堀田真由 関連記事

  • 「ar」3月号(主婦と生活社)表紙

    永野芽郁、背中だしショットで「ar」表紙に登場 ツヤツヤ美肌も披露

    エンタメ

     女優の永野芽郁が、ファッション雑誌「ar」(主婦と生活社)3月号の表紙に登場。背中の開いた大胆な衣装で、ツヤツヤの美肌と圧倒的なスタイルを披露している。@@cutter 同号ではLOVE号にちなみ、永野の大好きなファッションや愛しい猫、毎日のボディケアについてまで、自身の“らぶ”なモノやコトについてたっぷり語ったインタビューが掲載。もうすぐ20歳を迎える永野の、元気いっぱいな言葉の数々が収められている。  「恋をしたら着たい服」特集では、馬場ふみかがロマンティックなファッションで登場。山本美月も凛とした表情からお茶目な笑顔で、お目立ち服をたっぷり着こなしている。また、「いっつも小汚いスウェットばかり着てる」という指原莉乃(HKT48)は人気連載にて、普段から部屋着として愛用するスウェットについて語った。  堀未央奈(乃木坂46)は、美容液を使ったスキンケア特集に登場し、抜群の透明感が際立つ接写ショットを披露。今泉佑唯は、イケてるTシャツ特集で一挙30着を着こなし、彼女のカジュアルな魅力を惜しみなく発揮した。  「ar」初登場の小栗有以(AKB48)は、人形のようなガーリーファッションをオトナ仕様で着こなし。同じく初登場の堀田真由は、自慢のロングヘアを生かしたヘアアレンジ企画で、簡単なおしゃテクを紹介している。そのほかにも、鈴木伸之(劇団EXILE)、鈴木仁による、W鈴木の撮りおろしグラビアも掲載となる。  「ar」3月号は2月12日、主婦と生活社より発売。

  • 映画『あの日のオルガン』プレミア上映会イベントにて

    大原櫻子、戸田恵梨香の“愛の叱咤”に感服「かっこいい」

    映画

     映画『あの日のオルガン』(2月22日公開)プレミア上映会イベントが4日、都内の劇場で行われ、ダブル主演を務めた戸田恵梨香、大原櫻子をはじめ、佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、メガホンをとった平松恵美子監督が出席した。@@cutter 太平洋戦争末期、子どもたちの命を守るために日本で初めて保育園を疎開させることに挑んだ保母たちの実話を映像化した本作。出演者は実在した保母さんをそれぞれ演じている。  戸田が演じた板倉楓は、責任感が強く保母の中でリーダー的な存在となるが「共演者のみんなと全然年が離れていないと思っていて。撮影に入る前、私がリーダーに見えるのかなって不安だったけどみんなの年齢を聞いたら20代前半でものすごい衝撃。年齢的に全然私がリーダーだった」と苦笑した。  楓は“怒りの乙女”と呼ばれる役柄となるが「普段自分がふつふつと怒りを持って挑んでいることはないので、お芝居での怒りを表現するときは難しい作業だった。ケンカをするとか怒りをぶつけることはあるけど、(怒りが)心の中にある人だったので経験したことがなく苦戦した」と心情の表現が困難だったと振り返った。  戸田と初共演となった大原は、戸田のリーダーらしい一面に触れた時を回想。「恵梨香さんはずっと現場を俯瞰で見られていて。撮影の後半、子どもたちがみんな揃って一列になる時、子どもたちがふざけあって列がぐちゃぐちゃになった。集中してと言ってもまとまらず、その時、恵梨香さんが『うるさいねん!』って一言言ったんです」と明かした。戸田は「初めて怒りましたね…」と愛のある叱咤を笑顔で振り返り、大原も「怒った姿は見たことがなかったので一瞬止まって。楓さんだと思った。かっこよかったんです」と尊敬のまなざしだった。  大原は映画のオファーを受けた際は「年齢的にも顔つき的にも保母さん役で大丈夫かなって」と不安もあった様子。それでも歌手での経験も活かし休憩時間はオルガンを弾き、子どもたちと一緒に時間を過ごした。大原は「大変なことたくさんあったがとても楽しく演じられました」と充実の表情だった。  イベントには共演した子どもたちがサプライズ登場し、“先生たち”に感謝の花束を贈った。大原は「ありがとう。こうしてまた顔が見られてうれしい」と感激していた。  映画『あの日のオルガン』は、2月22日全国公開。

  • 『超・少年探偵団NEO ‐Beginning‐』ティザービジュアル

    高杉真宙、少年探偵団・小林少年のひ孫役で『超・少年探偵団NEO』結成

    映画

     俳優の高杉真宙主演で、名探偵・明智小五郎とその弟子・小林芳雄少年の末えいたちの活躍を描く映画『超・少年探偵団NEO ‐Beginning‐』が公開されることが決定。高杉は小林少年のひ孫である主人公・小林芳狼を演じ、佐野岳が明智小五郎のひ孫に扮する。@@cutter 本作は、戦前から戦後にかけ人気を集めた江戸川乱歩作の子ども向け小説『少年探偵団』シリーズを原案に、小林少年と明智探偵それぞれのひ孫を中心にした「超・少年探偵団NEO」が怪人二十面相と対決する姿を描く。キャストには、『仮面ライダー鎧武』以来の共演となる高杉、佐野のほか、NHK連続テレビ小説『わろてんか』の堀田真由、映画『ソロモンの偽証』の板垣瑞生、映画『奇跡』の前田旺志郎、ドラマ『ゆとりですがなにか』の長村航希と、次世代を担うキャストが顔をそろえた。監督はテレビドラマ『マメシバ一郎』シリーズの芦塚慎太郎。怪人二十面相のデザインを、『ファイナルファンタジー』『タイムボカン』シリーズのキャラクターデザイナーとして知られる天野喜孝が担当する。  少年探偵団の初代団長・小林少年のひ孫である主人公・小林芳狼(高杉)の前に、10年間行方をくらましていた怪人二十面相が姿を現し、「約束の時は近い」とだけ言い残して去っていく。それから芳狼の周りで怪事件の数々が起こる。学園七不思議の一つ“青毛布の者”騒動、中等部生徒失踪事件、突如現れる謎の電人。そして芳狼自身も知らない秘められた能力が目覚める。芳狼を支えるのは、明智小五郎のひ孫である小夜や幼なじみのワタリ(佐野)ら個性豊かなメンバーたち。そして、あの少年探偵団が「超・少年探偵団NEO」として復活する…。  このたび解禁となったティザービジュアルは、階段にたたずむ少年探偵団のメンバーの背後で、怪人二十面相が「もうすぐ約束の時だ―」と謎めいた言葉を発するデザイン。併せて公開された場面写真には二十面相をはじめ、夜の校舎に現れる不気味な青毛布の者、突如登場する謎の電人などが収められ、壮大なアドベンチャーを期待させるものとなっている。  特報では、「ぼ、ぼ、僕らは少年探偵団」という昔懐かしい『少年探偵団のうた』に乗せ、レトロな手書きテロップとともに、少年たちが二十面相に立ち向かっていく様子が昭和映画風に映し出されている。  映画『超・少年探偵団NEO ‐Beginning‐』は2019年全国公開。

  • (左から)鈴木仁、堀田真由、神尾楓珠 ※『3年A組―今から皆さんは、人質です―』インスタグラム

    『3年A組』3話で注目! 神尾楓珠、堀田真由、鈴木仁3ショットに反響

    エンタメ

     ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)公式インスタグラムが20日、神尾楓珠、堀田真由、鈴木仁の3ショットを公開。20日放送の第3話を観た視聴者から「最高」「美男美女」と反響が寄せられている。@@cutter 神尾、堀田、鈴木は第3話でメインキャストを務めた3人。“景山澪奈(上白石萌歌)がドーピングをしたフェイク動画を作成したのは誰か探し出せ”という柊(菅田将暉)に対して、犯人の疑いをかけられた3人だった。  ドラマ本編では、ヘビーな内容が続いたが、インスタグラムにアップされた3人はにこやかな笑顔だ。また所属事務所が同じだという堀田と鈴木は、共に自身のインスタグラムにお互いの2ショットをアップ。神尾は劇中で他校の生徒から暴行を受け、大ケガをしてしまうという場面があったが、その際の顔面傷だらけのオフショットを披露した。  それぞれのオフショットに対して、視聴者から「ぼこられてもイケメン」「これこそ美男美女」といった反響が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/3a10_ntv/    https://www.instagram.com/kamio_fuju/    https://www.instagram.com/mayuhotta/    https://www.instagram.com/jin_suzuki_722/

  • 『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第3話場面写真

    今夜『3年A組』、上白石萌歌を陥れたフェイク動画の撮影者を巡り新事実が…

    エンタメ

     俳優の菅田将暉が主演し、ヒロインを女優の永野芽郁が務めるドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第3話が今夜放送される。第3話では、上白石萌歌演じる女子生徒を陥れた“フェイク動画”の撮影者を巡り、クラス内で新たな疑惑が浮上する。@@cutter 本作は、卒業式まで残り10日となったとある高校を舞台にした学園ミステリー。“人質事件”という方法をもって“最後の授業”を行うと決断した1人の教師、そして生徒たちが抱える思い、そして“秘密”を綿密な人間模様とともに描いていく。  警視庁理事官である五十嵐(大友康平)は、ついに柊一颯(菅田)と対面。しかし五十嵐が盗聴器を付けていることを察した柊は、彼に拳銃を突き付ける。  柊の本日の授業は澪奈(上白石)を陥れたフェイク動画を撮影した3年A組の生徒は誰なのかというもの。しかしいつもとは違い、その犯人の特定を生徒たちではなく郡司(椎名桔平)に命じる。そして、指定した時刻までに動画撮影者を見つけられなければ教室内の5人の生徒の命を奪うと宣言。  郡司が捜査を進めると動画には、水泳部のジャージを着た人物が映っていたことが判明する。同時に生徒たちの間では、水泳部員の花恋(堀田真由)に疑いがかかる。彼女は、動画に映っているのは水泳部マネージャーの真壁(神尾楓珠)かもしれないと反論。澪奈、花恋、真壁はかつて、水泳部の仲間として親しくしていた。  そんな中、郡司のもとに3年A組の生徒を名乗る人間から連絡が入る。その生徒の協力を得た郡司は、フェイク動画を撮影したと思われる生徒を特定するのだが…。  ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』第3話は、日本テレビ系にて今夜1月20日22時30分放送。

  • 映画『あの日のオルガン』メインビジュアル

    戸田恵梨香&大原櫻子W主演『あの日のオルガン』本予告到着

    映画

     女優の戸田恵梨香と大原櫻子がダブル主演を飾る映画『あの日のオルガン』から予告映像が解禁。それぞれ対照的な性格の保母を演じる戸田と大原が、戦時下で子どもたちと共に暮らしながら、たくましく奮闘する姿を見ることができる。@@cutter 本作は、第二次世界大戦末期、東京都品川区戸越の保育士たちが幼い園児たちと集団で疎開し、東京大空襲の戦火を逃れた「疎開保育園」の実話を描くヒューマンドラマ。映画『ひまわりと子犬の7日間』の平松恵美子が監督と脚本を手掛け、幾多の困難を乗り越え、託された命を守り抜こうとするヒロインたちの奮闘を映し出す。  保母たちのリーダーで責任感の強い板倉楓を戸田恵梨香、天真爛漫な保母・野々宮光枝を大原櫻子が演じる。そのほかの保母役を、1000人を超えるオーディションを経て選ばれた佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、福地桃子、白石糸、奥村佳恵が務める。  1944年。戸越保育所の主任保母・板倉楓(戸田)は、園児たちを空襲から守るため、親元から遠く離れた疎開先を模索していた。最初は子どもを手放すことに反発していた親たちも、生き延びて欲しい一心で我が子を保母たちに託すことを決意。ようやく見つけた疎開先は古びた荒れ寺で、生活は問題が山積。それでも保母たちは、戦争が終わる日を夢見ながら子どもたちと向き合う。しかし、疎開先にも徐々に戦争の影が迫っており…。  予告映像は、戸田演じる楓が、「とにかく、やるの!」と力強く宣言するシーンからスタート。次いで子どもたちと共に荒れ寺に疎開し、奮闘する保母たちの姿が描かれる。過酷な状況の中、「私たちいつ寝るんですか…!」とコミカルに訴える光枝(大原)や、たくましく振る舞う一方で「もう疲れたんです…」とうなだれた様子を見せる楓。そのほかさまざまな登場人物たちや、光枝が弾くオルガンに合わせて子どもたちが楽しそうに踊る姿などが映し出される。  予告映像の中盤からは、シンガーソングライターのアン・サリーが歌う本作の主題歌『満月の夕(2018ver.)』が流れる。同曲は、1995年の阪神・淡路大震災を題材に作られた曲『満月の夕』のカバーとなっている。  映画『あの日のオルガン』は2019年2月22日全国公開。

  • 日曜ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』出演キャスト (上段左から)搗宮姫奈、堀田真由、日比美思、(下段左から)森山瑛、三船海斗、今井悠貴

    新ドラマ『3年A組』“勝ち気女子”に堀田真由&“アッパー女子”に日比美思

    エンタメ

     菅田将暉と永野芽郁が共演する2019年1月スタートの日曜ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、搗宮姫奈、堀田真由、日比美思、森山瑛、三船海斗、今井悠貴が生徒役で出演することが明らかになった。@@cutter とある学校を舞台とする本作では、2年前に赴任してきた担任美術教師の柊一颯(菅田)が、卒業まで残り10日となったある日に、女子生徒の茅野さくら(永野)を含む29人の生徒たちに「今から皆さんは……僕の人質です」と宣告。爆発音が鳴り響き、生徒たちが騒然とする中、数ヵ月前に自ら命を落としたある一人の生徒の“死の真相”と向き合う“最後の授業”が幕を開ける…。  解禁となった新キャストが演じるのは、3年A組の生徒たち。人の顔色をうかがうのが得意なバレー部女子の河合未来に扮するのは、モデルで女優の搗宮姫奈。水泳部キャプテンの勝ち気女子・熊沢花恋を演じるのは、『わろてんか』『チア☆ダン』の堀田真由。楽しいことが大好きなアッパー女子の小宮山愛華役には、元Dream5で女優でグラビアアイドルの日比美思。  また、記憶力抜群で成績優秀な鉄道男子・立野寛人役に森山瑛、バイクとバイトに明け暮れる中尾蓮役には三船海斗、電脳部に所属する西崎颯真役には今井悠貴がキャスティングされている。  新日曜ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』は、日本テレビ系にて2019年1月6日より毎週日曜22時30分放送(初回は30分拡大で22時放送開始)。

  • フジテレビ新番組『坂上どうぶつ王国』出演者会見にて

    坂上忍、新スタートの動物番組は「最も個人的な最後の終活作業」

    エンタメ

     タレントの坂上忍が、くっきー(野性爆弾)、堀田真由らと共に、都内で開催された新番組『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系/毎週金曜19時)の出演者会見に出席した。坂上は「将来的に僕は、動物のお世話をしながら…という生活を主体にしたいと思っていた」と明かした。@@cutter 番組では、坂上が長年夢見ていた人間と動物の楽園「どうぶつ王国」を作り上げる過程や、レギュラーメンバーが参加する動物企画などを放送する。この日の会見には、片平なぎさ、サンドウィッチマン、高橋海人(King & Prince)も出席した。動物好きで知られる坂上は「将来的に僕は、動物のお世話をしながら…という生活を主体にしたいと思っていた」と回想しつつ「半分お仕事なんだけど、半分は最も個人的な最後の終活作業」とコメント。  一方、くっきーと共に動物餌やり係を務める堀田は「バラエティだったり、ロケっていうものが初めてでして。普段はお芝居をやっているので、バラエティではくっきーさんが師匠だと思っている」とニッコリ。「おおきにやで」と笑顔を見せたくっきーだったが、ロケ中に行った「藁の間から顔を出す」というボケをスルーされたそうで「次やったら殺すからな!」と檄を飛ばして会場を沸かせていた。  番組の内容に絡め、飼育したい動物を聞かれた坂上は「カワウソ」と回答。ロケでも触れ合ったそうで「カワウソが大好きで会いに行ってきました。スタッフの皆さんが、会いたい動物に会って来いって言ってくださっているので、いろいろな動物に会ってくることになると思います」とも。くっきーは「飼いたいというか、一緒に生活したいなと思うのは、根本はるみさん」と答え、坂上やサンドウィッチマンを爆笑させていた。  新番組『坂上どうぶつ王国』は、フジテレビ系にて10月12日より毎週金曜19時放送(初回3時間スペシャル)。

  • 『チア☆ダン』第5話場面写真

    今夜『チア☆ダン』、チアダンス部vsチアリーダー部の対立が激化

    エンタメ

     女優の土屋太鳳が主演を務め、石井杏奈、朝比奈彩らも出演しているドラマ『チア☆ダン』(TBS系/毎週金曜22時)の第5話が今夜放送される。今回はROCKETSの部室が荒らされる事件が勃発! さらに、芙美(伊原六花)が階段から落とされて(!?)チアダンス部とチアリーダー部による女たちの戦いが始まる。@@cutter わかば(土屋)率いる福井西高校チアダンス部ROCKETSは、ダンスを披露した商店街のお祭りを大成功させ、チアリーダー部1年生の芙美とカンナ(足立佳奈)も加わり、部員は総勢10人となった。ところが、福西祭が近づきにぎわいを見せる校内で、チアダンス部の部室が荒らされる事件が勃発。ROCKETSのメンバーは、わかばが所属していた、望(堀田真由)率いるチアリーダー部が、芙美とカンナがチアダンス部に入った腹いせをしたのだと考える。  さらに、部室に来たわかばと麻子(佐久間由衣)が目にしたのは、芙美の周りを心配そうに囲む汐里(石井)、茉希(山本舞香)、渚(朝比奈)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)、カンナの姿だった。話を聞くと、芙美がチアリーダー部たちによって足にケガを負わされたという。堪忍袋の緒が切れた汐里、茉希、渚は、チアリーダー部の元へ行こうとするが、わかばはそれを阻止し、1人でチアリーダー部の部室へと赴く。果たして、チアダンス部とチアリーダー部の争いはどうなってしまうのか?  一方、チアダンス部の練習を見ていた顧問の太郎(オダギリジョー)は、今のROCKETSにはコーチが必要だと感じる。そこで太郎は東京へ行き、コーチを探す事に。しかし、すぐにコーチは見つからず、太郎は諦めて帰ろうとするのだが、前任校の生徒である木田(岐洲匠)に似ている男性を見つけ…。  ドラマ『チア☆ダン』第5話は、TBS系にて今夜8月10日22時放送。

  • 『チア☆ダン』第4話場面写真

    今夜『チア☆ダン』土屋太鳳率いるROCKETSにチアリーダー部の嫌がらせが

    エンタメ

     土屋太鳳が主演を務め、石井杏奈、朝比奈彩らもキャストに名を連ねるドラマ『チア☆ダン』(TBS系/毎週金曜22時)の第4話が今夜放送。第4話では、チアダンス福井大会での大失敗を経て、西高チアダンス部ROCKETSの心が一つになっていく様子が描かれる。@@cutter 散々な結果となったチアダンス福井大会。しかし太郎(オダギリジョー)の顧問らしい一喝もあり、ROCKETSは心が一つになる。夏休みも終わり、新学期に突入したある日、わかば(土屋)が所属していた、望(堀田真由)率いるチアリーダー部たちによる嫌がらせで学校の壁中にROCKETSに対する悪意に満ちた張り紙が貼られていた。今は無理でも、いつかは分かってくれる…。そんな思いで黙々と張り紙をはがすわかば。  一方、自分たちのダメさに気が付き始めたROCKETSの8人は校長の駒子(阿川佐和子)の配慮もあり、中央高校チアダンス部JETSの見学をさせてもらう事となる。覇気のあるあいさつで出迎えたのは現JETSのセンターであり、わかばの姉・あおい(新木優子)の後輩である月子(小倉優香)をはじめとするJETSのメンバーたち。JETSの練習に圧倒され、ROCKETSはJETSの真似をする“JETSごっこ”をしてみることに。  そんな中、ROCKETSに福井商店街からゲスト出演の依頼が舞い込む。さらに、わかばは、わかばと対立するチアリーダー部に所属している1年生の芙美(伊原六花)が1人ベンチにいるところを見つける。わかばは芙美に商店街のお祭りを見に来てほしいと伝えるが…。  ドラマ『チア☆ダン』は、TBS系にて毎週金曜22時放送。

  • ※「吉川愛」インスタグラム

    『虹色デイズ』 JK美少女3人の青春感たっぷりショットにファン歓喜

    エンタメ

     女優の吉川愛が6日、出演する映画『虹色デイズ』で共演する恒松祐里、堀田真由との3ショットなどを自身のインスタグラムに掲載。ファンからは「ほんまにかわいい」といった声が集まった。@@cutter 同日公開となった同作について、吉川は「本当に笑えて感動する青春映画です 私らしい杏奈ちゃんを演じました。 沢山の方に観ていただけたら嬉しいです」と告知した。映画では、吉川が小早川杏奈を、恒松が筒井まり、堀田が浅井幸子を演じ、中川大志演じる松永智也らの相手役となる。  投稿した1枚目の写真は、吉川本人が「1番好きな写真!」という恒松、堀田との3ショット。制服姿の3人が満面の笑みでカメラに笑いかけている。そのほかに浴衣での3ショットなど、共演を満喫していることが伺える写真も。  ファンからは「公開おめでとうございます」といったたくさんの祝福の声が集まった。また、3人の楽しげなショットにも「制服だけじゃなくて浴衣も似合いすぎ」「浴衣着てるシーンもう、 ほんまにかわいい」といった声も。作品についても「楽しみ!!何回見に行こう」「明日さっそく見に行きます!」といった期待の声のほか、「公開日朝イチに観てきました!!!」と、すでに鑑賞したファンの声もあった。 引用:https://www.instagram.com/ai_yoshikawa_official/

  • 『虹色デイズ』完成披露試写会の様子

    佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星のマジ告白に女性ファン大歓声

    映画

     佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星の4名が30日、カルテット主演映画『虹色デイズ』のセレモニーおよび完成披露試写会に出席。詰めかけた会場の女性ファンに向けて“本気告白”を展開し、黄色い歓声を浴びた。@@cutter 本作は、累計発行部数300万部を超える同名少女コミックを原作とした青春ストーリー。友情や恋愛、進路に向き合う男子高校生4人の青春模様を描く。  舞台挨拶の壇上で主演の4人は、本作の“男子だって恋をする”というテーマにちなみ、客席に向けて“本気告白”をすることに。片倉恵一役の横浜がトップバッターで登場し、ステージ中央で「この後さ…俺んち来る?」とニッコリ。会場の失笑を誘った。  次いで直江剛役の高杉は「オレが、幸せにするので付き合ってください!」とストレートに告白し、黄色い歓声を浴びた。羽柴夏樹役の佐野は、会場を見渡しながら目を丸く見開いて「ず~っと見てるよ!」と不気味な笑顔を見せ、客席から悲鳴を受けた。  劇中でチャラいモテ男・松永智也を演じる中川は、ラストに登場。“『虹色デイズ』を好きな子と見た帰り道”という設定でスタートし、突然「あれ、見て! 虹出てるよ!」と言いながら不意をついたキスを披露。最も大きな歓声を浴びた。  最後は、主演の4人に押し切られる格好で、山田裕貴も告白を見せることに。中川と同じ設定で始めるも、「あの4人には劣るかもしれない。でも、5番目でもいいから好きになってください! お願いします!」と土下座。会場を笑わせ、イベントを締めくくった。  今回のイベントには、主演の4人や山田のほか、吉川愛や恒松祐里、堀田真由、坂東希(E‐girls/Flower)、飯塚健監督が出席した。  映画『虹色デイズ』は7月6日より全国公開。

  • 『わろてんか』第26週(最終週)「みんなでわろてんか」

    『わろてんか』最終週、終戦後てんは焼け跡に寄席を再建することを決意

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『わろてんか』は、26日から第26週(最終週)「みんなでわろてんか」が放送される。戦争が激しくなり、てん(葵わかな)は、つばき(水上京香)やトキ(徳永えり)、子どもたちと一緒に、妹のりん(堀田真由)を頼って滋賀の農家に疎開した。だが身を寄せた先の主人・治平(西川きよし)は偏屈な男で、てんたちを邪けんに扱う。@@cutter 大阪には風太(濱田岳)が残り、細々と天満風鳥亭で寄席を続けていたが、昭和20年1月の空襲で焼失してしまった。終戦後すぐに、てんと風太は風鳥亭の焼け跡に戻って、芸人たちが戻って来るのを待つことにする。  てんはなかなか復員しない息子・隼也(成田凌)のことを心配し落ち込むが、風太と一緒に北村笑店再建に向けて動き出す。そのうち芸人たちも徐々に復員したり疎開先から戻ってきて、バラックの北村笑店はにぎやかになり、てんは焼け跡に寄席を再建することを決める。  先週放送された第25週「さらば北村笑店」では、北村笑店の映画第1作『お笑い忠臣蔵』の完成を見ないまま、伊能(高橋一生)はてんの元を去り密かに海外へ向かった。その後、太平洋戦争が勃発し、伊能の行方は知れなくなってしまう。てんは戦時中でも寄席興行を続けるが、千日前の南地風鳥亭が建物疎開で取り壊されることになる。そんな中、隼也にも赤紙が届き出征することになった。てんは勘当していた隼也と和解し、つばきと孫の藤一郎を引き取ることにする。戦争が激しくなり多くの芸人たちが戦地に赴き、てんと風太は北村笑店の解散を決める、という内容だった。  NHK連続テレビ小説『わろてんか』は総合テレビにて月曜~土曜8時放送。

  • 映画『虹色デイズ』女子キャスト4人発表 (左上から時計回りに)吉川愛、恒松祐里、坂東希、堀田真由

    『虹色デイズ』イケメン男子たちと青春送る女子に吉川愛、恒松祐里、堀田真由、坂東希

    映画

     佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星が4人全員で主演を務める映画『虹色デイズ』から、男子たちの青春を彩る主要女子キャストを吉川愛、恒松祐里、堀田真由、坂東希(E-girls/Flower)が務めることが発表された。@@cutter 本作は、「別冊マーガレット」(集英社)で連載されていた水野美波の同名漫画を実写化。性格も趣味もバラバラだがいつも一緒の、ちょっとおバカでお騒がせなイケメン男子高校生4人をめぐる“友情”と“恋”を描く青春ストーリー。メガホンをとるのは『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』を手がけた飯塚健監督。  佐野が演じる「なっちゃん」が片想い中の、ちょっと天然で大人しい「杏奈(小早川杏奈)」を演じるのは、子役から活躍している吉川。杏奈の親友で、中川演じる「まっつん」が惚れている大の男嫌い&毒舌な女の子「まり(筒井まり)」を恒松が担当する。  高杉が演じる「つよぽん」の彼女で、コスプレ好きな女子高生「ゆきりん(浅井幸子)」を、現在NHKの連続テレビ小説『わろてんか』に出演中の堀田が務め、男子4人のクラスメイトでバレー部の活発女子「千葉ちゃん(千葉黎子)」を坂東が担当する。  吉川は「今までクールな役を演じる機会が多かったので、どういう杏奈ちゃんを演じられるのか不安でいっぱいでした」と吐露しつつ、「いざ撮影に入ると楽しくて、演技をしている私が『杏奈ちゃんかわいいなぁ』と思ったりしていました」と撮影を楽しんだ様子。恒松は「複雑な役どころだったので、どうやって演じようかかなり悩みました」と明かし、「飯塚監督が導いて下さり、最後まで演じ切ることができました」と撮影を振り返った。  以前から原作の読者だったという堀田は、「皆さんに『ゆきりん』と毎日現場で呼んでいただけることや飯塚監督からのお言葉が自信に繋がり、とても恵まれた環境の中でお芝居をさせて頂きました」と周囲の支えで演じ切ったことを報告。坂東は「本当の学生生活のように気付かされたり、学んだりすることが多くて、本当にこの作品に携われてよかったです!」と充実した撮影期間だったことを伝えた。  映画『虹色デイズ』は、2018年7月より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access