マハーシャラ・アリ 関連記事

  • 映画『グリーンブック』場面写真

    ゴールデン・グローブ賞 最多3部門受賞『グリーンブック』予告到着

    映画

     俳優のヴィゴ・モーテンセンとオスカー俳優のマハーシャラ・アリが共演し、第76回ゴールデン・グローブ賞で作品賞・助演男優賞・脚本賞の3部門を受賞した映画『グリーンブック』から、予告編が到着。予告編は、ガサツなイタリア系用心棒と、インテリな黒人天才ピアニスト、という正反対の2人がぶつかり合いながらも強い絆で結ばれていく姿がさわやかに描かれている。@@cutter 本作は、映画『メリーに首ったけ』をはじめ、数々のコメディ映画を世に送り出してきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリーが監督を務める、実話に基づく感動のヒューマンドラマ。人種も育った環境も異なる2人の男の友情を、ユーモアを交えて描く。ゴールデン・グローブ賞3部門のほか、トロント国際映画祭で観客賞を、第30回全米製作者組合賞(PGA)で作品賞を受賞している。  1962年、人種差別が色濃い時代。黒人天才ジャズピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ)は、粗野で無教養だが人間的魅力あふれるイタリア系の男トニー・リップ(ヴィゴ)を用心棒兼運転手として雇うことに。2人は当時の黒人が安全に旅をするために欠かせなかった旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、偏見と差別が根強い南部へのツアーへと旅立つが…。  今回到着した予告編は、独自の音楽センスを持つドンが、華麗にピアノを演奏する場面からスタート。次いで、ドクターから「私と南部へツアーに行ってくれ」と言われ、一緒に旅をすることになったトニーが、ピザを1枚まるごと持ってかじりついたり、運転中道にゴミを捨てたり、ドクターとは正反対に自由気ままにふるまう姿がユーモラスに描かれる。  続くシーンでは、トニーがドクターのピアノを聴いて心を打たれたり、高級店でドクターの入店を断られトニーが憤慨したり、ドクターがトニーの愛妻への手紙を指南したり、2人の距離が徐々に近づいていく姿が映し出される。2人がある事件をきっかけに衝突し、「アンタは他の黒人とは違うからな!」と非難するトニーに、「黒人でも白人でもなく…どう生きるのが正解だ?」と悲痛に叫ぶドクター。「人の心を変えられる」と信じるドクターに「アンタにしか出来ないことがある。それをやるんだ」と語りかけるトニー。2人の胸を打つセリフでのやりとりの後、最後は車中で2人が楽しそうに笑い合う姿で映像は締めくくられる。  映画『グリーンブック』は3月1日より全国公開。

  • 映画『グリーンブック』場面写真

    正反対の2人の友情に笑い、胸を熱くする『グリーンブック』場面写真公開

    映画

     俳優のヴィゴ・モーテンセンとオスカー俳優のマハーシャラ・アリが共演し、第76回ゴールデン・グローブ賞で5部門ノミネートされている映画『グリーンブック』から、場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、映画『メリーに首ったけ』をはじめ、数々のコメディ映画を世に送り出してきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリーが監督を務める、実話に基づく感動のヒューマンドラマ。人種も育った環境も異なる2人の男の友情を描く。本年度のトロント国際映画祭では観客賞を受賞。現在もゴールデン・グローブ賞5部門のほか、第24回放送映画批評家協会賞では7部門、第25回米俳優組合賞では2部門にノミネートされている。  1962年、人種差別が色濃い時代。黒人天才ジャズピアニスト、ドン・シャーリー(マハーシャラ)は、粗野で無教養だが人間的魅力あふれるイタリア系の男トニー・リップ(ヴィゴ)を用心棒兼運転手として雇うことに。2人は当時の黒人が安全に旅をするために欠かせなかった旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、偏見と差別が根強い南部へのツアーへと旅立つが…。  今回解禁された場面写真6点は、登場人物のキャラクターが生き生きと伝わってくるようなショット。その中のひとつ、トニーのあまりにも拙い妻への手紙をみかねたドンが、ロマンティックなラブレターをトニーに指南する場面は、正反対の二人のやりとりが笑いを誘うものとなっている。ほかには、ツアーへ旅立つトニーの頬に触れ優しく気遣う愛妻ドロレスの姿や、入店を断られたドンとそのことに憤るトニーの姿を捉えたもの、さらに華麗にピアノを演奏するドンの姿、くわえタバコで稼いだ小銭を片手にほほ笑むトニーの姿にくわえ、カーネギーホールで貴族のような生活をするドンの姿を写したものとなっている。  映画『グリーンブック』は2019年3月1日より全国公開。

  • 映画『グリーンブック』ポスタービジュアル

    ヴィゴ・モーテンセン×マハーシャラ・アリ共演、感動の実話『グリーンブック』公開

    映画

     映画『イースタン・プロミス』『はじまりへの旅』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたヴィゴ・モーテンセンと、『ムーンライト』でアカデミー賞最優秀助演男優賞に輝いたマハーシャラ・アリが共演する映画『GREEN BOOK(原題)』が、邦題を『グリーンブック』として、来年3月1日に公開されることが決定した。併せてポスタービジュアルも解禁となった。@@cutter 本作は、映画『メリーに首ったけ』をはじめ、数々のコメディ映画を世に送り出してきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリーが監督を務める、実話に基づく感動のヒューマンドラマ。本年度のトロント国際映画祭で、映画『ルーム』『ラ・ラ・ランド』『スリー・ビルボード』に続き、最高賞となる観客賞を受賞した。  物語の舞台は、1962年のニューヨーク。がさつで無学だが、周囲から愛されるナイトクラブの用心棒トニー・リップ(ヴィゴ)は、ある日ホワイトハウスで演奏したこともある天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ)のツアー運転手として雇われる。人種も育った環境も異なる二人は、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、ツアーに向けて旅を始める。  本作のタイトルにもなっている「グリーンブック」とは、1936年から1966年までに毎年出版されていた、黒人を受け入れてくれるビジネスやサービス機関のリストが記載された旅行ガイドブックのこと。  解禁されたポスターには、「行こうぜ、相棒。あんたにしかできないことがある。」というコピーと共に、ターコイズブルーのキャデラックを運転するトニーと、後部座席にどっしりかまえるシャーリー、そしてアメリカ南部の穏やかな自然が写されている。白人のブルーカラーであるトニーと、黒人でインテリのシャーリーという、当時では珍しい組み合わせの2人の、それぞれの生き方の違いを連想させる佇まいが印象的なビジュアルとなっている。  映画『グリーンブック』は2019年3月1日より全国公開。

  • 映画『キックス』ポスタービジュアル

    奪われたエアジョーダンを取り戻せ! 心揺さぶる『キックス』予告到着

    映画

     映画『ムーンライト』で第89回アカデミー賞助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリが出演する『キックス』から予告編が到着。新品のスニーカーに憧れる少年の決意と大人へと成長する瞬間が、スタイリッシュな映像でつづられている。@@cutter 新鋭ジャスティン・ティッピング監督が長編デビューを飾る本作は、アメリカ西海岸のスラム街を舞台に、ギャング、麻薬、銃、そして仲間とスニーカーといったさまざまなモチーフを、Wu‐Tang ClanなどのHIP HOPをバックに、リアルかつ斬新に描いたブラックムービー。マハーシャラのほか、主人公を新人ジョキング・ギロリーが演じ、親友役にヒップホップの偉人、ノトーリアス・B.I.G.とフェイス・エヴァンスを両親に持つクリストファー・ジョーダン・ウォーレスが扮する。  15歳のブランドン(ジョキング)はクールなスニーカーさえあれば、現実から逃れられると信じている。しかし必死に貯めたお小遣いで手に入れたそのスニーカーが目立ち、地元のチンピラに奪われてしまう。ブランドンは、2人の親友を連れて盗まれたスニーカーを奪取するミッションに繰り出すのだが…。  解禁された予告編では、ボロボロのスニーカーを履き、新品のスニーカーに憧れる少年ブランドンが、誰もが憧れる“エアジョーダン1”を手に入れ、輝かしい生活を手に入れるシーンからスタート。しかし、そのスニーカーは地元のチンピラたちによって奪われてしまう。助けを求めた叔父に「自分のケツは自分で拭け」と言われた彼は、2人の友人と共に、チンピラからスニーカーを取り戻そうと決意。予告の後半には、謎の宇宙服を着た人物が登場し、銃を構えたブランドンと共に前に進んでいくというミステリアスなシーンも収録されている。  「こんな世の中から出て、靴と宇宙で過ごす」というブランドンの印象的なつぶやきも収められており、スリリングな展開と、少年が少しだけ大人になる瞬間を垣間見ることのできる予告編となっている。  映画『キックス』は12月1日より全国順次公開。

  • 『アリタ:バトル・エンジェル』より

    『銃夢』実写化映画『アリタ:バトル・エンジェル』、夏公開決定&予告編公開

    映画

     木城ゆきと原作のSF漫画『銃夢』をジェームズ・キャメロンが製作・脚本を手掛けて実写化した映画『アリタ:バトル・エンジェル』が2018年夏に公開が決定し、予告編と特別映像、場面写真が到着した。@@cutter 『アリタ:バトル・エンジェル』の舞台は数百年先の未来。<アイアン・シティ>のスクラップの山中で意識を失った状態で発見されたサイボーグの少女アリタ(ローサ・サラザール)はサイバー・ドクターのイド(クリストフ・ヴァルツ)によって助け出される。アリタは自分の過去も、自分がいる世界についての記憶も一切なかった。そんな彼女はあるとき自身が並外れた戦闘能力を持っていることに気づく。自らの出生の秘密を見つけようと決意したアリタは、世界の腐敗に気づき世界を変えようと挑むのだった。    公開された予告映像では、アリタが目覚めるシーンからスタート。彼女の姿は全てモーションキャプチャーによるCGで、原作に忠実な姿で描写されている。またキャメロンと、監督を務めたロバート・ロドリゲスのコメント映像も到着。15年以上も構想してきた本作をロドリゲス監督に託したキャメロンは「僕の脚本を生かしつつ彼自身の作品にした」と太鼓判を押している。  主人公アリタを演じるのは『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』のローサ・サラザール。ほか、『イングロリアス・バスターズ』『ジャンゴ 繋がれざる者』のクリストフ・ヴァルツ、『ビューティフル・マインド』のジェニファー・コネリー、『ムーンライト』のマハーシャラ・アリらが脇を固める。また、キャメロンの製作パートナーとして『タイタニック』『アバター』のジョン・ランドーがプロデューサーを務める。  映画『アリタ:バトル・エンジェル』は2018年夏全国公開。

  • 映画『ドリーム』場面写真

    『ラ・ラ・ランド』を上回るヒット作! 『ドリーム』本編映像が到着

    映画

     全米で昨年末の限定公開を皮切りに大きな評判を呼び、大ヒット映画『ラ・ラ・ランド』を上回る興行成績を記録している映画『ドリーム』。第89回アカデミー賞で3部門(作品賞、助演女優賞、脚色賞)にノミネートされた注目作の本編映像が公開された。@@cutter 本作の舞台は、まだ有色人種への差別意識が色濃く存在していた、1960年代初頭のアメリカ。一流の素養を持っていても、夢を叶えるにはあまりに障壁が多すぎた時代に、NASAで働く3人の黒人女性が、強くたくましく夢の実現にまい進する姿を描く。  今回公開された本編映像は、黒人女性ながら当時としては異例の技術部への抜擢を受け、その才能を遺憾なく発揮してプロジェクトに貢献するメアリー(ジャネール・モネイ)に、上司ゼリンスキー(オレク・クルパ)が彼女の技術者としての将来のために進言するシーン。エンジニアとしての才能と実力を認めてくれる上司の後押しもむなしく、技術も心も既に一流エンジニアであるメアリーは、夢への障壁の大きさに切なさをにじませる。  この才色兼備なメアリーを演じたジャネール・モネイは、6度のグラミー賞ノミネートを誇るシンガーで、第89回アカデミー賞作品賞に輝いた『ムーンライト』にも出演。彼女は、実在の人物であり、黒人女性として時代を変えた偉大な先駆者を演じるにあたって、事前に大量のリサーチをしたことを明かした。「宇宙飛行士による初の地球周回を可能にし、文字通り、世界を変えた。彼女は公平を望んでいる人だと思ったの。頭が切れることを自覚しているし、誰かを満足させるために、自分を卑下するとか、レベルを落とすことはしない人だわ」と、メアリーが打ち立ててきた実績と周りに流されない強い姿勢に敬意を表している。  本作は、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』で第81回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたタラジ・P・ヘンソンが主演を務める。共演には『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』で第84回アカデミー賞助演女優賞を受賞したオクタヴィア・スペンサー、『ムーンライト』で第89回アカデミー賞助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリ。さらにケビン・コスナー、キルスティン・ダンストといった実力派が顔をそろえた。『ヴィンセントが教えてくれたこと』のセオドア・メルフィ監督がメガホンを取った。  映画『ドリーム』は9月29日より全国公開。

  • 映画『ムーンライト』幼少期を演じた少年に絶賛の声!

    『ムーンライト』主人公の少年にくぎ付け!オスカー俳優も絶賛するキュートな俳優

    映画

     第74回ゴールデングロープ賞で作品賞(ドラマ部門)を受賞。第89回アカデミー賞で作品賞・脚色賞・助演男優賞の3冠を獲得した話題作『ムーンライト』がいよいよ公開。オスカー獲得をけん引した主人公・シャロンの幼少期を演じた、アレックス・ヒバートへの称賛のコメントが寄せられている。@@cutter 『ムーンライト』は、人種、年齢、セクシュアリティを背景に人間ドラマを描いた作品。あだ名はリトルの主人公・シャロン。内気な性格でいじめられっ子の彼であったが、高校生の頃、唯一の友だち・ケヴィンと月明かりが輝く浜辺でお互いの心へふれることになる。  自分の居場所を求める主人公が、少年から大人になるまでを描いた本作。主人公・シャロンの幼少期を演じたヒバートに、オスカー受賞後も「彼の存在があったから」と世界中から称賛の声が多数みられた。  本作の製作にあたり、シャロンを演じる少年を街中でくまなく探し回ったというスタッフからは「幼い瞳に残る物静かな好奇心と脆弱性に強く惹かれ」たことから、ヒバートを抜擢したという。  さらに、リトルの父親のような存在となる麻薬ディーラー・フアンを演じた助演男優賞獲得のマハーシャラ・アリも「僕が今まで出会ったなかで最高の共演者だったよ」と絶賛。「彼には演技の経験がまるでなかった。だから僕は少し指示をあげた。彼はそれを聞いて、凄いことをやってのけた。彼はとてもプロフェッショナルだったよ」と、ヒバートの演技を評している。  映画『ムーンライト』は、3月31日から全国ロードショー。

  • 第89回アカデミー賞・助演男優賞:マハーシャラ・アリ『ムーンライト』

    <アカデミー賞>助演男優賞は『ムーンライト』マハーシャラ・アリが初受賞!

    映画

     日本時間27日、第89回アカデミー賞授賞式がアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催され、8部門でノミネートされたバリー・ジェンキンズ監督作『ムーンライト』のマハーシャラ・アリが初ノミネートで助演男優賞を受賞した。@@cutter バリー・ジェンキンズ監督の長編映画2作目『ムーンライト』は米フロリダ州マイアミを舞台に、貧困地区で育ったゲイの黒人男性シャロンが、苦悩しながら自分の居場所を探して生きるさまを幼児期から成人期にわたって描く。マハーシャラは薬物依存症の母親と暮らす少年時代の主人公を、親代わりとなって支える麻薬ディーラーのホアンを演じる。  今回が初ノミネートだったマハーシャラは映画、テレビ、舞台と幅広く活躍。『4400 未知からの生還者』や『ハウス・オブ・カード 野望の階段』などの海外ドラマや、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(08)、『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』(12)、『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』(17)などの映画に出演する。 <アカデミー賞助演男優賞:候補者一覧(★が受賞者・作品)> ★マハーシャラ・アリ『ムーンライト』 ジェフ・ブリッジス『最後の追跡』 ルーカス・ヘッジズ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 デヴ・パテル『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 マイケル・シャノン『ノクターナル・アニマルズ(原題)』

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access