クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

谷村美月 関連記事

  • 三浦翔平、『カノ嘘』連載終了を労う 「青木先生、お疲れ様でした」

    エンタメ

     俳優の三浦翔平が25日、自身のインスタグラムを更新。2013年に佐藤健らとの共演で制作された映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の原作漫画の連載終了に関し、映画の共演メンバーとの集合写真をアップし、原作者へねぎらいの言葉を送っている。

  • 朝ドラ『べっぴんさん』、キアリスの売上が急落 その原因をつきとめたすみれは…

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分では、お正月を過ごした近江の実家から戻ったすみれ(芳根京子)は、新年早々からキアリスを子供用品の総合店にするための準備を進めていく。ベビーベッドなどを仕入れるため、アメリカのメーカーと英語で取引ができる担当者が必要になり、大学で英語を学んでいた姉・ゆり(蓮佛美沙子)に相談するが、「子育てに専念したい」と断られる。そこで明美(谷村美月)が担当することになるが、商談の場で上手く会話ができず落ち込む。すみれは、ゆりから英語を教えてもらうよう明美に勧めるが、それを断り、英語から遠ざかろうと大事にしていた英語テキストも捨ててしまう。

  • 『べっぴんさん』、大急百貨店への出店を断ったすみれに社長の大島が出した提案とは…

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分では、キアリスに新聞の取材の申し込みが舞い込むが、発売された新聞の「お母さんがお母さんのために」と書かれた記事には、独身の明美(谷村美月)の名前だけが載っていなかった。4人の店であることを知ってもらいたいと考えたすみれ(芳根京子)は、一度は断ろうと思った大急百貨店への出店話を決めた。だが、担当者からキアリスのタグをすべて外すように言われたり、量産のために工程を省略するようにと言われ、すみれはこれまでの話はなかったことにしてくださいと声をあげた。

  • 『べっぴんさん』、戦地から帰らぬ夫を待ち続けるすみれ…父からの言葉で涙があふれる

    エンタメ

     連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分で、君枝(土村芳)は無理がたたり体調を崩して入院、店を辞めてしまうが、夫の昭一(平岡祐太)は、明美(谷村美月)の説得とすみれ(芳根京子)の気持ちに心を動かされ、再び君枝に働くことを許可する。一方、すみれは突然店を辞めた良子(百田夏菜子)のことも気にかけ、夫・勝二(田中要次)に会い、夫婦の思い出の品を取り戻すよう提案。勝二は再び良子と向き合い、良子は店に戻る。改めて“四葉のクローバー”(すみれ、良子、君枝、明美)が揃うことになった。

  • 『べっぴんさん』、容態が悪化する君枝…すみれと明美の気持ちは君枝の夫に伝わるのか

    エンタメ

     連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分で、すみれ(芳根京子)は、仲間の明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)とともに、子供服の店「ベビーショップあさや」をオープンする。だが夫が戦地から帰還した良子は「夫を支えたい」と店を辞める。さらに君枝も夫の帰還により店を離れることに。一方、梅田の闇市で生活する姉・ゆり(蓮佛美沙子)は、夫の潔(高良健吾)が闇市の元締め一派のやり方に反発しないことに不満を募らせ、元締めと直接対峙するが鼻であしらわれてしまった。

  • NHK朝ドラ『べっぴんさん』撮影開始! 姉役・蓮佛美沙子「全然ピンとこない」

    エンタメ

     25日、神戸にある北野異人館街 萌黄の館にて、10月より放送されるNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の撮影がスタートした。この日、報道陣を集めた取材会が行われ、主演を務める芳根京子をはじめ、蓮佛美沙子、谷村美月が登場し、撮影への意気込みを語った。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access