座長だったからこそ生まれた雰囲気だったのかなとすごく思う。ハードな撮影の中、毎日笑顔でどんな時も対応が変わらず、現場を明るく盛り上げてくれた」と神木を称賛した。  金田大輝を演じた志尊は、神木と本作で仲良くなって「週3、4で会う」と告白。神木の印象は「(プライベートでも)ずっとこのまま。それが一番。何も変わらない。この感じの隆ちゃん。すみません、なんかノロケ話になって」と照れ笑いを浮かべた。  宇津井和幸に扮したDAIGOは今回、「『平成最後の悪役』という気持ちで取り組んだ」と述べ、本作に関する妻・北川景子からの感想を問われて「一緒に見た。『すごくイヤなヤツに仕上がってたね』と言ってくれた。良かった」と話した。  イベント中盤には、本作にちなんで、登壇者らから見た“神木の特殊能力”を発表することに。DAIGOはフリップに、北川へのプロポーズで使ったDAI語“KSK(結婚してください)”と記述。「“苦”しむ“芝”居が“神”。(作中で)隆(りゅう)が苦しむシーンがたくさんあって、隆の苦しみ方が半端ない。うちの奥さんと見た後に、二人で隆の苦しむ芝居を勉強しようということになった。二人で、家でずっと苦しんでた。うちの奥さんが、洗濯物とか干してる時に、いきなり『ウッ!』と言って苦しむとか。ずっとやってた」と明かし、会場を笑わせた。  有村も、負けじとDAI語で対抗。“SODFSDN”とフリップに書いて「“初”対面ですが、“恐”れることなく、“誰”とでも、“フ”レンドリーに“接”することが“で”きる“能”力」と解説し、「誰にでも、同じテンションでスーッと人の心に入る能力は凄まじい。どの現場でも、スタッフに対しても共演者の方に対してもそう」と神木を褒め称えた。有村のDAI語を見たDAIGOは「めちゃ長い。大作。完全に本家超えされた」と称賛した。

  • 映画『フォルトゥナの瞳』舞台挨拶に登壇した神木隆之介、有村架純

    神木隆之介「体を鍛えて臨みました」 “強化神木”で初の本格ラブストーリーに挑む

    映画

     俳優の神木隆之介が8日、都内で行われた映画『フォルトゥナの瞳』完成記念イベント&舞台挨拶に登壇。俳優として長いキャリアを誇る神木だが、本格ラブストーリーに挑むのは初ということで「体を鍛えて気合入れて臨みました。“強化神木”です」と胸を張って客席を沸かせた。本イベントには神木のほか、有村架純、DAIGO、斉藤由貴、時任三郎、三木孝浩監督も出席した。@@cutter 「永遠の0」などの人気作家・百田尚樹の同名小説を、ラブストーリーの名手・三木孝浩監督で映画化した本作。「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な能力を持つ青年が、最愛の女性の“死の運命”を知ってしまったことから起こる究極の“選択”を描いた物語。  神木と有村は、これまでも『SPEC』シリーズや『3月のライオン』など何度も共演経験があるが、今回は恋人役。神木は「ついに来たか」と本格ラブストーリーへのオファーがあったときの心境を語ると「(整備工として)作業着を着る役だったので、しっかりと似合うように体を鍛えました」と役へのアプローチ方法を明かす。 @@insert1  そんな神木の姿に有村は「とても似合っていました。背中が大きくなってたくましさを感じました」とこれまでとの変化を述べる。さらに有村は、以前の取材で神木のラブストーリーが見たいと話していたことを明かすと「その相手が私だったことに驚いています。言霊ってあるんだなと思った」としみじみ語る。  神木の新境地となる本作だが、「予告編でも出ていますが、(有村を)後ろから抱きしめるシーンがあるんです。ご覧のとおり、僕と架純ちゃんの身長が同じぐらいなので、後ろからみると首を絞めているように見えちゃうんですよね」と撮影時の苦労話で、会場の笑いを誘っていた。 @@insert2  メガホンをとった三木監督は「仲が良すぎて恋人というよりきょうだいに見えてしまうことがあったので『カップルだからね』と話したことがありました」と、過去に何度も共演してきた2人だからこその距離感について言及したが「さすがに4度目の共演なので相性は抜群。呼吸や会話のキャッチボールがすぐに良くなった。うまく恋人の空気感を作り出してくれました」と俳優としての反応の良さを絶賛していた。  映画『フォルトゥナの瞳』は、2月15日より全国公開。

  • 『家族のはなし』ポスター

    岡田将生主演 鉄拳のパラパラ漫画を映画化『家族のはなし』11月公開

    映画

     俳優の岡田将生が主演を務め、お笑い芸人・鉄拳のパラパラ漫画を実写化する映画『家族のはなし』の公開日が、11月23日に決定した。岡田は本作で、リンゴ農園の一人息子にして、バンド活動に挫折した青年という役どころに挑む。@@cutter 本作は、2013年に信濃毎日新聞との企画として発表され、第17回「アジア太平洋広告際」でフィルム部門・プレス部門をダブル受賞し、ネット上でも「涙が止まらない」と評判になった鉄拳によるパラパラ漫画の実写化。鉄拳は本作にアートディレクターとしても参加し、劇中では鉄拳が書き下ろしたパラパラ漫画と実写映像がコラボするという新たな試みに挑戦する。  リンゴ農園を営む優しい両親の一人息子・拓也(岡田)は、上京してバンド活動に励むものの挫折。そんな拓也を優しく見守る両親だったが、両親の気持ちを疎ましいと感じた拓也は、苛立ちをぶつけてしまう。大学中退の秘密を抱えながら帰郷した拓也だったが、父の徹にも、拓也に言えない秘密があり…。  リンゴ作り一筋の拓也の父親を演じるのは時任三郎。父と息子を見守る優しい母親は財前直見が務め、拓也に時に厳しく時に優しく接する地元の同級生・明日香を成海璃子が演じる。そのほかのキャストには、金子大地、佐藤寛太、和牛の水田信二、渡辺憲吉も名を連ねている。  メガホンを取ったのは、ドラマ『海に降る』(WOWOW)や『絆 走れ奇跡の小馬』(NHK総合)の山本剛義監督。主題歌と劇中楽曲は、新進気鋭のバンド、サイダーガールが担当する。また9月21日からムビチケの発売がスタートすることも発表された。  映画『家族のはなし』は11月23日より全国公開。

  • 『フォルトゥナの瞳』豪華キャスト決定(上段左から)DAIGO、志尊淳、松井愛莉、(下段左から)斉藤由貴、時任三郎、北村有起哉

    神木隆之介×有村架純『フォルトゥナの瞳』に志尊淳、DAIGOら出演

    映画

     神木隆之介と有村架純が共演し、三木孝浩監督がメガホンを取る映画『フォルトゥナの瞳』より、特報映像とビジュアル、追加キャストが解禁となった。特報映像には神木と有村が織りなす幸福な日々や、二人に待ち構える悲しい運命を暗示するような、美しくもどこか儚い映像が収められている。@@cutter 映画『永遠の0』や『海賊と呼ばれた男』の原作者として知られる百田尚樹による同名小説を基にする本作の主人公は、幼少期に飛行機事故で家族を失い、孤独に生きてきた男・木山慎一郎(神木)。ある日、“死が近い人が透けて見える能力”を持っていることに気づいた慎一郎は、孤独だった自分の人生に光を与える桐生葵(有村)と出会う。葵と幸福な日々を送る慎一郎だったが、次第に葵の身体が透け始め…。  初解禁となった特報映像は、本編映像とともに、三木監督が撮り下ろした映像で構成されている。慎一郎と葵が送る幸福な日々を映し出した後には「愛する人の死の運命が見えた時 あなたはどうしますか―」という問いかけが。そして二人の「運命」を暗示させる緊迫感のあるシーンに続いていく。  併せて公開されたティザービジュアルは、「愛か死か。その選択にあなたは涙する―」という意味深なコピーとともに、慎一郎と葵が手を繋ぎながら佇む姿が印象的なデザインとなっている。このビジュアルは、慎一郎が“死が近い人が透けて見える”という不思議な能力“フォルトゥナの瞳”を持ち、最愛の女性である葵の“死の運命”を知ってしまうという物語を、白い服をまとった2人の身体に東京の街並みを投影して表現しているという。  さらに今回、追加キャストとして志尊淳、DAIGO、松井愛莉、北村有起哉、斉藤由貴、時任三郎という豪華キャスト陣が出演することも発表された。志尊は慎一郎と共に「GARAGE ENDO」で働く青年、DAIGOは「GARAGE ENDO」の客を演じ、松井は慎一郎のかつての同僚、北村は慎一郎の主治医をそれぞれ演じる。そして時任は慎一郎の働く「GARAGE ENDO」の社長、斉藤は社長の妻を演じる。  映画『フォルトゥナの瞳』は2019年全国公開。

  • 『過保護のカホコ』竹内涼真の告白シーンに卒倒者続出「カホコに改名したい」

    『過保護のカホコ』竹内涼真の告白シーンに卒倒「カホコに改名したい」

    エンタメ

     高畑充希主演ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第6話が16日に放送され、竹内涼真演じる麦野初が遂にカホコへ好きだと告白。その告白シーンに「やばい麦野くんやばい!」「興奮が収まらない、寝れない」等のコメントが数多く寄せられた。@@cutter カホコの自立宣言にショックを受け、実家に帰ってしまった母・泉(黒木瞳)。父・正高(時任三郎)は連れ戻そうとするが、全く取り合おうとしない上に、2人の妹まで家に帰ってきてしまい、説得の機会を見失う。  なんとか家事を自分でやろうとするカホコは、買い物に行ったスーパーで正高の妹・教子(濱田マリ)と遭遇する。カホコは教子の話を聞くうちに泉の思いを知ろうとしなかったことに気づき、泉のもとへ。隠れた場所から泉の想いを聞き反省、カホコは泉に家に戻るよう懇願する。  泉は家に帰ってきたが、態度を変え放任主義を宣言。その姿勢にカホコも強気な姿勢を見せる。かくして家庭内戦争の火ぶたが切って落とされた。一方、泉への説得に協力した祖母の初代(三田佳子)にお礼を言い来たカホコは、初代が余命幾許もないことを耳にする…。  様々な問題が起こり、急展開を見せる同作。放送終了後のツイッターでは「親世代もみてて、気づきがたくさんあるドラマだな」「自分にも娘にも強制的に矯正するために、あんなふうに意地を張るような態度に出てしまったんだと思いたい」と泉の考えに様々な憶測が飛び交う一方で、「ばぁばがどうなるか心配」「このドラマは最後の数分は心してみないといけない」とカホコ同様にショックを受けたという声が上がっている。  また、エンディング近くでは当初カホコから、“大好きだ”と直接言うことを頼まれながら躊躇していた初が、母を想うカホコに魅かれ「大好きだよ、カホコ」と告白。  エンディングの「Family Song」へとつながるドラマチックな流れに引き込まれ「10回以上リピって毎回倒れている」「初くんが今日も全力でキュン殺ししてきてる」「ごちそうさまです竹内涼真様」「カホコに改名したい」と、前エピソード同様、またもキュン死したという声が続々と寄せられている。

  • 竹内涼真、『過保護のカホコ』告白が男気溢れすぎた? 胸キュンでファン眠れない

    竹内涼真、『過保護のカホコ』告白が男気溢れすぎた? 胸キュンでファン眠れない

    エンタメ

     高畑充希主演ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第5話が10日に放送され、竹内涼真演じる麦野初がカホコへの想いに気付き、カホコの両親の前で交際を申し込んだ。放送後、この告白シーンに注目が集まり、これまでと同じく竹内にキュン死したという声が数多く寄せられている。@@cutter カホコの父・正高が家を出て行ったものの、一向に取り合おうとしない泉。心配するカホコだったが、初はあくまでも放っておけという。また、カホコは、初が自分を捨てた母親に今でもただならぬ思いを抱いていることを知る。  そんな中、カホコの親戚の間でも問題が勃発。カホコは、両親だけでなく親戚や初に対し何かしてあげたいと決意を固める。その姿に心を打たれた初は再び泉、正高のもとに訪れ、カホコとの交際を認めてほしいと申し出る。さらにカホコからの“自立したい”という言葉にショックを受けた泉は、黙って家を出てしまう…。  第5話では、初の大事なものを探すためにカホコが川に入り、それを初がお姫様抱っこで救い出すというシーンもあり、「お姫様抱っこの仕方が良き」「カホコをお姫様抱っこしてる時のはじめくんかっこ良すぎだろ」「竹内涼真にお姫様抱っこされるために痩せるわ」とカホコをうらやむ声が続出。  また、ラストシーンで見せた初の告白に「誠実かつ男前で過保護ママにも真正面から向き合う男 だめだ胸が痛い」「最後の竹内くんがかっこ良すぎて、あんな人は地球上に存在するのだろうか」「カホコ家のドアになって、麦野くんにガッと抑えられたい」「麦野くんがかっこ良すぎて眠れない」などのコメントも寄せられる。  次回予告で公開された、初がカホコに告白している様子の場面でも「麦野くんが最高すぎて…来週が楽しみになった」「初くん惚れました。来週告白やーん楽しみ」「自分が『カホコ』って名前だったら、予告シーン見たら失神あの世行ってしまったかも」と、第6話も見逃せない展開が待ち受けているようだ。

  • 竹内涼真の「お前が必要なんだよ」にキュン死するファン続出 

    竹内涼真の「お前が必要なんだよ」にキュン死続出 『カホコ』父がついにキレた…

    エンタメ

     高畑充希主演ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第4話が3日に放送され、竹内涼真演じる麦野初が伝えたカホコを思いやる言葉に「やばかった…」「涼真くんの胸キュンシーンだらけ」と、“トキメいた”視聴者が続出している。@@cutter 第3話の放送より、母・泉(黒木瞳)との関係がギクシャクしてしまったカホコ(高畑)は、そんな中で改めて初(竹内)に告白するも、あっさりと撃沈。悲しみに暮れ、もう二度と初に会わないと決心する。  だが、カホコを心配する父・正高(時任三郎)は、初にカホコとまた会ってやってほしいと頭を下げる。その言葉に折れた初は、カホコを呼び出し「もう会えないとか言うなよ」「俺にはお前が必要なんだよ」と優しい言葉を掛け、友人としての関係を修復する。  一方、何事もなかったように冷戦状態にあった泉とカホコの関係は回復。二人の間に挟まれて悩んでいた正高だったが、そんな苦労は我関せずと、まったく気遣いを見せない二人に対し、遂に「俺はもう嫌だ!疲れた…」と爆発してしまう…。  第4話の放送後、SNS上では「1度でいいから見つめられながら言われたい」「日本中の女子が殺られた瞬間」「あたしも必要としてほしい」「竹内涼真くんへの好感度を爆アゲする回であった」「麦野くんの言葉にどきがむねむねしましたよ」と初のセリフに瞬殺されたというコメントが続出。  一方、カホコが初めてビールを口にするシーンについても「いやー酔ったカホコ最高だわ嫌いじゃない」「酔ったカホコ面白すぎる」「カホコちゃんかわいいなぁ」と、初だけじゃなくカホコのキュートさにも注目が集まった。  またラストシーンで爆発した父に対して「ちゃんと温厚で怒り慣れてない人の怒り方だ!すげー!」「それが普通!お父さんは間違ってないよ!!よく言った!」「今回物凄く頑張ったもんね。お疲れ百獣の王」「全国のお父さんが泣いている」と“お父さん”時任の気持ちに共感する声が多数寄せられた。

  • 高畑充希、過保護っぷりがキョーレツ!? ※『過保護のカホコ』インスタグラム

    高畑充希、過保護っぷりがキョーレツ!? 『過保護のカホコ』映像第1弾解禁

    エンタメ

     7月12日からスタートする新ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)の公式インスタグラムアカウントが28日に更新。本編映像第1弾が公開され、ファンからは「めっちゃ楽しみ」とのコメントが寄せられている。@@cutter 本作は、現代の日本が生んだ“過保護の象徴”のような女子大生・カホコ(高畑)が、一人の青年との出会いを機に自分の本当の姿に気づき、困難に立ち向かう姿を描くホームエンターテインメント。キャストには、黒木瞳、時任三郎、竹内涼真らが名を連ねている。  投稿には「本編映像第1弾 PRスポット公開 ホームページでも、放送でも、まだ流れてない!!SNSで初出しPR!! カホコの過保護ぶりが炸裂してます(笑)」との言葉が添えられ、映像には過保護に育てられてきたことがうかがえるカホコが、社会の中で奮闘する様子が収められている。  これを見たファンからは、「めっちゃ楽しみです!」「こんなむすめ、育てたい!」「可愛すぎて涙出ました」「予告見ただけでもう面白い」「カホコの可愛さにやられました」などのコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/kahogo_kahoko/

  • 高畑充希、可愛すぎるスマイルショットに「天使の笑顔」と反響 ※『過保護のカホコ』インスタグラム

    高畑充希、可愛すぎるスマイルショットに「天使の笑顔」と反響

    エンタメ

     7月からスタートする新ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)の公式インスタグラムアカウントが12日に更新。主人公を務める女優の高畑充希が、ポケットティッシュと思われるものを名刺に見立てて手渡す姿が公開されており、その愛らしい表情に反響の声が集まっている。@@cutter 『過保護のカホコ』は、就職活動間際まで親に過保護に愛されてきたヒロインが、一人の青年との出会いをきっかけに自分の本当の姿に目覚め、様々な困難に奮闘する姿を描くドラマ。ヒロインの根本加穂子役を高畑、母・泉役を黒木瞳、父・正高役を時任三郎が演じる。  この日の写真の高畑の笑顔には、共演の時任も「カホコぉ、なんでお前はそんなにかわいいんだぁ? by根本正高」とコメント。ほかにも「可愛すぎです!胸キュンですね」「天使です…また1週間頑張れます」「充希ちゃん可愛いすぎ!」「ひょえぇぇ!可愛すぎて疲れ吹っ飛びました」と絶賛の声が多く寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/kahogo_kahoko/

  • 高畑充希&パパ&ママ、『過保護のカホコ』親子オフショット公開 ※『過保護のカホコ』 インスタグラム

    高畑充希&パパ&ママ、『過保護のカホコ』親子オフショット公開

    エンタメ

     新ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)の公式インスタグラムアカウントが10日に更新され、クランクインを迎えたことの報告とともに、ドラマのメインキャストを務める高畑充希、黒木瞳、時任三郎のスリーショットが披露されている。@@cutter 『過保護のカホコ』は、21歳の就職活動直前まで親の過保護の下に生きてきたヒロインが、一人の青年との出会いにより本当の自分に目覚め、様々な困難に立ち向かっていく姿を描くホームドラマ。主人公の根本加穂子役を高畑、母・泉役を黒木、父・正高役を時任が演じる。  この写真には「仲良し家族!早く観たいです」「かわいいー!もうなんか箱入り感でてます」「本当の親子のような三人ですね」「今からとても楽しみです!これからも撮影頑張ってください」「これから益々楽しみにしてますね」と高畑の笑顔や仲睦まじい家族ショットを喜ぶとともに、放送への期待の声が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/kahogo_kahoko/

  • 高畑充希、民放連ドラ初主演!『過保護のカホコ』7月放送スタート

    高畑充希、民放連ドラ初主演で過保護な大学生に!「プレッシャーに負けず」と意気込み

    エンタメ

     女優の高畑充希が、7月スタートの新水曜ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)にて、民放連続ドラマで初主演を務めることが分かった。高畑は、「主演をやるんだと思うと、ドキドキがどんどん膨らんでいるところです」と率直な気持ちを吐露すると、「プレッシャーに負けず、作品への愛を持って楽しく取り組めたら良いなと思っています」と意気込みを語っている。@@cutter 本作は、21歳にして生活のすべてを親任せで、超過保護に守られて生きてきた“純粋培養”の女子大生・カホコ(高畑)が、自分とは正反対の環境で育った1人の青年との出会いを通して成長していく姿を描くホームドラマ。脚本は『家政婦のミタ』などで知られる遊川和彦。高畑演じるカホコの両親役は、時任三郎と黒木瞳が務める。  高畑はカホコについて「名前の通り、過保護で世間知らずでピュアな、愛しい女の子だと思います」と分析。また自身と比べ、「私も一人っ子で両親に守られてきましたが、カホコちゃんとは大違いに育ちました(笑)」とコメントし、「私にないものを持っているカホコを演じることで、予想外な発見が沢山あるんじゃないかと今からすごく楽しみです」と撮影を待ちわびる気持ちを伝えた。  また、超過保護というコンセプトから、通称“プチプチ”の梱包材のドレスをまとったポスター撮影では「梱包材でできているので軽いんですけど、空気が通らなくて(笑)」と振り返るも、めったに着られない衣装に「すごく素敵なデザインのドレスで、お気に入りです」とにっこり。  さらに、作品については「オリジナルの脚本なので、まったく先が読めず、次の展開がいつも楽しみです」と目を輝かせると「毎週観られて展開が早くて、身構えずに気楽に観ているうちに、意外なところで胸がじわっと温まったり心がピリッとしたり。そんな作品になるように、作る側の一員として必死に頑張ります」と語っている。  新水曜ドラマ『過保護のカホコ』は、日本テレビ系にて7月から放送開始。

  • 映画『サバイバルファミリー』初日舞台挨拶に登壇した藤原紀香、時任三郎、小日向文世、深津絵里

    深津絵里、『サバイバルファミリー』で“夫”の小日向文世に「大好きです!」

    映画

     映画『サバイバルファミリー』初日舞台挨拶が11日、都内で行われ、主演の小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、葵わかな、時任三郎、藤原紀香、大野拓朗、志尊淳、そして矢口史靖監督が登壇した。深津は、過酷を極めた撮影を共に乗り越えた小日向に「こんなキュートな63歳はどこにもいません。ずっと可愛い人でいてください。大好きです!」と笑顔で語りかけていた。@@cutter 本作は、映画『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』の矢口監督が、「ある日突然、地球上から電気が消えてしまったらどうなるか?」をテーマに、人々の混乱を描いたサバイバルエンターテインメント作品。  一昨年11月、水温7度の川での撮影や、食べ物や飲み物がなく、虫を食べたり、川の水を飲んだり…挙句の果てには奔走するブタを確保しようと奮闘したりと、とにかく撮影は過酷さを極めた。さらに身体を張ったプロモーションにも挑んだ小日向は「やっとすべてが終わる」と初日を迎えられたことに安堵の表情を見せたが、深津からの愛のある一言に「今までの辛い思いはすべて吹っ飛びました。矢口監督にとって最高傑作だと思います。ヒットすれば第2弾もやると約束してくれました。ぜひ応援してください」と次回作にも意欲をみせた。  そんな小日向に矢口監督は「あの約束は社交辞令なんですけれどね」と苦笑いを浮かべるも「意外に思うかもしれませんが、この作品は『ウォーターボーイズ』の次にやろうと思っていた企画。15~16年間温めて、ようやく初日が迎えられました。皆さんの力でヒットすれば、続編も出来るかもしれません。今度はすごい寒い思いをしてもらおうかなと考えています」と次回作へまんざらでもないことを明かしていた。  また、この日は、小日向ら扮するサバイバルに弱い鈴木家とは正反対に、アクティブに困難を乗り切る斎藤家を演じた時任や藤原も登壇。ただですら過酷な撮影だったが、矢口監督は「藤原さんはすごい雨女で、彼女が来た日に限って雨が降るんですよ」と藤原にクレーム。さらに「本当に藤原さんは天然というか、あるシーンで台本について藤原さんから意見をもらったので、それを考慮して台本を変えたら、本番でもとのセリフをしゃべるんです」と驚きのエピソードを披露。そんな矢口監督のクレームに「やっぱり練りに練られた台本ですから。変えるのはね」と釈明していた。  映画『サバイバルファミリー』は全国公開中。

  • 中井貴一主演『グッドモーニングショー』のブルーレイ&DVD発売決定!

    中井貴一主演の爆笑エンターテインメント『グッドモーニングショー』BD&DVD発売

    映画

     中井貴一が主演を務め、『踊る大捜査線』の脚本家としても知られる君塚良一が監督を務めたコメディ映画『グッドモーニングショー』のブルーレイ&DVDが4月26日に発売されることがわかった。豪華版には、キャストのオフショット&インタービューを交えたメイキング映像や中井演じる澄田真吾が、出演者たちに本音で切り込む公開記念特番「深夜のグッドモーニングショー」など特典映像が多数収録されている。@@cutter 本作は、ワイドショーの顔であるキャスターが陥る災難だらけの一日を追った抱腹絶倒のオリジナルコメディ。主人公・澄田真吾は、朝のワイドショー「グッドモーニングショー」のメインキャスター。かつては報道番組のエースキャスターだったが、ある出来事がきっかけで現場からのリポートができなくなり、同期入社のプロデューサー石山聡に拾われて今に至っている。そんな澄田に人生サイアクの日が訪れた。女子アナから交際関係をバラすと迫られ、プロデューサーの石山からは番組の打ち切りが告げられる。さらには、番組放送中に発生した人質立てこもり犯から「澄田を呼べ」と名指しで要求を受け、武装した犯人にマイク一つで立ち向かうハメになってしまう。はたして、澄田は人質を救うことができるのか。  落ち目のキャスター・澄田を中井が演じるほか、サブキャスターの女子アナを長澤まさみ、新人アナウンサーを志田未来、プロデューサー石山役を時任三郎、澄田の妻を吉田羊、立てこもり犯を濱田岳と豪華俳優陣が顔を揃えた。  今回発売が決定した、ブルーレイ&DVDの豪華版には、中井演じる澄田が、本作の出演者たちに本音で切り込む公開記念特番の「深夜のグッドモーニングショー」を完全収録。さらに、キャストたちのオフショット&インタビューを交えたメイキング映像や中井と長澤が映画の役柄そのままにゲスト声優として出演した、紙兎ロペ×映画『グッドモーニングショー』コラボエピソードも収録されており、ファンにとっては見逃せない映像が満載だ。  映画『グッドモーニングショー』ブルーレイ豪華版(価格:5500円・税抜)、DVD通常版(価格:3800円・税抜)は4月26日発売。ブルーレイ&DVDレンタルは4月19日開始。

  • 長澤まさみ、成り切り司会者・中井貴一のボケに飽きる

    長澤まさみ、ボケまくる中井貴一にツッコミ「いつまでやるんですか」

    映画

     映画『グッドモーニングショー』の完成披露試写会が29日、都内で行なわれ、キャスターを演じる中井貴一が劇中の役・澄田真吾に成り切り、司会進行を務める中、長澤まさみ、志田未来、濱田岳、吉田羊、時任三郎、君塚良一監督が登壇。軽妙な語り口で共演者をいじりまくる中井に対して、無理な設定に飽きた長澤が「いつまで(この設定で)やるんですか?」とやり返す一幕があった。@@cutter 朝のワイドショーを題材にした本作は、『踊る大捜査線』シリーズの脚本家として知られる君塚がメガホンを取ったトラブルコメディー。「グッドモーニングショー」のメインキャスター澄田真吾(中井)に災難が次々と降りかかる悪夢のような1日を、過酷な視聴率競争などテレビ業界の裏事情を盛り込みながらコミカルに描く。なお、本作は、第40回モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門への正式出品も決定している。    この日は、「中井貴一さんは欠席ということで」を全員の決めごととし、司会進行は澄田という“設定”でトークコーナーが行なわれ、ノリノリの中井は登壇者を次々といじりまくる。    中井のアシスタントキャスター・小川圭子を演じる長澤が、「女優とアナウンサーの世界は似ていると思っていたんですが、全く違っていたので演じるのが不安だった」と吐露すると、中井は「私は観てないんですが、友人が褒めてましたよ」と謎の回答。長澤と同じくアナウンサー役の志田は、「実際にアナウンサーの方を指導されている先生から(原稿を読む時の)アクセントの付け方などを教えていただきました」と裏話を披露すると、中井は「お天気お姉さんを目指したいと風のうわさで聞きました」と適当なコメントを返し、会場の笑いを誘った。    さらに、金太郎役のCMでブレイク中の濱田に対しては、「一寸法師が人気のようで」とボケをかまし、吉田の美貌にうれしくなったのか、「いやぁ、お綺麗だなぁと思って、生ひつじですね」と半笑いで思いを伝えると、吉田は「生チョコみたい」と苦笑い。    挙げ句の果てには、「本日欠席の中井さんから手紙を預かっています」と文面を読み上げると、いい加減、この設定に飽きてきたのか、長澤が「いつまで澄田さんなんですか?」とツッコミを入れ、中井はしどろもどろになっていた。    映画『グッドモーニングショー』は10月8日より全国公開。

  • 『連続ドラマW 海に降る』完成披露試写会に登壇した有村架純

    有村架純「毎回必死に走り続けた」潜水船パイロット役に“男気”を注入

    エンタメ

     10月10日スタートのWOWOW『連続ドラマW 海に降る』の完成披露試写会が6日、都内にて行われ、連続ドラマ初主演となる有村架純が登壇した。有村は「撮影では毎回必死で、全然主演っぽいことをしていませんでしたが、とにかくこの作品をいいものにしたいと走り続けました」と撮影を振り返った。@@cutter 本作は朱野帰子の同名小説『海に降る』が原作。2014年に完成25周年を迎えた有人潜水調査線船『しんかい6500』で日本初のドラマ撮影を敢行している。海洋科学に関する研究機関・JAMSTEC(海洋研究開発機構)を舞台に、有村は組織の中で奮闘し、亡き父の遺志を受け継ぎ深海の謎に命を賭けて臨むパイロット、天谷深雪役を演じる。  有村はハードな撮影に挑んできたが、役を演じるにあたって、「まずJAMSTECという組織を知ろうと思って、現場を見学させてもらいました」と話す。「女性パイロットってこういう仕事をしているんだということを知って、作品がスッと自分の中に入ってきました。とってもたくましくて、男気があって、カッコいいと思わせられる役柄です」と、現場を見学が役作りに良い影響を与えたことを伺わせる。  “偏屈王子”と呼ばれる、変わり者の地質学研究者・高峰役を演じる井上芳雄は、役柄上セリフに専門用語も多く苦戦した様子で「思った以上にセリフが多く、周りの先輩たちからもプレッシャーをかけられていました。でも知らないことを知っていく喜びを実感していました。ミュージカルと並行してこの作品に入っていたので、死神(『エリザベート』トート役)のメイクをしてセリフを覚えていました」と笑う。  本作は全編4K収録を行い、ドラマとしては日本初のHDR(ハイダイナミックレンジ)と呼ばれる最新の映像技術を採用して制作されているのも話題。この日の舞台挨拶でもその映像による予告編が披露された。有村は「撮影の現場で目で見たままの風景がくっきり映像になっていてビックリ!」と喜んでいた。  なお舞台挨拶にはこのほか、JAMSTEC広報・正田役の板谷由夏、深雪の父・厚志役の時任三郎、山本剛義監督も登壇した。  WOWOWの土曜オリジナルドラマ『連続ドラマW 海に降る』は、10月10日22時より放送開始(第1話無料放送)。

  • 渡部篤郎主演ドラマ『翳りゆく夏』2015年1月放送

    渡部篤郎×『SP』監督ドラマ『翳りゆく夏』放送決定! 共演に菅田将暉、時任三郎

    エンタメ

     俳優の渡部篤郎が2015年1月より放送のWOWOWドラマ『翳(かげ)りゆく夏』で主演を務めることが分かった。本作で渡部は、闇に葬られた新生児誘拐事件の真相を追う元新聞記者を演じる。@@cutter 原作は、江戸川乱歩賞を受賞した赤井三尋のデビュー小説。ある大病院で新生児誘拐事件が発生。犯人は、両親ではなく病院の院長に身代金を要求する。しかし大金を手にした後、犯人は警察の追跡中に事故死。そして、新生児が見つかることはなかった…。それから20年後、大手新聞社・東西新聞にこの誘拐事件の犯人の娘が内定し、物語は新たな展開へと進む…。  監督は『SP』シリーズを手掛けた波多野貴文が務め、過去と現在が交錯しながら真相に迫っていくノンストップサスペンスを緊張感溢れるダイナミックな映像でじっくり魅せていく。キャストには、渡部演じる主人公・梶秀和を支え続ける人事部長役に時任三郎、その息子で誘拐犯の娘と同じ大学に通う青年に映画・ドラマと出演が絶えない菅田将暉、そのほか、岩松了、滝藤賢一、佐藤B作、嶋田久作など、個性豊かな実力派が揃う。  渡部は出演にあたり「映画ファンの方々に観て頂いているので、さらに高尚な作品にしなければと、気持ちを引き締めて挑んでいます」とWOWOW製作ドラマならではのやりがいに意気込み。また「人間の心の襞や哀しみ、欲望などが随所に描かれています。重厚な作品をお見せしたい」と作品をアピールしている。  連続ドラマW『翳りゆく夏』は2015年1月18日より、毎週日曜22時放送。

  • 『すべては君に逢えたから』ジャパンプレミアに出席した玉木宏

    玉木宏の色気に高梨臨もうっとり!「玉木さんは絵に描いたような王子様」

    映画

     映画『すべては君に逢えたから』のジャパンプレミアが13日、東京ドームシティホールで行われ、玉木宏、高梨臨、木村文乃、東出昌大、時任三郎、大塚寧々、山崎竜太郎、小林稔侍、倍賞千恵子、本木克英監督、そしてスペシャルゲストとして劇中歌を歌うJUJUが登壇した。@@cutter 1日に100万人以上が利用するメガステーション、東京駅を舞台に、6つの“愛”の物語が交錯して描かれる本作。出演は玉木宏のほか、木村文乃、東出昌大、高梨臨、本田翼などのフレッシュな顔ぶれから、市川実和子、時任三郎、大塚寧々、小林稔侍、倍賞千恵子などのベテランまでが勢揃いし、どの世代のカップルが観ても楽しめるクリスマスラブストーリーとなっている。  ウェブデザイン会社の社長である黒山和樹役の玉木は、運命的な出会いから始まるラブストーリーを演じたが「僕も運命を信じたいですね。運命というのは必然的な出会い。いつかそういう出会いがあることを僕は信じたいと思います」と“運命の恋”について語り、「僕もこの黒山和樹のように思いを伝えるために行動に出る方ですね。チャンスは逃したくないので、攻めます! (笑)」と自身の恋愛観を披露。その玉木演じる黒山と運命の出会いを果たす佐々木玲子役の高梨は「普段の玉木さんは完璧。白ワインを持つシーンも『なんじゃこりゃ! 』ってくらい画になるんです。玉木さんは絵に描いたような王子様です! 」と玉木の色気にうっとりした様子で撮影を振り返った。    東出演じる津村拓実と遠距離恋愛中の山口雪奈を演じた木村は「出来上がった映画を観て、私が実際に遠距離恋愛をしたらこんな風になるのかなって恥ずかしくなりました」と照れ笑いを浮かべると、東出は「僕自身は遠距離恋愛はしたくないですね。本当に大好きなら会いたいので多分無理です(笑)。でも、遠距離恋愛をしている人には『ああ、こんなことあるな』って思ってもらえると思います」と話し、最後には「この映画を観て、家に帰ったら、大事な人に自分の思いを伝えてほしい」と来場者に呼びかけ、玉木も「観終わったあとに、きっと大切な人に会いたくなる映画。ゆっくりと観てほしい」とメッセージを送った。  映画『すべては君に逢えたから』は11月22日より全国公開。

  • 『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』大ヒット祈願イベントに登場した要潤、夏帆、上島竜兵

    新婚の要潤、結婚の先輩・上島竜兵から「こまめに抱け」と過激なアドバイス

    映画

     俳優の要潤が5日、東京・神田明神で主演映画『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』の大ヒット祈願イベントを共演の夏帆、時任三郎、上島竜兵らと行った。@@cutter 先月下旬に挙式を行った要は「皆さんに祝福してもらって、実感することができました。自由な家庭を築いていきたい」と幸せそうに報告。子供の予定を聞かれた要が「神のみぞ知る、ですね」と濁すと、上島は結婚の先輩として「倦怠期もあると思うけれど、こまめに抱いてやるのがいい」と過激にアドバイスし、自身の夫婦生活については「それは内緒。カミさんが怒るから」と尻に敷かれている様子を伺わせていた。  同作は2008年の放送以来、熱狂的ファンを持つNHKの人気ドキュメンタリードラマ風歴史教養番組「タイムスクープハンター」の劇場版。タイムワープ技術を使い、教科書に載らない真実の歴史をスクープする時空ジャーナリスト・沢嶋雄一(要)が、安土城焼失の謎を追う様を描く。  作品にちなんで、行ってみたい時代は? と聞かれた要は「歴史に詳しくないので、恐竜時代とか人類の誕生の瞬間とか、とてつもなく壮大な時代に行きたい」とボンヤリ返答で、なってみたい歴史上の人物についても「歴史には興味がございませんので……」とぶっちゃけ。そんな頼りない座長を横目に上島は「デビュー当時に戻って、寺門ジモンを(メンバーに)入れないようにしたい」と自らの歴史改変に鼻息を荒げるものの「今を生きる事で精一杯。今で十分」としみじみと噛みしめていた。  またフォトセッションでは、全員でダチョウ倶楽部の鉄板ネタ「どうぞ、どうぞ」を披露。要や夏帆が「子供のころから見ていたので、光栄」、時任も「楽しかった。機会があれば呼んでください」と参加に声を弾ませると、上島は「こっちの方が品がいい。間も凄く良かったし、あっちは下品だからね」と新ユニットに手応えを得ていた。  映画『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』は8月31日より全国公開

  • 『すべては君に逢えたから』豪華キャスト発表!

    東京駅が舞台の恋愛映画、公開決定!玉木宏・高梨臨・木村文乃・東出昌大ら出演

    映画

     東京駅開業100周年を記念して、東京駅を舞台に描くラブストーリー『すべては君に逢えたから』の制作が決定。10人の男女による6つのエピソードで構成され、“日本流”『ラブ・アクチュアリー』のような作品となる本作に、玉木宏、高梨臨、木村文乃、東出昌大、市川実和子、時任三郎、大塚寧々、本田翼、倍賞千恵子、小林稔侍ら、豪華キャストが発表された。@@cutter 1914年に竣工された東京駅は、来年12月で100周年を迎え、様々な記念イベントも予想される中、この冬に公開される本作はその口火を切る形となる。JR東日本の全面バックアップのもと、東京駅とその周辺のロケ地での撮影を行ない、東京駅を中心とした街の魅力を引き出した映像が期待できる。  本作の舞台はクリスマス間近の東京駅。人間不信に陥ったウェブデザイン会社社長、仙台と東京の遠距離恋愛、余命半年を告げられた新幹線の運転士、49年前の果たされなかった約束―。それぞれが抱える思いが、クリスマスをきっかけに、動きだす。毎日何百人もの人とすれ違う中で、たったひとりに出会う“奇跡”によって生み出される一人一人のストーリーが巧みに重なりながら語られるラブストーリー。  エピソードの1つ「イヴの恋人」で、人間不信に陥ったウェブデザイン会社社長・黒田和樹役を演じる玉木は「6つのエピソードが交錯するという、ぼく自身が経験したことのない新しいタイプの作品で、監督とも意見を交えながら、素晴らしい作品が出来ていると感じています。東京駅開業100周年の映画ということで、今から完成を心待ちにしています。 今年の冬、劇場で観ていただくお客様に、キラキラしたものをお届けできる事を願っています」とコメント。  玉木の相手役を演じる高梨は「このような素敵な企画に参加できて嬉しいです。みなさんのクリスマスの思い出のひとつになればと思います。大切な人や好きな人と一緒にみてもらいたい作品です」と作品への思いを語った。  監督は、『犬と私の10の約束』から『ゲゲゲの鬼太郎』まで、ハートウォーミングな作品からエンタテイメント大作まで幅広く手掛ける本木克英。脚本は『僕シリーズ3部作』、『フリーター、家を買う』など、日常を細やかに切り取り、物語を紡ぐことに定評がある橋部敦子。制作プロダクションは『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズで知られる白組。3者がタッグを組み、この冬、最高にロマンティックな、日本を代表するクリスマス映画が誕生する。  『すべては君に逢えたから』は11月22日より全国公開。

  • フジテレビ 『救命病棟24時』第5シーズン 2013年7月スタート

    『救命病棟24時』新シリーズ今夏スタート! 主題歌もドリカムとの再タッグ決定 

    エンタメ

     救命医療の現場をリアルに描き、多くの視聴者の支持を獲得した大ヒットドラマシリーズ『救命病棟24時』の新シリーズがついにこの夏、スタートする。@@cutter 今作の主人公は松嶋菜々子演じる小島楓。彼女は国立湊大学附属病院の救命救急センターの“救命チーム”を作るために、前シリーズと同じく医局長という立場で新たな現場に立つこととなる。チームワークがバラバラの救命センターの中で日々苦悩しながらも、命と真摯に向き合う姿を描く。  そんな松嶋とともに新たな『救命』を彩るキャストは、臓器移植のスペシャリストとの異名をとる救命医・夏目衛に、時任三郎。救命救急センターで心臓外科医を標榜し、昔ながらの教育方針や医局の運営を巡って、医局長となった楓とはことあるごとに衝突する、アウトローな救命医・本庄雅晴には、佐々木蔵之介を迎える。  本作について松嶋は「また、『救命病棟24時』シリーズに帰ってくることができたこと、大変うれしく思っています。今回の第5シリーズでは、前作で医局長になった小島楓が、国立大学病院で新しい救命チームを作り上げていく過程が描かれると聞きました。毎回、ドラマにぴったりな曲を作ってくださるDREAMS COME TRUEさんの主題歌も楽しみですし、新たなスタッフやキャストの皆さんと撮影を頑張りたいと思っております」と意気込みを語る。  また、今回シリーズ初参戦となる時任と佐々木は以下のようなコメントを寄せている。    「この歴史のあるシリーズ作品に出演させていただけることを光栄に思っています。人気作の第5シリーズということで、今までのシリーズの世界観を壊さないよう、そして多くのファンの方々の期待に応えられるように頑張ります。どうぞお楽しみに」(時任)。  「『救命病棟24時』、このドラマを見て、医師を志し実際に今、医療に携わり従事している方も多いと聞きました。1999年から続く歴史あるシリーズのドラマに出演させていただくことを光栄に、そして覚悟をもって参加しなければと思っています。“人命を救う”という仕事に従事している医師たちを通して、“命の尊さ”を伝えられる骨太でエンターテインメントなドラマになればと思います。ご期待ください」(佐々木)。  さらに、注目される主題歌は、歴代の『救命病棟24時』4シリーズのすべての主題歌でタッグを組んでいる DREAMS COME TRUE が担当。このドラマのために新たに書き下ろした新曲(発売未定)が起用される。  『救命病棟24時』はフジテレビ系にて、2013年7月スタート

  • 夏帆、「劇場版 タイムスクープハンター」ヒロインに

    要潤、杏に続き、「劇場版 タイムスクープハンター」ヒロインに夏帆が決定

    映画

     NHK総合テレビで2008年に放送され大好評を博して以来、2009年ファーストシーズン、2010年セカンドシーズン、2011年サードシーズン、2012年フォースシーズンとファンを増やし続けてきた大人気ドキュメンタリードラマ風歴史教養番組「タイムスクープハンター」が先日TVシリーズに引き続き、要潤、杏出演でギャガ配給にて映画化されることが発表され話題となったが、新たなヒロインとして夏帆が決定した。@@cutter 夏帆が演じるのは、タイムスクープハンターの研修生として先輩の沢嶋(要潤)と行動を共にし、4つの時代を行き来することになる重要なヒロイン=細野ヒカリ役。タイムワープした時代ごとにセーラー服やバージョンアップされたタイムスクープハンターのボディスーツ姿、さらには戦国時代の鎧姿も披露するという。  また、タイムワープした安土桃山時代の重要な鍵を握る織田家の侍・矢島権之助役には、実力派俳優・時任三郎。さらに、主人公のボス、タイムスクープ社局長・一ノ瀬忠文役には名優=宇津井健、歴史上実在の人物で博多の豪商であり、高名な茶人でもあった島井宗叱(そうしつ)役にはダチョウ倶楽部の上島竜兵が決定。テレビシリーズでは、沢嶋雄一役の要潤、古橋ミナミ役の杏以外はすべて無名俳優を起用してきたが、映画版は豪華俳優陣が重要な役どころで登場することになる。  今回の決定を受け、夏帆からは「独特な撮影方法に悪戦苦闘です。とんでもない映画にかかわってしまいました!中尾監督をはじめ、スタッフの皆さんの『新しい映画を創ろう』『面白いものを撮ろう』というクリエイティブ魂に驚かされながらも、刺激的な毎日です。わたしも負けじと精一杯頑張ります」、時任からは「テレビシリーズは時々拝見していて、独特な映像手法がリアル感を生み出し、見ているものをグイグイ映像に引き込む力を持っている番組だと感じました。俳優陣もカツラではなく自前の髪を使った方がほとんどで、その辺りも時代劇をリアルな生活感のあるものにしている要素だと思います。今回は劇場版に出演させていただけるということで、精一杯やらせていただこうと思っています」とそれぞれのコメントが到着。  テレビシリーズでは知られざる歴史をスクープしてきたタイムスクープ社が、劇場版では日本の歴史史上最大のミステリーのひとつと言われる「安土城焼失の謎」に迫る。滋賀県全面バックアップのもと、史上初めて、安土城を実際の安土城跡で撮影するというのも今から大きな話題となっている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access