笠松将 関連記事

  • 映画『ラ』舞台挨拶付き完成披露上映会にて

    桜田通、“隠しページ”の存在を暴露「誰も気づいてくれない」 

    映画

     俳優・桜田通が14日、都内で行われた主演映画『ラ』の完成披露上映会に、共演の福田麻由子、笠松将、ダンカン、高橋朋広監督と共に出席。本作にちなみ「最近新しく始めたこと」という質問に「オフィシャルサイトを開設して2~3週間経ったんだけど誰も隠しページに気づいてくれない」と、内心寂しく思っていることを暴露した。@@cutter 『ラ』は、失われた友情を取り戻すため奮闘する音楽青春映画であり、思いもよらぬ展開が待ち受ける“波乱のエンターテインメント”。1年前、ある出来事を機に解散してしまったバンド「LACTIC ACID」の元ボーカル・慎平(桜田)。恋人のゆかり(福田)に「あるもの」と引き換えに金銭をバックアップしてもらい、元メンバーの黒やん(笠松)を誘いバンド再結成のために動き出す。   桜田にとっては今回の役は「自分自身も挑戦しなければいけない役」と明かし、桜田と笠松、福田と監督で撮影前に事前のリハーサルをしっかりと行うことで、彼らの関係性を作り上げていったという。  映画タイトルの『ラ』はオーケストラが音を合わせる基準音であり、赤ちゃんの産声の音、はじまりの音ということにちなみ「最近始めたこと」という質問には「青汁飲み始めました。粉じゃなくて冷凍の飲んでます。飲みやすくて美味しいですよ」と福田。  桜田は「最近オフィシャルサイトを立ち上げたんですけど、オフィシャルサイト内で始めてることがあって。隠してるんですけど、オープンしてから2~3週間経っても誰も気づかなくて。今言いたくはないんですけど、秘密のページみたいなのがあるんですよ」と、隠しページの存在を暴露。ブログなどにも誰からも見つけたという反応がないらしく、しびれを切らした挙げ句の発言で会場を驚かせた。  また、上映会冒頭では、出演者たちが登場するなり観客がダンカンの衣装に釘付けに。カルロス・ゴーン氏が保釈された際の服装を彷彿させる姿で登場したダンカンは、「タクシーの運転手役をこの衣装でやってるんですけど、その後ゴーンの野郎が真似しやがって」とジョークを飛ばしまくり、桜田も「マジですか!?」と爆笑する一幕もあった。  映画『ラ』は、4月5日より全国順次公開。

  • 『おいしい家族』出演キャスト

    笠松将&モトーラ世理奈、松本穂香主演『おいしい家族』出演

    映画

     女優の松本穂香が主演を務める『おいしい家族』で、新たに笠松将、モトーラ世理奈、三河悠冴、柳俊太郎が共演することが発表された。@@cutter 本作は、25歳で発表した小説『えん』が第40回すばる文学賞佳作を受賞するなど、映画・脚本・小説と映像・文学とマルチな才能を持ち合わせた新鋭作家、ふくだももこの初長編作品。原作は、ふくだ自身が監督を務めた短編映画『父の結婚』。妻を亡くした父親が再婚するまでの親子の日々を描いた同作の長編化となる。主演は、本作が長編映画初主演となる松本穂香。なぜか亡くなった母親の服を着て生活する父親・青治を板尾創路が、青治と家族になろうとするお調子者の居候・和生を浜野謙太がそれぞれ演じる。  松本演じるしっかり者の主人公・橙花に対し、マイペースな弟・翠を演じる笠松は、「様々なカタチの愛を1つ作品で体感できる温かくて美味しい映画だと感じました。人と違うことに悩む方には、『全然普通だよ』って。自分が特別じゃないと悩む方には、『あなたは特別だよ』って教えてくれるような作品だと思いました」と作品の見どころを語った。  生意気な女子高生・ダリアを演じるモトーラは「まだ未熟者の私が素敵な作品の1人として参加できたことがとても嬉しかったです。撮影初日、新島に着いたその日から家族で食卓を囲むシーンでとても緊張したのですが、板尾さん、ハマケンさん、監督がとても暖かな雰囲気を作ってくださって撮影期間の新島での日々はとても楽しかったです」と撮影の思い出を語った。  ダリアの親友・瀧役の三河は「初めて脚本を読んだ時、愛と家族の描かれ方に魅了され、一気に読みきってしまいました。現場に入り『瀧』の目を通してみた景色は忘れられません。僕が感じた透明な気持ちを観て下さった方が感じてくれたら嬉しいです」とコメント。  橙花のファン・エビオ役を務める柳は「撮影終わりに温泉に入ったり居酒屋で飲み明かしたのもとてもいい思い出です。作品としては個性的な役柄がたくさんいて、とても面白い家族の描き方をしていてユーモア溢れる作品となっていると思います」とコメントを寄せた。  映画『おいしい家族』は、9月20日より全国公開。

  • 『響 ‐HIBIKI‐』学生限定公開直前イベントにて

    平手友梨奈、主演映画イベントへ元気に登場 “自転車練習”も告白

    映画

     欅坂46の平手友梨奈が10日に都内で行われた、初主演映画『響‐HIBIKI‐』の学生限定公開直前イベントに、共演したアヤカ・ウィルソン、板垣瑞生、笠松将と共に登場。5日開催の全国アリーナツアーで落下事故を起こした影響を見せず、笑顔まじりで元気な姿を見せた。@@cutter 同作は、「マンガ大賞2017」で大賞を獲得した人気コミック『響~小説家になる方法~』を原作とするヒューマンドラマ。芥川賞と直木賞に同時ノミネートした天才女子高生作家・鮎喰響(平手)と、彼女を取り巻く人々の思いを活写する。  今回登壇した4人は、劇中では文芸部メンバーとして共演。落下事故で軽い打撲と診断された平手はこの日、元気な姿を見せ、終始マイペースでトークを展開。劇中の同部活での思い出を問われて「本棚を倒すシーンは、リハーサルを何回もやったし、本番でもけっこう時間をかけた思い出がある」と述懐した。  響の幼なじみ・椿涼太郎役の板垣は、役作りにあたって撮影前に「とにかく『平手友梨奈を好きになる動画』をYouTubeで見まくった。めちゃくちゃいいですよ。たくさんいろんな響を見た状態で現場に入った。見まくったおかげで緊張した」と告白。それを聞いて平手は「やめていただきたい…」と答え、会場を笑わせた。  イベント中盤には、ペアの理解度を試す風船ゲームを実施。平手は、学生役を今回演じるにあたって、クランクイン前に自転車に乗る練習をしたと告白。それまで「自転車に乗れなくて…」とこぼし、現在は乗れるようになったと明かした。  映画『響‐HIBIKI‐』は、9月14日より全国ロードショー。

  • ドラマ『恋のツキ』追加キャスト 左から柳俊太郎、笠松将、山田愛奈

    柳俊太郎、笠松将、山田愛奈が『恋のツキ』追加キャストに決定

    エンタメ

     俳優の柳俊太郎、笠松将、山田愛奈が、徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』(テレビ東京系/毎週木曜25時)の追加キャストとして発表された。柳は徳永との共演に喜びのコメントを寄せている。@@cutter 本作は、新田章が“女の浮気心”を生々しく描き出した同名コミックを実写化したドラマ。彼氏・ふうくん(渡辺大知)と同棲生活3年目でマンネリ中の31歳・ワコ(徳永)は、バイト先の映画館で、“超タイプ”な高校生・伊古(神尾楓珠)と出会い、一線を超える。「ふうくんとの目先の結婚」か、「伊古くんとの焦がれるような恋愛」かに悩み、自分にとっての本当に幸せな生き方を探し続けるワコの等身大の姿を描く。  江口のりこ演じるワコの同僚・照井の彼氏である森山役を演じる柳は、「照井さんとの年の差カップルだったのですが、淡々としている江口さんはとても落ち着いた雰囲気で素敵でした」と告白。主演の徳永については「何回か同じ作品には出演しているのですが、あまり同じシーンでの共演はなかったのでやっとお芝居をご一緒することができました」とコメント。  また、川谷絵音演じる沖原隠光の監督作品『感情のない海』の登場人物・直樹を演じる笠松は、「物語が進んでいくにつれて、少しずつ明かされていく『感情のない海』を少しでも楽しみにしてもらえればと思います」とアピール。  同じく『感情のない海』の登場人物・美和役を演じる山田は「劇中劇としましては勿体無いくらいの役を頂き、とても嬉しく思います」とコメント。さらに「美和を活かしてワコさんと伊古くんのきっかけ作りのお手伝いが出来ます様に。心を込めて」と、主人公・ワコに対しエールを送った。  ドラマ『恋のツキ』は、テレビ東京系にて毎週木曜25時放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access