クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

宮藤官九郎 関連記事

  • 『いだてん』新キャスト、安藤サクラが“東洋の魔女”主将に 浅野忠信&徳井義実も参戦

    エンタメ

     大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)より、10月から始まる1964年東京オリンピック篇に、俳優の浅野忠信、お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実、女優の安藤サクラが出演することが発表された。浅野は大物政治家・川島正次郎、徳井は日本女子バレーチームの大松博文監督、安藤は女子バレー主将・河西昌枝をそれぞれ演じる。

  • 異色の近現代大河『いだてん』は宮藤官九郎ドラマの醍醐味が凝縮!  

    エンタメ

     1912年のストックホルムオリンピックから1964年の東京オリンピックまでの近現代を描く異色のNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(以下『いだてん』)が、6日から始まった。脚本は宮藤官九郎。2013年の連続テレビ小説『あまちゃん』をはじめ印象的な作品を執筆しているが、この大河も、そんな宮藤作品のエッセンスが詰め込まれたぜいたくな作品であることが言えそうだ。

  • 異色の大河『いだてん』第1回、クドカンワールド全開にファン「最高」

    エンタメ

     大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)の第1回「夜明け前」が6日放送され、脚本家・宮藤官九郎が描くユーモアあふれる群像劇に「期待通り面白かった」「毎週楽しみ」「最高かよ」など好評の声が多く寄せられている。

  • 遠藤憲一主演ドラマ、メイキング映像公開! 小栗旬が思わず「そんなノリでいいんすか」

    エンタメ

     遠藤憲一が主演を務める、新ドラマ『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』(WOWOWプライム/毎週月曜24時)。11月12日の放送開始を前に、小栗旬がゲスト出演する第1話のメイキング映像が公開された。公開された映像には、遠藤と小栗によるリハーサルの様子が収められている。

  • 【特集】『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』遠藤憲一&宮藤官九郎ロングインタビュー

    エンタメ

    <meta charset="utf-8" /> <meta content="width=device-width, initial-scale=1, minimum-scale=1, maximum-scale=1, user-scalable=yes" name="viewport" /> <title></title> <meta content="index,follow" name="robots" /> <meta content="インタビュー特集" name="description" /> <meta content="エンタメ,テレビ,遠藤憲一,宮藤官九郎,勉強させていただきます,WOWOW,小栗旬,仲里依紗,加藤諒,高畑淳子,野村周平,水野美紀,高嶋政伸,桃井かおり,サスペンス,コメディ" name="keywords" /> <meta content="2018 crankin All rights reserved." name="copyright" /> <meta content="hollywood channel" name="author" /> <link charset="utf-8" href="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2018_benkyou/css/interview.css" media="all" rel="stylesheet" type="text/css" /> <link charset="utf-8" href="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2018_benkyou/css/interview_smp.css" media="all" rel="stylesheet" type="text/css" /> <style type="text/css"> .arrow { display: inline-block; color: #fff; text-decoration: none; background: #e70044; padding: 5px 5px; border-radius: 5px; font-size: 20px; font-weight:bold; line-height: 40px; width:90%; text-align:center; } .arrow::before { content: ''; width: 0; height: 0; border-style: solid; border-width: 9px 0 9px 9px; border-color: transparent transparent transparent #ffffff; display: inline-block; vertical-align: middle; position: relative; top: -2px; margin-right: 2px; left: 160px; } .article_interview{ margin: 0; width: 670px; } #interview { font-family: "メイリオ", Meiryo, "Hiragino Kaku Gothic Pro", "ヒラギノ角ゴ Pro W3", "MS Pゴシック", "Lucida Grande", "Lucida Sans Unicode", Arial, Verdana, sans-serif; color:#373737; margin: 0 ; max-width: 670px; } .movies { margin: 0 auto; position: relative; width: 100%; padding-top: 56.25%; } .movies iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100% !important; height: 100% !important; } #interview p span.intName_C { color:#ff0000; font-weight:bold; } .intMain_boxB { width: 670px; margin: 0px 0 30px; padding: 0; background: #dcdcdc; } @media screen and ( max-width:479px ) { .intMain_boxB { width:100%; margin: 0 0 20px; padding:0 ; background:#dcdcdc; } .intMain_boxB img { width:100%; height:auto; padding:0 ; } } iframe { border: 0; max-width: 100%; }</style> <div class="content" id="interview"> <div class="intMain_boxB"> <img alt="勉強させていただきます-インタビュー" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2018_benkyou/images/benkyo_main.jpg" /></div> <!-- / #intMain_box --><!--/.gallLink --> <div class="article"> <p class="lead"> 第一線で活躍し続ける俳優・遠藤憲一と独自の世界観で物語を生み出す宮藤官九郎が、WOWOWオリジナルドラマの初主演と初脚本を飾った、連続ドラマ『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』がWOWOWプライムにて11月12日(月)よりスタート。「同じ物語の同じ役を、違う役者が演じたらどう変わるのか?」を出発点に、遠藤が本人役を演じ、各話ゲストの“名俳優たちの役作り”を目の当たりにし、勉強していく。毎話、通常のサスペンスドラマが描かれるテイク1と、ゲスト俳優が個性を爆発させるテイク2。前代未聞のワンシチュエーションコメディを撮り終えた遠藤と宮藤が、互いの印象や本作の魅力を語り尽くす。</p> <div style="background-color:#dbdbdb; padding:5px; margin:0px 0px 20px 0px"> <p class="lead"> <あらすじ><br /> 遠藤憲一が刑事・諸井情を演じる、サスペンスドラマの撮影現場。撮影は滞りなく終わったかと思いきや、トラブルが発生して撮り直しすることに。しかしすでに共演者は現場におらず、遠藤はたまたま近くの現場にいた名俳優たちに急遽出演をオファーするのだが…。主演・遠藤憲一、脚本・宮藤官九郎で、全7話のゲストに小栗旬、仲里依紗、加藤諒(仲と同一回)、高畑淳子、野村周平、水野美紀、高嶋政伸、桃井かおりが出演する。</p> </div> <div class="movies"> <iframe allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen="" frameborder="0" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/AHQygHz1JTw?rel=0" width="560"></iframe></div> <br /> <div class="question"> <p class="qTxt"> ――遠藤さん、宮藤さん、それぞれお互いに、どんな印象を持たれていましたか?</p> </div> <p> <span class="intName_A">宮藤</span>:共演したことありますよね。<br /> <br /> <span class="intName_C">遠藤</span>:堤幸彦監督の『大帝の剣』のときだね。俺、あのときは特殊メイクで。<br /> <br /> <span class="intName_A">宮藤</span>:そうです。特殊メイクのために早く入られているので、僕が行くともう出来上がっていた。だからあのときの特殊メイクの印象が強いです(笑)。そのビジュアルで世間話をちゃんとしてくださって。この人、すごいなって思いました。それから僕が書いた『土竜の唄』などでも、どんなバカなことを書いても真っ向から全力でやってくださると感じていました。今回は受けのお芝居ですが、どんなゲストが来て何をやっても、遠藤さんなら受けてくれるだろうと思いました。<br /> <br /> <span class="intName_C">遠藤</span>:宮藤さんといったら、やっぱり脚本の面白さ。会ってみるとすごく腰の低い方なんですけど、書きだすとすんごいぶっ飛んだものを書いたり、アイデアが出てくる。今回の脚本もそうですけどね。頭の中、どうなっちゃってるんだろうって、すごく思います(笑)。</p> <div class="photo"> <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2018_benkyou/images/01.jpg" /></div> <div class="question"> <p class="qTxt"> ――今回は主演と脚本家としてのタッグですね。</p> </div> <p> <span class="intName_C">遠藤</span>:すごく嬉しかったですね。どんなことになっていくんだろうと。そして脚本の段階でゲラゲラ笑いました。原型がおもしろいからこそ、これを落としちゃいけないというプレッシャーにはなりましたけどね。現場では吹かないようにするのが大変でした。俺はもともとゲラなのに、セリフが音になると余計におかしいから。かなりノックアウトされました。でもそれでいい作品なのかなって。</p> <div class="question"> <p class="qTxt"> ――脚本にはなかなかすごい表現もありました。遠藤さんを「便器のような顔」とか(笑)。</p> </div> <p> <span class="intName_A">宮藤</span>:そ、それは違いますよ! あれは高畑(淳子)さんが口の悪い上司っていう設定だったから。<br /> <br /> <span class="intName_C">遠藤</span>:水野(美紀)さんのときじゃなかった?<br /> <br /> <span class="intName_A">宮藤</span>:あ、そうか。酔っ払っちゃって口走るっていう。テイク1のほうは甘いセリフで、テイク2は逆に、水野さんの毒舌というキャラクターに当て書きしただけで、便器みたいな顔という当て書きではないですよ!<br /> <br /> <span class="intName_C">遠藤</span>:ハハハ。なんか「野良犬のような」っていうのも出てくるんだけど、それは自分でも思ってたの。頬のこけ方とか、似てるなって。だからそういう風に思われてるんだなって。<br /> <br /> <span class="intName_A">宮藤</span>:いやいやいや(苦笑)。<br />  </p> <div class="photo"> <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2018_benkyou/images/02.jpg" /></div> <p>  </p> <div class="question"> <p class="qTxt"> ――遠藤さんは主人公の諸井情だけでなく、本人役としても登場します。不思議なスタンスの役ですね。 諸井情役を演じられていかがでしたか?</p> </div> <p> <span class="intName_C">遠藤</span>:勉強になりましたよ。受けの芝居だし。とにかくフラットに。来るものをちゃんと聞いて感じる。ほかの現場でもなんかちょっと変わり始めてるんだよね。自分にしか分からない感覚だけど。でもこの作品の影響だと思うんです。<br /> <br /> <span class="intName_A">宮藤</span>:へ~。<br /> <br /> <span class="intName_C">遠藤</span>:これまでは受けの芝居だとしても、来たものには返すというか。来たものには噛んでいく感じがあった。それが今回は受けっぱなし。難しかったけれど、すごく楽しかったし、勉強になりましたね。自分にとっての新しい領域。まだ伸びしろがあったんだなって。</p> <div class="question"> <p class="qTxt"> ――これはすごく大変だったといった回はありましたか?</p> </div> <p> <span class="intName_C">遠藤</span>:すごくビックリしたのは桃井かおりさんが出てくれたとき。桃井さんってすっごく工夫するんですよ。アイデアをガンガン膨らませて、どんどん変化させていく人なので、たぶん脚本は覚えてこないなって思ってたんです。だから僕もいつもより、そこそこくらいの感じにして行ったら、一字一句違わないんです。もう俺、焦っちゃって。<br /> <br /> <span class="intName_A">宮藤</span>:アハハハ。<br /> <br /> <span class="intName_C">遠藤</span>:たぶん桃井さんは、1周回っちゃったんだと思うんだよね。もっと面白くするにはどうすればいいんだろうって色々考えて、こうしたほうがいいああしたほうがいいって。それで結局、一周回って、このままでいいってなったんじゃないかな。きっと。<br /> <br /> <span class="intName_A">宮藤</span>:撮影に来られたときに、そのままやったほうがいいと思ったとおっしゃってましたね。モニターで見ていたら、このセリフ、もう1回やらせてくださいと言って、ひとつのセリフがうまくいかないだけで、また頭からやられるんですよ。すごいなってビックリしました。あと、すごいと思ったのは遠藤さんのテイク1です。</p> <div class="question"> <p class="qTxt"> ――まっとうなサスペンスドラマのほうですね。</p> </div> <p> <span class="intName_A">宮藤</span>:たとえば第1話のテイク1で牢屋の向こうにいる相手を説得するときに、本当に真剣に、涙を流しながら演じられていて。「これはヤバい、テイク2が想像できない」と。そしたらテイク2も本気でやってるからホントすごいなって。あと、僕自身、テイク1のようなストレートな犯罪ものを書いたのはそもそも初めてですし、勉強になりましたね。</p> <div class="photo"> <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2018_benkyou/images/03.jpg" /></div> <div class="question"> <p class="qTxt"> ――テイク1はきちんとした続き物ですし、犯人が気になりました。</p> </div> <p> <span class="intName_A">宮藤</span>:テイク2の人たちをおもしろく見せるための筋を考えたあとに、じゃあ、テイク1どうしましょうって感じで、完全に後から考えてるんですけどね。</p> <div class="question"> <p class="qTxt"> ――最初にテイク1全体のストーリーを書いてしまっているわけではないんですか?</p> </div> <p> <span class="intName_A">宮藤</span>:違います。テイク2の打ち合わせで、今回はゲストが誰で、こういう設定でいきます、と決まってから「で、テイク1はどうしましょう」と。たとえば野村(周平)くんが出た4話は、最後にBARを出せば水野さんが酔っ払う5話に繋がるなとか。4話自体は、単純に野村くんに話が通じない若者をやってほしいというだけのアイデアなので。だから逆にテイク1には真面目ないい子を登場させるという。ゲストが決まってから、この人のどういうところを見たいかという話をして、じゃあ、こういう話にしていきましょうと毎回考えていった感じです。</p> <div class="question"> <p class="qTxt"> ――そうなんですね。ちなみに遠藤さんは、各話のゲストのみなさんと共演歴がありますが、遠藤さん役として、ゲストにテイク2の出演オファーをする「久しぶり!」という再会のシーンは、アドリブなんでしょうか。</p> </div> <p> <span class="intName_C">遠藤</span>:あそこは全部アドリブです。基本、ゲストの人にしゃべってもらったほうがいいと思って、最近はどうです?と振って、話してもらっています。</p> <div class="question"> <p class="qTxt"> ――遠藤さんにはバイプレイヤーというイメージが強いですが、今回は主演です。</p> </div> <p> <span class="intName_C">遠藤</span>:そこは意識してないですね。ただ宮藤さんの脚本でがっつりやれたのは初めてなので、呼ばれたときにはすごく驚きましたけど、とにかく初回を見てもらえれば、ハマってもらえるんじゃないかな。<br /> <br /> <span class="intName_A">宮藤</span>:1回1回の面白さもありつつ、連ドラの面白さもあるので、ぜひ1話から続けて見ていただきたいですね。コンプライアンス的に、企画自体、地上波では通らなかった内容になってます(笑)。</p> <div class="photo"> <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2018_benkyou/images/04.jpg" /></div> <p class="lead"> 取材・文:望月ふみ/写真:高野広美<br /> ヘアメイク:南里真衣<br /> 遠藤憲一スタイリスト:伊藤美恵子<br /> 宮藤官九郎スタイリスト:ChiyO(CORAZON)</p> <div class="photo"> <img src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2018_benkyou/images/guest.jpg" /></div> <div style="text-align:center; padding:10px 0px 10px 0px;"> <a href="https://www.wowow.co.jp/drama/benkyou/" target="_blank" class="arrow">番組公式サイト</a> </div> <div style="background-color:#b1e7f3; padding:5px; margin:0px 0px 20px 0px"> <p> <span style="color:#e60044; font-weight:bold;"><SNS></span><br /> <a href="https://twitter.com/benkyou1112ap" style="text-decoration:underline; color:#0d4bbd;" target="_blank">■番組公式ツイッター</a><br /> <a href="https://www.instagram.com/drama_wowow/" style="text-decoration:underline; color:#0d4bbd;" target="_blank">■WOWOWオリジナルドラマインスタグラム</a><br /> <br /> <span style="color:#e60044; font-weight:bold;"><動画></span><br /> <a href="https://www.youtube.com/watch?v=Uim-wRsymz8" style="text-decoration:underline; color:#0d4bbd;" target="_blank">■メイキング動画 </a><br /> <a href="https://www.youtube.com/watch?v=Kwq3h0xAo70" style="text-decoration:underline; color:#0d4bbd;" target="_blank">■WOWOWに入りましょう。『合唱篇』CM完コピ!?パロディ動画</a></p> </div> </div> <!--end--><!--article--></div> <!--interview-->

  • 遠藤憲一「まだ伸びしろがあった」と実感 俳優の魅力を引き出す宮藤官九郎の脚本とは

    エンタメ

     名バイプレイヤーの遠藤憲一と、さまざまな映画・ドラマ・舞台の脚本を手掛けてきた宮藤官九郎。唯一無二の存在の二人が、連続ドラマ『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』でWOWOWオリジナルドラマの初主演と初脚本を飾る。「まだ伸びしろがあったんだと驚いている」と笑う遠藤と、それを引き出した宮藤に話を聞いた。

  • 遠藤憲一、“ワンカット一発撮り”に挑戦 小栗旬、仲里依紗ら緊張のメイキング映像公開

    エンタメ

     遠藤憲一主演、宮藤官九郎脚本の新ドラマ『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』(WOWOWプライム/毎週月曜24時)からメイキング映像が到着。公開された映像には、“ワンカット一発撮り”に挑む豪華俳優陣の緊張感と笑いにあふれた撮影現場の舞台裏が収められている。

  • 遠藤憲一×宮藤官九郎ドラマ、小栗旬、仲里依紗ら豪華キャスト陣発表 出演映像も解禁

    エンタメ

     遠藤憲一が主演を務め、宮藤官九郎が脚本を担当する“前代未聞”のドラマ『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』(WOWOWプライム/毎週月曜24時)。本作で1話ごとに登場するゲストが発表され、小栗旬、仲里依紗、野村周平ら総勢8人の豪華俳優陣が出演することがわかり、併せて8人の出演シーンを収めた映像が解禁となった。

  • 遠藤憲一がWOWOWで初主演 宮藤官九郎脚本のコメディドラマが11月開始

    エンタメ

     俳優の遠藤憲一と脚本家の宮藤官九郎がタッグを組むコメディドラマ『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』(WOWOWプライム/毎週月曜24時)が、11月にスタートすることが決まった。WOWOWドラマ初主演の遠藤は「心の底から、勉強させていただきました。1話たりとも見逃さないで下さい!」と語っている。

  • 綾野剛、浅野忠信の暴走アドリブに苦戦 「本当にカオス状態だった」

    映画

     俳優の綾野剛と女優の北川景子が30日、都内にて開催された映画『パンク侍、斬られて候』の初日舞台挨拶に登壇。綾野は、「公開されることが奇跡。この公開に踏み切ってくれた東映とdtvは狂ってるなと思う(笑)」と笑顔を見せた。

  • 綾野剛、ギックリ腰になった豊川悦司を60分マッサージしてメロメロに

    映画

     俳優の綾野剛が11日都内で、主演映画『パンク侍、斬られて候』の完成披露舞台挨拶に登場。共演者の豊川悦司に「撮影2日目にギックリ腰になりまして、それで綾野君が60分くらいセットの中でずっとマッサージしてくれました」と明かされ、会場の女性ファンから黄色い悲鳴を浴びた。

  • 森川葵、初舞台でヒロインに大抜擢 クドカン版『ロミオとジュリエット』

    エンタメ

     女優の森川葵が、宮藤官九郎による脚色・演出の『ロミオとジュリエット』でヒロイン役として初舞台に挑むことが発表された。ジュリエットを演じる森川は「皆様に近い距離で素敵な時間をお届けできるよう精一杯、やれることをやりきりたいと思います」と語っている。

  • 長澤まさみ、ヘヴィメタ演劇に挑戦「魂を解放していきたい」

    エンタメ

     女優の長澤まさみが10日都内で、劇団☆新感線の新公演『メタルマクベス』の制作発表記者会見に出席。劇中でヘヴィメタルやロックが鳴り響く同作への出演にあたって、「(ロックなどの)魂は持ってるほうだと思います。解放していきたいです」と意気込みを語った。

  • 綾野剛×宮藤官九郎×石井岳龍『パンク侍、斬られて候』映画化決定

    映画

     主演・綾野剛、脚本・宮藤官九郎、監督・石井岳龍の映画『パンク侍、斬られて候』の製作が決定し、6月30日に全国公開されることが分かった。

  • 『監獄のお姫さま』最終回は、法廷闘争に 圧巻のラストシーンに「おみごと!」

    エンタメ

     小泉今日子主演、宮藤官九郎脚本のドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系/毎週火曜22時)の最終回が19日に放送された。ついに爆笑ヨーグルト姫事件が解決し、爽快感すら感じられる終わり方に、SNSでは「見終わったら、何もかも素敵!! おみごと過ぎて、拍手しちゃったよね」「もうめーっちゃスッキリする結末やった」と絶賛する声が相次いだ。

  • 『監獄のお姫さま』最終回に向けて怒涛の展開に「傑作認定」 クドカン脚本に絶賛の声

    エンタメ

     小泉今日子が主演を務める、宮藤官九郎脚本のドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系/毎週火曜22時)の第9話が12日に放送され、最終回に向けて数々の伏線が一気に回収された。SNSでは「怒涛の回収に息つく間もなく!匠の技!さっすがクドカン」「鳥肌立つほど凄かったわ!演劇だわ!最終回待たずにすでに傑作認定決定!」と絶賛の声が相次いだ。

  • 『監獄のお姫さま』終盤迎え、クドカン「真骨頂」 練りこまれたストーリーに絶賛の声

    エンタメ

     小泉今日子が主演する、宮藤官九郎脚本のドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系/毎週火曜22時)の第7話が28日に放送され、物語も終盤に突入し、謎が徐々に明らかになりながらも、新たな伏線が散りばめられたストーリーが展開された。ネット上では「アゴ痛いくらい笑った。週を追うごとにパワーワード増えてきて、もう目が離せないよ!」「長い舞台みたいだなぁ。ほとんど話してるだけなのにずっと面白い」と絶賛の声が相次いだ。

  • 『監獄のお姫さま』子どもとの別れに号泣!! シリアスな展開も「クドカンさすが」の声

    エンタメ

     小泉今日子主演・宮藤官九郎脚本のドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系/毎週火曜22時)の第5話が14日に放送された。しのぶ(夏帆)が出産し、勇介と名付けた赤ちゃんと別れるまでを描き、「今日の内容つらすぎた。ひたすら泣ける」「いろんな感情高まってこの1時間で3回ほどウッて泣きました…つらい…おもしろい…つらい…」と、これまでの展開から一転して、今話では号泣したという声が多数寄せられた。

  • 綾瀬はるか「“いだてん”のように突っ走って引っ張って」 サダヲ&勘九郎にエール

    エンタメ

     2019年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の出演者発表会見が1日、NHK放送センターにて行なわれ、綾瀬はるか、生田斗真、大竹しのぶ、役所広司らが登壇した。主人公・四三(中村勘九郎)の妻・春野スヤ役を演じる綾瀬は、2013年に主演した『八重の桜』以来の大河出演。大河主演の先輩として、本作主演の阿部サダヲ、勘九郎に「いだてんのように突っ走って、私たちを引っ張ってください」とエールを送った。

  • 宮藤官九郎が放つ名言の数々に絶賛の声『監獄のお姫さま』

    エンタメ

     小泉今日子主演、宮藤官九郎が脚本を担当するドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系/毎週火曜22時)の第2話が24日に放送され、ストーリーの中にいくつも散りばめられた秀逸なセリフに、ネットでは「笑える話の中に核心ついた言葉があって、ぐさっとくる」「今日は一字一句胸に突き刺さって放心状態。瞬きできないくらいテレビ見てたの久しぶり」と絶賛する声が相次いでいる。

  • 『監獄のお姫さま』、クドカンワールド炸裂の展開に「最高」「天才!」と大反響

    エンタメ

     小泉今日子主演、宮藤官九郎脚本の新ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系/毎週火曜22時)の第1話が17日に放送され、ネットでは「やっぱクドカンか! クドカンは裏切らないわ~。ほんと面白すぎ」「やっぱ宮藤官九郎って天才だわ」と、絶賛する声が多数寄せられた。

  • 菅野美穂、「調子に乗らず役を全うしたい」“大好き”なクドカン世界観で決意表明

    エンタメ

     小泉今日子が11日、自身主演の火曜ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系/毎週火曜22時)の取材会に登壇。小泉は夏帆、坂井真紀、森下愛子、菅野美穂らと緑色の囚人服、満島ひかりは刑務官姿、伊勢谷友介は全身をグッチで固めたスーツ姿で登場し、同作の魅力をアピールした。

  • 伊勢谷友介、民放連ドラ初出演! 宮藤官九郎ドラマでイケメン社長に

    エンタメ

     俳優の伊勢谷友介が、宮藤官九郎が脚本を手掛ける10月スタートのTBS火曜ドラマ『監獄のお姫さま』に出演することがわかった。5人の女に誘拐されるイケメン社長役で民放の連ドラ初出演を飾る伊勢谷は「悪者顔しているのでおそらくハマるのではないかと思います(笑)」と語っている。

  • 小泉今日子、10月新ドラマで宮藤官九郎と久々タッグ!満島ひかり、菅野美穂らと共演

    エンタメ

     小泉今日子が主演、脚本を宮藤官九郎が務める新ドラマ『監獄のお姫さま』が10月よりTBS火曜ドラマ枠で放送されることがわかった。共演には満島ひかり、菅野美穂、夏帆、坂井真紀、森下愛子という豪華キャストが集結する。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access