SUMIRE 関連記事

  • 映画『TOURISM』場面写真

    遠藤新菜×SUMIRE『TOURISM』、独特の彩色でシンガポールを映す予告公開

    映画

     女優でモデルの遠藤新菜と、歌手のCharaと俳優の浅野忠信の長女であるSUMIREが出演する宮崎大祐監督最新作『TOURISM』より、予告編が解禁。ポルトガルの鬼才ペドロ・コスタ監督作品で常にカラリストを務めるゴンサロ・フェレイラによって彩色された独特の映像で、舞台となるシンガポールの多様な姿を映し出したものとなっている。@@cutter 本作は、今を生きる日本の少女たち、ニーナとスーが観光客として身軽に家を飛び出し、期せずしてシンガポール本来の姿に出会うまでを描くロードムービー。製作・監督・脚本を務めるのは、国内外問わず様々な場所で映画制作を続けてきた宮崎大祐監督。2017年に宮崎監督自身の体験をもとに製作された本作には、この数年間で失われてしまったシンガポールの幻の風景が映っている。  ニーナを演じるのは、宮崎大祐監督作『大和(カリフォルニア)』(2016)で日本とアメリカを体現する重要な役どころを務めた遠藤。スーは「装苑」専属モデルを経て、近年女優として活躍の場をひろげるSUMIREが務める。  フリーターのニーナは、東京からほど近い地方都市・神奈川県大和市でスー、ケンジ(柳喬之)とシェアハウスをしている。ある日、世界中どこにでも行けるペア旅行券の抽選に当たったニーナは、くじ引きで決めた行先・シンガポールをスーと共に訪れる。初の海外旅行であったが、日本とあまり代わり映えしない街並みに少し失望する2人。そんな中、チャイナタウンで携帯電話を失くしたニーナはスーとはぐれてしまい…。  予告編は、抽選に当たったニーナとスーが、気ままに仲良くシンガポール旅行を満喫するシーンから始まる。その後観光していたチャイナタウンで2人ははぐれてしまい、ひとりきりで街をさまようニーナと、シンガポールの多様な街並みが映し出される。映像の途中では、ニーナやスーがカメラに向かって自身のことについて率直に語る映像も挟み込まれる。最後は、ニーナが現地の男性から「ニーナ、面白い場所があるんだけど、一緒に行かない?」と誘われ、笑顔で「イエス」と答えて立ち上がろうとする姿で締めくくられている。  予告編と併せて解禁された場面写真は、ニーナとスーがシンガポール旅行を満喫する姿やニーナが現地の家族と一緒に食卓を囲む姿などを写したもの。そのほか、シェアハウスでニーナ、スー、ケンジの3人で楽しそうに過ごす姿、ニーナやスーがカメラの前で自身のことについて語る姿、派手なシャツを着たケンジの姿を捉えたものとなっている。  映画『TOURISM』は7月13日より全国順次公開。

  • 娘・SUMIREとの懐かしき2ショットを公開 ※「浅野忠信」インスタグラム

    浅野忠信、娘SUMIREとの若き日の2ショット公開に「似てますね!」の声

    エンタメ

     俳優の浅野忠信が11日、インスタグラムとツイッターに娘・SUMIREがまだ幼い頃の自身との2ショットを投稿し、「うわー超かっこいい スミレちゃんも可愛い~」「何ちゅう素敵な写真だよ!」と話題になっている。@@cutter 浅野が「東大入学の勉強を教えてた頃 #20世紀」というキャプションで投稿したのは、浅野とミュージシャン・CHARAの長女で、今月4日に23歳の誕生日を迎えたSUMIREと共に写った懐かしい色合いの一枚。両親の離婚後、母の元で育ったSUMIREは現在、雑誌「装苑」などでモデルとして活躍。今年2月公開の映画『リバーズ・エッジ』では摂食障害の難役を演じて話題になった。  浅野は今年のエイプリルフールに「長年の夢だった東京大学への今年度の入学が決まったため俳優業を一時休ませていただきます」というジョークをSNSに投稿して世間を驚かせていたため、今回の「東大入学」も同様にネタと思われるが、膝に抱っこして教科書を一緒に眺める姿はまさに勉強を教える微笑ましい親子像そのもの。  これに対し、ファンから「すーちゃんと浅野さん 素敵です」「お父さんに似てますね!」「浅野さんの髪型が時代を感じます」「かっこいい、素敵な親子」「浅野さん若いーー すーちゃん今では美人過ぎて」「ほっぺのハート かわいい」「スーちゃんですね 色白くて美人さん」「2人とも大好きすぎる」といったコメントが殺到。  また、「東大!!」「教育パパさんだったんですね」「もーまたまた 東大」「あの日の東大…しばらく信じてました」「絶対うそ」「また東大」とネタに反応したコメントも多数見られた。 引用:https://twitter.com/asano_tadanobu    https://www.instagram.com/tadanobu_asano/

  • 映画『リバーズ・エッジ』完成披露試写会にて

    二階堂ふみ、“魂を込めた”『リバーズ・エッジ』完成に会心の笑顔

    映画

     女優の二階堂ふみが31日、都内で開催された主演映画『リバーズ・エッジ』完成披露試写会に出席。行定勲監督に自ら企画を持ち掛け、数年越しで映画化に漕ぎ着けた本作を「魂のこもった作品」とアピールし、製作の舞台裏と情熱を語った。@@cutter 本作は欲望と孤独を持て余し、生きることにもがく若者たちを鮮烈に描いた岡崎京子の同名原作を、『世界の中心で、愛をさけぶ』『ナラタージュ』の行定監督がメガホンを取り映画化した作品。この日の舞台挨拶には二階堂のほか、吉沢亮、森川葵、上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、行定監督が登壇した。  そもそも二階堂が原作漫画に出会ったのは『ヒミズ』を撮影中であった高校2年生の時。「美術部のスタッフの方が『これ好きだと思う』って貸してくださって出会ったんですけど、その時自分が抱えていたものがそのまま作品の中にあって衝撃が強くて、自分の中に傷跡が残ったような感覚でした」と明かす。  そこから今回の映画化に至るまで6年半から7年の時間を要したが、二階堂は自身がプロデュースしたともいえる本作について「10代後半って、生きることみたいなのを考えたり疑問に思い始める頃だと思うんですけど、普遍的なテーマだと思うので、ぜひ映画を観て感じて頂けたらいいなと思います」と、自身が原作から受けた衝撃を振り返るように語り、同時に『ヒミズ』の撮影から本作に繋がった導きに感謝した。  また劇中でゲイであることを隠し、いじめを受ける複雑な役を演じた吉沢は、「原作は余白の多い作品で自分の考えで埋めないといけない部分もあったし、原作と台本を行き来して、ひたすら人間性を考えることをやっていた」と演じた山田と向き合った時間を述懐。「すごく悩んだけど、すごい面白い男」と、演じ切った役柄への愛着と手ごたえを語った。  本作は第68回ベルリン国際映画祭パノラマ部門への正式出品が決定。二階堂は「せっかく素敵な、魂のこもった作品になったと思うので、海外の方にも観て頂きたいし、岡崎京子先生の名作ももっともっとたくさんの方に知って頂きたい」と、世界三大映画祭での上映を喜んだ。  映画『リバーズ・エッジ』は2月16日より全国公開。

  • 浅野忠信、娘・SUMIREに「可愛い」

    浅野忠信、娘・SUMIREに一言「可愛い」 インスタグラムで親バカっぷりに反響

    エンタメ

     俳優の浅野忠信が7日、娘でありモデル・SUMIREの写真をツイッターやインスタグラムに投稿した。大きな赤いリボンをのせた姿に浅野が「可愛い」と一言添えたところ、ファンから「親バカ万歳」といったコメントが投稿されるなど、反響を呼んでいる。@@cutter SUMIREは、浅野と元妻であるミュージシャン・Charaの長女として1995年に誕生。2013年11月にCharaのミュージックビデオに出演して注目を集め、2014年4月より雑誌「装苑」専属モデルとなった。  浅野のインスタグラムには「娘さんカワユ!」「本当~に美人さん!パパさん、じまんですねぇ」「すみれちゃんの目はホントに澄んでて引き込まれますよね」と絶賛の声をはじめ、「一瞬Charaさんかと思いました!」「目の色は浅野さんの遺伝なのかな?」「浅野さんのお母さんに目元が似てる気がする」といったコメントも届いている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access