クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ダニエル・クレイグ 関連記事

  • 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』最新作の邦題決定! ティザービジュアル解禁

    映画

     俳優のダニエル・クレイグが主演するスパイ映画シリーズ『007』の25作目となる最新作『No Time To Die(原題)』が、邦題を『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』として2020年4月に公開されることが決定。併せて、10月5日の「ボンドの日」にちなみ、全世界一斉にティザーポスタービジュアルが解禁された。

  • ライアン・ジョンソン監督新作にダニエル・クレイグ&クリス・エヴァンス出演

    映画

     俳優のダニエル・クレイグやクリス・エヴァンスほか豪華キャストが出演する、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督最新作『Knives Out(ナイブズ・アウト)(原題)』が、2020年1月に公開されることが決定。併せて、海外版予告編と場面写真が解禁された。

  • 『007』最新作、『No Time To Die』にタイトルが決定!

    映画

     主演俳優のダニエル・クレイグが撮影中に負傷するなど、公開の遅延が心配されたスパイ映画シリーズ『007』第25弾。これまで『Bond 25』の仮題で伝えられてきたが、同シリーズの公式ツイッターで正式タイトルが『No Time To Die(原題)』に決まったことが発表された。

  • 『007』最新作、ボンド引退で007のコードネームを引き継ぐ黒人女性スパイが登場

    映画

     撮影中にジェームズ・ボンド役の主演俳優ダニエル・クレイグやスタッフが負傷するなど、トラブルが続いた人気スパイシリーズ『007』最新作『Bond 25(仮題)』。新たな詳細が明らかになり、“007”のコードネームを引き継ぐ新たな黒人女性スパイが登場するという。映画『キャプテン・マーベル』の女優ラシャーナ・リンチが演じるとのことだ。

  • 『BOND 25』メイキング映像解禁! チャールズ皇太子も撮影現場に

    映画

     俳優のダニエル・クレイグが主演する『007』シリーズの最新作『BOND 25(仮題)』より、メイキング映像が解禁された。ジャマイカでのロケの様子が垣間見れる映像となっている。

  • 『007』最新作、撮影で再び事故 スタッフ負傷&撮影用ステージも破損

    映画

     通算25作目となるイギリスの人気スパイ映画『007』シリーズ最新作『Bond 25(仮題)』。主演俳優のダニエル・クレイグが足首を負傷して撮影から一時的に抜ける事態になったが、撮影用の爆破物による事故でスタッフが負傷し、撮影用ステージが破損したという。

  • 『007』最新作、負傷したダニエル・クレイグが手術 制作は続行

    映画

     2020年4月の英米公開に向けて撮影が始まっている俳優ダニエル・クレイグ主演『007』シリーズ最新作『BOND 25(仮英題)』。ダニエルがアクションシーンの撮影中に滑って足首を負傷したと報じられたが、手術することになったという。『007』シリーズの公式ツイッターで報告があった。

  • ダニエル・クレイグ、足のケガで『007』最新作の撮影が一時休止

    映画

     俳優のダニエル・クレイグ演じる6代目ジェームズ・ボンドが見納めになる可能性のある『007』最新作。数回にわたる監督の降板や脚本の書き直しで制作の開始時期がずれ込んだ上に、ダニエルがケガをして撮影の一時中断を余儀なくされたという。

  • 『007』最新作、新キャストにラミ・マレックら 2020年公開

    映画

     俳優のダニエル・クレイグが主演する『007』シリーズの最新作『BOND 25(仮題)』のローンチイベントが日本時間4月25日に開催され、新キャストに映画『ボヘミアン・ラプソディ』のフレディ・マーキュリー役で第91回アカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックを迎えることが分かった。映画は2020年に公開される。

  • 『007』最新作、ダニエル・クレイグの希望で女性脚本家を投入か

    映画

     通算25作目となるイギリスの人気スパイ映画『007』シリーズ最新作の『Bond 25(仮英題)』。第6代目ジェームズ・ボンドを演じる俳優ダニエル・クレイグのリクエストで、海外ドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』の製作総指揮・脚本家で女優でもあるフィービー・ウォーラー=ブリッジが脚本チームに加わったという。

  • 『ワイルド・スピード9』&『007』最新作、全米公開日が変更

    映画

     多くのファンが公開を待ち望んでいる人気カーアクションシリーズ『ワイルド・スピード』第9弾と、人気スパイアクションシリーズ『007』最新作。全米公開日が微調整され、それぞれ数週間ほど先延ばしになった。VarietyやDeadlineなどの海外メディアが報じた。

  • ダニエル・クレイグ、次期ボンド候補イドリス・エルバを見つめる表情が秀逸

    セレブ&ゴシップ

     俳優のダニエル・クレイグが務める第6代目ジェームズ・ボンドが、2020年公開予定の次回作『Bond 25(仮題)』で見納めになると言われているが、次期ボンド候補の1人に挙がっている俳優のイドリス・エルバとダニエルが、現地時間6日に開催された第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式で同じテーブルに着いていて話題になった。ダニエルが秀逸な表情でイドリスを見つめる姿が披露された。

  • 『007』最新作、ダニエル・クレイグ&監督のリクエストでレア・セドゥが再出演

    映画

     2015年に公開されたシリーズ前作『007 スペクター』にマドレーヌ・スワン役で出演した女優レア・セドゥが、2020年に公開予定の通算25作目『Bond 25(仮英題)』に出演するという。監督を務めるキャリー・ジョージ・フクナガがMail Onlineに明かしたという。

  • 貧しくも幸せに暮らす家族を襲うLA暴動『マイ・サンシャイン』予告

    映画

     ハル・ベリーとダニエル・クレイグが共演する映画『マイ・サンシャイン』から予告編が到着。公開された予告編では、家族の物語と、アメリカ史に残るロサンゼルス暴動の様子が描かれている。

  • レイチェル・ワイズ&ダニエル・クレイグ、第1子の女児が誕生

    セレブ&ゴシップ

     今年4月に妊娠していることが明らかになった女優のレイチェル・ワイズ。夫で俳優のダニエル・クレイグとの間の第1子である女児が誕生したと、PeopleやUs Weeklyなどの海外メディアが報じた。

  • 監督交代の『007』、時代はどんなジェームズ・ボンドを求めているのか

    映画

     スパイ映画の代名詞『007』。8月に「創作上の意見の相違」を理由に監督を降板したダニー・ボイルに代わり、次回作を映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の脚本などで知られるキャリー・ジョージ・フクナガが監督することが決まった。前作『007 スペクター』(2015)後、6代目のジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグの続投発表まで時間を要したことに加え、今回の監督交代劇。25作目の『007』の制作が難航していることが伺える。シリーズ第1作の公開から56年。時代は今、どんなボンドを求めているのか。

  • 『007』最新作、『IT』『TRUE DETECTIVE』のC・J・フクナガ監督を起用

    映画

     方向性の違いによりダニー・ボイル監督が降板した人気スパイシリーズ最新作『Bond 25(英仮題)』。エミー賞を受賞した海外ドラマ『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』の監督・製作総指揮を務めて注目されたキャリー・ジョージ・フクナガが、監督に決まったという。DeadlineやComingsoon.netなどの海外メディアが報じた。

  • ダニエル・クレイグ、『スター・ウォーズ』監督の殺人ミステリーで主演

    映画

     『007』シリーズ最新作の制作がダニー・ボイル監督の降板により遅れる中、主演俳優ダニエル・クレイグが『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の監督ライアン・ジョンソンと別作品でタッグを組むことが明らかになった。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access