クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

マーク・ウォールバーグ 関連記事

  • マーク・ウォールバーグ、1500倍のギャラ格差問題で1.65億円を寄付

    映画

     リドリー・スコット監督の最新作『All the Money in the World(原題)』の再撮影で、俳優マーク・ウォールバーグと女優ミシェル・ウィリアムズの間に1500倍の賃金格差があったことが物議を醸したが、マークがミシェルの名前で再撮影分のギャラ150万ドル(約1億6500万円)を寄付すると発表したという。これを受け、ミシェルはマークの決断や彼女をサポートした人々に感謝の意を表している。E!NewsやUs Weeklyなどの海外メディアが伝えた。

  • M・ウォールバーグとM・ウィリアムズの賃金格差1500倍! 女優らが怒りを露わに

    映画

     セクハラ騒動で俳優ケヴィン・スペイシーの出演シーンをすべて撮り直ししたことで知られるリドリー・スコット監督の最新作『All the Money in the World(原題)』。ケヴィンの代役を務めた俳優クリストファー・プラマーと共に、俳優マーク・ウォールバーグや女優ミシェル・ウィリアムズらが再撮影に臨んだが、マークとミシェルの再撮影のギャラに1500倍以上の差があるとUSA TODAYが報じ、ジェシカ・チャステインやビジー・フィリップスら女優が怒りを露わにしたという。

  • マーク・ウォールバーグ製作総指揮、TVドラマ版『ザ・シューター』DVD発売決定

    海外ドラマ

     全米大ベストセラーのスティーヴン・ハンターによる原作『極大射程』を実写化した海外TVドラマ 『ザ・シューター』のDVD発売が決定した。本作は2016年に全米で放送され話題を呼び、『SUITS/スーツ』『MR.ROBOT/ミスター・ロボット』などの多くの人気作を持つUSAネットワークにて年間最高視聴者数を獲得した作品だ。

  • 「ギャラを貰いすぎている俳優」発表 マーク・ウォールバーグが1位に

    映画

     Forbes誌が毎年恒例の「ギャラを貰いすぎている俳優」を発表。今年はトップ5の発表に留まり、8月に発表された2017年の「最も稼いだ俳優」ランキングで1位に輝いたマーク・ウォールバーグが、不名誉リストの1位に選ばれた。

  • リドリー・スコット監督が仕掛ける傑作サスペンス、日本公開決定&場面写真解禁

    映画

     リドリー・スコット監督によるサスペンス映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』の日本公開が決定し、場面写真が解禁された。

  • ケヴィン・スペイシー、セクハラ疑惑でリドリー・スコット監督作が撮り直し

    映画

     30年前のセクハラ行為発覚が引き金となり、数々のわいせつ・性的暴行の疑いが浮上している俳優ケヴィン・スペイシー。名優としてのキャリアが転落の一途を辿っているが、リドリー・スコット監督作『All the Money in the World(原題)』の登場シーンが全てカットされ、新たにクリストファー・プラマーを代役に立てて撮影をし直すことになったという。

  • 『トランスフォーマー』マーク・ウォールバーグ、「最も稼いだ俳優」1位に

    セレブ&ゴシップ

     先日の「最も稼いだ女優」ランキングに続き、米経済誌「Forbes」が世界で「最も稼いだ俳優」2017年版を発表。女優ランキング1位のエマ・ストーン同様に、昨年はトップ10圏外だった映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』の俳優マーク・ウォールバーグが推定年収6800万ドル(約74億5500万円)で1位に輝いたという。

  • 『トランスフォーマー』シリーズ、マイケル・ベイ監督メガホンは第5弾が「最後」

    映画

     現地時間21日にシリーズ第5弾『トランスフォーマー/最後の騎士王』の全米公開を目前に控え、2007年の1作目からメガホンを取るマイケル・ベイ監督が、この第5弾でシリーズの監督の座から退くことを語ったという。

  • 映画史上最大級の“大爆発”『バーニング・オーシャン』本編映像解禁

    映画

     現在公開中の映画『バーニング・オーシャン』の本編特別映像が解禁となった。映像ではガスや油がエンジン室に引火し、瞬く間に石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」が火の海と化していく様子が大迫力で描かれている。映像は27秒という短い時間ではあるが、その描写はまさに圧巻である。

  • キャスト、捜査官、生存者が明かす事件当時の証言『パトリオット・デイ』特別映像解禁

    映画

     ボストンマラソン爆弾テロ事件の真実を描いた映画『パトリオット・デイ』の特別映像が解禁となった。映像では、実際の関係者であるFBI特別捜査官、ボストン警察の警視総監、マサチューセッツ州知事(すべて当時の役職)や、事件に巻き込まれたマラソンランナーら生存者も登場。彼らの証言により、当時の緊迫感を感じさせるとともに市民の結束力を垣間見ることができる。

  • ボストンマラソン爆弾テロ、犯人逮捕までの102時間『パトリオット・デイ』公開決定

    映画

     ボストンマラソン爆弾テロ事件の映画化『パトリオット・デイ』の日本公開が決まり、ティザービジュアルが解禁された。ビジュアルは「最大の危機は最大の奇跡を生む」というコピーのもと、立ち上る白煙を背景に警官トミー役のマーク・ウォールバーグが勇気を奮い立たせるような絶妙な表情が浮かび上がる印象的なものに仕上がっている。

  • 『トランスフォーマー』最終章、映像解禁! M・ベイ監督「過去作すべてが結びつく」

    映画

     “トランスフォーマー”シリーズ最新作『トランスフォーマー/最後の騎士王』の最新予告映像とマイケル・ベイ監督の特別メッセージが到着した。今回解禁された予告編では、シリーズ4でも活躍した恐竜型トランスフォーマーの“ダイナボット”や、シリーズ3で登場した“センチネルプライム”が到着した月に巨大な宇宙船が衝突。相変わらずの爆破シーンやカーアクション、VFXなど、壮大なスケールで過去シリーズにもつながるシーンがいくつも描かれている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access