生駒里奈 関連記事

  • (左から)ドラマパラビ『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』に出演する濱津隆之、秋山ゆずき

    『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』、濱津隆之&秋山ゆずきの“カメ止め”コンビ出演決定

    エンタメ

     女優・歌手の大原櫻子主演で7月にスタートするドラマ『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』(テレビ東京/毎週水曜25時35分)に、大ヒット映画『カメラを止めるな!』への出演で注目を集めた俳優の濱津隆之と女優の秋山ゆずきがゲスト出演することが発表された。共に第3話に登場する。@@cutter 本作は、水に濡れるとタイムリープできるという特殊な能力を持つ主人公が、その能力を生かし「びしょ濡れ探偵」として毎話事件を解決へと導く異色の探偵ドラマ。大原はドラマ初主演、テレビ東京のドラマ初出演となるほか、初のドラマ主題歌も担当する。  実家のラブホテル内で兄が営む探偵事務所の手伝いをする女子大生・羽衣は、またの名を「びしょ濡れ探偵」。誰かの手によりびしょ濡れになることで過去へ、そして自らびしょ濡れになることで現在へ、タイムリープできる不思議な能力を持っている。事件の真相を突き止めるため、水をかけられタイムリープする羽衣。過去で真実を目撃した羽衣は、びしょ濡れのまま、「水を差すようですが、彼は犯人ではありません! とんだぬれぎぬです!」と告げる―。  第3話で濱津は“ずぶ濡れ探偵”として芸能活動をする水村姉妹のプロデューサー・毒島役、秋山は、水村姉妹の姉・かけみ役を、それぞれ演じる。  濱津は「びしょ濡れになるという設定が、なんとも自分の好きなヘンテコさで、そんな世界に参加出来てよかったです。今回の金井監督は、とても熱い思いを秘めた義理に厚い男でした。撮影では、秋山ゆずきちゃんと、『カメラを止めるな!』以来初めての別現場での共演で、感慨深いものがありました」と撮影を振り返る。  秋山は「濱津さん以外の方とは今回初めて共演させて頂いたのですが、皆さん本当に気さくで、たくさん話しかけて下さったので、楽しく撮影に参加できました」と語っている。  このほかのゲスト出演者として、第2話で女優の松田るかが元彼のストーカー被害に悩む小悪魔カフェ店員役、第3話で元乃木坂46の生駒里奈が水村姉妹の妹・しずる役、第7話で私立恵比寿中学の安本彩花が羽衣の所属する演劇部の副部長役、第8話でグラビアアイドルの葉加瀬マイが画家の夫のスランプに悩む人妻役で出演することも発表された。  ドラマ『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』は、テレビ東京にて7月3日より毎週水曜25時35分放送。

  • (左から)西野七瀬、生駒里奈

    生駒里奈、“卒業”西野七瀬との2ショットを披露 「おめでとう」

    エンタメ

     生駒里奈が24日、インスタグラムを更新し、同日、大阪・京セラドームで乃木坂46の卒業コンサートを行なった西野七瀬との2ショットを披露した。生駒は「なぁちゃん 卒業おめでとう」と言葉を寄せた。@@cutter 生駒は西野と共ににっこりとほほ笑む2ショット写真を投稿。「そこに西野七瀬の努力と、作り上げてきた功績と、未来がありました」と述べ、「改めて彼女達と共に時間を過ごして来れた事を誇りに思いました」と乃木坂46の1期生として、過ごした時の思いをつづった。  さらに「私は、進んでいますが、進み方を工夫しなきゃ、もっと進まなきゃ。今までを覆す程に」「決心させてくれた7回目のバースデーライブでした」と大きな刺激を受けたことを明かした生駒。  「みんな、4日間ほんとにお疲れ様。ゆっくりする時間はないかもだけど、、ちゃんと寝るのだよ」と4日間にもおよぶ、7周年記念ライブを完走した乃木坂46メンバーたちへ労いの言葉をおくった上で、「改めて、なぁちゃん 卒業おめでとう。素敵な乃木坂46西野七瀬でしたよ。これからもよろしくね」と西野への愛あるメッセージで締めくくった。 引用:https://www.instagram.com/ikomarina_1229/

  • 『行列のできる法律相談所 さんまVS怒れる美男美女軍団3時間スペシャル』に出演する河野景子

    河野景子、明石家さんまと20年ぶり共演 今夜『行列』初登場

    エンタメ

     明石家さんまが司会を務める、今夜放送の『行列のできる法律相談所 さんま VS 怒れる美男美女軍団3時間スペシャル』(日本テレビ系/1月13日19時)に、フリーアナウンサーの河野景子が出演する。『行列』初登場で、さんまとは約20年ぶりの共演となる河野は、過去にさんまから「きっと僕ら結婚するで!」と言われ、本気にしたエピソードも披露する。@@cutter 学生時代からさんまの大ファンだったという河野は、フジテレビのアナウンサーになったばかりの頃、「さんまさんと会えないかな…」と、タレントの控室がある廊下をうろうろしていたという。そんなとき、憧れのさんまを発見し、体が震えるほど緊張しながら自己紹介したところ、「いつか一緒に仕事しような!」と言われ、面白くて優しい素敵な人柄に感動。その後、『笑っていいとも!』でさんまと共演し、毎回、恥ずかしさと緊張を隠しながら仕事をしていたと振り返る。  河野はまた、さんまに「俺、大原麗子がめっちゃタイプやねん、景子ちゃん似てるからまねしてみて」と言われ、気に入ってほしい一心で、当時、物まねの練習をしていたことも告白。スタジオで、20年ぶりに大原麗子の物まねを披露する場面も。  さらに河野は、1994年に『さんまのまんま』に出演した際、さんまから「きっと僕ら結婚するで!」と言われたエピソードも明かす。河野はその言葉を本気にしていたものの、その直後に「今のイチ押しは八木亜希子やなぁ」と公言され、移り気なさんまにがっかりしたという。さんまは「俺のテレビ見て、俺を好きになったんじゃない? もしかして、離婚の原因は俺かー、やっぱなー」とうぬぼれる。  そのほか、生駒里奈&市來玲奈アナの乃木坂46卒業後初共演や、和田アキ子の物まねでブレイクした新婚・Mr.シャチホコへの浮気ドッキリなど、盛りだくさんの3時間。ゲストにはほかに、川口春奈、坂口健太郎、澤穂希、仁香らが出演する。  『行列のできる法律相談所 さんま VS 怒れる美男美女軍団3時間スペシャル』は、日本テレビ系にて今夜1月13日19時放送。

  • 生駒里奈

    生駒里奈、2歳の時の写真を公開 「そのまんま」「可愛すぎる」と話題に

    エンタメ

     元・乃木坂46のメンバーで女優として活躍している生駒里奈が、3日、自身のインスタグラムで2歳の時の写真を公開して、大きな反響を呼んでいる。@@cutter 「2歳の時の生駒ちゃん。顔が変わらない。」というコメントとともにテレビに映された笑顔全開の2歳の生駒の写真を投稿。さらに、投稿された写真をハッシュタグで「#何がそんなに楽しかったのでしょうね超笑顔#前歯が二本輝いてますね#やっぱ昔から笑顔になると目がなくなる笑 #お母さんがビデオテープからDVDに思い出を移し中。と説明した。  この投稿に、ネット上では「そのまんま変わらない」「可愛すぎる」「この頃から天使だったのか!」「生駒ちゃんの笑顔は今も昔も変わらず可愛すぎるよ」と大きな反響を呼んでいる。  生駒は年末にもインスタグラムで「乃木坂46を卒業し、1人の社会人として働いていく、芸能界という世界で私は表現者としていたいと第一歩踏み出した一年でした」と振り返り、「支えてくださった全ての皆様に感謝」とコメントしている。今月10日から東京・サンシャイン劇場で舞台『トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~』に出演する。 引用:https://www.instagram.com/ikomarina_1229/

  • 舞台『トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~』に主演する生駒里奈

    生駒里奈、「乃木坂46在籍期間より長く…」芸能界で生きる覚悟

    エンタメ

     昨年5月、約6年半在籍した乃木坂46を卒業し、新たな芸能活動の第一歩を踏み出した生駒里奈。2019年は、感情すら失う世界を統治しながら愛を夢見る姫を演じる舞台『トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~』でスタートする。1人での活動は「相当大変なこと」と自覚しながら、「乃木坂に在籍していた期間よりも短く芸能活動をやめてしまったら意味がない」と強い意志で“芸事”に臨む生駒の真意とは――。@@cutter 『モマの火星探検記』以来2度目、生駒にとって約1年ぶりとなる劇団 少年社中の舞台。オペラ『トゥーランドット』をモチーフに、自ら統治する世界に疑問を持ち始める統治者・トゥーランドット姫(生駒)と、厳格な管理社会を打ち破ろうとするレジスタンスの少年・カラフ(松田凌)が出会い、演劇で立ち向かう姿をファンタジックに描いた物語だ。  「ファンタジーが大好きな私にとって、少年社中さんはホームと思えるぐらい安心できる場所」と絶大なる信頼感を寄せる生駒。「前回は乃木坂46との両立だったのですが、そのときも『一生懸命やってくれたね』と優しい声を掛けてくれました。アイドルというイメージだけではなく、しっかり中身を見てもらえたことは、とても光栄でした」と当時を振り返る。さらに「前回観賞した方にも、また注目していただけると思うので、どれだけ成長できたかをしっかり見てもらいたい」と意欲を燃やす。  生駒は乃木坂46在籍時から積極的に舞台に取り組んできた。「しっかり稽古を積み重ねていけるところが好き」と舞台の魅力を語りつつも「舞台に特化していきたいということではなく、ドラマでも映画でもバラエティでも、人前で何かを見せることが好きなので、しっかり“芸事”を磨いて“必要とされる人間”になりたいんです」と冷静に自己分析する。 @@insert1  アイドル時代から物事を俯瞰で見るような発言を耳にすることが多かったと伝えると「私はちょっと調子に乗ったらすぐにダメになっちゃうので」とやや自虐的な発言。こうした特性を「もともとの性格なんです」と語る生駒には、芸能界に入ってから確実に考え方が大きく変わる出来事があった。それは「センターじゃなくなった日です」とつぶやく。  生駒は、2012年2月に乃木坂46のファーストシングル『ぐるぐるカーテン』でデビュー以来、5作連続でセンターを務めていたが、6作目でその席を譲る。「今となっては冷静に見られるのですが、その当時は17歳ぐらいの女の子。自分がダメだったからセンターじゃなくなったんだって思ってしまいました」と振り返る。  「そこで思いっきり悩んだ結果、自分主体でものを考えなくなりました。とにかく仲間のために行動しようと思って実践していたら、ものごとを俯瞰で見る癖もつきました」。  本舞台で幕を開ける2019年。生駒は「自分の能力を評価される1年にしたい」として、先月、乃木坂46を卒業した若月佑美と「生き様だけで人を感動させるのはそろそろやめたいね」と話し合ったことを明かす。 @@insert2  言葉の真意を問うと「私はこれまで『成長したね』というところで人に感動してもらうことはあったのですが、それだけで生き残っていけるような優しい世界じゃないと思うんです。しっかり能力を評価してもらえなければ長続きできない」とキッパリ。  「賞が欲しいとか、そういうことではなく、常に求められる人間でいたい」と語った生駒。「少なくとも乃木坂46に在籍していた6年半よりは長く…」という言葉に、芸能界で生き残っていく強い覚悟と意志を感じた。(取材・文:磯部正和 写真:松林満美)  舞台『トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~』は、東京・サンシャイン劇場にて1月10日~20日、大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて24日~27日、30日、31日に福岡県のももちパレスにて上演。

  • (左から)佐々木希、橋本環奈、吉岡里帆

    橋本環奈、佐々木希、吉岡里帆ら“日本三大美人”女優たちの活躍ぶり

    エンタメ

     俗に日本三大美人といわれるのが、秋田美人、京美人、博多美人。いずれも日本海側で、その類の資料をひもとくと、良質な水や日当たりが美白に影響しているとか、それらしき根拠めいたものが書かれていたりもするのだが、日本三大美人が本当なら美人女優の産地になっていてもおかしくないはず。果たして現在、芸能界で日本三大美人は活躍しているのだろうか?@@cutter■秋田美人の佐々木希 加藤夏希&生駒里奈は同じ市生まれ  秋田美人といえば、まずは佐々木希か。秋田市の出身で、過去、自身のブログでも触れているが、秋田駅近くのファッション店「流行屋(はやりや)」でショップ店員をしていた。そしてまさにそのとき「週刊ヤングジャンプ」(集英社)のスタッフに見いだされ、その後、集英社主催の「第2回プリンセスPINKYオーディション」でグランプリに輝き、一躍トップモデルに。当初はモデル活動中心だったが、映画『天使の恋』(2009)で映画初主演してからは女優としても活動の幅を広げた。私生活の方も昨年、お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建と結婚、今年9月には第1子となる男児を出産と、公私ともに充実している。  そしてロングの黒髪と白い美肌がトレードマークの壇蜜。幼少期には東京へ引っ越したものの、生まれは秋田県の東南部に位置する横手市だ。「あきたこまち」のCMでは秋田美人として起用され、妖艶な天女姿などを見せて話題になった。  加藤夏希は、秋田県の南部にあって日本海に面する由利本荘(ゆりほんじょう)市の出身。2013年に、佐々木希と共に秋田県の認知度向上とイメージアップを図る「あきた美の国大使」に委嘱されている。端整な顔立ちは、秋田美人と言われれば納得がいく。  加藤と同じ由利本荘市の出身者に、今年、乃木坂46を卒業した生駒里奈がいる。ドラマ『星屑リベンジャーズ』(AbemaTV・メ~テレ共同制作)にレギュラー出演のほか、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の第5話、『ルームロンダリング』(MBS/毎週日曜24時50分、TBS/毎週火曜25時28分)の第3・4話に出演するなど、今後、女優としての活躍が見込まれる。 ■吉岡里帆にAKB48総監督・横山由依…京美人は芯が強い?  次に、はんなり美人ともいわれる古都・京都の京美人はどうだろう。上品で落ち着いていながら、華やかで明るい。現在芸能界で活躍の目立つ京美人といえば、吉岡里帆が筆頭にあげられるだろう。  吉岡はなかなかの苦労人だ。京都市は右京区、映画撮影所もある太秦の出身で、幼い頃からさまざまな芸能文化に囲まれて育ったという。高校3年生のとき映画『天地明察』にエキストラ出演、その後、芝居に目覚めて俳優養成所に通った。大学時代には学生演劇や学生映画に出演、京都に在住しながら東京の養成所に通う努力を続けた。過去、各メディアのインタビューなどで下積みを振り返っているが、京都と東京間の交通費はアルバイトをいくつも掛け持ちして捻出したという。  2012年には現在の所属事務所に入り、それが今日の活躍につながっていく。2015年のNHK朝ドラ『あさが来た』のヒロインオーディションでは最終選考まで残ったが落選、しかしながらヒロインの親友役で出演するチャンスをつかみ、知名度をあげた。今年は『きみが心に棲みついた』(TBS系)、『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)と2本のドラマに主演と絶好調だ。  また、肩書は女優ではなくアイドルとなるが、京都府木津川市の出身で、現在AKB48グループ2代目総監督を務める横山由依は、ドラマ『豆腐プロレス』(テレビ朝日系)では過酷なトレーニングを経て女子プロレスラー役に挑戦するなど、将来グループを卒業したら女優活動が期待される1人だ。前述の吉岡同様、候補生時代は高校の放課後にアルバイトを掛け持ちして費用を捻出、週末ごと夜行バスで東京に向かってレッスンを受けるという日々を経験している。京美人は、かなり芯がしっかりしているのかもしれない。  もはやベテラン、大女優の域に達したが寺島しのぶも京都出身であり、古くは森光子も。吉岡ら若手も偉大な先輩たちが歩んだ大女優への道を進むことができるだろうか。@@separator■橋本環奈、今田美桜…層が厚い博多美人  博多美人も数多いが、今旬の女優としては橋本環奈、今田美桜があげられるのではないか。  地元・福岡のアイドルグループ在籍時代にインターネットで「奇跡の1枚」と言われたファン撮影の写真が拡散、“1000年に1人の逸材”としてブレークした橋本。センセーショナルなデビューを飾ったが、近年、映画『セーラー服と機関銃‐卒業‐』(2016)に主演するなど女優業を本格化し、東京へ転居。今年も1月クールのドラマ『FINAL CUT』(フジテレビ系)、そして現在放送中でヒロイン役を務める 『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)、さらに映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の神楽役など出演作が途切れない。最近、初の学園祭出演として予定された立教大学の学園祭イベントが、観客殺到のため安全が確保されないとして開催中止となったことがニュースになったほど、人気もついてきているようだ。  今田美桜は、パッチリとした目が愛くるしいルックスで、“福岡で1番かわいい女の子”として紹介されている。放送中のドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)では、中島裕翔演じる天才フリーターに恋心を抱く幼なじみ役を好演。今年春のドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)で演じた真矢愛莉役をきっかけにブレークし、注目を集めている。11月に発売したファースト写真集『生命力』は11月12日付のオリコン週間BOOKランキングのジャンル別「写真集」で初登場1位を獲得するなど、この風向きは本物だ。来年はさらなる活躍を見ることができるだろう。  今年は『シグナル 長期未解決事件捜査班』(フジテレビ系)での刑事役が光った吉瀬美智子や、『モンテ・クリスト伯 ‐華麗なる復讐‐』(同系)でディーン・フジオカの相手役ヒロインを好演した山本美月、そして2話だけだが『宮本から君へ』(テレビ東京系)でしっかり存在感を見せつけた蒼井優なども福岡県出身だ。博多美人は層が厚い。  こうしてみると、日本三大美人は芸能界でも確かに活躍しているようだ。もちろん美人はほかの土地にもいるわけなのだが、多少のこじつけはあっても、出身地によって分類してみるとその女優が生まれ育った土地柄などの情報を知ることもできてなかなか面白い。果たしてあなたが推している女優は、どこの出身だろうか。(文:志和浩司)

  • 舞台『暁のヨナ~ 緋色の宿命編~』制作発表に登場した生駒里奈

    生駒里奈、共演者からの「生駒ってる?」に照れ笑い

    エンタメ

     女優の生駒里奈と俳優の矢部昌暉(DISH//)が、23日に都内で開催された舞台『暁のヨナ~緋色の宿命編~』制作発表に出席した。生駒は自身以外の出席者が全員男性となったことについて「今までやってきた会見と、雰囲気もテイストも全く違って、困ってます」と笑顔で語った。@@cutter 草凪みずほの漫画『暁のヨナ』を基にする本作は、謀反により父王を殺された高華国の王女ヨナ(生駒)と、彼女の専属護衛ハク(矢部)が流浪の身となり、「四龍の戦士」を探す旅に出る姿を描く。制作発表には俳優の山本一慶、西川俊介、奥谷知弘、木津つばさ、樋口裕太、陣内将も出席した。  生駒は「見た方に『いい時間だったな』って満足して帰っていただけるように頑張ります」とコメントし、男性キャストが多い現場については「日々、戦ってます。姫として(笑)。戦ってます」と困り顔。「生駒ってる?(生駒が困ってる?)」といじられると、「やめてください(笑)。そういうところですよ。生駒ってるなんて誰も言ったことない!」と返しつつ、「でも、個性豊かな皆さんいらっしゃって、楽しいですね」と話していた。  そんな生駒について矢部は「初めてお会いしたとき、お互いすごい人見知りで。目も合わせられなかったんですよ。でも、今ではすごくしゃべれるようになって。人見知りが解消されて良かったなって思ってます」と白い歯を見せた。  また、原作どおり劇中に生駒とのラブシーンがあるか問われた矢部は「見てのお楽しみ」と回答。「ファンが怒るのでは?」と聞かれた生駒は「今までそういう姿をあんまり見せたことがないから、逆に観たら生駒ちゃんにもっと惚れてくれるんじゃないかなと思う」とアピール。これを受け、矢部は「僕は生駒さんファンが怖いので、そのためにも殺陣を練習しておかなきゃなって…」と続けて会場を沸かせていた。  舞台『暁のヨナ~緋色の宿命編~』は、11月15日~25日まで、東京・EXシアター六本木で上演。

  • 『ルームロンダリング』にゲスト出演する(左から)矢本悠馬、生駒里奈

    新ドラマ『ルームロンダリング』、ゲスト幽霊に矢本悠馬&生駒里奈

    エンタメ

     池田エライザが、幽霊の悩み相談に奮闘する主人公を演じるドラマ『ルームロンダリング』(MBS/毎週日曜24時50分、TBS/毎週火曜25時28分)に、矢本悠馬、元乃木坂46の生駒里奈らがゲスト幽霊として出演することが分かった。@@cutter 同作は、霊と話ができる八雲御子(池田)が、事故物件の事故履歴を帳消しにする「ルームロンダリング」の仕事をする姿を描くコメディ。7月には映画も公開され、数々の映画祭に出品された。事故物件を探してくる御子の叔父・雷土悟郎役でオダギリジョーのほか、渋川清彦、伊藤健太郎もレギュラー出演する。  矢本は、愛する彼女への未練を残したまま撲殺され、床下収納に埋められたチンピラの幽霊・山尾純也で第1話と第2話に登場。矢本は、「お芝居で殺されたり殺したりは、経験あるんですけど、幽霊を演じるのは初めてなので不謹慎なんですがワクワクしてます」と心境を明かす。続けて「自分の中で今回のテーマは『愛』なので、シャイにならず熱くありたいですね。映画ルームロンダリングの元々の世界観を邪魔せず大切に参加できればいいかなと」とコメントした。  一方、第3話と第4話に登場する生駒は、母親を幼い頃に亡くし、父親に素直になれないまま、クリスマスパーティーでお酒を飲まされた挙げ句にトイレで吐きながら死んだ幽霊・大野まくず役を演じる。生駒は「サンタのコスプレをしてるただの陽気な幽霊かと思いきや、本当は不器用な父親想いの女の子です。御子ちゃんの力を借りて、最後、親子の絆を感じられる心温まる展開になります」と自身の役どころを紹介。さらに「初めて幽霊になりました。幽霊役はやってみたかったので楽しかったですし、沢山勉強になりました。主演の池田さんが年下でびっくりしたのが現場での一番のニュースでした」と語っている。  また本作の主題歌が、在日ファンクの『或いは』に決定。ボーカルを務める浜野謙太は「主題歌のお話をいただいて、僭越ながら『或いは』は『ルームロンダリング』にぴったしだなと思ってしまいました」と自信を見せている。  『ルームロンダリング』は、MBSにて11月4日より毎週日曜24時50分、TBSにて11月6日より毎週火曜25時28分放送。

  • 舞台『トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~』ティザービジュアル

    生駒里奈、舞台『トゥーランドット』主演決定 ダブル主演に松田凌

    エンタメ

     元乃木坂46の生駒里奈と俳優の松田凌が、2019年1月上演の舞台『トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~』でダブル主演を務めることが分かった。生駒は統治者・トゥーランドット姫、松田は姫と運命の恋に落ちる少年・カラフを演じる。@@cutter 早稲田大学演劇研究会出身の脚本家・毛利亘宏と俳優の井俣太良らが立ち上げた劇団・少年社中の旗揚げ20周年記念公演の最後を飾る本作は、歌曲『誰も寝てはならぬ』などで有名なオペラ『トゥーランドット』をモチーフにした完全新作。  厳格な管理社会に疑問を抱く統治者・トゥーランドット姫と、管理社会を打ち壊そうとするレジスタンスの少年・カラフが出会い、禁じられた演劇を上演することで世界を変えようとする姿を描く。  毛利が演出・脚本を担当。井俣をはじめとする少年社中の劇団員12名のほか、有澤樟太郎、赤澤燈、ザンヨウコ、馬場良馬、鈴木勝吾、藤木孝らが出演する。  少年社中20周年記念ファイナル 少年社中第36回公演『トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~』は、東京・池袋のサンシャイン劇場にて2019年1月10日~20日、大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて24日~27日、福岡・ももちパレスにて30日、31日に上演。

  • 美女2人と銀座の寿司店へ ※「藤森慎吾」インスタグラム

    「チャラおじさんの夢が叶った日」藤森慎吾、美女2人と銀座の寿司店へ

    エンタメ

     オリエンタルラジオの藤森慎吾が6日、自身のインスタグラムを更新し、女優の足立梨花と生駒里奈とのスリーショット写真を投稿。2人を連れて銀座の寿司店へ行ったことを報告するとファンからは「太っ腹!!」「藤森さん優しいなぁ」などのコメントが寄せられた。@@cutter 昨年3月まで、バラエティ番組『特捜警察 ジャンポリス』(テレビ東京系)で共演していた3人。藤森は「久しぶりのりかちゃんと生駒。楽しかったー!より大人になった2人の話が面白かった。そして、若い女の子を銀座のお寿司に連れて行くというチャラおじさんの夢が叶った日」というコメントと共に、寿司店のカウンターで藤森と足立、生駒がにこやかな表情でポーズをとるスリーショットを投稿。コメントは「2人とも夢を叶えてくれてありがとう!」と締めくくられており、後輩タレントへの感謝の言葉もつづられている。  この投稿にファンからは「夢叶って良かったですね」「チャラ男がいつの間にかチャラおじさんに変わった」「あたしも行きたい」などのコメントが殺到。さらに後輩タレントに銀座の寿司をごちそうする藤森の心意気に「藤森さん優しいなぁ」「さすが太っ腹!! カッケー!!」「チャラ男いい男〜」などの声も寄せられた。  また、足立も同様の写真をインスタグラムに投稿し、「念願のお寿司…こんなところなかなか行けないから嬉しかったです」と藤森に感謝のコメント。生駒も自身のインスタグラムにスリーショットを投稿し、「ついに、ついについに。。。ザギンでシースーデビューしました!! 藤森お兄ちゃんと梨花お姉ちゃんといっぱい話せて、お腹いっぱいになってパワーいっぱいチャージできました」と喜びをつづっていた。  引用:https://www.instagram.com/fujimori_shingo0317/    https://www.instagram.com/adacchee/    https://www.instagram.com/ikomarina_1229/

  • 生駒里奈

    生駒里奈「まさかこんな日が来るとは」 『ストレッチマン』出演に感激

    エンタメ

     元乃木坂46の生駒里奈が25日、10月11日スタートの『ストレッチマン・ゴールド』(Eテレ/毎週木曜9時)に出演することを自身のインスタグラムで報告し、キュートなアンドロイド姿を披露。ファンからは「おめでとう」「楽しみにしてます!」といったコメントが寄せられている。@@cutter 生駒は同番組に「宇宙カタツムリ型アンドロイドのマイマイとして出演します」と報告。「生活スキルや身体を動かす楽しさを子供達に伝えられるように努めてまいります」と抱負をつづり、衣装姿での写真を投稿している。  『ストレッチマン』シリーズといえば、20年以上続くテレビ番組。現在22歳の生駒は「私が子供の頃観ていたストレッチマン。。。 まさかこんな日が来るとは、、、 お母さんも喜んでくれました」と感慨深げにつづっている。  ファンからは、生駒のレギュラー出演決定に対する祝福の声のほか、彼女が演じるピンクのアンドロイド姿に対しての「かわいい」といった称賛の声が殺到。生駒と同じように子どもの頃に観ていたという書き込みも多く、「楽しみにしてます!」といった期待の声も集まっている。 引用:https://www.instagram.com/ikomarina_1229/

  • 舞台『暁のヨナ~緋色の宿命編~』ヨナ(生駒里奈)&ハク(矢部昌暉)2ショットビジュアル

    生駒里奈×DISH//矢部昌暉ダブル主演 舞台『暁のヨナ』11月上演

    エンタメ

     女優の生駒里奈と、DISH//の矢部昌暉が主演を務める舞台『暁のヨナ~緋色の宿命編~』の2ショットビジュアルが公開され、併せて豪華なキャスト陣も発表された。@@cutter 本作は、草凪みずほによる累計発行部数620万部超えの大ヒットコミックを舞台化したファンタジー。謀反で父王を殺された王女ヨナ(生駒)が、流浪の身となりながらさまざまな人との出会いにより成長し、運命に向き合っていく姿を描く。  今回解禁されたビジュアルでは、赤いくせ毛の生駒が、重厚な剣を持ち、鋭い視線を向ける姿が確認できる。優しくおっとりとしたイメージのある生駒が、戦う王女らしく、勇ましさを醸し出しているのが印象的だ。  その後ろに控えるのは、ハク役の矢部。ヨナの幼なじみでありながらヨナを守る護衛のハクらしく、強く頼もしい姿を披露している。  ほかに、キジャ役の山本一慶、ジェハ役の西川俊介、シンア役の奥谷知弘、ゼノ役の木津つばさ、ユン役の樋口裕太、テジュン役の釣本南、ギガン役の築山万有美、クムジ役の久ヶ沢徹、スウォン役の陳内将らが出演する。  舞台『暁のヨナ~緋色の宿命編~』は、11月15日~25日まで、東京・EXシアター六本木で上演。

  • 生駒里奈

    生駒里奈&市來玲奈アナ、乃木坂1期生2ショット “共演”望む声が殺到

    エンタメ

     タレントの生駒里奈が24日、自身のインスタグラムを更新。元乃木坂46で同じ1期生だった日本テレビアナウンサー、市來玲奈との2ショットを披露し、大きな反響を呼んでいる。@@cutter 市來アナは2014年に乃木坂46を卒業し、今年の春に日本テレビに入社。19日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系/毎週日曜21時)では、新アシスタントに抜擢されるなど仕事も順調の様子だ。  今年5月に同じく乃木坂46を卒業した生駒は「れなりん。同い年だよ。会社に勤めて凄いなぁ。」というコメントと共に二人が頬を寄せてほほ笑む2ショットを投稿。続いて「テレビで共演する日も近くありますように」と目標を明かし、「#同期」「#お互い頑張ろうね」「#親友」とハッシュタグを添えた。  コメント欄には「ツーショット最高!!」「早く共演が見たいです」といった、二人の再会に歓喜するファンが殺到。「この二人が再び見れるなんて…改めて応援しています」「場所は違っても二人ともとってもキラキラ輝いているね」と、アイドル時代の二人を振り返りつつも今後を応援する暖かいコメントが多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/ikomarina_1229/

  • 『100年大学 お金のこと学部』の学生代表に抜擢された、生駒里奈

    生駒里奈、大学の“学生代表”に抜擢 特別講座にも登壇

    エンタメ

     今年5月に乃木坂46を卒業した生駒里奈が、東京大学らがコラボレーションし8月1日に開学した『100年大学』の“学生代表”に就任したことがわかった。@@cutter 生駒は、乃木坂46卒業後は女優として活躍し、7月には舞台『魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~』で主演を務めた。  今回、生駒が抜擢されたのは、日本証券業協会と東京大学教養学部教養教育高度化機構ブランドデザインスタジオがコラボレーションし、“人生100年時代に、これからのお金との向き合い方を考える”をテーマに掲げた『100年大学 お金のこと学部』の学生代表。  開学記念として「お金のセンス」テストの配信がされる他、お金について学べる「100年大学 開学記念特別講座」が10月4日に東京大学・安田講堂で実施され、生駒や小説家の羽田圭介らが登壇。その後も、東京大学の学生を対象とした「お金の未来を考える講義」(全12回)も開講される予定だ。

  • 舞台『魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~』初日会見に出席した生駒里奈

    舞台主演の生駒里奈、“乃木坂46卒業質問”かわして座長らしさ見せる

    エンタメ

     元乃木坂46の生駒里奈が12日、主演舞台『魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~』公開ゲネプロ前の初日会見に出席。報道陣から同グループ卒業に絡めた質問が飛ぶと、「自分の個人的な話になっちゃうので」とコメントを控えるなど、座長らしい配慮と落ち着きを見せた。@@cutter 同作は、赤松健の同名漫画を原作とするラブコメディー。10歳の天才魔法少年ネギ・スプリングフィールド(生駒)が、立派な魔法使い“マギステル・マギ”になるべく、日本で教育実習生に扮し、自分より年上の女子中学生たちに英語を教えることに。ネギのめくるめく修行の日々が描かれる。  主人公ネギ役の生駒は、初の舞台化となる本作に関して「個性あふれるキャストで、かわいい女の子がたくさん出ます」と紹介。「今は2.5次元というジャンルの舞台が多い。その中に『ネギま!』という作品が生まれました。私たちも初めてのことに戸惑いながらも、『私たちがこれを作り上げるんだ!』と自信を持って取り組んでいます。皆さんの目の前にお見せするものは、キラキラ輝いた、楽しいものになっていると思います」と語り、「必ず笑顔で皆さんを送り届けたいです」と笑みをこぼした。  座長としては「アイドルの子が半分のキャスト。それぞれ役者として活躍している子、大学に通いながらやっている子もいて、集まってやることが難しかった」と稽古の苦労を明かしつつ、「皆で協力しあって、支え合って、『なんてステキな女の子たちなんだろう』と思いました」と感心した。  また生駒は、5月に乃木坂46を卒業後したばかり。初舞台・初主演の感想を聞かれると、落ち着いて「よく質問されることなんですけど、やる本人は全く変わっていないので特に変化はないんです。ただ初めて出会った人と一つのものを作る面白さは毎回変わらずある」と回答。さらに、卒業後の心境や仕事ぶりを問われると「自分の個人的な話になっちゃうので、(インタビューなど)ほかで話せたら、そういうときに話します。すみません」と、ほかのキャストを気遣った。  舞台『魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~』はAiiA 2.5 Theater Tokyoにて、7月12~16日に上演予定。

  • 『星屑リベンジャーズ』に主演する新川優愛

    新川優愛、『星屑リベンジャーズ』主演 生駒里奈&佐野ひなこ共演

    エンタメ

     女優でモデルの新川優愛が、AbemaTVとメ~テレの共同制作ドラマ『星屑リベンジャーズ』(AbemaTV/毎週月曜23時)で、5人組男性アイドルグループをプロデュースする芸能事務所社長を演じることが決定した。@@cutter 本作は、“夢”と“セルフプロデュース”をテーマに、全財産を失ってしまった楠木春(新川)が、アイドルグループをプロデュースする芸能事務所・クリークプロモーションの社長となり、芸能界をのし上がっていく姿を描くサクセスストーリー。  新川は、インスタグラマーとして贅沢な生活を謳歌していたが、知り合いの社長に「芸能事務所を経営してみないか?」という美味い話に乗せられ、全財産を失ってしまう楠木春を演じる。春がプロデュースする男性アイドル5人組に、森永悠希、塩野瑛久、花沢将人、内藤秀一郎、本田響矢が扮する。  新川は、「強くて芯のある女性が、芸能界という大きな世界に挑む物語と聞き、実際に自分のいるこの世界だからこその身近でリアルなストーリーにワクワクしています」と意気込みを見せ、「芸能界だけではなく、色々な世界の『理不尽』や『おかしなこと』に強く立ち向かえたり、見ていただいた皆さんの背中を押せるような作品にできたらと思います」とアピールしている。  また、同事務所社員で、春と共にプロデュースに携わる間野あかりに生駒里奈、春の後輩・黒田紗英に佐野ひなこが扮する。  生駒は、「いつも私を支えて下さっている方々を思い、そしてあかりちゃんという可愛らしい名前にもかかわらず性格は難ありな役どころもしっかり演じていきたいと思います。まだまだ私はチャレンジャーです。共演者の方々のお力をお借りしつつ、頑張って味を出して行きたいと思ってます」とコメント。  佐野は自身の役を「いわゆるモグラ女子なのですが…なんと悪女!?ということで、楽しんで悪い女を演じられたらと思います」と語っている。  共演キャストには、光石研、清水尚弥、淵上泰史、松田るか、湯川玲菜らが顔をそろえる。第1話、第2話にはファンキー加藤がゲスト出演することも発表された。  ドラマ『星屑リベンジャーズ』は、AbemaTVにて7月23日より毎週月曜23時放送。

  • 「Hanako 1159号」(6月28日発売)に登場した生駒里奈

    生駒里奈、乃木坂46卒業とこれからを「Hanako」で告白

    エンタメ

     元乃木坂46のメンバーで女優の生駒里奈が6月28日発売の雑誌「Hanako」(マガジンハウス)に登場。生駒はグループ卒業後の決意を語っている。@@cutter 「Hanako」最新号では、創刊30周年特別企画として「働くことと、生きること」と題した特集を展開。仕事を中心とした人生の選択について、多くの女性が体験談や考え方を語っている。  今回の特集の中で、生駒は4ページにわたるグラビアインタビューに登場。乃木坂46のメンバーになった時の心境や、乃木坂46の中にいた時のさまざまなエピソード、そして卒業を決めた理由とこれからのことなど、22歳を迎えた今の“決意”を明かしている。またインタビューと併せて掲載されているグラビアでは、シンプルなスタイリングに映える、大人の透明感を表現。進化した彼女が凛々しい姿を見せてくれる。  この特集には他にも、東京都の小池百合子知事をはじめ、滝沢眞規子、神崎恵、テレビ朝日アナウンサーの大下容子、日本テレビアナウンサーの滝菜月らが登場。また表紙には『凪のお暇』が話題の漫画家・コナリミサトによる描きおろしイラストが掲載されている。  生駒里奈が登場する「Hanako」1159号は、マガジンハウスより6月28日発売。

  • 舞台『魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~』より

    生駒里奈主演『魔法先生ネギま!』ビジュアル&全キャスト解禁

    エンタメ

     乃木坂46の生駒里奈が主演を務める舞台『魔法先生ネギま!』のメインビジュアルと全てのキャストが解禁となった。生駒はスーツにコート姿で魔方陣を背に飛ぶ、凛々しくてキュートな姿を披露している。@@cutter 原作は2003年から2012年まで、週刊少年マガジン(講談社)にて連載されていた赤松健による少年漫画。修行のため、女子中学校の教師となった10歳の魔法使い・ネギを主人公にした異色の学園ラブコメディ。正体を隠したまま教育実習生として自分より年上の女子中学生達に英語を教えることになったネギと、個性豊かな31人の生徒たちとの日々を描く。  ネギが担任を務める2年A組の生徒たちには、松岡里英、愛わなびをはじめ、AKB48の歌田初夏、SKE48の北川愛乃、NGT48の西潟茉莉奈、HKT48の神志那結衣といった48グループの面々も参戦。ダンスあり歌ありバトルシーンありの舞台を、フレッシュな美女たちが大集結して盛り上げる。  原作者の赤松健は舞台化に関し、「乃木坂46卒業直後の生駒さんがネギ先生役で舞台化ということで、その話題性に驚きましたし、演じていただけることを光栄に感じています」とコメント。生駒のネギ先生のビジュアルを見た感想を「とってもかわいい!! 本当にイメージに合っていて、期待以上でした。私の描くネギくんより端正できれいで美少年。そこもいいですね」と伝えた。  続けて「『魔法先生ネギま!』は、いろいろとメディアミックスをしましたが、舞台化は今回が初めて。漫画やアニメは失敗したら描き直せますが、舞台は生の醍醐味がある。私自信とてもワクワクしています」と初の舞台化に期待を寄せている。  舞台『魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~』は7月12日から7月16日までAiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演。

  • 舞台『魔法先生ネギま!』に主演する生駒里奈

    生駒里奈、乃木坂46卒業後初舞台『魔法先生ネギま!』主演決定

    エンタメ

     タレント・女優の生駒里奈が、『魔法先生ネギま!』初の舞台化にて、乃木坂46を卒業後初めて主演を務めることが決定した。10才の天才魔法少年・ネギ先生を演じる生駒は「見た目はきっと誰にも負けないネギくんになれると120%自信があります!(笑)」とコメントを寄せている。@@cutter 赤松健による原作は、修行のため、女子中学校の教師となった10才の魔法使いの少年・ネギを主人公にした異色の学園ラブコメディ。これまでにアニメ化・ドラマ化・映画化・ゲーム化とメディアミックス展開が行われてきたが、今回が初の舞台化となる。  生駒は「舞台『魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~』のネギ先生役として主演させていただくことになりました。乃木坂46を卒業して初めての舞台で、自分にとって大きなターニングポイントになると思います。とにかく、精一杯頑張りたいという気持ちでいっぱいです!!」と意気込みを明かす。  また「『魔法先生ネギま!』の世界観をどんな方法で表現していくのか、とても楽しみにしています」と期待を込め、「10才の男の子であるネギ先生を演じさせていただくのですが、見た目はきっと誰にも負けないネギくんになれると120%自信があります!(笑)」と自信たっぷり。「原作ファンも多い作品なので、カンパニー全体でこの作品を面白いものにしていきたいと思います」とも話している。  舞台『魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~』は、7月12日~16日まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演。

  • hide没後20年プロジェクト映画『HURRY GO ROUND』初日舞台挨拶に出席した生駒里奈

    生駒里奈、hide愛炸裂「ライブでhideさんっぽい歩き方やってた」

    映画

     hide没後20年プロジェクトのドキュメンタリー映画『HURRY GO ROUND』初日舞台挨拶が26日、角川シネマ新宿で行われた。会場には映画でナビゲーターを務める矢本悠馬、hide with Spread Beaverのメンバー兼hideの共同プロデューサーのI.N.A.、石川智徹監督、さらにスペシャルゲストとして、hideファンを公言する元乃木坂46・生駒里奈が登場した。@@cutter 公開された『HURRY GO ROUND』は1998年5月2日、33歳の若さで亡くなったX JAPANのギタリスト・hideの真実に迫った究極のドキュメンタリー。hideの墓石に刻まれている、事実上最期の楽曲「HURRY GO ROUND」の歌詞に隠されたメッセージを、生前のhideを知らぬ俳優・矢本がナビゲーターとして足取りを辿る。亡くなる前日に撮影された未公開映像の初公開も含む、真実が明かされる。  hideが大好きという生駒は、この日、「hide」と刻印されている私物のマイジャージを羽織って登場し、「(ジャージが)販売するときに、ネットに詳しい友達に頼み込んでゲットしてもらいました!」とレアジャージを披露。さらに、登場曲は『DOUBT』という徹底っぷりで「メイク中とか、朝聞きながらやっています。安心してお昼寝できるんです。10代のときは思春期だったので、hideさんの曲を聴いて心を鎮めていました」と珍エピソードを生駒が話すと、I.N.A.も「びっくりですね(笑)」と目を丸くしていた。  hideの魅力について、生駒は「作るものが新鮮な印象。ライブのMCでは時々人間味もあふれるんです。見た目はこんなに格好いいんですけど」と興奮気味に話し、さらには自身のライブでも参考にしていたと明かした。「ライブで自由に煽っていいところでは、ちょっとhideさんっぽい歩き方とかをやって(笑)。ちょいちょい自己満の中でやっていました」とする。生駒は客席にも「リアルタイムでライブに行った方はいますか!?」と積極的に呼びかけ、手を挙げた人々に向かって「いいな~どんな感じだったんですか?興奮しました?」と矢継ぎ早に質問を投げかけていた。

  • 元乃木坂46・生駒里奈がインスタグラム開設

    元乃木坂46・生駒里奈がインスタ開設 フォロワー早くも8万人超

    エンタメ

     乃木坂46を卒業した生駒里奈が14日、自身のインスタグラムを開設したことを報告した。始めて6時間ですでに8万人以上がフォローしており、ファンとしては待望の開設となったようだ。@@cutter 今月6日の握手会をもって乃木坂46を卒業した生駒。初投稿は動画で、上半身アップで登場した生駒が「お久しぶりです。生駒里奈です。インスタ始めました。ぜひフォローしてください。SNS慣れてないのでちょっと不安ですが」と照れくさそうに笑みをこぼしながら告知している。  フォロワー数はアカウント開設から6時間で、すでに8万人以上にのぼり、人気の高さを物語っている。一方の生駒自身は14日現在11人をフォローし、中には元SKE48で、一時期、生駒と同じ乃木坂46のメンバーだったこともある松井玲奈のアカウントもあった。 引用:https://www.instagram.com/ikomarina_1229/

  • 乃木坂46の卒業を発表した生駒里奈

    生駒里奈、“卒業コン”後の赤裸々な気持ちをブログで告白

    エンタメ

     乃木坂46の生駒里奈が、27日に自身のブログを更新し、22日に東京・日本武道館で行われた「乃木坂46 生駒里奈 卒業コンサート」終了後の素直な気持ちをつづった。@@cutter 「アイドルとしての表現は出し切りました。」というタイトルで更新されたブログで、生駒は卒業コンサートで感じたことを赤裸々に告白。生駒はライブでソロ曲『水玉模様』を披露したが、「結局歌は上手くならなかったなぁ」とコメントした。「ただ、ライブはすごーくすごーく楽しかった」と手応えを感じている様子だ。  またブログの中では、卒業コンサートの中で披露されたスタッフやマネージャー、番組で共演したバナナマンらのメッセージの他にも、たくさんの関係者から言葉を贈られたことにも言及した。「私には勿体ない言葉ばかり。私、そんな人間じゃないよ。ありがとうって言われる人じゃないよ。皆さんにこそありがとうをあげたいよ!!!」と感謝の言葉をつづっている。  ブログを読んだファンからは「卒業コンサートかっこよかった!」「生駒ちゃんありがとう!」などの言葉や、5月6日まで乃木坂46として活動する彼女に「最後まで応援するよ!」「あと少し頑張れ!」などの労いの言葉が寄せられた。 引用:http://blog.nogizaka46.com/rina.ikoma/

  • 生駒里奈、『おっさんずラブ』第5話に出演

    生駒里奈、乃木坂46卒業後初ドラマ『おっさんずラブ』で恋愛スクープ?

    エンタメ

     生駒里奈が、乃木坂46卒業後に初出演するドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)で、熱愛スクープに悩む清純派女優役を演じることが分かった。@@cutter 『おっさんずラブ』は、女好きだけどモテない主人公・春田創一(田中圭)と春田に恋愛感情を抱く会社の上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、春田と同居しているイケメンでドSな後輩・牧凌太(林遣都)が織り成す、「愛のカタチ」を問う異色のラブストーリー。生駒は、5月19日放送の第5話に出演。5月6日をもって乃木坂46を卒業する彼女にとって、これがグループ卒業後、初のドラマ出演となる。  生駒が演じるのは、朝ドラにも出演する清純派女優・室川檸檬(むろかわれもん)。春田らが勤める「天空不動産」にやってきて、お忍びでマンションの内見をしたことがきっかけで、ある俳優との熱愛が発覚してしまう役どころだ。  今回の役について生駒は「恋愛問題でピンチに直面するという、妙にリアルな感じの女優(笑)」と感じたそう。その一方、芸能人のリアルな恋愛についても多々考えさせられたようで「檸檬が直面する問題は、きっと今の芸能人の皆さんが抱える問題。葛藤の中で揺れる今回の役を演じることで、私の印象もよくなればいいなって思います」と語りつつ、「ただ、プライベートでは今後も、檸檬みたいな形で恋愛がバレる…なんて経験はしたくないです(笑)」と、本音をチラリと覗かせた。  ドラマ『おっさんずラブ』第5話はテレビ朝日系にて、5月19日23時15分放送。

  • 生駒里奈 卒業コンサート

    乃木坂46・生駒里奈の卒業ライブ、最後の言葉は「楽しかったです!」

    エンタメ

     乃木坂46の生駒里奈の卒業公演となる「生駒里奈 卒業コンサート」が22日、東京・日本武道館で行われた。チケットの当選倍率は約30倍となったプレミアチケットを手に入れた1万2000人の観客を前に全25曲を披露。生駒は最後に「楽しかったです! お疲れ様でした!」と言葉を残してステージを後にした。@@cutter 乃木坂46が日本武道館で単独ライブを行うのは今回で4回目。満員となった会場は、生駒のイメージカラーである青と紫色のサイリウムで染め上げられ、1曲目は『乃木坂の詩』でスタート。生駒がセンターを務めた『おいでシャンプー』、『太陽ノック』と続き、ソロ曲『水玉模様』と立て続けに披露した。  『水玉模様』を披露した後のMCで生駒は「最後まで私はこんな感じかぁ。やっぱりうまくなくて」と自身の歌について自虐的なコメントくをし、会場は笑いに包まれる。  その後は、3期生が披露した『トキトキメキメキ』、『スカウトマン』と続く。『Against』を彼女のソロダンスに続いて聞かせた後は、最新シングル曲『シンクロニシティ』を初披露した。  MCではメンバーから生駒へのメッセージを。松村沙友理は「自分がボケたときにツッコむ人がいなくなると寂しい」と涙ぐみ、高山一実は「長生きしてほしい」と笑わせる。  2014年から2015年にかけて、乃木坂46とAKB48を兼任していた生駒は、AKB48の楽曲も披露。3期生と『初日』、生駒と同じ秋田県出身で2期生の鈴木絢音と『でもでもの涙』、2期生と『心のプラカード』をパフォーマンスした。  続いては、生駒と生田絵梨花、星野みなみの通称「生生星(いくいぼし)」のMC。思い出話に花を咲かせた後に、3人で『ここじゃないどこか』『満月が消えた』を歌唱した。この3人に秋元真夏、齋藤飛鳥、堀未央奈が加わり、『あらかじめ語られるロマンス』を、西野七瀬、若月佑美、桜井玲香、斉藤優里、井上小百合らと『無口なライオン』を歌唱した。  その後もMCを挟んで『指望遠鏡』、アニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』の主題歌だった『月の大きさ』と続くが、ここで生駒にサプライズで同アニメの声優と務める竹内順子と、原作者の岸本斉史からメッセージが届くと、それまで終始笑顔だった生駒は思わず涙を流し、「ここで泣くつもりなかったけど、ナルトは泣いちゃうよ」と会場を笑わせた。  続く『ハウス!』で会場のボルテージが最高潮に達した後、生田がステージ上へ用意されたピアノの元へ。生田のピアノ伴奏で、『君の名は希望』、『悲しみの忘れ方』を披露した。@@separator ライブのラストが近づく中、ここで最後のMCへ。白石麻衣が、「ぐるぐるカーテンを披露した後、生駒ちゃんはひっそり泣いてたりしたけど、一緒にそのとき肩を組んで、一緒に泣いたことが思い出に残っている」と話し、西野は「生駒ちゃんがいなかったら、私もここまで成長できなかったなって思う」と思いを語った。    メンバーの言葉を受けて生駒は、「この人たちじゃなかったら、私は今ここにいない。この出会いがあったからこそ、ここまですごく楽しくやってこれた」と話し、「純粋に大好きだし、みんなが巣立っていったときに、乃木坂46が今後活躍するために、私は活躍したい」と思いを語った。  ラストは生駒自身が「私が死ぬまで私の代名詞になる」という曲『制服のマネキン』で圧巻のパフォーマンスを見せ、本編を終了した。  観客の乃木坂46コールに応えたアンコールでは、『走れ!Bicycle』を、さらに生駒がゴンドラに乗り込み、『シャキイズム』を披露。最後に笑顔でデビュー曲である『ぐるぐるカーテン』をパフォーマンスし、ステージを後に。  それでも観客のアンコールが鳴り止まない中、生駒とメンバーが再び登場。『君の名は希望』を歌う中、生駒はメンバー全員からサプライズで一輪の花を受け取った。生駒は最後に「素敵な人に出会えて良かったです。本当に(乃木坂46に)入れて良かった。みんなに会えて良かった。お疲れ様でした! 楽しかったです」と言葉を残し、約3時間の公演を終え、ステージを後にした。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access