クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ケヴィン・スペイシー 関連記事

  • 『ハウス・オブ・カード』、ケヴィン・スペイシー抜きでファイナルの6シーズン製作か

    海外ドラマ

     主演俳優ケヴィン・スペイシーのセクハラ騒動を受けて、撮影が中断していた海外ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』シリーズ。最終となるシーズン6の撮影がケヴィン抜きで再開され、女優ロビン・ライト演じるクレア・アンダーウッドを中心に物語が展開することになるという。

  • ケヴィン・スペイシー、セクハラ疑惑でリドリー・スコット監督作が撮り直し

    映画

     30年前のセクハラ行為発覚が引き金となり、数々のわいせつ・性的暴行の疑いが浮上している俳優ケヴィン・スペイシー。名優としてのキャリアが転落の一途を辿っているが、リドリー・スコット監督作『All the Money in the World(原題)』の登場シーンが全てカットされ、新たにクリストファー・プラマーを代役に立てて撮影をし直すことになったという。

  • ケヴィン・スペイシー主演『ハウス・オブ・カード』、シーズン6で打ち切りへ

    海外ドラマ

     30年以上前に当時14歳だった俳優アンソニー・ラップにわいせつ行為を働こうとしたと告発された俳優ケヴィン・スペイシーの主演ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』が、2018年にリリース予定のシーズン6をもって終了するという。E!NewsやVariety、The Hollywood Reporterなどの海外メディアが伝えた。

  • ケヴィン・スペイシー、過去の未成年へのわいせつ未遂疑惑を謝罪 同性愛を告白

    セレブ&ゴシップ

     『RENT/レント』(05)の俳優アンソニー・ラップが、32年前の14歳の時にオスカー俳優ケヴィン・スペイシーに性的に不適切な行動をとられたと告発した件で、「覚えていない」としながらもケヴィンが謝罪。同時に同性愛者であることを告白して波紋を呼んでいる。The IndependentやMail Onlineなどの海外メディアが伝えた。

  • ロバート・デ・ニーロ、最もギャラの高い「TV俳優&女優」1位!1話あたり8500万円

    海外ドラマ

     映画スターが続々と進出しているアメリカのテレビ界。ドラマやバラエティ番組の市場は国内外だけでなく、Netflix、hulu、Amazonといった配信サービスにもあるとのことで、世界で観られているドラマに出演する俳優陣のギャラも上昇傾向にあるという。そんな中、米業界誌「Variety」が報じたテレビ出演者のサラリーランキングでは、俳優ロバート・デ・ニーロのギャラが1話あたり推定77万5000ドルで一番高いという。

  • 『ベイビー・ドライバー』、脚本は音楽視聴アプリ付き!? ヒロインが明かす劇中音楽

    映画

     『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う』などのエドガー・ライト監督の、ハリウッド長編映画デビュー作『ベイビー・ドライバー』にて、本作のヒロインを演じたリリー・ジェームズのインタビュー映像が到着した。

  • トニー賞、プレゼンターにオーランド・ブルームやスカーレット・ヨハンソンら

    セレブ&ゴシップ

     現地時間6月11日に開催予定のアメリカ演劇界の最高峰「トニー賞」授賞式。オスカー俳優ケヴィン・スペイシーが司会を務めることが決まっているが、俳優オーランド・ブルームや女優スカーレット・ヨハンソンら、そうそうたる俳優陣が名を連ねる今年のプレゼンターが発表になった。

  • サム・ワーシントン、FBI捜査官役に 連続爆弾魔ユナボマー事件実録ドラマに出演

    海外ドラマ

     米ディスカバリー・チャンネルが進めている通称ユナボマーこと連続爆弾魔テッド・カンジンスキー逮捕劇のドラマ化『Manifest(原題)』。映画『アバター』(09)の俳優サム・ワーシントンが、ユナボマーを追うFBI捜査官ジム・フィッツジェラルド役で出演するという。The Hollywood Reporterが伝えた。

  • “おっさん猫”とヒロインの少女に胸キュン!『メン・イン・キャット』新場面写真

    映画

     オスカー俳優のケヴィン・スペイシー主演、大ヒット映画『メン・イン・ブラック』シリーズのバリー・ソネンフェルド監督最新作『メン・イン・キャット』(11月25日より全国公開)にて、キュート過ぎる場面写真が新たに3点解禁となった。

  • オスカー俳優が、突然ネコに!?『メン・イン・キャット』公開決定

    映画

     アカデミー賞俳優のケヴィン・スペイシー主演、『メン・イン・ブラック』シリーズのバリー・ソネンフェルド監督の最新作『NINE LIVES』が『メン・イン・キャット』の邦題で、11月25日より全国公開されることが決定した。

  • セレーナ・ゴメス、自身の“半伝記”ドラマをプロデュース

    海外ドラマ

     2009年にディズニー・チャンネルの『ウェイバリー通りのウィザードたち』でブレイクした人気歌手・女優のセレーナ・ゴメスが、自身の体験をベースにしたテレビドラマの製作に乗り出すという。Deadlineが伝えた。

  • ケヴィン・スペイシー、実際の爆破事件を題材にしたFBIドラマ製作へ

    海外ドラマ

     映画『ユージュアル・サスペクツ』(95)と『アメリカン・ビューティー』(00)でオスカーに輝き、監督やプロデューサーとしても活躍するケヴィン・スペイシーが、ドキュメンタリー番組のチャンネルとして知られる米ディスカバリー・チャンネルでユナボマー事件を題材にしたFBIドラマ『Manifesto(原題)』を製作することが明らかになった。Varietyなどの海外メディアが伝えた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access