小籔千豊 関連記事

  • (左から)小籔千豊、吉村崇

    小籔千豊&ノブコブ吉村、令和最初の一般参賀へ「10時の回に入れました」

    エンタメ

     お笑い芸人の小籔千豊が4日にインスタグラムを更新し、同日行われた天皇陛下の即位を祝う一般参賀に、平成ノブシコブシの吉村崇と訪れたことを報告した。@@cutter この日、行われた一般参賀には14万人を超える人々が訪れた。早朝から多くの人たちが集まり、長蛇の列をなした。  そんな中、「#朝6時から並びました」という小籔は、「#一回目の10時の回に入れました」と報告。吉村と共に写る2枚の写真をアップした。マスク姿の2人だが、「#マスクは9時58分くらいに外しまして」「#おいでになられている間は外しておりました」そうだ。  いつもの投稿では、さまざまな小ボケを盛り込むことも多い小籔だが、この日は「#今日はボケなしのインスタ」とのことで、祝賀ムードを伝える内容となった。 引用:https://www.instagram.com/koyabukazutoyo_shinkigeki/

  • ゆりやんレトリィバァ

    どんなメンツ!? 川谷絵音、小籔千豊、ゆりやんの異色3ショットに反響

    エンタメ

     ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音が25日、自身のインスタグラムを更新。お笑い芸人の小籔千豊、ゆりやんレトリィバァとの3ショットをアップし、話題を呼んでいる。@@cutter 川谷は「小籔さんとゆりやん様とランチandカフェ。銀座のマダムに混じりました」というコメントとともに、カフェの中で撮影した3ショットをアップ。さらに、イチゴパフェを堪能している小籔とゆりやんの姿も投稿した。  また、小藪も自身のインスタグラムで3人でランチに出かけたことを明かし、川谷同様楽しんだ様子を写真と動画で報告した。  川谷と小籔はロックバンド・ジェニーハイのメンバー(川谷はギター&プロデュースを担当、小籔はドラムスを担当)でもあることから親交が深いが、ゆりやんとの共演は珍しいということもあり、ファンからは「どんなメンツ笑」「めっちゃ楽しそうな御三方ですね」「異色のコラボ」といった反響コメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/indigolaend/え

  • 腹筋バキバキだった小籔千豊

    小籔千豊の腹筋がバキバキ! と思いきやタプタプ だまされた人が続出

    エンタメ

     お笑い芸人の小籔千豊が23日、自身のインスタグラムにて、見事に6つに割れたバキバキの腹筋を披露した…と思いきや実際にはタプタプだった。この肉体には秘密があり、うっかりだまされた人が続出した。@@cutter 小籔が披露したシックスパックは、実はアプリにより加工された写真だった。写真と共に添えられた“ダサい”ポエム。これは小籔がインスタグラムでよく披露しているものだが、これを頭から読んでいくと、「あんなに嫌いだったコツコツを それで気づいたら 腹筋バキバキになってた」とつづられている。一見、彼が毎日筋トレで鍛え上げた結果、見事な腹筋がつくられたと思うが、その後のハッシュタグを見ていくと、「#ウソです #アプリです #ほんとはお腹タプタプ #バキバキなのは腰」と書かれている。  小籔の投稿には見事にだまされた人が続出。「いや、マジで腹筋ビビったけど嘘かい!」「びっくりした!本当なのかと思った!」「ほんとに腹筋割れたのかと思いました」「リアルにビックリしました」といったツッコミや感想が届いている。 引用:https://www.instagram.com/koyabukazutoyo_shinkigeki/

  • 役所広司、15年ぶり連ドラに「ドキドキ」 山崎賢人&竹内涼真は第1話に早くも感動

    役所広司、15年ぶり連ドラに「ドキドキ」 山崎賢人&竹内涼真は第1話に早くも感動

    エンタメ

     15年ぶりに連続ドラマに出演する俳優の役所広司が8日、都内で開催された10月15日スタートの日曜劇場『陸王』(TBS系/毎週日曜21時)の第1話特別試写会&舞台挨拶に、共演の山崎賢人、竹内涼真、風間俊介、上白石萌音、小籔千豊、ピエール瀧と共に出席。役所は「本当に魅力的な人たちばっかりなので、毎日ドキドキしながら、刺激をもらいながらやっています」と手ごたえをのぞかせた。@@cutter 池井戸潤の同名小説を基にする本作は、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」の経営を立て直す打開策としてランニングシューズ「陸王」の開発に挑む物語。「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じる役所は、15年ぶりの連ドラ出演について「15年ぶりに台本を5冊くらい持って頑張ってますけど、今はすごく楽しいです」とニッコリ。「本当に魅力的な人たちばっかりなので、毎日ドキドキしながら、刺激をもらいながらやっています」と手ごたえをのぞかせた。  宮沢の長男・大地を演じる山崎は、第1話の感想について「いい話ですね…」としみじみ。「これから大地も(『陸王』の企画に)加わっていくっていうのをやっていくんですけど、すごい楽しみです」と期待を込めた。物語のカギを握る陸上競技部員・茂木裕人を演じる竹内は「本当に感動しましたし、『陸王』という作品に自分は携われているんだなあというのを、誇りに思いました」と満足げ。そして「1話を観て、最後まで、もっと死ぬ気で気持ちを入れて頑張らないといけないなと思いました」と気持ちを新たにしていた。  一方、埼玉中央銀行融資課の銀行員・坂本太郎に扮する風間は、池井戸作品ではヒールが多い銀行員という役柄について「池井戸さんの作品ですから、よしじゃあ嫌な奴をやってやろうと思ったんですけど、今回はものすごくいい銀行員で。もちろん世の中にいい銀行員の方もいっぱいいらっしゃると思うので、そのいい銀行員の人たちの思いを全部背中に背負ってやっていきたい」と語り会場を沸かせた。  日曜劇場『陸王』は、TBS系にて10月15日より毎週日曜21時放送(初回は2時間スペシャル)。

  • 小籔千豊、ミランダ・カーとカズニョロポーズ

    小籔千豊、ミランダ・カーと遂に対面 カズニョロ2ショットに「顔の遠近感おかしい」

    エンタメ

     吉本新喜劇座長の小籔千豊が13日、ミランダ・カーとのツーショットをインスタグラムに公開した。これまで切望してきたミランダと揃っての“カズニョロポーズ 実現に、「言霊を今日ほど信じたことはない」と感激している。@@cutter 自身のインスタグラムをきっかけに“モデル”としても活躍する小籔。これまでに、女性ファッション誌の表紙を飾ったり、SNSを通じてさまざまな芸能人との“カズニョロポーズ”を披露してきた。また、インスタグラムにアップする写真には、つねに「mirandakerr」とハッシュタグをつけ、ミランダへの愛を発信し続けてきた。11月にはその思いが通じ、ミランダ自らカズニョロポーズをした写真をインスタグラムに公開。小籔はこれをリポストし「#会わさんかい」「#いや会わさんでええ」「#めちゃめちゃ緊張するわ」などと反応していた。  そんな小籔は今回、2016年1月23日発売のファッション誌「ViVi」(講談社)での企画でミランダとの対面が遂に実現。写真に写る両者を見比べ「#写真合成みたいやね」「#顔短いよミランダ」と感想を述べ、「#今年のいつから言い出したか #ミランダに会うというおもんないボケ #皆さんのおかげでこんなに早く達成」と驚きを明かしている。  これまで小籔の“ミランダ愛”を見届けてきたファンも写真に感激し、「ついに、この日が来ましたね!」「ずっとタグってたらこんなことなるやなんて! 小藪兄さん、おめでとーう」「有言実行したねっ」と喜びの声が届く一方、「顔の遠近感おかしい」「顔のサイズ感…」「ミランダ、カズニョロの顔半分…」と顔のサイズ差への驚きを隠せないファンも数多くいる。

  • 『マネーの天使 ~あなたのお金、取り戻します!~』 小籔千豊&片瀬那奈がW主演

    小籔千豊、ドラマ初主演に「演技ヘタやけどいいですか」 片瀬那奈とW主演で初共演

    エンタメ

     お笑い芸人の小籔千豊と女優の片瀬那奈が、2016年1月放送のドラマ『マネーの天使 ~あなたのお金、取り戻します!~』(読売テレビ・日本テレビ系)にてW主演でドラマ初共演を果たすことがわかった。金銭トラブルをテーマにした本作で、小籔はドラマ初主演、片瀬は民放連続ドラマ初主演を務める。@@cutter 『マネーの天使』は、“ゼニの街”大阪を舞台にした1話完結の勧善懲悪ヒューマンドラマ。“バカ正直”な無職・竹内茂と、弁護士を目指しているメキシコ料理屋の店長・栗原理佐の主人公2人が、様々な金銭トラブルを解決するために奮闘し、泣き寝入りしていたお金を痛快に取り戻すコミカルかつハートフルな内容だ。  茂役でドラマ初主演となる小籔は「吉本新喜劇座長、山田洋次監督の映画、朝ドラにも出た。経歴だけ見たら演技できるヤツみたいですけど…お芝居のお話を頂く時、メチャメチャ演技ヘタやけどいいかどうか確認してるんです」と明かし、「今回も心の広い監督さんがヘタでもいいということで、やらせて頂くことになりました。共演者の皆さんに支えて頂いて、クランクアップまで何とか頑張れたらいいなと思っております」と謙遜気味に意気込みを語る。  理佐役の片瀬は「理佐はとても前向きで、困っている人を放っておけない正義感が強いタイプだと思う。自分の意思をしっかり持っていて、“江戸っ子”っぽい感じをイメージしています。下町の頼りになるお母さんみたいな雰囲気を出せたらいいなと思っています」と、既に役作りのイメージもばっちりな様子をみせた。  また、本作は小籔と片瀬のほか、葵わかな、矢倉楓子(NMB48)、藤田みりあ(フェアリーズ)、中野公美子、永瀬匡、竹中直人らの出演も決定している。  『マネーの天使 ~あなたのお金、取り戻します!~』は、読売テレビ・日本テレビ系にて2016年1月7日23時59分放送スタート。

  • 小籔千豊、三代目J Soul Brothersと“カズニョロポーズ”

    小籔千豊、“新生”三代目JSBに加入 豪華ショットに「でかしたっカズニョロ」

    エンタメ

     お笑い芸人の小籔千豊が27日、自身のインスタグラムにて三代目J Soul Brothersとの“カズニョロポーズ”ショットを公開。「きゃー!まさかっ!ナオトさまぁぁぁあぁぁっっ!泣いてもイイですかっっ!」と喜びを爆発させている。@@cutter また、「写真撮る前に小林さまが“新生三代目J Soul Brothers”だってぇ!カズニョロもメンバー入り!?それ聞いた瞬間ビックリしすぎて、ちっちゃなオナラが出ましたっ!ひとりだけ“屁Soul Brothers”じゃん!じわる!恥ずかしくてランニングマンで逃げようかと思ったケドあれじゃ前に進まない!今から寝れるかな♪今日はポピポピな夜でした」とハイテンションに綴る小籔。  一方、ハッシュタグでは「#やらせてすみません」「#またいつかお願いします」「#めっちゃモテそうな塊やった」「#新生三代目JSoulBrothersやて」「#ダンス練習しとこ」「#あほか」「#めっそうもない」と、恐縮する様子もみせている。  このインスタグラムには「めちゃめちゃレアshotですね!でかしたっカズニョロ(小籔の愛称)」「カズニョロわりとまじでうらやましい!(笑)」「のり、良すぎやろ!三代目!」「小籔座長と三代目どっちも大好きなので嬉しいすぎる~」といったコメントが殺到。  また、三代目JSBのメンバーと並んでもスタイルの良さが際立つ小籔に対し、「カズニョロが一番スタイル良くてわろたw」「カズニョロも背が高くてスタイル良い!」「いちばんかずにょろがモデルっぽいw」「足長いはずのイマイチさんの足が短く見えるぐらいカズニョロ足長いんだね!」等のコメントも届いている。

  • ミランダ・カー、小籔千豊の“カズニョロポーズ”を披露

    ミランダ・カー、“カズニョロポーズ”を披露 小籔千豊も感激!

    エンタメ

     世界的な人気を誇るファッションモデルのミランダ・カーが、インスタグラムで日本のお笑い芸人・小籔千豊のお馴染み“カズニョロポーズ”を披露。この写真には18万を超える“いいね!”が付いており、小籔自身も「ミランダ様のインスタにカズニョロポーズっ!」と喜びを綴っている。@@cutter 小藪は、これまでに自身がインスタグラムに投稿したほぼ全ての写真に、“mirandakerr”とのユーザータグを付けている。今回、そのミランダ本人が“カズニョロポーズ”を披露したことを受け、リポストした写真に「#会わさんかい」「#いや会わさんでええ」「#めちゃめちゃ緊張するわ」「#今一番会ったら緊張するかも」などのハッシュタグをつけ喜びを明かした。  両者のインスタグラムには「カズニョロやばー!世界進出してきたな」「可愛すぎてカズニョロポーズだって気付けなかった!」「さすがクオリティが違う…笑」「これほんとにものすごいこと…」「カズニョロおめでと!ずっとミランダカー(のタグ)付けてたのが報われたね!」「いつかツーショットでお願いします」等のコメントが届いている。

  • 真木よう子が公開した“カズニョロ”ポーズで宮川との2ショット

    真木よう子、宮川大輔と“カズニョロ”ポーズ 「今度は小籔さんと!」ファンから反響

    エンタメ

     女優の真木よう子が16日、インスタグラムにてお笑い芸人・宮川大輔との2ショットを投稿。「取り敢えず。宮川さんで、カズニョロポーズ」というコメントの通り、2人とも小籔千豊のお馴染みのポーズできめている。@@cutter “カズニョロ”とは、小籔の愛称。小籔は自身のインスタグラムで、筧美和子やマギー、道端アンジェリカら多くの芸能人と撮った写真を投稿しており、“カズニョロ”ポーズはその際の定番となっている。また、真木は先日、小籔のインスタグラムに「そろそろわたくしも、出して下さいな!」と直接コメントして話題を呼んでいた。  今回の真木と宮川のカズニョロポーズ2ショットには、「カズニョロ嫉妬しそー(笑)」「真木さんのカズニョロポーズ最高」「宮川さん、カズニョロに怒られますよ 」「今度はぜひ小籔さんと!」との反響がある一方で、「顔の大きさがw」「顔小さい。宮川さんの半分」「遠近感パナい!」など、真木の小さな顔にも注目が集まっている。

  • 大島優子、有吉弘行が公開したちゃんりお

    大島優子、有吉弘行、西川貴教…芸能人“ちゃんりお”続々!サンリオ新サービスが話題

    エンタメ

     サンリオが、無料で配信するオリジナルキャラクター制作コンテンツ「ちゃんりおメーカー」。自身そっくりのサンリオキャラクターを生み出せるというもので、いちからパーツを組み合わせたり、アップロードした写真をもとに作ることも可能という手軽さから、大島優子や有吉弘行など芸能人らが続々と自身の“ちゃんりお”を制作、話題を呼んでいる。@@cutter 「ちゃんりおメーカー」は、サンリオが始めた新たなサービス。アップロードした写真やWEBカメラで撮影した写真をもとに、自身のオリジナルキャラクターを作ることができ、また、いちからパーツを組み合わせて作成することも可能。さらに、自身の“ちゃんりお”をピューロランドに連れていくとバーチャルパレードや限定パーツがもらえたりと、ピューロランドと連動した楽しみ方もできる。  今月よりスタートしたばかりだが、すでに大きな話題を呼んでいる同サービスは、大島や有吉のほかにも、益若つばさや水川あさみ、小籔千豊、さらに「たかみな(高橋みなみ)が“ちゃんりお”で作ってくれた俺…なんでパンイチやねん…」という西川貴教など、多くの芸能人も自身のSNS上でちゃんりおを公開して楽しんでいる。  ネット上では、「かわいい♪」「似てるー!」「私もちゃんりお作りました!」「これ、グッズ化してください笑」などの声が寄せられているほか、ファンが作成した芸能人ちゃんりおも多数投稿されている。

  • 小籔千豊、先輩芸人・藤本敏史と毒舌2ショット

    小籔千豊、FUJIWARA藤本敏史と2ショット 「嫁と撮りたかったわ」先輩にも毒舌

    エンタメ

     お笑いタレント・小籔千豊が14日、インスタグラムにてお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史との2ショットを投稿。「コレは誰でしょう!?ジャーン!答えは、急に話しかけられた全然知らないヒトでしたっ」というコメントと共に、「#嫁(木下優樹菜)と撮りたかったわ」などのハッシュタグを付け、相変わらずの毒舌ぶりをみせている。@@cutter さらに、「“俺な、三宿でモヒートの専門店やっててん”だって!知らねーしっ!“モヒートしかなかってん、おつまみもなかってん、モヒートのみ”。なんじゃその店!“三ヵ月でつぶれてん”。そらそーだろ!」とコメントを続ける小籔。  またハッシュタグでも「#じゃがいも先輩」「#じゃがいもの嫁のインスタのフォローワーえぐい」「#女覇者」「#よー結婚できたな」「#あんなキレイな覇者とじゃがいも」「#じゃがいも腹立つ」「#無茶苦茶風邪ひけバカタレ」など毒舌ぶりを発揮するも、「ゲゲっ藤本さんとこのお子さん風邪やって!申し訳ない!これはマジで治るようにアマテラスオオミカミに祈ろ!」と、素に戻っている箇所も。  このインスタグラムには、「じゃかいも笑」「先輩になんて言葉(笑)」「先輩なのにイジリえぐい(笑)でも面白すぎます!」などのコメントのほか、「違う違う違う!︎嫁の相手はフジもんしかいなかったんだよ︎!フジもん優しいんだよ!」「フジモンはほんといいパパですよね」など藤本の良き夫ぶりを称える声も届いている。

  • 小籔千豊、二階堂ふみを肩を抱いた2ショット公開

    小籔千豊、二階堂ふみの肩を抱きドヤ顔 「ポピんなさいね」謝罪の新ギャグ誕生

    エンタメ

     お笑いタレント・小籔千豊が2日、女優・二階堂ふみの肩を抱いた2ショットをインスタグラムで公開。画像と共に、「#インスタグラム見てますゆわれたからなんかエッジ効いた写真にせなと思い」「肩だいていいすかと撮らせてもらったが」「#キモイだけで全くおもんない」「#なんやこれ」「#がっちりすべっとる」とハッシュタグを付けている。@@cutter よっぽど嬉しかったのか、「#一生他人の肩抱かないと誓った今日は肩抱かない記念日」と明かしつつも、「#この写真の二階堂さんの顔」「#夜お風呂場で肩を金ダワシで擦りまくるぞと決意したみたいな顔してる」「#ポピんなさいね(“ごめんなさい”の意)」と自虐的なタグを続ける小籔。  このインスタグラムには、「ふみちゃん可愛いです」「ガチでかわゆい」などの声や、小籔のギャグに対して「ポピんなさいはやばいw」「ポピンなさい…おもろ過ぎます!」といった感想が続出。また、二階堂も自身のインスタグラムで、「大好き小籔さんと」というコメントと共に、2人で手を合わせハートを作った写真を公開している。

  • 映画『陽だまりの彼女』初日舞台挨拶に出席した上野樹里

    嵐・松本潤、5年ぶりの映画に「僕にとって大切な作品」 小籔の毒舌にも大人の対応

    映画

     嵐の松本潤と上野樹里が、12日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた映画『陽だまりの彼女』の初日舞台挨拶に、玉山鉄二、大倉孝二、谷村美月、菅田将暉、北村匠海、葵わかな、小籔千豊、三木孝浩監督とともに登壇した。本舞台挨拶の模様は全国75の劇場で生中継された。@@cutter 本作は、累計発行部数100万部を突破した越谷オサムのベストセラー恋愛小説を、映画『ソラニン』などの三木孝浩監督で映画化。10年ぶりに再会した幼なじみが、恋に落ちていく姿をファンタジックに描く。  5年ぶりの映画出演となった松本は「僕にとってとても大切な作品になりました。年を重ねるたびに、色々な見方ができる映画だと思うので、環境が変わるたびに何度も観たいです」と感無量な表情で初日を迎えられた感想を語った。  一方、ヒロインを演じた上野も「じっくりと時間をかけて、三木監督とディスカッションして、細やかな部分まで詰めたので、気持ちよく撮影に臨めました」と作品の出来には満足そうな表情を見せた。  玉山が「わきあいあいとした楽しい雰囲気だった」と言うようにチームワーク抜群の現場だったようだが、一人不満そうな顔をした人物が……。松本演じる浩介の上司役として映画に参加した小籔は「役者じゃない僕が一生懸命、セリフを覚えようとしていると、松本君が話しかけて邪魔してくる。いつも僕のことをいじめるんですよ!」と客席に訴える。  さらに小籔は「ジャニーズとの共演はNGにしたいぐらい嫌です。DNAが騒ぐというか、体がピリピリしてくるんですよ。松潤もやっぱり無理でした。僕が普通にしゃべれるジャニーズは関ジャニ∞の安田(章大)さんぐらいですよ」とジャニーズオーラに圧倒され、普段通りでいられないことを明かす。しかし、そんな小籔の毒舌!?にも松本は「僕は小籔さんとのシーンはとても楽しかったですよ」と爽やかな笑顔で語ると、会場からは大きな拍手が巻き起こった。  三木監督は「“温かさ”や“柔らかさ”を大事に作り上げた作品です。観た人にも『陽だまりの温かさ』を感じていただければ嬉しいです」と作品をアピールしていた。  映画『陽だまりの彼女』は全国公開中。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access