野木亜紀子 関連記事

  • (左から)『罪の声』で映画初共演する小栗旬×星野源

    小栗旬×星野源、映画初共演 昭和最大の未解決事件モチーフ『罪の声』映画化

    映画

     昭和最大の未解決事件「グリコ・森永事件」をモチーフにした塩田武士のミステリー小説『罪の声』が、俳優の小栗旬と星野源のダブル主演により映画化されることが決まった。2020年の公開を予定している。@@cutter 『罪の声』は、フィクションでありながら作者の綿密な取材と着想を織り交ぜたリアリティある物語が話題を呼び、2016年「週刊文春」ミステリーベスト10で国内部門1位を獲得、第7回山田風太郎賞を受賞し、現在18万部を突破するベストセラーとなっている。実写化となる本作では、事件の謎を追う新聞記者を小栗が、幼少時に自分の知らないうちに事件に関わってしまった男を星野が、それぞれ演じる。監督は映画『いま、会いにゆきます。』『涙そうそう』の土井裕泰。  平成も終わりを告げようとするとき、昭和最大の未解決事件に翻弄される2人の男がいた。新聞記者の阿久津英士(小栗)は、昭和最大の未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、残された証拠を元に取材を重ねる毎日を過ごしていた。そして30年以上前の事件の真相を追い求める中で、どうしても気になることがあった。なぜ犯人グループは、脅迫テープに男児の声を吹き込んだのか。  京都でテーラーを営む曽根俊也(星野)は、父の遺品の中にカセットテープを見つける。再生すると聞こえてきたのは、幼いころの自分の声。それは30年以上前に複数の企業を脅迫し、日本中を震撼させた昭和最大の未解決事件で犯行グループが使用した脅迫テープと全く同じ声だった。やがて運命に導かれるように2人は出会い、ある大きな決断へと向かう。  「原作を読み終えたあと、開けてはいけないと言われている扉をあけてしまったような興奮と不安を持ったことを覚えています」という小栗。「この作品を映画化するのか、これは覚悟のいることだなと思いましたが、制作チームにお会いし、皆さんの揺るぎない覚悟を伺って、その覚悟の一員にさせてもらうことを決意しました」と話す。  星野は「3年前、とある作品の撮影中にプロデューサーの那須田(淳)さんと雑談していた時。この作品のストーリーを聞き、その発想と恐ろしさに激しく鳥肌が立ったのを今でも覚えています。『この役を源ちゃんでイメージしているんだ』と言って頂いた時から長い年月を経て、その役・曽根俊也を演じられることを感慨深く、嬉しく思います」としている。  今回の映画化に、原作者の塩田は「映像化は容易ではない、と考える自分がいるのは事実だ。しかし、阿久津英士役に小栗旬さん、曽根俊也役に星野源さんと伺ったとき、自分のイメージを超える配役だと膝を打った」とした上で、「この映画は総力戦になる、という予感がある。また、そうでなければ戦後最大の未解決事件に立ち向かえはしない。新しい時代を迎える日本で、映画が持つ大きな力を信じて、大作の完成を待ちたい」と期待を寄せている。  映画『罪の声』は2020年全国公開。

  • VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2018 授賞式・記者会見に登場した中村アン

    中村アン、21歳のときインターン面接を受けた「VOGUE」に表彰され感無量

    エンタメ

     女優の中村アンが26日、都内で行われた「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2018」授賞式に出席。21歳のときに就職活動で「VOGUE」のインターン面接を受けた経験があるという中村は「素敵な賞がいただけてうれしいです」と感無量の様子だった。@@cutter さまざまな分野で圧倒的な活躍を見せ、スタイル、生き方、美において「VOGUE JAPAN」読者をインスパイアした ヴォーグな女性たちを選出する同賞。受賞者として中村のほか、松本穂香、梶芽衣子、モデルの森星、ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)、現在放送中の『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)を担当する脚本家・野木亜紀子らが出席した。「VOGUE JAPAN」の渡辺三津子編集長は今年の受賞者の顔ぶれについて「大胆さと繊細さの両方を兼ね備えた女性だと感じました」と語った。  11クール連続で連続ドラマに出演し、4月の『ラブリラン』(日本テレビ系)では初主演。現在放送中の『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)にも出演中の中村は「実りある年になりました」と満面の笑み。実は21歳のとき、就職活動で「VOGUE」のインターンを希望し、面接を受けた経験があったそうで「31歳になって、10年経って素敵な賞がいただけてうれしいです」と喜びを口にした。  松本はドラマ『この世界の片隅に』(TBS系)主演などで話題を呼んだが「そんなに、学生時代とかキラキラしてた方じゃないので、こんなキラキラした場所に立ってていいのかという気持ちでいっぱいです」と緊張の面持ち。「平成最後にやりたいことは?」という質問に「(東京)ディズニーシーに遊びに行きたい」と語り、「今年一番楽しかったこと」を尋ねられると「友達と熱海旅行に行ったこと。ソフトクリームを食べたり…」など庶民派トークで笑いを誘っていた。  森はファースト写真集発売に加え、世界最大のファッション祭典「MET GALA2018」に参加するなど飛躍の1年となったが「2018年は、種まきとチャレンジングの年で、素晴らしい経験をさせていただく機会に恵まれました。自分の強さと弱さが知れた年でもあり、好きなこともたくさん見つけたので来年に向けて頑張りたいです」と力強く語った。  この日は俳優の城田優が司会を務めたが、城田が登壇陣に「クリスマスのご予定は?」と尋ねる一幕も! すかさず森から「週刊誌の記者に見えてきた(笑)」とツッコミが入り、城田も「僕もやりながら『これは俺の仕事なのか?』と…(笑)」と苦笑を浮かべていた。  なお受賞者の1人で、シンガーソングライターのあいみょんは、ツアー中のため欠席となった。

  • 「東京ドラマアウォード2018」授賞式

    話題のTVドラマキャスト陣続々!「東京ドラマアウォード2018」授賞式<フォト集>

    エンタメ

    “世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰する「東京ドラマアウォード」。話題のTVドラマキャスト陣が登場した授賞式の様子をお届けします!

  • 土曜ドラマ『フェイクニュース』前編場面写真

    今夜『フェイクニュース』前編、北川景子が事件の真相を追うネット記者に

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務め、脚本を『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』の野木亜紀子が手掛ける土曜ドラマ『フェイクニュース』(NHK総合/前編20日21時、後編27日21時)が今夜放送。前編では、大手新聞社からネットメディアに出向してきた記者・東雲樹(北川)が、食品への青虫混入事件を機に、企業間の争いに巻き込まれていく姿が映し出される。@@cutter 大手新聞社からネットメディアに出向してきた東雲樹は、ある日編集長である宇佐美寛治(新井浩文)より、インスタント食品への青虫の混入事件について、取材を行うよう命じられる。樹の前に現れたのは、SNSに青虫が混入している模様を投稿をした男(光石研)だった。果たして、この男は嘘をつぶやいたのか? 一体、何が目的なのか?  この男の投稿をきっかけに、事態は思わぬ方向へ展開し、やがて企業間の争いにまで発展。その矛先は、樹自身にまで及んでいく。何が本当で、何が嘘かも分からない世の中で、樹は記者としてフェイクニュースにどう立ち向かっていくのか。そして、一連のフェイクニュース騒動の果てに見つけた真実とは?  土曜ドラマ『フェイクニュース』は、NHK総合にて前編が今夜10月20日21時、後編が27日21時放送。

  • 土曜ドラマ『フェイクニュース』試写会に登場した北川景子

    北川景子「弱々しい役は演じたことがない」 強めの役は十八番

    エンタメ

     女優の北川景子と脚本家の野木亜紀子が、11日に都内で行われた土曜ドラマ『フェイクニュース』(NHK総合/10月20日、27日21時)の試写会に出席した。本作で真実を追求する記者役に挑んだ北川は、本作を含め自身が演じてきた役柄について「毎回毎回、わりかし強めの役です」と笑顔で語った。@@cutter 大手新聞社からネットメディアに出向してきた東雲樹(北川)が、食品への青虫混入事件をきっかけに、企業間の争いに巻き込まれていく姿を映し出す本作。NHKドラマ初主演の北川は「思慮深さと、またその思慮深い人間が間違いを犯してしまうということが後半に繋がっていくんですけど、そのあたりをしっかり描けたらいいかなと思っていたので、記者だからというよりは、樹というキャラクターがどんな人なのかをすごく考えて演じたと思います」と撮影を回想。  野木については「ずっとご一緒したいと思っていた」とニッコリ。今回の役柄と、同局で放送中の大河ドラマ『西郷どん』で演じている天璋院篤姫との共通点に話が及ぶと「芯の強さ」だと言い、「肉体的にも非常に強い女性になっておりますので、強さという部分では共通性があるのかなと思います」とも。また「反対に、弱々しい役柄というのを演じたことがなくてですね(笑)。毎回毎回、わりかし強めの役ですから、十八番といったところだったかもしれない」と笑顔で続けた。  そんな北川は、ネットニュースへの考え方について「私自身、非常に慎重な性格で、マスメディアの報道ですとか情報というものには必ず偏りがあると認識している」と発言。「目にした情報を鵜呑みにしないということと、聴き比べですとか見比べてみて、どこが報じていることが一番真実に近いのかな?とか。そういうことを取捨選択して見極める目を持つことが非常に大切なのかなとずっと思ってきた」としたうえで「(自分が)感じてきたことが、作品を通じて世の中に伝えられるというか、問題を投げかけることができるのはすごく良かったなと思っています」と振り返っていた。  土曜ドラマ『フェイクニュース』は、NHK総合にて前編が10月20日21時、後編が27日21時放送。

  • 『獣になれない私たち』主演の新垣結衣

    新垣結衣&『逃げ恥』脚本家 『獣になれない私たち』は社会派ラブコメ?

    エンタメ

     女優の新垣結衣と俳優の松田龍平主演のドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第1話が10日に放送され、新垣演じるヒロインが遭遇するシリアスな出来事の数々に視聴者から「単なるラブコメじゃなかった」「ラブコメっぽい社会派ドラマなのかな」などの声がネット上に寄せられた。@@cutter 本作は大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んだラブストーリー。誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、エリート会計士・根元恒星(松田)が、本音でぶつかりながら自分らしく人生を踏み出す姿を描く。  住宅街にあるビールバー「5tap」に2組の男女が来店していた。一方は、ECサイトの制作会社に勤める深海晶と、大手デベロッパー勤務の花井京谷(田中圭)のカップル。もう一方は、バーの近くで公認会計士・税理士事務所を構える根元恒星とデザイナーの橘呉羽(菊地凛子)のカップルだ。  呉羽が唐突に結婚したことを告げると恒星は驚いた表情に。後日、晶は仕事からの帰り道にある「5tap」に立ち寄ると、恒星が飲んでいるところに出くわす。晶が思い切って恒星に話しかけると…。  第1話で描かれたのは、晶が置かれたハードな日常の数々。職場では社長の九十九(山内圭哉)から高圧的な態度で怒鳴られ続け、社外でも業務確認のLINEがひっきりなしに送られてくる。さらに取引先の担当者からは土下座の強要や、身体への接触、電話で粘着質なデートの誘いなどを受け、晶は心身ともに疲弊させられる。  現代の働く女性たちが置かれた状況の一端を表すような描写の数々に、視聴者からは「がっきーのポジションよ!めちゃくちゃわかる!」「晶の目の笑ってなさ完璧」「晶ちゃんの人生って何なんだ」などの共感の声が殺到。  パワハラやセクハラといった社会問題を巧みに取り込んだストーリーに、第1話放送終了後は「野木さんお得意のラブコメっぽい社会派ドラマなのかな」「想像以上に社会派」「単なるラブコメじゃなかった」などの反響が。さらに「今までにないガッキーが見たかったのでわかりやすいラブコメじゃなくてほんとに良かった」「現代社会への訴えが各所に散りばめられていて、でもクスッとできるようなとこもあって。いいな」などの投稿もSNSに寄せられていた。

  • ドラマ『獣になれない私たち』に出演する八嶋智人

    八嶋智人が『獣になれない私たち』で土下座 追加キャストに吉村界人

    エンタメ

     女優の新垣結衣と俳優の松田龍平が共演する10月期ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第2話に、八嶋智人がゲスト出演することが発表された。また、追加キャストとして吉村界人の出演も明らかになった。@@cutter ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)や『アンナチュラル』(TBS系)の野木亜紀子が脚本を手掛ける本作。ECサイト制作会社の営業アシスタント・深海晶(新垣)と敏腕会計士・根元恒星(松田)が、仕事終わりにクラフトビールバーで偶然に出会ったことを機に、本音でぶつかり合うことで傷つきながらも、自分らしく踏み出していく様を描く。  八嶋が演じるのは、根元のもとを訪ねる中小企業の社長・勝俣。粉飾した税務申告書類に担当税理士として判を押してくれと、土下座して頼み込む役どころだ。松田と共演し、渾身の土下座シーンを演じた八嶋は、「(松田さんは)ただひたすらにクールな男だと思ってましたけど、なんか静けさの中に熱さがあるのを感じました。松田龍平さんのクールな芝居と、僕の昭和の芝居のぶつかり合いがみどころですね」とコメント。  また、新垣について「ガッキーはずいぶん前に一緒にお仕事をしていたので、『本当に大人の女性になられたな』と。今一番のってる女優なんじゃないかってビシビシ感じましたよ。ロケやってたら皆、新垣結衣ちゃんを見たくて続々と人が集まってくるっていうね。僕のことは完全にスルーでしたけど、、、おじさんだからいいんですけどね」と自嘲気味に語っている。  一方の吉村が第2話から演じるのは、晶の恋人で大手デベロッパーに勤務する花井京谷(田中圭)の部下・筧文彦。初登場シーンの撮影を終えた吉村は「僕はこれまで、映画だから、ドラマだからこそ、存在している少し浮世離れした役柄が多かったので、リアルな実年齢に近い役を演じられるのは純粋に嬉しいです。それこそが、俳優に与えられた使命でもあるからです」と話している。  水曜ドラマ『獣になれない私たち』は、日本テレビ系にて毎週水曜22時放送。

  • 『獣になれない私たち』第1話場面写真

    今夜『獣になれない私たち』スタート 新垣結衣と松田龍平が偶然出会い…

    エンタメ

     女優の新垣結衣、俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)が今夜スタート。第1話では、新垣演じるヒロインと、松田扮するエリート会計士の偶然の出会いが描かれる。@@cutter 本作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んで贈るラブストーリー。誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、女にモテるエリート会計士・根元恒星(松田)が、仕事終わりのバーで偶然出会い、本音でぶつかる中で傷つきながらも、自分らしく人生を踏み出す姿を描いていく。  住宅街にあるビールバー「5tap」に2組の男女が来店していた。一方は、ECサイトの制作会社に勤める深海晶と、大手デベロッパー勤務の花井京谷(田中圭)のカップル。もう一方は、バーの近くで公認会計士・税理士事務所を構える根元恒星と橘呉羽(菊地凛子)のカップルだ。  呉羽が唐突に結婚したことを告げ、薬指のリングを見せると恒星は驚いた表情に。呉羽は恒星のことは御構いなしに結婚祝いのビールを開けさせ、店内の客に振る舞い始める。晶と京谷も乾杯の輪に加わり、呉羽の結婚を祝うことに。  後日、晶はいつものように仕事からの帰り道にある「5tap」に立ち寄ると、恒星が飲んでいるところに出くわす。お互いに店の常連なものの、話しかけたことがなかった晶は、思い切って恒星に話しかけると…。  『獣になれない私たち』は、日本テレビ系にて10月10日より毎週水曜22時放送(初回10分拡大)。

  • (左から)田中圭、黒木華、菊地凛子

    『獣になれない私たち』黒木華&菊地凛子出演、ガッキーの恋人役に田中圭

    エンタメ

     女優の新垣結衣、俳優の松田龍平がダブル主演する10月期新ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)に、田中圭、黒木華、菊地凛子らが出演することが明らかになった。新垣演じるヒロインの恋人に扮する田中は「花井という男を楽しみながら生きていきたいと思います」とコメントしている。@@cutter 本作は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が、新垣と再びタッグを組んで贈る、今どきの男女のラブストーリー。「常に笑顔」で「仕事は完璧」、誰からも好かれ愛されている30歳の深海晶(新垣)と、「世渡り上手」で「人当たりがよく」女にモテるエリート会計士・根元恒星(松田)が、仕事終わりのクラフトビールバーで偶然出会い、本音でぶつかる中で傷つきながらも、自分らしく踏み出していく姿を描く。  田中が演じるのは、晶の恋人で大手デベロッパー勤務の優しい保身的な男・花井京谷。黒木は晶のストレスの原因となる「謎の女」長門朱里を演じ、菊地は恒星と最近まで付き合っていたブランドデザイナーで野性味ある情熱的な女・橘呉羽に扮する。  田中は「以前からご一緒したかった主演のお二人、他の方々との共演が楽しみで心踊っています。野木さんのオリジナルシナリオも楽しみですし、初めてご一緒する監督スタッフ、皆で現場を作れたらいいなと、とにかくワクワクしています。素敵な現場になって、それがテレビの前の皆様にも伝わればいいなぁと思います」とコメント。  「素晴らしく面白い方々とご一緒出来ること、大変嬉しく思います」と話す黒木は、「久々のドラマで緊張もありますが、野木さんの脚本を自分自身でも楽しみつつ出来ればと思います」と意気込みを見せる。菊地は「8年振りの野木さんの作品、そして11年振りの新垣さんと松田さんとの共演」と明かし、「楽しみしかありません。素敵な時間を過ごし、素敵な時間を皆様にお届けできたらなと思います」とメッセージを寄せた。  そのほか、田中美佐子、松尾貴史、山内圭哉、犬飼貴丈、伊藤沙莉、近藤公園、一ノ瀬ワタルなどバラエティ豊かな俳優陣が物語を彩る。  ドラマ『獣になれない私たち』は、日本テレビ系にて10月10日より毎週水曜22時放送(初回10分拡大放送)。

  • 土曜ドラマ『フェイクニュース』スタジオ取材会に登場した北川景子

    北川景子、新ヘアスタイルを脚本家・野木亜紀子に褒められ照れ笑い

    エンタメ

     女優の北川景子と脚本家の野木亜紀子が、31日に都内で行われた土曜ドラマ『フェイクニュース』(NHK総合/10月20日、27日21時)の撮影現場で取材に応じた。凛々しいショートボブカット姿で登場した北川は、フェイクニュースを扱う本作について「インターネットも主流になってきて、今だからこそピッタリな作品」と語った。@@cutter 本作は、大手新聞社からネットメディアに出向してきた主人公・東雲樹(北川)が、インスタント食品への青虫混入事件をきっかけに、企業間の争いに巻き込まれていく姿を描くドラマ。取材の時点で10日ほど撮影を行ってきたという北川は、「初めてNHKの土ドラの枠に参加させていただいて、野木先生ともタッグを組ませていただくことになって、お話をいただいたときはとてもうれしかったです」とコメント。  「取り扱っているテーマがフェイクニュースというところで、インターネットも主流になってきて、今だからこそピッタリな作品だと思ったので、すごく意気込みを持ってクランクインさせていただいて」とも語った北川。「テーマ的に、すごくライトでポップでということではないので、そこをいかにエンターテイメント作品として、楽しいところは楽しく作品を作っていけるのかなというのが、今のところ10日間撮影してみてテーマになっているかなと思います」と言い、「今はまだ探っている部分もあるというか、監督と話をしながら丁寧に作っているという感じです」とも話した。  一方、テレビドラマ『アンナチュラル』『逃げるは恥だが役に立つ』などの脚本で知られる野木は、北川について「モニターを見ると、流石に決まるなと思って。きりっと。髪、切られましたよね? すごくいいなと思って」と言い、北川は「役にも合っている…かと思います」と照れ笑い。続けて野木は「新しいものが見られそうな感じがしていて。お話し的にも、いろいろな表情が見られるシーンがあると思うので、北川さんのいろんな表情を楽しみにしています」と期待を込め、北川は「頑張ります」と応えていた。  土曜ドラマ『フェイクニュース』はNHK総合にて、前編が10月20日21時、後編が27日21時放送。

  • 北川景子

    北川景子、野木亜紀子脚本の『フェイクニュース』でNHKドラマ初主演

    エンタメ

     女優の北川景子が、ドラマ『アンナチュラル』や『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子が脚本を手がけるドラマ『フェイクニュース』(NHK総合/10月20日、27日21時)で主演を務めることが発表された。NHKドラマ初主演となる北川は「真実をあぶり出すことをテーマに熱く演じたいと思います」と語っている。@@cutter 本作は“フェイクニュース(虚偽の情報で作られたニュース)”をモチーフに、ネットメディアの女性記者が事実を追い求め、孤軍奮闘する姿を描く社会派エンタメドラマ。大手新聞社からネットメディアに出向してきたヒロイン・東雲樹を北川が演じ、NHKドラマで初執筆となる野木がオリジナルストーリーに挑んだ。  樹はある日、編集長の宇佐美寛治(新井浩文)からインスタント食品への青虫混入事件を取材するよう指示される。樹の前に現れたのは、SNSに青虫混入を投稿した男(光石研)。男が発した青虫混入の投稿をきっかけに、事態は思わぬ方向へ拡大。企業間の争いにまで発展し、その矛先はやがて樹自身にも及んでいく…。  北川は「何が真実で何が嘘なのか、溢れる情報を取捨選択する力、何を信じるべきなのか判断する力が、現代を生きる私たちには必要だと感じます」とコメント。さらにストーリーについて「真実と嘘、人は何を信じるのか、そんな普遍的なテーマを野木さんがエンターテイメント性あふれる脚本で書いてくださっています」と語っている。  野木はここ1、2年のフェイクニュースをとりまく状況の変化に「おそらく半年もすれば今の内容も古くなっていることでしょう。一方で、このドラマで描いている混乱は、半年後、一年後、十年後ですら変わらずに起こるような気もしています。まったく喜べません」と嘆きつつ、「とはいえ、これはフィクションです。エンターテインメントドラマです」と断言。「青虫と登場人物たちの悲喜こもごもを、軽い気持ちで観ていただけたら幸いです」と視聴者にメッセージを送っている。  ドラマ『フェイクニュース』は、NHK総合にて10月20日、27日の21時より前後編で放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access