ダニー・グローヴァー 関連記事

  • 『The Dead Don’t Die(原題)』ビジュアル

    鬼才ジム・ジャームッシュ、3年ぶり新作はゾンビ映画 2020年春公開

    映画

     鬼才ジム・ジャームッシュ監督がゾンビ映画を手掛けた最新作『The Dead Don’t Die(原題)』が、来年春に日本公開されることが決定。本作は、5月14日から開催される第72回カンヌ国際映画祭のオープニング作品として、またコンペティション部門作品として上映される。@@cutter 2016年に2作同時発表された『パターソン』と『ギミー・デンジャー』以来、3年ぶりの新作となる本作。キャストには、『パターソン』に続いての出演となるアダム・ドライバー、3度目のタッグとなるビル・マーレイほか、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、トム・ウェイツ、セレーナ・ゴメス、ダニー・グローヴァー、イギー・ポップ、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズら、ジャームッシュ作品の常連組から注目の若手まで、オールキャストの組み合わせとなっている。  アメリカの田舎町センターヴィルにある、3人だけの警察署で働くロバートソン保安官(ビル)とピーターソン保安官代理(アダム)は、いつもの他愛のない住人のトラブルの対応に追われていた。しかし、突如、街にゾンビが出現しだし、思わぬ事態に巻き込まれていく…。  前作に続き主演に抜てきされたアダムと、常連組みのビルとの、オフビートなバディ感にも注目が集まる本作。これまで『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(1984)がカメラドール(新人監督賞)、『コーヒー&シガレッツ』(2003)が短編部門のパルムドールを受賞するなど、カンヌ国際映画祭の常連であるジャームッシュ監督が、ゾンビ映画を引っさげ、ついにパルムドール受賞を果たすのかも楽しみだ。  映画『The Dead Don’t Die(原題)』は2020年春に全国公開。

  • 『さらば愛しきアウトロー』新場面写真

    強盗だけど紳士…ロバート・レッドフォード引退作『さらば愛しきアウトロー』予告公開

    映画

     名優ロバート・レッドフォードの俳優引退作となる映画『さらば愛しきアウトロー』より、日本版予告と新場面写真が解禁。日本版予告には、レッドフォードが実在した紳士的な銀行強盗を円熟味たっぷりに演じる姿が収められている。@@cutter 本作は、銀行強盗と16回の脱獄を繰り返した、伝説の銀行強盗犯フォレスト・タッカーを描くクライム&ラブストーリー。タッカーに憧れと対抗意識を抱く若き刑事ジョンをケイシー・アフレック、タッカーの最後の恋人ジュエルをオスカー女優のシシー・スペイセクが担当するほか、タッカーの強盗仲間であるテディをダニー・グローヴァー、ウォラーをミュージシャンのトム・ウェイツが演じる。監督は映画『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』のデヴィッド・ロウリー。  日本版予告は、タッカーがスーツにコート姿で颯爽と現れて「口座を作りたいんだが」と告げ、コートの上着のポケットから拳銃をチラリと見せる手口で、次々と銀行を訪れるシーンからスタート。続いて、強盗の被害に遭ったにも関わらず、銀行員たちが「でもすごく紳士的でした」「とても礼儀正しかった」「いい人に見えました」と口々にタッカーの印象を語る姿や、恋人ジュエルがタッカーにどんな仕事をしているのか尋ねるものの、「話したら二度と会えないぞ」と言われ複雑な表情を浮かべる姿など映し出される。  さらに、刑事のジョンが、2年間に5州で93件もの銀行強盗を成功させたタッカーたちを追う中、押収品の100ドル札に「幸運を祈る」と自分宛に書かれたメッセージを見て思わず笑ってしまう姿も。後半では、紙幣をばらまきながら車で逃走するタッカーとパトカーのとの激しいカーチェイスや、タッカーが指で銃を作り狙い撃ちするポーズなど、往年のレッドフォード作品を彷彿とさせるようなシーンが展開。最後は乗馬するタッカーの後ろ姿に「ポケットに銃を、唇に微笑みを、人生に愛を。」というキーフレーズが重なって映像は幕を閉じる。  今回解禁された新場面写真は、草原で物思いにふけるタッカーの姿、レストランで刑事のジョンと妻のモーリーン(チカ・サンプター)が仲むつまじく過ごす姿、強盗仲間のテディとウォラーが銀行強盗で手にした大金を机に並べる姿を捉えたもの。そのほか、タッカーが恋人ジュエルと一緒にいる姿、刑事のジョンが少年と歩く姿を写したものとなっている。  また、本日から本作のムビチケが発売開始。特典として、海外版ビジュアルのポストカードと、タッカーが銃のポーズを構えているシーン、または、タッカーとジュエルが微笑みあうシーンのいずれかのポストカード2枚セットが付いてくる(数量限定)。  映画『さらば愛しきアウトロー』は7月12日より全国公開。

  • 『さらば愛しきアウトロー』日本版ビジュアル

    R・レッドフォード俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』邦題決定&ビジュアル解禁

    映画

     名優ロバート・レッドフォードの俳優引退作『THE OLD MAN & THE GUN(原題)』の邦題が『さらば愛しきアウトロー』に決定し、7月12日より全国公開されることが決定した。併せて、日本版ビジュアルが解禁となった。@@cutter 本作は、実在した伝説の銀行強盗犯フォレスト・タッカーを描くクライム&ラブストーリー。タッカー役は本作にて60年以上の役者人生に終止符を打つことを発表しているレッドフォード。タッカーを追う若き刑事ジョンをケイシー・アフレックが演じるほか、オスカー女優のシシー・スペイセク、ダニー・グローヴァー、ミュージシャンのトム・ウェイツが出演する。監督は映画『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』のデヴィッド・ロウリー。  舞台は1980年代初頭のアメリカ。ポケットに入れた拳銃をチラリと見せるだけで、微笑みながら誰ひとり傷つけず、目的を遂げる銀行強盗がいた。彼こそが、紳士的な犯行スタイルで、90回以上の銀行強盗と16回の脱獄を繰り返した伝説の強盗フォレスト・タッカー、74歳。事件を追うジョン・ハント刑事は、一度も人を傷つけず2年間で93件もの銀行強盗を成功させた彼の仕事ぶりに魅了され、仕事に疲れるだけの毎日から逮捕へ向けて再び情熱を取り戻す。フォレストの恋人は、彼が堅気でないと感じながらも心奪われていた。そんな中、フォレストは仲間と共に金塊を狙った大仕事を計画するが…。  解禁された日本版ビジュアルは、銃のポーズを構えハートを狙い撃ちするレッドフォードの姿と、映画ファンに向けたメッセージのようなキャッチコピー「ポケットに銃を、唇に微笑みを、人生に愛を。」が添えられている。『さらば愛しきアウトロー』という邦題が、常識に縛られれず自由に生きたタッカーと、映画を愛し数々のアウトローを演じてきたレッドフォードという2人のアウトローへのメッセージとも感じられるようなビジュアルに仕上がっている。  映画『さらば愛しきアウトロー』は7月12日全国公開。

  • 『リーサル・ウェポン』第5弾の企画が浮上(※『リーサル・ウェポン2』より)

    『リーサル・ウェポン』第5弾、メル・ギブソンやダニー・グローヴァーらが画策か

    映画

     1987年から1998年に4作が制作された刑事アクション映画『リーサル・ウェポン』シリーズ。主演の俳優メル・ギブソンとダニー・グローヴァーが、監督のリチャード・ドナーと共に第5弾の可能性について模索しているという。@@cutter Deadlineによると、ドナー監督が再びメガホンを取り、『リーサル・ウェポン4』のチャニング・ギブソンが脚本を執筆する方向で動いているとのことだ。現時点では不確かな要因が多々あるとのことだが、メルやダニー、ドナー監督らが同企画に参加する意思を固めているという。前作の4作を製作した米ワーナー・ブラザースで進められるそうだ。  2016年には米Fox局でテレビドラマシリーズ化された『リーサル・ウェポン』。妻を失い自殺願望のあった刑事マーティン・リッグスとベテラン刑事のロジャー・マータフがコンビを組み、ロサンゼルスの凶悪犯罪に挑む姿を描く。メル演じるリッグスは、ダニー演じるマータフや彼の家族との温かいふれ合いを経て、生きる希望を取り戻していく。  4作の世界興行収入合計は9億5520万ドル(約1081億950万円)に上るという『リーサル・ウェポン』シリーズ。4作目から約20年の歳月を経て5作目が現実のものとなるのか、今後の続報を待ちたいところだ。

  • ニコラス・ケイジ主演最新作はハイエッジ・サスペンスアクション

    ニコラス・ケイジ主演、サスペンスアクション『トカレフ』公開決定&特報解禁!

    映画

     ニコラス・ケイジ主演最新作『トカレフ』の全国公開が6月7日に決定し、本作の特報&場面写真が解禁された。@@cutter ニコラス・ケイジ主演の最新作『トカレフ』の公開が6月7日に決定し、これに合わせ、特報映像と場面写真が解禁された。本作は、ソビエト製の拳銃トカレフ(TT‐33)によって何者かに娘を殺害された父親の復讐劇を描いたハイエッジ・サスペンスアクション。『96時間』『ゲットバック』を彷彿とさせる、娘への愛と、復讐を誓い狂気の鬼と化す父親の姿が描かれる。全編を通してアクションシーンが満載で、犯人を捜すために死体の山を築いていく様は圧巻だ。娘の命を奪った“トカレフ”に隠された秘密も描かれる。  犯罪から足を洗った元ギャングの父親ポールを演じるのはオスカー俳優であり、ハリウッドきってのヒットメーカー、ニコラス・ケイジ。50歳を迎えるもガンアクションだけでなく、ナイフを使ったバトルアクションやカーチェイスにも果敢に挑戦し、年齢を感じさせないアクションシーンを体当たりで演じている。  共演には、ポールの過去を知る警察官セント・ジョン巡査役に『リーサル・ウェポン』シリーズの名優ダニー・グローヴァー、ポールのかつてのギャングのボス、オコネルを演じるのは、『アルマゲドン』等でおなじみの個性派ピーター・ストーメア等、豪華実力派俳優が集結。更に撮影監督には『レザボア・ドッグス』『パルプ・フィクション』の巨匠アンジェイ・セクラという鉄壁の布陣で、アクションをスタイリッシュに描く。  愛娘の為に犯罪から足を洗い、妻と娘と幸せな生活を送っていたポール(ニコラス・ケイジ)。しかしその生活は一瞬にして地獄と化す。たった一発のトカレフの銃弾で最愛の娘が何者かに殺害された。途方もない哀しみは歯止めの利かない怒りへと変わり壮絶な復讐劇が幕を開ける。  『トカレフ』は6月7日より全国公開。

  • 名コンビ1位に選ばれたホームズ&ワトソン

    犯罪ドラマの名コンビと言えば?「バッドボーイズ」「リーサル・ウェポン」「バットマン」

    映画

     米エンタメサイトstarpulseが、クライム作品に登場する名コンビ、ベスト6を発表した。“バディ”ムービーではなく、作品中の名コンビというテーマなので、意外な顔ぶれもランクインしている。 @@cutter    まず6位には「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」(11)より、主演のウィル・フェレル&マーク・ウォールバーグ…かと思いきや、完全なサブキャラのドウェイン・ジョンソン&サミュエル・L・ジャクソン演じるダンソン&ハイスミスのコンビが選ばれた。  5位は、現在シリーズ3作目を企画中の「バッドボーイズ」(95)のマーカス(マーティン・ローレンス)&マイク(ウィル・スミス)。  4位は米TVシリーズ「サイク/名探偵はサイキック?」 のショーン(ジェームズ・ロデイ)&ガス(デュレ・ヒル)。驚異的な観察力と記憶力のせいで犯人扱いされるのを恐れた主人公ショーンが、自分はサイキックであると嘘をつき事件を解決するという、コメディタッチのクライムミステリーである。  3位にはお馴染みのコンビ、「リーサル・ウェポン」のマーティン(メル・ギブソン)&ロジャー(ダニー・グローヴァー)がランクイン。  2位は「バットマン」シリーズより、バットマン(クリスチャン・ベイル)&執事アルフレッド(マイケル・ケイン)。バットマンを陰になり日向になり支えてくれるアルフレッドなくして今日のバットマンは語れない(!)。  そして1位は、アメリカで16日に公開された第2弾「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」が絶好調ということもあってか、「シャーロック・ホームズ」のホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)&ワトソン(ジュード・ロウ)が選ばれた。日本公開は2012年3月10日。

  • 今度はシングルファーザー

    キーファー、TV界にカムバック!「リーサル・ウェポン」ダニー・グローバーと共演!!

    海外ドラマ

     「24-TWENTY FOUR-」のジャック・バウアー役でお馴染みのキーファー・サザーランドがTV界に戻ってくることが分かった。 @@cutter  サザーランド演じるシングルファーザーと、特殊能力を持つ11歳の自閉症の息子の関係を描く新ドラマ「Touch(原題)」は、「HEROES/ヒーローズ」の脚本家で製作総指揮のティム・クリングがクリエイターを務める。同ドラマには、映画「リーサル・ウェポン」シリーズのダニー・グローヴァーが、特殊能力を持つ子供たちのエキスパート役で出演するという。「24」と同じ放送局FOXが13話まで買い取っており、2012年のミッドシーズンに放送予定。  サザーランドは、同ドラマのほかに2本の映画に出演中。ただ、どちらも「24」ではない。1本目は、アトランタで撮影中の「The Reluctant Fundamentalist(原題)」で、共演はケイト・ハドソン、リーヴ・シュライヴァー。2001年のアメリカ同時多発テロ事件の直後に大学を卒業したパキスタン人の苦難を描く。もう1本は「Fairytale of New York(原題)」で、サザーランド演じるアイルランド人のコメディアンが、ケイト・ボスワース扮するニューヨーカーに恋をするというラブストーリー。(text by Tiffany Le/HollywoodNewsWire.net)

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access